BMW 3シリーズ ツーリング グレード毎に特徴をご紹介、お気に入りが見つかる!

BMW3シリーズツーリング

BMWの王道であり、看板モデルが3シリーズ ツーリングです。高級車然とした価格でありながら比較的手が出しやすく、ボディタイプ・ラゲッジの広さなどから多目的に対応できるとして人気があります。

特にラゲッジスペースは、後部座席を全て倒せば1500Lも入るというのでびっくりですよね。「ツーリング」という名前に恥じず、様々なタイプのツーリングに駆り出すことができます。

扱いやすいボディサイズでどこでも快適に走れるし、本当にツーリングにはぴったりなんですよね。

国内でも扱いやすいことからも、手が出しやすい。

ただ……グレードが多すぎる!

そこで、3シリーズ ツーリングの各グレードの特徴をわかりやすく紹介しましょう。

BMW 3シリーズ ツーリング グレード表

グレード名 価格
318iツーリングSE 4,310,000円
318iツーリング 4,680,000円
318iツーリングSport 4,890,000円
318iツーリングLuxury 5,110,000円
318iツーリングM Sport 5,110,000円
320iツーリングM Sport 5,540,000円
320dツーリング 5,540,000円
320iツーリングLuxury 5,740,000円
320iツーリングM Sport 5,760,000円
320dツーリング Sport 5,770,000円
320i xDriveツーリング Sport 5,850,000円
320dツーリングLuxury 5,970,000円
320dツーリングM Sport 5,990,000円
320i xDriveツーリングLuxury 6,050,000円
320i xDriveツーリングM Sport 6,070,000円
330iツーリング Sport 6,530,000円
330iツーリングLuxury 6,760,000円
330iツーリングM Spoort 6,760,000円
340iツーリングLuxury 8,350,000円
340iツーリングM Sport 8,350,000円

グレード数、なんと…21個!!

最低価格と最高価格の差は、約400万円です。中には同じ価格のグレードも数多くあるんですが、いきなり価格が跳ね上がるグレードもあるため、総合的には大きな価格差となっています。

これだけたくさんのグレードがあるのだから、この価格差には納得できますよね。

また、これほどグレードが多いと選ぶのに苦労すると感じるでしょう。

グレード選びを少しでも簡単にするため、これから各グレードごとに特徴を紹介していきますよ。

各グレードの特徴や違いを解説

3シリーズ ツーリングのグレードは、大きく分けて「318i」「320i」「320d」「330i」「340i」の五つです。これらの特徴をまず最初に掴むことによって、各グレードの特徴を半分以上理解できると言えるでしょう。

318i

318iは、1,498ccの直列3気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。このエンジンの最高出力は100kW/4,400rpmで、最大トルクは220Nm/1,250~4,300rpmとなっています。1.5Lエンジンでこれだけの性能があるなら、十分ですよね。

ツーリングということで、ゆったりとした走りを楽しむ分には必要十分です。実用重視という方にも、ぴったり当てはまるのではないでしょうか。

3気筒はインターネット上で叩かれることも多いですが、これが思っていたより普通によく走ります。とてつもない加速ができるわけではありませんが、日本国内で走る分には快適そのものです。本当に「必要十分」で過不足無い性能と言えるでしょう。

320i

320iは、1,998ccの直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。最高出力は135kW/5,00rpmで、最大トルクが270Nm/1,350~4,600rpmとなっています。

叩かれがちな3気筒ではなく、4気筒となって318iから性能が大きくアップしているのが数値から見て取れますよねえ。

ここまでくると、キビキビした加速が楽しめるようになっています。加速感覚の鋭さに走りの軽やかさを感じられるような、BMWらしい走りができるんですよ。低速から吹け上がりが良くて、走っていて面白いです。

また、アクセルを踏み込んだ瞬間にグッとパワーが上がって重力を感じ、加速していく感覚も面白い。実用域で快適に……と考えるなら318iの方が良いでしょうが、少しでも走りで遊びたいなら320i以上のスペックは欲しいですよねえ。

320d

320dは、1,995cc直列4気筒DOHC『ディーゼル』エンジンを搭載したグレードです。このディーゼルエンジンの最高出力は140kW/4,000rpmで、最大トルクは400Nm/1,750~2,500rpmとなっています。

名前からして、320iのディーゼルエンジンバージョンという感じがしますよね。排気量的にもその認識で間違いありません。

ディーゼルエンジンと聞くと、「音がウルサイんじゃないの?」「振動が多いんじゃないの?」ということを気にする人が多いと思いますが、320dのエンジンは静かで振動も少ないんですよ。

この点において、ガソリン車と比較する意味は無いんじゃないかと思えるほどです。

比較すべきは、走行感覚のただ一点。

発進から法定速度までの加速は、スムーズ過ぎて驚きます。「あれ、もうこんな速度?」というほどに、スルスル加速していくんですよ。

低回転からとてつもなく太いトルクが発生するためか、そのトルクに引っ張られるようにしてどんどん速度が上がるんですよね。

ただ、アクセルの踏み込みと加速の連動性が少し悪いです。

ワンテンポくらい遅く感じます。

ただ、加速感覚は胸のすくような面白いものとなっているので、これを体感すべく一度試乗してみてはいかがでしょうか。

330i

330iは、1,998cc直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載している車です。「あれ、320iと変わらない?」と思った方、まだ早いですよ。エンジンの種類や排気量は同じですが、性能が320iよりも上がっています。

330iの最高出力は185kW/5,200rpmで、最大トルクは350Nm/1,450~4,800rpmです。

320iと比べると、最高出力・最大トルク共に大幅なグレードアップをしています。ディーゼルエンジンでも感じた胸のすくような加速感覚を320iでは体感できるだけでなく、加速がさらに鋭くなっているんです。

アクセルを踏んだ瞬間、体を包み込む重さ。それと連動するように加速していく車体、速さを増して流れていく景色。

加速と同時に盛り上がりを見せてくれるエキゾーストノートとそれらが一体となり、自分自身が流れ星にでもなったような感覚にさせてくれるんですよ。

以前はこのポジションに328iという中途半端なグレードが座っていましたが、それがパワーアップして330iとなりました。パワーアップしてくれて、ありがとう。

340i

価格が一気に跳ね上がっている340iですが、このグレードには2,997cc直列6気筒DOHCガソリンエンジンが搭載されています。なるほど、性能が跳ね上がったから価格も跳ね上がっているわけですね。

その最高出力は240kW/5,500rpmで、最大トルクは450Nm/1,380~5,000rpmです。

数値を見ただけでも、340iがやる気満々な車だということがわかるでしょう。1,380rpmから450Nmのトルクが出るなんて、考えられますか? 想像もつきませんよね。6気筒だし性能は見るからに高いし、ロマンがあります。

数値を見てもわかるかもしれませんが、日本国内ではオーバースペックなんです。この性能をマックス活かして走るなんていうことは、国内ではなかなかできません。

ただ、この余裕あるスペックが生み出す加速感覚と快適な走り心地は、一度体験する価値があります。

峠道をほとんど助走無しで走ったところ、発進時から発揮する太いトルクのおかげでスイーッと峠を上り始めることができました。少し走ると回転数も安定してきて、アクセルを踏み込むと……景色が風と一緒に吹っ飛びます。

本当に、『風と共に去りぬ』です。

Sport・Luxury・M Sport・xDriveとは?

大きく分けて3シリーズ ツーリングには五つのグレードがあると語り、それぞれの特徴を説明してきました。ただ、その中でも「Sport」「Luxury」「M Sport」「xDrive」と色々グレードが分かれていますよね。

この「Sport」「Luxury」「M Sport」というのは、簡単に言えば装備のパッケージです。

「Sport」を選べばスポーティ仕様な装備が得られ、「M Sport」を選べばさらにスポーツ仕様になり、「Luxury』を選べば高級感と快適性の高い装備が得られる。

318i SEは、単なる廉価版グレードです。

ただ、それだけのこと。簡単ですよね。

「xDrive」というのは、BMW独自の4輪駆動システムの名称です。要は、320d xDriveというのは320dの4WD車だということですね。

こうやって装備内容や駆動方式によってグレードが分岐しているために、グレード数が多くなっているんです。

性能で基本グレード五つからひとつを選び、装備内容を選ぶだけでグレードが選べます。一見ややこしそうに見える3シリーズ ツーリングのグレードも、こうやって考えれば単純ですよね。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの性能について見てきましたが、グレードの特徴を全て掴むためには装備についても知らなければなりません。

「Sport」「Luxury」「M Sport」の三つで装備が分かれているということだったので、それら三つの装備についてしっかりと語っていきましょう。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能
  • シフト・インジケータ
  • BMW ConnectedDrive
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • DSC
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • エアバッグ(フロント&リヤ)
  • サイドエアバッグ(フロント)
  • 前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ

WEBカタログから全車標準装備を抜粋しました。WEBカタログからの情報だと、安全装備や足回りの機能ばかりになりますね。実際にはこれら以外の標準装備もあるでしょうが、WEBサイトなどでは公開されていません。

それでは、順を追って説明していきましょう。

エンジン・オート・スタート/ストップ機能というのは、アイドリングストップのようなものです。

信号待ちなどで停車した際、自動的にエンジンを停止させて、ブレーキペダルから足を離した瞬間にエンジンを再始動させてくれます。ストップ&ゴーの多い市街地では、役立つでしょうね。

BMW ConnectedDriveは、BMWのサービスやアプリケーションを利用することで多彩な情報を得ることができるというものです。

事故があった際にSOSコールをしたり、メンテナンス情報などを自動でBMWディーラーに通知するテレサービスなどのサービスがあります。

これら以外にも、エンターテインメントアプリを利用することも可能です。

要はBMWのインターネットサービスのようなものですね。

安全面以外のところでは、ドライビング・パフォーマンス・コントロールというものがあります。これは「コンフォートモード」「スポーツモード」「エコ・プロモード」の三つのモードが全車標準装備で、「スポーツ・プラスモード」は「Sport」「M Sport」のみ搭載なので気をつけましょう。

Sport 装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • コーナー・クロス・シート(カラー:アンソラジット/レッド・ハイライト)
  • ハイグロス・ブラック・インテリアトリム/マット・コーラル・レッド・ハイライト
  • アンビエントライト(ホワイト/オレンジ切り替え可能)
  • クローム・インサート(オートマチック・エア・コンディショナー、オーディオ・コントロール・パネル、エア・アウトレット)
  • レッド・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • Sport専用フロント・エプロン、リヤ・スカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(ワイド・ブラック・バー)
  • Sportエクステリア・バッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(ブラック・クローム仕上げ)

「Sport」という名前から想像するとおり、スポーティな装備ばかりですよね。アクセントが「レッド」なところが、地味に憎いです。

赤いアクセントが入ると「スポーティだなあ」という気がしませんか? 赤というのは速さの象徴のようなところがありますからねえ。赤い=速い=スポーティということです。

スポーティ仕様だからとサスペンションが変わったりシステム面に大きな変化があるわけではありませんが、こうして内外装がスポーティな雰囲気を出しているだけでも運転していて楽しくなりますよね。

システム面で少し変わるところがあると言えば、「スポーツ・プラス・モード」でしょうか。

加速の鋭さに磨きがかかるモードで、高速走行がしやすいだけでなく、高速走行時のコーナリング性能も上がるため安全に加速を楽しむことができるようになります。

スポーツモードの完全上位互換ということで、これがあればスポーツモードはあまり使わないかもしれませんね。

Luxury 装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • ダコタ・レザーシート
  • フロント・シート・ヒーティング(運転席&助手席)
  • マルチファンクション・スポーツレザー・ステアリングホイール
  • バール・ウォールナット・ウッドインテリアトリム/バール・グロス・クローム・ハイライト
  • クローム・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • Luxury専用フロント・エプロン、リア・スカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(クローム・バー)
  • クローム・ライン・エクステリア(サイド・ウインドー・フレーム・モールディング)
  • Luxuryエクステリア・バッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)

Sportと比べると、落ち着いた雰囲気の装備が多いですよね。

アクセントも「クローム」で、高級感があります。Sportは「遊びたい盛りの人のための車」という雰囲気でしたが、Luxuryは「落ち着いた大人のための車」といった雰囲気と言えるでしょうか。

ダコタ・レザーシートが標準装備されているところや、フロント・シート・ヒーティングが搭載されているところがとても良いですね。「落ち着いた大人は、快適性を求めるのだ」と言わんばかりです。

乗っていて快適だと、それだけでドライブは楽しくなります。落ち着いたドライブを楽しみたい方には、SportよりLuxuryが良さそうですね。ディーゼルと組み合わせてみるのも、面白いでしょう。

M Sport 装備、特徴、異なる点

  • フロント・ドア・シル・プレート(Mロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーション・シート(カラー:アンソラジット/ブルー・ハイライト)
  • アルミニウム・ヘキサゴン・インテリアトリム/ハイグロス・ブラック・ハイライト
  • BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
  • ブルー・アクセント付リモート・コントロール・キー
  • 18インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング400M
  • (フロント)8J×18ホイール、225/45R18タイヤ
  • (リア)8.5J×18ホイール、255/40R18タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロントエプロン、サイドスカート、リヤスカート)
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア(ブラック・サイド・ウインドー・フレーム・モールディング[光沢仕上げ])
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
  • Mエクステリア・バッジ

M Sportは、BMW Individual装備がある点と、前後で異なるタイヤを履いている点が特徴的ですよね。

BMW Individualというのは、元々はBMW M社のオーダーメイドプログラムです。専任のデザイナーと共に内外装のカスタマイズをすることができるというもので、「自分だけの車」を実現することができる魅惑のプログラムなんですよ。

ただ、3シリーズ ツーリングM Sportの「BMW Individual」は既にデザインが決まっています。フルオーダーメイドではありませんが、こうやってSPortやLuxuryとの差別化がされているのは嬉しいですよね。

また、M Sportにははモデル別設定で、サスペンションを硬く調整してスポーツ走行の安定性を高めたMスポーツ・サスペンションが搭載されています。

それだけでなく、オプションでMスポーツ・ブレーキという高い制動力を誇るブレーキも取り付けることが可能です。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能と装備を知ったところで、各グレードの特徴が完成しました。性能と装備を組み合わせると320i Sportや330i M Sportなど各グレードの顔が見えてきて、なんとなくこのグレードがいいかなというのがわかってきたのではないでしょうか。

ただ、まだわからないという方もいますよね。

そこで、個人的な評価も含めて各グレードの魅力や、どんな人にオススメなのかについて簡単に語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
318i ☆☆☆ ゆったりとした走りだけを楽しみたい方へ。
320i ☆☆☆☆☆ 多目的に利用したい方へ。
320d ☆☆☆☆ 快適性・実用性を追求したい方へ。
330i ☆☆☆ 鋭い加速感覚を楽しみたい方へ。
340i ☆☆ 圧倒的な性能を満喫したい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

318i の評価

318iの性能は、国内において必要十分なものです。一般道・高速道路などをゆったりと落ち着いて走りたいという方にとっては、この性能だけで十分と言えます。

ただ、加速も楽しみたいのであれば少し物足りないでしょう。加速が鋭いグレードではないため、この部分に関してはある程度割り切らなければなりません。

そのため、「ゆったりとした走りだけを楽しみたい方向け」としました。

また、318iには、Luxuryが一番ぴったり合うのではないでしょうか。

320i の評価

320iほどの性能ともなると、多目的に利用できます。コンフォート・モードを使ってゆったりと落ち着いた走りを楽しむも良し、加速したくなってきたらスポーツ・プラス・モードに切り替えて鋭い加速を楽しみも良しです。

誰かと乗るときは落ち着いて、一人のときは激しくというのも面白いかもしれませんね。

そもそも3シリーズ ツーリング自体が、多目的利用しやすい車なので320iはツーリングに一番よく合うのではないでしょうか。装備はLuxuryでもSportでもM Sportでも面白いと思いますよ。

320d の評価

BMWのディーゼルエンジンはとても静かで振動もなく、快適です。この快適性はガソリン車と比べても「どちらも変わらないな」と思わされるほどの高さ。そして、ディーゼルエンジンの性能自体が快適性を後押しする形になっています。

市街地で快適に走らせるのを前提としているような低速トルクの太さは、快適で落ち着いた走りを高い次元へと引き上げてくれるでしょう。

装備はLuxuryが合うでしょうが、敢えてSportやM Sportを組み合わせるとディーゼルの胸のすくような加速感を味わうことができるので、加速がしたいという方はそちらを選ぶと良いかもしれませんね。

330i の評価

328iだったときには「なんだか中途半端な奴だなあ」という感じでしたが、パワーアップしてからは中途半端感が薄れてきて、魅力を感じやすくなりました。

320iよりも性能が大きく向上しているため、より鋭い加速を楽しみたいという方に需要があります。

それなら340iのほうが良いのではないかという意見があるでしょうが、340iはあまりに高いのです。おまけにオーバースペックということで、選ぶ人は限られます。そのため、330iの持つ意味がより大きくなっているのではないでしょうか。

340i の評価

先ほども少し述べましたが、340iはオーバースペックで選ぶ人が限られてきます。とても良くできた車であり、魅力的過ぎるほどに魅力的なんですが、万人受けはしませんよね。このグレードを選ぶ人は、相当な車好きか、スピードマニアだと思います。一度は、このグレードでM Sportを体感してみたいものですね。

BMW 3シリーズ ツーリングの総合評価

3シリーズ ツーリングは、BMWの看板モデルのひとつだからかグレード数が多いですよね。グレード表を見るだけでBMWのやる気が伝わってきます。

ただ、蓋を開けてみると案外単純で、選びやすいグレード設定になっているんですよね。これまで解説してきた中で、それを実感しました。

また、単純でありながらも、どれもどこか面白いんですよ。キラリと光る性能があったり、どの需要に対応しているのかがハッキリしていたり、オールマイティだったり、それぞれに個性があります。340iなんて、個性的過ぎるくらいです。

ツーリングは、良く言えば多目的利用がしやすい車ですが、悪く言えば特徴が若干ぼやけている車とも捉えることができるでしょう。

そこに各グレードが「個性」を加えることで、3シリーズ ツーリングの魅力や特徴を浮き彫りにしているのだと、感じます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です