BMW 3シリーズ セダン グレードごとに比較、特徴を徹底解説!

BMWセダン3シリーズ

BMW全シリーズを通して最も人気が高い3シリーズの中で、最もスタンダードなのがセダンでしょう。

日本国内でのセダンの需要が近年は下がってきていますが、それでも3シリーズ セダンの人気は高いです。次に高いのが、ツーリングでしょうか。

BMWと言えば、スポーティセダン。色々なタイプの車を排出しているBMWですが、セダンこそが十八番ということです。

3シリーズも「BMWと言えば3シリーズだよ」と言われるシリーズですから、3シリーズ セダンは「BMWと言えば」がたくさん詰まった車ということですよね。

そんな3シリーズ セダンの特徴やBMWらしさを、グレードごとに比較して徹底的に紹介しましょう。

BMW 3シリーズ セダン グレード表

グレード名 価格
318i SE 4,090,000円
318i 4,460,000円
318i Sport 4,670,000円
318i Luxury 4,890,000円
318i M Sport 4,890,000円
320i Sport MT 5,150,000円
320i Sport 5,320,000円
320d 5,320,000円
320i M Sport(MT) 5,370,000円
320i Luxury 5,520,000円
320i M Sport 5,540,000円
320d Sport 5,550,000円
320i xDrive Sport 5,630,000円
320d Luxury 5,750,000円
320d M Sport 5,770,000円
330e iPerformance 5,790,000円
320i xDrive Luxury 5,830,000円
320i xDrive M Sport 5,850,000円
330e iPerformance Sport 6,020,000円
330e iPerformance Luxury 6,220,000円
330e iPerformance M Sport 6,240,000円
340i Luxury 8,130,000円
340i M Sport 8,130,000円

表を見るのも嫌になりそうなほど、グレードが多いですよね。その数なんと二十三個! 眩暈がしそうです。最低価格のグレードと最高価格のグレードを見比べてみると、最高価格は最低価格の二倍近くもの価格になっています。

これだけのグレード数があるのだから、当たり前かもしれませんね。ただ、よく見てみると価格が同じ物もいくつかあります。最高価格付近を見てみると、340iで急激に価格が上がっていることがわかるでしょう。

340iの価格が他に比べてあまりに高いのは何故か、「Sport」や「Luxury」というのは何なのだろうか……。グレード名と価格を見るだけで、気になるところがたくさん出てきたと思います。

それを、これからじっくりと見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

グレード数がとても多く見えますが、実は基本的なグレードは「318」「320i」「320d」「330e iPerformance」「340i」の五つしかないんです。

基本グレードごとに性能などが異なりますが、同じ基本グレードでは性能が変わりません。そこに「Sport」「Luxury」などの特徴を付けたし、多くのグレードがあるように見せているんです。

それでは、各グレードの特徴を正確に把握するため、まずは性能などについて語っていきましょう。

318i

318iは、1,498ccの直列3気筒DOHCガソリンエンジンを搭載しています。その最高出力は100kW/4,400rpmで、最大トルクは220Nm/1,250~4,300rpmです。敬遠されがちな3気筒エンジンですが、それにしては性能が良いですよね。

4気筒や6気筒のような加速の爆発力はありませんが、発進時から発生する太いトルクを利用した余裕のある走りをすることができます。これくらいの性能があれば、日本国内において全く苦労しないでしょうね。

加速を楽しみたい人には向きませんが、そうでない人にはこれで十分と言えます。

320i

320iは、1,998ccの直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載しているグレードです。最高出力は135kW/5,000rpmで、最大トルクは270Nm/1,350~4,600rpmとなっています。

6気筒と比べて爆発力に不満があるとしている方も多いですが、320iのエンジンは4気筒の中ではとても優秀なエンジンなんです。

2.0Lとは思えないほどの加速力と、太いトルク。そして、アクセルを踏んだ瞬間に体を包み込む手ごたえが、とても良いんですよ。

街乗りでも1,200~1,300rpm回るだけで3,000ccエンジン並みの大きなパワーを感じるため、市街地でもハイパワーを気軽に実感できます。

アクセルを踏み込んだら大きな手ごたえとともに、先に発揮している大きなパワーに引っ張られるようにしてグイグイ速度が伸びていく。AT車とMT車がありますが、MTなら加速感覚が恐ろしいまでに伝わってきて人馬一体を体感できます。

ATでも、マニュアルモードを使うだけで似たような感覚を得ることができますよ。

気軽に高速走行とハイパワー、そして車と一体になって駆け抜ける感覚が得られるということで「優秀」なグレードです。

320d

320dは1,995cc直列4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載しています。320d……そう、320dの「d」はディーゼルを意味しているんです。ガソリン車と比べるとディーゼル車は実用域が得意という傾向がありますが、320dはどうでしょうか。

320dのディーゼルエンジンの最高出力は140kW/4,000rpmで、最大トルクは400Nm/1,750~2,500rmです。最高出力がガソリンエンジンよりも上がっており、それだけでなく必要rpm数が下がっています。

最大トルクも400Nmと、320iと比べて大幅に向上していますよね。

市街地走行で、これだけ大きなパワーが得られる車なんてそうそうあるものではありません。1,

500~2,000rpmあたりのトルクは、本当に凄いです。変速はスムーズだし、運転していてトルク感がとても伝わってきて運転もしやすい。

確かにディーゼルエンジン特有の、最高出力を出そうとしたときの頭打ち感はあります。3,000~4,000rpm付近でノイズが気になりだしますし、4,000rpmあたりで「これ以上エンジン回らないだろう」と意識させられるんです。

ただ、320dにおいて高回転域は言わば果物の皮の部分。320dの甘い果実の部分は、1,500~2,000rpmの部分にこそあります。2,500rpmあたりではやや大味になってくるものの、圧倒的なスポーティさを見せつけてくれるんです。

330e iPerformance

330e iPerformanceは、1,998ccの直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載しています。

「あれ、320iと変わらない?」と思った方、騙されてはいけません。330eの特徴はエンジンを支えてくれる「モーター」がある点なんです。

つまり……330e iPerformanceは、ハイブリッドシステムを搭載しているグレードということになります。

しかも、プラグインハイブリッドです。ベンツに対する戦意が見えるようですね。

また、エンジン自体の性能は320iと変わりませんが、ハイブリッドシステムが加わったトータル最高出力は185kWで、トータル最大トルクは420Nmにまで伸びます。

ハイブリッドの恩恵か、低回転域ではエンジン音が全く聞こえないほど静かで、それでいて力強さを見せてくれるんです。

アクセルを強く踏み込めば、ガソリンエンジンの力強い音を聴くことができます。

背中がのけぞるほどではないものの、胸のすくような加速を体感することが可能。市街地を走る上ではもちろん、高速道路でも大活躍します。

洗練されたハイブリッドシステムに燃費の良さ、そしてトルクの良さと走行モードの豊富さなどなど、とてもクオリティが高いです。

走行モードについては、装備を説明する中で詳しく見ましょう。

340i

340iは、2,997ccの直列6気筒DOHCガソリンエンジンを搭載しています。340iだけ6気筒なんですよ。だから、340iだけ露骨に価格が高くなっているというわけです。

問題の性能ですが、最高出力が240kW/5,500rpm、最大トルクが450Nm/1,380~5,000rpmとなっています。340iに乗れば、実用域での快適性とスポーティさ、エンジンを激しく回したときの加速の良さの両方を体感することができるでしょう。

実用回転域でのこのトルクの太さは、反則級! 市街地ではエンジンをあまり回さずとも、スポーティな走行を楽しむことができます。アクセルを少し踏むだけで、背中がのけぞるような加速ができますよ!

高速道路や田舎道で思い切りアクセルを踏むと……最早怖いです。

Sport・Luxury・M Sport・xDriveって何?

320iなど基本グレードの名前の後ろに付いている「Sport」「Luxury」「M Sport」というのは、装備の塊の名前です。

BMW 3シリーズ セダンは、基本グレードごとにというよりも「Sport」「Luxury」それぞれで装備が異なります。基本グレードごとの装備の違いも無くはないのですが、WEBカタログには記載されないような微々たるものです。

また、それぞれにどのような装備があるのかは後ほど語るとして、傾向だけでも説明しておきましょう。

Sportは内外装ともにスポーティな印象を与えるような装備が多く、Luxuryは高級感と快適性を重視した内外装のつくりになっています。

M Sportは、Sportをよりスポーティにしていてグレードによってはサスペンションが異なるなど、根本的にもスポーティにしてくれるものです。

「それじゃあ、xDriveってなに?」という話になりますよね。

xDriveは、BMW独自の4輪駆動システムの名前です。4輪駆動特有の走破性の高さはもちろんのこと、一般道での安定性も高めてくれています。どこにでも走っていきたいという人のためのシステムです。

ちなみに、318SEは単なる廉価グレード。装備内容が若干簡素になっています。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

基本グレードの中で、装備の塊ごとにグレードが分かれているということでしたが、それぞれどんな装備が搭載されているのかが気になるところですよね。そこで、「Sport」「Luxury」「M Sport」にどんな装備があるのかを、まとめてみました。

なお、BMWのWEBカタログから抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • BMW EfficientLightweight(BMWエフィシェント・ライトウェイト)
  • エンジン・オートスタート/ストップ機能
  • シフト・インジケーター
  • BMW ConnectedDrive
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)
  • 運転席&助手席エアバッグ
  • カーテン・ヘッド・エアバッグ(フロント&リヤ)
  • サイド・エアバッグ(フロント)
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • 前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ

衝突被害をいかに軽減するかというところに重点を置いているということが、装備から見てとれます。前車が迫ってきたら警告してくれる機能や、衝突スレスレまで接近した際の自動ブレーキなど、未然に衝突を防ぐ機能が充実。

衝突した際の被害を軽くするためのエアバッグは六ヶ所に設置されていますし、軽量化と剛性の強化を同時に行った「エフィシェント・ライトウェイト」という設計・素材もあり、安全性は高いです。

また、重大な事故が発生した際にはBMW ConnectedDriveでSOSコールをすることができます。コネクテッドドライブは様々なアプリでドライブを楽しく便利にするエンタメ装備でもありながら、安全装備でもあるんです。

カタログを見る限りでは、BMWの「もしもの備え」に対する意識が伺えます。

この他、アームレストやドリンクホルダーなど高級車らしく室内装備も充実していますよ。

Sportの装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • コーナー・クロス・シート(カラー:アンソラジット/レッド・ハイライト)
  • ハイグロス・ブラック・インテリアトリム/マット・コーラル・レッド・ハイライト
  • アンビエントライト(ホワイト/オレンジ切り替え可能)
  • クローム・インサート(オートマチック・エア・コンディショナー、オーディオ・コントロール・パネル、エア・アウトレット)
  • レッド・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • Sport専用フロント・エプロン、リヤ・スカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(ワイド・ブラック・バー)
  • Sportエクステリア・バッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(ブラック・クローム仕上げ)

内外装の塗装や加工が、スポーティ仕様になっています。スポーツシートに電動調節式サイドサポートが付いているのが良いですよね。

これで姿勢を少しでも楽にして、運転も楽になります。スポーツ走行をするなら、楽な姿勢でなければ思い切り楽しめませんからね。

サスペンションは変わりませんが、スポーツ・プラス・モードの選択が可能になります。

これはドライビング・パフォーマンス・コントロールのモードのひとつです。Luxuryでは「コンフォート」「スポーツ」「エコ・プロ」の三つのモードが選べるんですが、SportとM Sportでは、スポーツモードをさらにスポーティにした「スポーツ・プラス」が選べます。

スポーツモードは、元々「スポーティな加速性能と、実用域での快適性を両立させる」という方向で調整されているんです。その結果バランスが良いものの、物足りないと感じるような味付けになっています。

スポーツ・プラスモードは完全に「スポーティ」に極振りすることで、物足りなさを解消。思い切り加速を楽しむことができるんです。

M Sport 装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(Mロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーション・シート(カラー:アンソラジット/ブルー・ハイライト)
  • アルミニウム・ヘキサゴン・インテリアトリム/ハイグロス・ブラック・ハイライト
  • BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
  • ブルー・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • 18インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング400M
  • (フロント)8J×18ホイール、225/45R18タイヤ
  • (リア)8.5J×18ホイール、255/40R18タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロントエプロン、サイドスカート、リヤスカート)
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア(ブラック・サイド・ウインドー・フレーム・モールディング[光沢仕上げ])
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
  • Mエクステリア・バッジ

「Mエクステリアバッジ」や「Mライト・アロイ・ホイール」など、M Sport専用装備が多いですよね。Sportよりも特別感があり、高級感も漂っています。

Sport同様スポーティな内外装になっているんですが、M Sportの特徴はなんといってもタイヤですね。

M Sportだけは、前後で違うタイヤが履かれています。

3シリーズ セダンはどのグレードも後輪駆動なので、後輪を太くすることによって駆動力を増進させているんです。M Sportは「Luxury」「Sport」のどれよりも、駆動力に優れているということになります。

駆動力に優れているということは、走破性も加速性も他より優れているということ!

そう、M Sportはスポーツ走行がしたい人のためのグレードなんです。

モデル別設定ではありますが、サスペンションを標準より硬くすることもできますよ。

Luxury装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • ダコタ・レザーシート
  • フロント・シート・ヒーティング(運転席&助手席)
  • マルチファンクション・スポーツレザー・ステアリングホイール
  • バール・ウォールナット・ウッドインテリアトリム/バール・グロス・クローム・ハイライト
  • クローム・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • Luxury専用フロント・エプロン、リア・スカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(クローム・バー)
  • クローム・ライン・エクステリア(サイド・ウインドー・フレーム・モールディング)
  • Luxuryエクステリア・バッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)

Luxuryは他二つと比べると、落ち着いた雰囲気の内外装になっています。大人の快適な室内空間といった感じで、スポーティとは対極にあるようです。Luxuryの最も大きな特徴は、ダコタ・レザーシートが標準装備となっている点でしょう。

他二つではオプション装備ですからね。

しかも、フロント・シート・ヒーティングまで搭載しています。これは、名前のとおり「シートを暖める機能」です。冬場の快適性は、これの有無で段違いですよ。助手席にも搭載されているというのが、肝ですよね。

運転手だけ快適なのでは、誰かと一緒に乗る意味がありませんから。

330e iPerformance独自の装備・機能

  • クローム仕上げキドニー・グリル(前面ブルー)
  • iエクステリアバッジ
  • フロント・ドア・シル・プレート(eDriveロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・プラスモードの設定無し。
  • BMW eDrive

330e iPerformanceには、特別なロゴとエクステリアバッジが用意されています。

キドニー・グリルは前面がブルーになるという、他には無い色使いをしていますし、どの装備を選んでも特別感がありますよね。「特別」「限定」という言葉に弱い人は、こういうところに惹かれるのではないでしょうか。

また、iPerformanceはハイブリッドシステムを搭載しているということで、BMW eDriveを語らないわけにはいきませんねえ。

これは、電気モーターだけのゼロ・ミッション走行ができるし、モーターとエンジンの両刀使いによって走行性能をさらに引き上げることができるというシステムです。

完全な電気自動車ではありませんが、ゼロ・ミッション走行ができるというのは実は凄いこと。

普通は、ハイブリッド車と言えば「モーターアシスト」程度のものですからね。

これが、BMWのプラグイン・ハイブリッドの力か…。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能と装備……これで3シリーズ セダンの各グレードの特徴が出揃いました! 最初は「多いなあ」「ややこしいなあ」と感じていたグレードの違いも、性能と装備の二つを合わせると理解しやすいですよね。

さて、各グレードの理解が深まったところで、個人的な評価も入れながら各グレードがどんな人にオススメなのかを語りたいと思います。理想のグレードを、探しましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
318i ☆☆☆ ゆったり実用域だけで楽しみたい方へ。
320i ☆☆☆☆ 実用域でも、遊びの走りでも楽しみたい方へ。
320d ☆☆☆☆☆ 大きなパワーと、加速を楽しみたい方へ。
330e ☆☆☆ BMWのハイブリッド車に興味がある方へ。
340i ☆☆ 圧倒的なパワーを誇るグレードが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

318i の評価

1.5Lターボエンジンの性能は、実用域でゆったりと走りを楽しむのに向いています。

通勤や送り迎え・買い物などの用途でしか車に乗らないという方には、これで十分過ぎるほど満足できるのではないでしょうか。そういう方なら、加速に不満が出ることもありません。

装備はLuxuryが一番しっくりきますが、好みによって他を選ぶのも良いでしょう。

320i の評価

320iの2.0Lターボエンジンがあれば、市街地でハイパワーを感じて楽しむこともできますし、高速道路などで鋭い加速を体感することもできます。

実用でも思い切り走りを楽しめて、走り自体を遊びにできるし、高速走行も長距離運転も楽しめる……。

多目的利用が可能ということで、万人にオススメできます。どんな装備でもぴったりハマるでしょうが、個人的にはM Sportを合わせたいですね。

320dの評価

3シリーズ セダンの真価は、320dでこそ発揮されます。ディーゼルエンジンは賛否両論ありますが、個人的には大いに賛成です。

セダンというからには、実用域での快適性と低回転数でのパワーの大きさが重要になります。スポーティセダンでも、セダン=快適性や実用性が重視されるという基本を忘れてはいけません。

特に日本においては、セダンのイメージは「市街地走行が楽しい車」でしょう。

だからこそ、ディーゼルエンジンの低回転数から発揮する圧倒的なトルクと、胸のすくような加速が3シリーズ セダンの真価を発揮させるんです。

330e iPerformance の評価

海外の高級車で「プラグインハイブリッド」と言えば、ベンツを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

BMWのハイブリッドとは、どんなものかと気になっている方は多いと思います。このグレード自体、設定されたのが比較的新しいので、興味がある方にはとてもオススメですよ。

安心してください、「流石BMW」クオリティです。

340i の評価

340iのパワーの大きさと加速性能は、他グレードを圧倒しています。なかなか、この性能の右に並ぶ車はないでしょうね。それこそベンツの上級グレードなど、340iと同格のスポーティ高級車を連れてこなければならなくなります。

それほどの性能があり、スピードも圧倒的。

スピードマニア・スペックマニアには、たまらないグレードと言えるでしょう。

BMW 3シリーズ セダンの総合評価

3シリーズ セダンはグレード表を見ると「げっ」と思ってしまって、自分に合うかどうかを考えずに周りの評価だけでグレードを決めてしまうという方も多いと思います。

けれども、実際は案外単純で選びやすく設定されているのだから、しっかり比較検討して選ばないと損ですよね。

自分が3シリーズ セダンに求めているものは何か? 圧倒的なスペックなのか、実用域での扱いやすさなのか、低回転数で楽しみたいのか……。それを考えれば、選ぶべきグレードは自ずと目の前に現れます。

セダンは実用性と快適性、そして多目的利用ができるかどうかが求められがちです。だからこそディーゼルが最も3シリーズ セダンの特徴を活かせると考えたわけですが、結局どれを選んでも面白いと思います。

結局最後に考えることになるのは、「セダンの特徴を活かすか」「個性を持たせて面白みを追求するか」のどちらをとるかでしょうね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です