BMW 4シリーズ クーペ 魅力的なグレードを紹介、各グレードを評価します!

BMW4シリーズクーペグレード

4シリーズが出た当初、この車はそれまで期待されていませんでした。

3シリーズが人気過ぎて、3と5の中間に位置する4シリーズの存在意義を、そこまで見出せなかったんですよね。不遇の4番目達…。

そんな4シリーズの主力が、クーペです。期待こそされていなかったものの、実際乗ってみると凄く優れていることがわかります。

幅広シャコタンで乗り心地がとても良かったり、しなやかで重厚な運転感覚に、三種類の高性能エンジン…。

3シリーズの良さを引継ぎ、主力をセダンからクーペに移したというイメージで、これが成功しているなと感じさせるんですよ。

そんな4シリーズクーペですが、そこまで言うからには魅力的な特徴があるということです。その特徴や魅力を、グレードごとに紹介しましょう。

4シリーズ クーペ グレード表

グレード名 価格
420iクーペSport 5,730,000円
420iクーペM Sport 5,940,000円
420iクーペLuxury 5,960,000円
430iクーペSport 7,010,000円
430iクーペM Sport 7,210,000円
430iクーペLuxury 7,040,000円
440iクーペ Luxury 8,340,000円
440iクーペ M Sport 8,510,000円

4シリーズクーペには、全部合わせて八個のグレードがあり、その最低価格と最高価格の差は278万円です。

BMWとしては特別大きくも小さくもない、適切な価格差と言えるのではないでしょうか。カブリオレに比べてとても安いというところが、いいですよね。

また、この八個のグレードはそれぞれ三つのグレードの塊に分けることができます。

「420i」「430i」「440i」の三つですね。その中に「Sport」「Luxury」「M Sport」という装備が異なるグレードがあるというのが、BMWのグレード設定の特徴です。

そこを踏まえて、各グレードの特徴を見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

装備内容は後で詳しく語るとして、ここでは性能と、「Sport」「Luxury」「M Sport」にはそれぞれどのような装備を搭載している傾向があるのかを語りたいと思います。

概要を把握し、その後で詳細を知ることで理解を深めていきましょう。

420i Coupé

420iは、1,998cc直列4気筒DOHCエンジンを搭載したグレードです。

このエンジンの最高出力は135kW/5,080rpmで、最大トルクは270Nm/1,350~4,600rpmとなっています。BMWが得意とする、低回転で最大トルクを出して安定走行をしやすくするタイプのエンジンですね。

アクセルをあまり踏み込まなくても、60km/hくらいは安定して出ます。

楽に速度を出すことができるため、市街地走行などが全く苦にならないところが良いですよね。クーペだからエンジンを回して遊びたいとしても、日常稼動域で疲れが出るようなら移動手段としてダメダメです。

車は移動手段という前提条件をしっかり満たした上で、遊びを提供するBMWの車に対する考え方が伺えます。

4気筒ということで加速に不安があるという方が多いでしょう。

アクセルを踏み込むと、「コーン……ッ」という乾いたエグゾーストノートが耳に伝わり、同時に速度がグイッと伸びていく。背中がシートに力強く引き付けられるような感覚はありませんが、だからこそストレス無しに加速を楽しむことができます。

しなやかで重厚なステアリング感覚と、安定感のある伸び良い・程よいエンジンがとてもよくマッチしているんですよ。

430i Coupé

430iも1,998ccの4気筒エンジンを搭載していますが、最高出力と最大トルクが420iよりも向上しています。

430iの最高出力は185kW/5,200rpmで、最大トルクは350Nm/1,450~4,800rpmもあるんですよ。

420iで感じたような安定感と楽な運転感覚をそのままに、加速性能をより良くしたといったところですね。

420iは出力が抑えられている分、減税対象となっているという利点はありますが、その分物足りないという方も多いでしょう。

430iでは、物足りないと感じることはありません。

高速道路でも峠道でも、どんな道でも楽しく面白くはしゃぎまわれます。

特に峠道、ワイディングロードを走るのが楽しいんですよ。立ち上がりが早いから助走無しでもスムーズに加速できるし、しなやかで重厚なステアリング感覚は加速しながらのコーナリングにも対応しやすい。

普段は市街地で安定走行をし、時としてガンガン加速してクイックに曲がる。

大人しいフリをして、やるときはやるヤツなんですよ、コイツは。そもそも大人しく走り回れるのは、圧倒的な最大トルクがあって、それが低回転域から出せるからなんですよね。能ある鷹は爪を隠しますが、430iは隠しているようで隠していないんです。

スポーツカーすらも凌駕してしまうんじゃないかというくらいのダイレクトなハンドリング性能、そしてコーナーでの車両安定の完璧さ……。4シリーズクーペが持っているポテンシャルを、実用と遊び両用のバランスに優れたこのエンジンが支えているわけです。

440i Coupé

4気筒二連続だったので、440iがどんなエンジンを搭載しているか、大体想像がつきますよね。そう、2,997cc直列6気筒DOHCエンジンです。4気筒から6気筒となったことにより、最高出力は240kW/5,500rpmに、最大トルクは450Nm/1,380~5,000rpmにアップしています。

そして、このエンジンはM4以外の中でなら、4シリーズ最強のエンジンなんですよ。低回転域で心地良い安定走行を楽しみ、燃費を抑えることもできる。中回転域を超えると高い瞬発力を感じるようになり、速度もどんどん上がる。

もっとエンジンを回せば、シートに強く引き付けられる感覚が身を包むと同時に、車が爆発力を手に入れて後続車を一気に置き去りにしていきます。中回転から出るようになる機械的なエキゾーストノートも気持ちが良く、総合的に考えてとてもハイレベルです。

基本的には、控えめに市街地や田舎道なんかを走る車なんですが、「楽しみたいな」と思ったとき瞬時に楽しむことができるんですよ。むやにやたらにパフォーマンスを主張せず、必要なときに出せるようにする、控えめでありながら自信満々といったところでしょうか。

上を見ればM4クーペがありますが、あれはまた別物ですからね。サーキットを走らせないと、ちょっともったいない。そうでなくて、実用性と遊びを両方考えた4シータークーペとしてなら、440iの性能は最高と言えるのではないでしょうか。

Sport・Luxury・M Sportとは?

Sportは、その名前の通りスポーティな内外装が特徴的です。ただ、M SportやLuxuryに比べると装備内容の豪華さに若干欠けるため、基本グレードのような位置づけとして考えることもできます。

M Sportは、スポーティ性をより強化したグレードです。グレード別設定でMスポーツサスペンションを搭載するなど、足回りの変更が行われることもあります。内外装だけでなく、しっかりとスポーティに作りこまれたグレードが欲しい方向けです。

Luxuryは快適性と、落ち着いた大人の雰囲気を重視したグレードとなっています。上質な素材と加工がされているため、他グレードより高めです。室内の快適性を最重要視していない方にとっては、高いかもしれませんが、その部分を最重要視する方には良いグレードとなるでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能を基準として大きなグレードの塊の特徴を語りましたが、実際にはその中で装備ごとにグレードが分かれています。そのため、装備を詳しく見ないことにはすべてのグレードの特徴を把握することはできません。

そこで、今度は装備を基準として各グレードの特徴を見ていきましょう。

なお、装備内容はWEBカタログから抜粋しているため、快適装備などの全車標準装備はそのほとんどが挙げられていません。ご了承ください。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • BMW ConnectedDrive
  • DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)
  • BMW SOSコール
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • 運転席&助手席エアバッグ
  • サイド・エアバッグ(フロント)、カーテン・ヘッド・エアバッグ(フロント&リヤ)
  • 前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール
  • アンビエントライト(ホワイト/オレンジ切り替え可能)
  • センターアームレスト(フロント・リヤ)
  • HiFiスピーカーシステム
  • テレビチューナー

基本的な安全装備は全て整っていますね。

BMW Connectedの機能に、必要なものは大体揃っています。レーン・ディパーチャー・ウォーニングに、衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーン・チェンジ・ウォーニングなどなど…。警告機能だけでなく、ブレーキ補助まであるのが良いですよね。

そして、ストップ&ゴー機能が付いたアクティブ・クルーズ・コントロールもあります。車両停止と再加速まで自動に行われるので、運転手はステアリング操作に集中できるのが良いですよね。

クーペでダイレクト性の高い走りを楽しみたい方は使うことがあまり無いかもしれませんが、高速道路をよく利用する方はよく使うでしょう。

いずれにせよ、全車標準装備なので使わなくても損ということはありませんよね。

センターアームレスト以下はカタログからではなく、リリース情報や画像から抜粋しました。アームレストがあるのはこの価格帯では当然ですが、HiFiスピーカーシステムには注目したいところです。

これは205W/9スピーカーから構成されるスピーカーシステムで、音質と立体感・臨場感に優れています。高音より音質を高めるのが難しい低音も、しっかり高音質でリアル。好きな音楽を鳴らしながら駆け抜けたい方に、うれしい装備ですよね。

Sportの装備

  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール(レッドステッチ)
  • シフト・パドル
  • ハイグロス・ブラック・インテリアトリム/マット・コーラル・レッド・ハイライト
  • レッド・スケール付メーター
  • オートマチック・エアコン、オーディオ・コントロールパネルのクローム・インサート
  • レッド・アクセント付リモコンキー
  • Sport専用フロント・エプロンとリヤスカート
  • クローム仕上げキドニーグリル(ワイド・ブラック・バー)
  • Sportエクステリアバッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(ブラック・クローム仕上げ)
  • エア・ブリーザー(ハイグロス・ブラック)
  • スポーツ・プラスモード

個人的には、運転席&助手席の電動調節式サイド・サポートにグッと惹きつけられます。フロントシートのポジション調整機能は記載されていなくとも、当たり前のように装備されているのでしょうが、それだけだとどうしてもフィット感が足りないんですよね。

あれはシートの位置と角度を調整するだけだから、当然と言えば当然ですが……。

特に440iのようにシートに体がひきつけられるほどの加速感を味わえるグレードを選び、そういう走りを楽しみたいのなら、シートが体にフィットしていないと苦痛を感じます。快適でなければ、素直に走りを楽しめません。

お腹が痛いときに、どれだけ美味しいものを食べても素直に美味しいと感じられないのと同じです。

サイドサポートを調整してフィット感を高めることこそが、スポーティな車に必要なこと。国産車が、なかなかできていないことでもあります。

その他、インテリアはスポーティそのものといった感じですね。レッドステッチと、レッドスケールメーターは本当にカッコいいです。男心をくすぐりまくり! 思わずにやけてしまいそうですよね。

また、スポーツ・プラス・モードの追加も嬉しいです。BMWのシリーズによっては、M Sportにしか搭載されないということもありますからね。一番価格が低いSportでも追加されるのは、とても喜ばしいこと。

全車標準装備のスポーツ・モードでも良いんですが、スポーツモードは若干コンフォーとモード寄りなんです。

つまり、落ち着いた走りとスポーティな走りの中間を目指している、中途半端な状態ということになります。それはそれで使い道があるんですが、ガンガンスポーツ走行を楽しみたい方には物足りない……。

スポーツ・プラス・モードは、完全にスポーティに振り切れています。

440iと組み合わせれば、後続車を完全に振り切れますよ。

M Sportの装備

  • ドア・シル・プレート(Mロゴ付)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • ダーク・カーボン・アルミ・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
  • ブルー・アクセント付リモコンキー
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア
  • Mエクステリアバッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
  • エア・ブリーザー(ハイグロス・ブラック)
  • グレード別設定でMスポーツ・サスペンション

Sportに装備されるシートやメーターなど、M Sportの装備と矛盾しないものは全て搭載されています。M Sport独自の装備はそのほとんどが、やはり内外装の仕様変更です。地味な部分が多いかもしれませんが、比べてみると案外印象が変わります。

見た目が変わるだけでなく、グレード別設定でMスポーツ・サスペンションが搭載されるところが肝ですね。足回りが硬くなり、高速走行時のキレが向上、衝撃吸収にも優れているためガンガン加速して振り切りたいなら、このサスペンションがあったほうが良いでしょう。

Luxuryの装備

  • ダコタ・レザー・シート
  • フロント・シート・ヒーティング
  • マルチファンクション・スポーツ・レザーステアリングホイール
  • パール・ウォールナット・ウッド・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • オートマチックエアコン、オーディオコントロールパネルのクローム・インサートと、クローム仕上げフレーム
  • クローム・アクセント付リモコン
  • Luxury専用フロントエプロンとリヤスカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(クローム・バー)
  • クローム・ライン・エクステリア(サイド・ウインド^・フレーム・モールディング)
  • Luxuryエクステリア・バッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
  • エア・ブリーザー(クローム)

SportもM Sportも基本的に内装が黒々としていますが、Luxuryは黒々としすぎていないところが魅力的です。ダコタ・レザーシートの色はヴェネト・ベージュで、そこにダーク・オイスターハイライトなどが入っています。他と比べると随分と落ち着いた雰囲気になりますよね。

シートが明るいとインテリア全体が明るく見えて、全体が広く感じるのもLuxuryの良いところです。黒々としすぎていると、若干閉塞感を覚えるという方もいますからね。僕は黒々としているのが好きですが、たまに嫌になることもあります。

Luxuryのインテリアは飽きがこなくて、どんな人でも馴染みやすく、いつまでも快適に過ごせるでしょう。

フロントシートを温める機能もありますし、本当に乗員の快適性を第一に考えているんだなと実感させられます。その分価格もSportやM Sportと比べて高いですが、この内容なら納得できるというものではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

各グレードの性能と装備を見てきましたが、それら二つを頭の中で掛け合わせてみると、八つのグレードの姿がクッキリと浮かび上がってきませんか? どれを選びたいか、どれが自分に合っているかも、大体わかってくるのではないかと思います。

八つのグレードそれぞれに魅力があるわけですが、ここでは敢えて三つのグレードの塊ごとに評価をしてみましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
420i ☆☆☆ 落ち着いた走りを楽しみたい方へ。
430i ☆☆☆☆☆ 落ち着きも大事だが、頻繁にガンガン加速したいと思っている方へ。
440i ☆☆☆☆ 全てを振り切りたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

420i Coupéの評価

420iのスペックであれば、落ち着いた走りをしながらも加速を楽しむことができます。基本的には市街地で60km/hで安定走行するのが良いんですが、高速道路でそれ以上の加速をしたとしても、小気味良いエンジンサウンドと加速感を楽しむことが可能です。

ただ、鋭い加速感覚や、よりスポーティな走りを求める方にはちょっと物足りません。だから、頻繁に加速して楽しみたいなという方よりも、たまに加速感を楽しむくらいがちょうどいいと考えている方の方が420iに合っています。

430i Coupéの評価

430iは、どんな道でも楽しく子供のようにはしゃぎまわることができます。性能と価格のバランスがとても良く、オーバースペックではないところも魅力的。日本国内でスポーツ走行を楽しむにあたって過不足が無く、選びやすいんですよね。

圧倒的にダイレクトなステアリング感覚と、加速したままコーナリングを突っ切る際の安定性、全てが優れています。本当にスポーツカーをも凌駕するような勢いで、この価格・エンジン仕様でこれだけの走りができれば大満足です。

440i Coupéの評価

440iはM4クーペに比べると貧弱ですが、だからこそM4クーペよりも選びやすくなっています。あれに搭載されているエンジンはモンスター級ですが、サーキット走行をしないと本当にもったいない。

その性能を全く活かしきれないまま、寿命まで達してしまうことも大いに考えられます。もったいないし、車からしてみてもかわいそうですよね。

440iは確かにエンジンスペックが圧倒的ですが、サーキット走行をしなければ活かせないというほどではありません。程よく、しかしながら全てを振り切るのに十分すぎる性能を誇っているんです。

実用性と遊びの二つを楽しむための、4シータークーペ。その代表格として名を残すにふさわしいグレードが、ここにあります。

4シリーズ クーペの総合評価

4シータークーペは、完全にスポーツ性能に振り切ってしまうには惜しいボディ形状なんですよね。セダンよりも幅広になったことによってどことなく居心地が良くなり、セダンの特徴も受け継いでいるから実用性にも優れている……。

スポーツクーペと言えども、やはり実用を捨ててしまってはいけません。

4シリーズ クーペは、実用性の高さと、扱いやすさ、そしてスポーツ性能のバランスが非常によく取れています。三つのエンジン性能から選べますが、エンジンが420iから順番に「実用重視」「バランス型」「スポーツ性重視」といった設定になっているのがまた憎いです。

そして、そのバランスを装備と内外装の仕様からも調整することができます。

ぜひ、性能・装備と二つの要素から、自分なりに最もバランスが良いと思うグレードを見つけてみてください。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です