日産 ティアナ 気になるグレードは?装備や魅力を徹底分析!

日産ティアナグレード

日産の外交派Lサイズセダン、ティアナ。国内でその名前を耳にしてイメージするのは、地味なようだけど太いファンがいるということです。

本当に車マニアのツボを刺激してくるような特筆すべき性能や装備なんかは、あまり無いんですよね。敢えて言うなら国内では貴重な存在というところくらいでしょうか。

それでも太く長いファンがいるということは、地味ながらも大きな魅力があるということです。

ティアナは乗って嬉しい、運転して嬉しい実用的で快適な優等生。何かひとつ特化したところがあるわけではなく、海外製スポーツセダンのように化け物スペックがあるわけでもなく、ティアナは「どんな人でも車本来の楽しさが味わえる車」という特徴を持っているんです。

それはどういうことなのかを、これから各グレードの特徴を追う中で紹介しましょう。

日産 ティアナ グレード表

グレード名 価格
XE 2,563,920円
XL 2,896,560円
XLナビAVMパッケージ 3,213,000円
XVナビAVMパッケージ 3,513,240円

XLナビパッケージを含めてグレードは四つあり、その最低価格と最高価格の差は約95万円です。グレード数に比べて価格差が大きくもなく、小さくもなくといったところでしょうか。価格を見ているだけだと、高級車とも言えず、安い車とも言えないような微妙な価格帯ですよね。

ただ、性能や装備内容を見てみないことには何も評価できません。これから順を追ってじっくりと、各グレードの特徴を見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

ティアナには、グレードごとの性能の違いがありません。全てのグレードに同じエンジンが搭載されていて、違いがあるのは装備のみとなっています。

最初から装備内容を詳しく説明してもいいのですが、各グレードの理解度を深めるためにまずはそれぞれの概要から簡単に説明しましょう。

XE

ティアナに搭載されているエンジンは、2.5L直列4気筒DOHCエンジンです。最高出力は127kW/6,00rpmで、最大トルクは234Nm/4,000rpmとなっています。驚くほど高性能というわけではないものの、Lサイズセダンを快適に運転するのに十分な性能です。

出力よりトルクが圧倒的に大きいところが、いかにもセダンっていう感じですよねえ。発進時から太いトルクが発生して、日常使いでも大きなパワーを体感できる。

加速をすると大きなパワーに引っ張られるようにして速度が伸び、体が引っ張られるような感覚はないまでも、快適で爽快なドライブができます。

圧倒的なスペックを楽しむような車ではありませんが、だからこそ疲れず快適に運転ができる……。だからこそ、何度乗っても飽き足らず、降りるのが惜しくなって、降りたらまた乗りたくなるんです。もっと乗りたい、運転したい、出かけたい!

出不精の人でも、ティアナに乗ればアクティブになってしまいますよ。

どんな目的にもぴったりはまるエンジンに、どんな目的でも快適利用できる室内空間の広さ……。装備は他グレードに劣りはするものの、この価格で考えると豪華な装備が搭載されています。お得感が強いグレードです。

XL/ナビ AVMパッケージ

XLは、XEの室内装備をさらに豪華にして快適性をアップさせたグレードです。たとえば、運転席パワーシートが追加されていたり、助手席パワーオットマンが追加されたりしています。

ティアナの運転感覚と「もっと乗りたい」という楽しさはXEでも味わうことができますが、真のティアナらしさはこのグレードでこそ体感できるものでしょう。

純正ナビや「アラウンドビューモニター」などをパッケージで追加できるのも、良いところです。

XV ナビAVMパッケージ

デフォルトでナビパッケージを搭載し、本革シートなど室内空間の豪華さもグレードアップしている上位グレードです。

XLナビパッケージと比べれば装備の追加点が少ないように見えますが、XLと比べると大きな差があります。ナビパッケージで追加される装備や、XL・XVの装備はこれから詳しく見ていきましょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能や装備の傾向といった概要だけ説明してきましたが、ティアナらしさは性能だけでなく装備にも色濃く表れています。

XL以上でないと真のティアナらしさを体感できないというのはどういうことか、ナビパッケージでは何が追加されるのか? 気になる点を、じっくりと解説していきますよ。

なお、装備内容は下記PDFより一部抜粋しています。
http://www2.nissan.co.jp/TEANA/PDF/teana_specsheet.pdf

全グレード共通標準装備

  • エマ-ジェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • フロント&バックソナー
  • SRSエアバッグ&SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSカーテンエアバッグ
  • ブレーキアシスト
  • スタビライザー(フロント・リヤ)
  • デュアルエキゾースト(テールパイプフィニッシャー付)
  • スクラッチシールド
  • リヤトランクスルー(6:4分割可倒式)
  • 前席シートバックポケット
  • アドバンストドライブアシストディスプレイ(4インチカラーディスプレイ)
  • ファインビジョンメーター
  • フロントセンターアームレスト(コンソールボックス付)
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー付)

グレード表を見るとソナーやSRSエアバッグなど安全装備が充実しているという印象を受けます。実際、近年の車に当たり前につけられている安全装備が全て揃っていて、安心です。

グレードによってはこれ以上安全装備が増えますし、オプションで盗難防止機能を多く含んだセキュリティ&セーフティパックプレミアムを付けることも可能。

ありとあらゆる形で、安心を提供してくれています。

また、室内装備も充実していますよね。

フロントとリヤには当たり前のようにアームレストがあり、シートバックポケットは助手席側だけでなく運転席側も利用できるようになっているところがセダンらしいです。特にシートバックポケットは片側だけという車が多いですから、ティアナの優位な点と言えるでしょう。

室内装備はグレード別設定となっているものが多く、グレードが上がるたびに豪華になるところが面白いです。予算オーバーしてでも上のグレードを選びたくさせてくれ、選ぶのを迷わせてくれますよ。

XE・XL装備、特徴、異なる点

XE XL
  • ハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付、プロジェクタータイプ)
  • ウレタン3本スポークステアリング&シフトノブ
  • オートエアコン
  • クリーンフィルター
  • 4スピーカー
  • 運転席シートリフター(ラチェット式)

 

  • キセノンヘッドランプ(オートレベライザー付、プロジェクタータイプ)
  • 本革巻き3本スポークステアリング&シフトノブ
  • インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
  • 6スピーカー
  • 運転席パワーシート
  • 助手席パワーシート
  • 助手席パワーオットマン
※二つのグレードで異なる装備を挙げました。

二つの違いは、そのほとんどが室内装備に始終しています。XLの目玉は運転席パワーシートと、助手席パワーシート(オットマン)でしょう。

助手席にオットマンがついているところが、なんとも憎らしいですよね。こういうところが、車選びで奥さんの機嫌を取りたい夫たちの心を掴んでいます。オットマン、だけに……。

それはさておき、運転席パワーシートは対応している方向が重要ですよね。

ティアナの運転席パワーシートは、スライド・リクライニング・前後独立リフター・ランバーサポート機能を搭載しています。ランバーサポートがある点が、とても重要です。

日本車のパワーシートは座面が動くだけというものが多く、ランバーサポート機能はあまり重視していない傾向があります。

ただ、ランバーサポートが無く座面だけが動くと、微妙な不快感があるんですよね。

シートポジションが変わったら、快適だと思う腰かけの形も変わります。そこで、電動のランバーサポート機能を用いて快適な腰かけを作るということが重要になるわけです。

これを抜かしてはいけません。方向を多くして、その上でランバーサポートなどの補助機能を付けてこそ、快適なドライビングポジションを保てるんです。

また、シート機能以外で気になるところと言えば「インテリジェントエアコンシステム」でしょうか。これはプラズマクラスター搭載オートエアコンと、内外気自動切換え機構・高性能フィルターの総称です。

XLナビ AVMパッケージの追加装備

  • アラウンドビューモニター(MOD(移動物検知))
  • ステアリングスイッチの機能追加
  • Nissan Connectナビゲーションシステム
  • LDW(車線逸脱警報)
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • クルーズコントロール

ナビパッケージと言いますが、追加されるのはナビだけじゃないんですよね。クルーズコントロールや安全装備という、案外重要なものまで追加されます。

詳しく語る必要もないほどありふれたお決まりの装備ですが、これらが案外快適なドライブには重要ですよね。特にクルコンは、高速道路をよく利用するならあったほうが圧倒的に楽です。

ステアリングスイッチの機能についてですが、これはXE・XLだとディスプレイ操作のみでした。ナビパッケージになると、そこにボイスコマンドやハンズフリーフォン、クルコンの操作が追加されます。

ナビとクルコンが追加されたから、その操作系統を追加したということですね。

XV ナビAVMパッケージ装備、特徴、異なる点

  • リバース連動下向ドアミラー
  • 本革シート(前席)
  • 前席エアコンディショニングシート
  • インテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシート
  • 215/55R17 94タイヤ&17インチアルミホイール(17×7.5J)、インセット:50、P.C.D:114.3(5穴)

ナビパッケージの追加内容で挙げた装備と、以上の装備がXVでは追加されます。本革シートで室内がより豪華になっているだけでなく、より快適に走るために太いアルミホイールまで履かされていて、上位グレードの品格を感じさせられますよね。

基本的には良くある装備ばかりですが、ひとつ見慣れないものがあります。

「エアコンディショニングシート」

これは名前から想像が付くとおり、本革シートの背面と座面から送風ができる機能です。寒い季節には腰や足を温めることができ、夏には涼しい風を出して涼をとることができます。

しかも、温風・冷風をそれぞれ三段階で、運転席と助手席で個別に調整することができるんですよ。

本革シートは夏には熱を吸収し、冬には冷えます。その弱点を克服するための機能と言えるでしょう。エアコンディショニングシートのおかげで、ティアナの本革シートは質感が良いだけでなくオールシーズン快適な特等席となります。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能と装備から、ティアナの特徴を見てきました。ティアナは優等生だと冒頭で語った理由が、これで少しは伝わったのではないでしょうか。マニア向けの一点特化でないからこそ、ティアナは魅力的なんです。

今度はその「魅力」について、独断と偏見を交えて「どんな人にオススメなのか」と併せて語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
XE ☆☆☆ 室内装備にこだわらない方へ。
XL/ナビAVMパッケージ ☆☆☆☆☆ 本革シートが不要な方へ。
XV/ナビAVMパッケージ ☆☆☆☆ とことん、快適性にこだわりたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

XEの評価

室内装備や機能に特にこだわらないなら、XEで十分です。

性能や足回りはXVのホイール以外どれを選んでも同じですし、安全性などもほとんど変わりません。グレードによって変わるのは、室内の快適性だけと言っても過言はないくらいに、ティアナは室内快適性にこだわっています。

そのため、室内快適性にそれほどこだわりがないなら、XE以外を選ぶ意味がないんですよね。

全てにおいてちょうどよく、お得感があります。

XL/ナビ AVMパッケージの評価

快適機能は欲しいけど本革シートは不要という方には、XLがオススメですよ。シート機能やオットマンなど、室内快適装備はXLでほとんど揃います。

XVの追加点は本革シートとエアコンディショニングシートがメインで、それ以外はあまり重視する必要がありません。だから、それらが不要ならXVでなくXLのほうが良いということです。

そして、XLが最もティアナらしいグレードと言えます。

快適性が重視されたつくりではありますが、それはセダンだからです。快適性が特別押し出されているわけではなく、かといっておろそかにされているわけではない。安全性や足回りの充実度、その他諸々もまた同じです。

性能も過不足なく、「どんな目的でも、どこでも快適に走れる」ことが重視されています。

ティアナは、車造りにおけるあらゆる方向すべてが適度に重視されている車です。優等生感が漂っていますよね。近年国内を走るセダンは、どこかマニア向けという雰囲気があります。特に海外製のセダンは性能特化のスペックマニア向けという色が強いですよね。

そういう車が持てはやされる中、古き良き日本のセダンを受け継ぐような車は貴重なんです。

古き良き日本のセダンとは何か? 多目的に利用できる、快適で実用性の高い車ですよね。

その特徴を一番色濃く受け継いでいるのが、XLではないでしょうか。

XV ナビAVMパッケージの評価

本革シートとエアコンディショニングシートは、本当に面白い装備ですよね。本革の質感の良さを殺さず、本革の弱点である温度変化をエアコンディショニング機能によってカバーして活かしています。

日産の細やかな心配りを感じる装備で、少し地味な部分かもしれませんが、個人的にはここに日産のティアナに対する心意気というものを感じました。

日産 ティアナの総合評価

ボディサイズの大きな3ナンバーセダンという、絶滅寸前の車格において古き良き国産セダンの魅力を今に伝える伝道師となり得るティアナ。ただし、表向きは国際派な海外戦略車というのが、この車の面白いところです。

現代において奇特とも言えるボディ設計のため、国内販売の売り上げはあまり重視されていないのでしょう。大々的に広告が打たれているわけでなく、ティアナの存在すら知らない人も多いと思います。

そのために、ティアナは昔からセダンを乗り継いできたユーザー層に支えられているんです。

ただし、近年は実用性に特化した軽自動車が売れていることから、実用性と快適性が高い車が求められていると言えるでしょう。特に若者の車離れが叫ばれている中、彼らにはマニア性の強い車よりもティアナのような車のほうが合うのではないかと個人的には思います。

本来、どんな年齢層にもぴったりなはずなんですよね。魅力さえ広まれば、もっと売れることもあるのかもしれません。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です