車を安く購入する条件

「新車を安く購入する」と聞けば、まず最初に「値引き」が思い浮かびます。しかし、重要なポイントはそこではありません。

ほとんどの方が「忘れがち」または「軽視してる」、とっても重要なポイントをこれからお伝えしていきます。

このポイントを知っているか、知らないか、で新車の乗り出し価格が10万円、20万円違ってきますので、検討中の「あの車種」「あのグレード」に手が届くかもしれません。

新車を安く購入する重要ポイント

ずばり「今乗っている車をできるだけ高く売る」ということです。

  • どこで売却しても大体同じ査定額でしょ
  • 下取りが一番高く売れる

なんて思った方がほとんどでしょう。
しかし、新車価格に大きな影響を与えるのは「値引き額」よりも「愛車の売却額」なのです。

どこで売却しても同じというのは大きな間違い

確かにどんな車種でも大手買取業者が一番高く買い取ってくれて、大体どこも同じくらいの査定額になってしまう、というイメージがありますが、実際は買取業者によって大きな差がでます。

理由は単純明快で、買取業者によって得意、不得意があるからです。

買取業者はそれぞれ販売ルートが異なっており、その販売ルートによって車の査定額が決まります。

フィットの販売に強いルートを確保していたら、必然的にフィットに高い査定額が付きやすくなりますし、逆にそういったフィットの販売ルートがなければ、リスクを避けるために安い査定額をつけます。

しかも自動車は単価が高いので、その差が10万円、20万円なんてのは当たり前。あからさまな時は50万円差が開くことだってあるのです。

下取りは最終選択

そのディーラーで車を購入するのだから、素直に下取りに出した方がオマケしてくれそうだ。そう思ってしまいがちですし、ディーラーの営業マンだってそのようなことを言ってきます。

しかし、下取りに出して得するのは、買取業者が買取を拒否するレベルの車だけ。

こういったものは本当にオマケで2~3万円程度つけてくれますが(実際にはその分値引き額を減らされるから意味なし)普通に査定額がつくような車だと圧倒的に損をします。

少し考えてみてください。

ディーラーは新車を販売して利益を上げる会社です。「餅は餅屋」という言葉があるように、専門じゃない会社が高く買い取ってくれるわけありません。絶対に、明らかに、損をしない、という安い価格でしか買い取ってくれません。

 

今乗っている車をできるだけ高く売るには

例えばあなたが「フィット」の売却を考えているとしましょう。高く売るためにはどこに売却しますか?

  • フィットだとホンダのディーラー?
  • CMもやってる大手買取業者?

確かに有名、定番どころだと高く買い取ってくれそうなイメージがありますね。

しかし、高く買い取ってくれるのは「フィットを欲しがっている業者」だけなのです。

単純すぎて気づきませんでしたよね?

買取業者によって「欲しい車種、探している車種」というのはそれぞれあって、やはり「欲しい車種、探している車種」だと、かなり頑張った査定額を付けてくれます。

あなたもいらないモノは大金を出して買いませんよね?

それと同じことなんです。買取業者だって「利益が約束されたモノ」にはお金を出しますが、分からないものはなるべくリスクを取らないようにしているんです。

自分の車を欲しがっている業者を見つけるには

これは「数打ちゃ当たる作戦」しか方法はありません。

つまり複数(10社程度)の買取業者に査定してもらって、査定額を比較するのです。10社も査定してもらえば1社くらいは当たりが出ます。

ただこれってすごく時間もかかるし、面倒ですよね?

普段お勤めの方なんて、休日くらいは休みたいし、好きなこともしたい。だからそのまま下取りに出して、結局損をしちゃうって構図になっちゃうのです。しかし、車の売却で損をしたくないのなら、避けては通られない道。

実はあるんです。

  • 自宅にいながら
  • ネットのみで
  • 数打ちゃ当たる作戦ができちゃう

そんなサービスが。

数打ちゃ当たる作戦が「自宅で」「手軽に」できちゃうサービス

それが「一括査定」というサービス。

一括査定とは簡単に言うと、自分の地域の、最大10社の買取業者に見積もり依頼が「一括」でできちゃうサイトのこと。

利用方法はかんたんで、一括査定サイトに設けられている「入力フォーム」に、売りたい車の情報を入力するだけ(車種や年式、走行距離数など)。

入力後、画面上に大体の査定額が表示され、各業者を比較できるシステムになっています。

とうことは、興味本位で査定額だけ確認する、っていうのもアリですし、納得いく査定額を付けた業者があれば、そのまま売却しちゃうのもアリってことです。

業者によっては、かなり査定額に差が開くので、使ってみて面白いですよ。安く買い叩こうとしてる業者も分かるので。

 

実際に試してみた結果をお見せします。

車データ

車種名:フィット
年式:2010年
走行距離:5.9万キロ
色:ブルー
グレード:G Sセレ

査定額

A社:19万円
B社:12万円
C社:49万円
D社:26万円
E社:29万円

ご覧通り、

一番安い査定額をつけたB社が「12万円」
一番高い査定額をつけてC社が「49万円」

37万円もの差が当たり前のようについてくるのが、車の業界なんです。

推測ですがC社の場合、顧客からバックオーダーが入っていたのでしょうね。「いくらで購入するから、この年式くらいのフィットを流して」という感じに。

 

実は一括査定って結構定番なんです。

まだまだ知らない方も多いですが、車の乗り換え、売却で一括査定を利用するってもう当たり前になりつつあるんです。

SNSなんかでもいろんな声が上がっているので紹介しておきます。

一括査定を使ってみた結果を発表
下取り査定で32万だった俺の愛車が、67万円で売れました。35万円得した!

やっぱ業者選びって大事ね

25万円で売却決定
ちなみに6社に見積もり出してもらったよ。一括査定最高!

#一番の査定額は3万円だった
#あやうく20万円以上損することに・・・

 

最後に

  • 面倒だ
  • どこで売却しても同じだろう

という気持ちから、そのまま下取りに出したり、その辺の買取業者に一発で売却してしまう気持ちは分かります。

車という高額な商品を購入するにあたり、気持ちも大きくなってしまって10万円、20万円という金額の差なんて大したことないと思ってしまう方も多いでしょう。

しかし、その10万、20万円稼ぐのにどれだけ働く必要がありますか?

普段お勤めのあなたならその大変さもわかるはずです。

一括査定を使ってみるか、それとも可能性を捨ててしまうかは、あなたの自由です。
しかし、たった1分にも満たない入力作業で10万円、20万円手に入るとしたら・・絶対やりますよね。それと同じことです。