BMW 3シリーズ グランツーリスモ グレードごとに比較、魅力を徹底分析!

BMWグランツーリスモ3シリーズ

スポーティセダンとしてのDNAを感じさせながらも、クーペのようなスタイリングのグランツーリスモ。どことなくクール&ビューティな雰囲気がありますが、ダイナミックなデザインでもありますよね。

グランツーリスモということで、快適な走りに重きを置いている車です。

広々としていて快適な室内空間、実用性の高いラゲージ……グランツーリスモは、多目的に利用できる車として大きな人気があります。

特に日本国内の需要だと多目的に使えるところや、市街地走行で快適なところなど受け入れられやすい要素が盛りだくさんなんですよね。

そんな3シリーズ グランツーリスモの魅力や特徴を、これだけでは語りきれない部分についてグレードごとに分析していきましょう。

BMW 3シリーズ グランツーリスモ グレード表

グレード名 価格
320iグランツーリスモLuxury 6,450,000円
320iグランツーリスモM Sport 6,510,000円
320dグランツーリスモ Luxury 6,690,000円
320dグランツーリスモM Sport 6,750,000円
320d xDriveグランツーリスモLuxury 7,000,000円
320d xDrive グランツーリスモM Sport 7,060,000円

3シリーズ グランツーリスモには6つのグレードがあり、その最低価格と最高価格の差は61万円となっています。BMWでグレード数が6つにしては、価格差が少し小さいです。

高級車でこのグレード数なら100万円は差があってもおかしくはありませんが、グランツーリスモは61万円……。

同じ3シリーズの車でグレード数が2つで価格差が70万円程度のものもあるということを考えると、各グレードの違いはそれほど大きくなさそうですよね。「320」「Luxury」「M Sport」と名前に共通する部分が多いことからも、それが伺えます。

各グレードの特徴や違いを解説

各グレードの価格差は最大でも61万円……果たしてグレードごとにどのような違いがあるのか、気になりますよね。そこで、各グレードの違いを性能・装備などから総合的かつ簡単に紹介しましょう。

320i Gran Turismo Luxury

3シリーズ グランツーリスモのグレードは、「320i」と「320d」「320d xDrive」の三つに分けることができます。

その中でも「320d」と「320d xDrive」がお仲間で、320iだけ異なる特徴を持っているんです。320dや320d xDriveについては後で見ていくとして、まずは320iについて説明しましょう。

320iは、後輪駆動のガソリンエンジン搭載車です。BMW的に言えば「普通の仕様」と言えます。エンジンは直列4気筒DOHCの総排気量が1,998ccのものです。

その最高出力は135kW/5,000rpmで、最大トルクは270Nm/1,350~4,600rpmとなっています。

グランツーリスモは実用性や一般道走行での快適性を重視しているため、エンジン仕様もこのように実用向きになっているんです。特に低回転域から太いトルクが出る設計となっている点が、そう感じさせますよねえ。

発進時にアクセルを踏んだ瞬間、余裕を感じさせるスムーズな走り出しを見せてくれるんですよ。太いトルクに引っ張られるようにして走り、加速しようとアクセル開度を上げると、タイムラグ無しに思った通り加速してくれます。

レスポンスが、とにかく良いんです。

激しい加速ができないまでも、しっかり加速をしてくれます。それだけでなく、エンジンはとても静かで快適そのものです。本当に快適性を重視しているんだなと、感心させられます。

これが、320iの特徴です。

そして、このグレードは「320i Luxury」ということで「320i」の特徴に「Luxury」の特徴を足しています。Luxuryの特徴というのは装備にある。中身の解説は後ほどしますが、とにかく適性と高級感を重視した装備内容になっているんですよ。

320i Gran Turismo M Sport

320iの特徴に、M Sportの装備的特長を足したグレードです。Luxuryと比べると、内外装にスポーティな装備が多く搭載されています。

グランツーリスモの快適性や高級感を押し出すか、スポーティさを強調させるかといったことから、LuxuryとM Sportを比較検討すると良いかもしれませんね。

320d Gran Turismo Luxury

「320d」という文字を、よく見てみてください。何か気づくところがありませんか? 「320d」の「d」に、注目すると320dの特徴にすぐピンときますよ。車で「d」と言えば、ガソリン車と比較される「d」と言えば――。

そう、ディーゼルエンジンです。

320dは、1,995ccの直列4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載しています。その最高出力は140kW/4,000rpmで、最大トルクは400Nm/1,750~2,500rpmです。流石ディーゼルエンジン、ガソリン車よりも実用性重視になっていますね。

圧倒的なトルクの太さは、2,000ccとは思えないほどの大パワーを発揮してくれます。市街地・田舎道・坂道・峠道・高速道路……悪路以外のいかなる道を走っていけるほどのハイパワーと、加速のスムーズさが320dの売りです。

そんな320dは、2017年6月現在から見て、とても新しいグレードです。2017年5月10日に発売されたばかりの、新進気鋭のグランツーリスモなんですよ。

320d Gran Turismo M Sport

3シリーズ グランツーリスモは、グレードごとに装備がほとんど変わりません。装備は「Luxury」と「M Sport」の二分化されていて、それによって違いが出ます。320iだから、320dだから装備が変わるというようなことは、ありません。

320d xDrive Gran Turismo Luxury

320d xDriveというのは、簡単に言うと4輪駆動車のことです。xDriveはBMW独自の4輪駆動システムで、雪道・滑りやすい路面におけるトラクション性能の向上や走破性の向上を目指した設計がされています。

たとえば、普通の4WDはスリップした後に駆動トルクを配分しているのに対して、xDriveではスリップする前に「これはスリップしそうだ」という予兆を察知し、駆動トルクを可変配分してくれるんです。

まさに、「転ばぬ先の杖」。

突然の天候悪化にも対応してくれるし、高速走行時のコーナリング性能も向上しています。単純に4輪駆動で走破性が高いだけではなく、一般道での通常走行や高速道路での走行という日常使いでの快適性も高いということです。

グランツーリスモには、ぴったりですよね。

320d xDrive Gran Turismo M Sport

320d xDriveのM Sportです。それ以外に、説明は不要。M Sportの装備とは何か、Luxuryの装備とは何かがいい加減気になりますよね。「ちゃんと説明しろよ」と思うかもしれませんが、これからしっかり説明します。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

お待たせしました! LuxuryとM Sportの装備の違いとはいったい何なのか、3シリーズ グランツーリスモにはどのような装備が搭載されているのかを詳しく紹介しましょう。これを知れば、グランツーリスモのグレードの違いはバッチリです。

なお、装備はBMWのカタログから抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • ドライビング・アシスト(レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)(ストップ&ゴー機能付)
  • レーン・チェンジ・ウォーニング
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • LEDテールライト
  • エキゾースト・テールパイプ
  • アクティブ・リヤ・スポイラー
  • BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード

WEBカタログに掲載されていた全グレード共通の標準装備をまとめてみました。

足回りや安全装備関係が多いですよね。快適性と安全性は切っても切り離せない関係にありますから、グランツーリスモの全グレード標準装備をカタログに載せる際、安全面が真っ先にプッシュされるのは当然でしょう。

安全性があってこそ、快適でいられるというものです。

そんな安全装備や足回りから、まずは見てみると「ドライビング・アシスト」というのが目に留まります。これは()内に書いてある機能すべてが搭載されているといううことです。

車線からはみ出そうになったら警告をしてくれ、前車が近くに迫ってきていたら警告してくれ、いざというときには自動ブレーキをかけてくれる。

頼れるドライブアシストが得られるということですが、これは現代の車に無くてはならない機能たちですよね。どんな車を見ても、大抵これらの装備のどれかが搭載されています。

それより、個人的にはACCに心が惹かれますねえ。

設定速度をベースにして先行車との車間距離を保持しつつも、自動で加速と減速を行ってくれるという日常使いを快適にしてくれる機能です。ストップ&ゴー機能がついているので、停止・再加速も自動で行ってくれるという優れもの。

渋滞しているときや、高速道路でのストレスが軽減されますね。

ここに、グランツーリスモらしさを感じます。

また、ドライビング・パフォーマンス・コントロールは「コンフォート」「スポーツ」「エコプロ」の三つのモードのみが全車標準搭載です。

他にもスポーツ・プラスモードというものがありますが、これはMスポーツのみに搭載される、加速の質や高速走行をより重視する方向けのモードとなっています。

それはともかく、エコプロモードが全車標準搭載というところがグランツーリスモらしいですよね。日常使いを快適にするためには、やはり燃費にも気を遣いたいところです。

そんなときには「エコプロ」モードにすると、燃費重視でありながらも快適な走りは損なわないという走行性能を引き出すことができます。

全車標準装備はどれもBMWでよく見るものですが、グランツーリスモという車のタイプを踏まえて見てみるとグランツーリスモに合う装備・需要に合う装備は何かが、しっかり考えられているなあと実感しませんか?

Luxuryの装備

  • ドア・シル・プレート(BMWロゴ付)
  • ダコタ・レザー・シート(カラー:ヴェネト・ベージュ)
  • フロント・シート・ヒーティング(運転席&助手席)
  • マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • クローム・アクセント付リモート・コンロール・キー
  • Luxury専用フロント・エプロンとリヤスカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(クロームバー)
  • クローム・ライン・エクステリア(サイド・ウインドーフレーム・モールディング)
  • Luxuryエクステリア・バッジ
  • エア・ブリーザー(クローム)

Luxuryは足回りに追加変更点はありませんが、内外装が高級感と落ち着く雰囲気を演出するような形に設定されています。

特にその色が濃く出ている装備が、ダコタ・レザーシートです。ダコタ・レザーシートはM Sportだとオプション装備となっています。

色も異なり、Luxuryはベージュですが、M Sportはブルーステッチの入ったブラックとなっているんです。Luxuryがレザーシートを標準装備としているのは「高級感」「落ち着く室内」を演出し、快適性を高めるのがLuxuryの目的だからでしょう。

また、色がベージュというのも「落ち着く雰囲気」の演出ですよね。

反対にM Sportでブラックとなっているのは、スポーティさの演出と言えます。

このように、Luxuryの装備や装飾はどれを見ても、そういった演出効果を出しているということが明らかですよね。単純にM Sportより価格帯が抑えられているグレードというわけではないんです。そこが魅力となっています。

M Sportの装備

  • マルチファンクションMスポーツ・レザーステアリング・ホイール(シフト・パドル付)
  • 8速スポーツオートマチック・トランスミッション
  • スポーツ・オートマチック・セレクター・レバー、ステップトロニック
  • ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーションシート
  • BMW M Performance Partsステンレス・スチールペダル/フットレスト
  • レッド・スケール付メーター
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(スポーツ・プラスモード付)
  • ブルー・アクセント付リモートコントロールキー
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ
  • BMW M Performanceブラック・キドニーグリル
  • BMW Individualハイグロス・シャドーライン・エクステリア
  • エア・ブリーザー(ハイグロス・ブラック)
  • Mスポーツ・サスペンション

M Sportは、スポーティさの演出はもちろんですが、Mスポーツ・サスペンションという足回りの変更があるのが特徴です。

通常のサスペンションが市街地での安定した走行を前提とする柔らかい設定となっているのに対し、Mスポーツ・サスペンションは高速走行を前提とした硬めの設定となっています。

市街地でゆったりした走りを楽しみたいなら、柔らかい方が良いのですが、高速走行時の安定性は硬いほうが上がるのです。

ただ、人によっては「硬すぎる」という意見もあるため、ここは慎重になりましょう。

ガンガン加速して走りを楽しみたい、またはそういう走行を頻繁に行うという方は、Mスポーツ・サスペンションを選ぶと幸せになれます。

そうでない方は、Mスポーツ・サスペンションを選ぶと乗り心地が少し悪くなり、後悔するかもしれません。

自分の用途と相談しましょう。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能・装備の二つを見ましたが、それら二つを合わせると各グレードの特徴が浮かび上がります。それと同時に、そのグレードの魅力も浮き彫りになるでしょう。

そこで、それら二つの特徴を踏まえて各グレードの魅力について簡単に語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
320iグランツーリスモLuxury ☆☆☆ ガソリン車で安定走行を楽しみたい、快適性を重視したい方へ。
320iグランツーリスモM Sport ☆☆☆☆☆ 安定や快適性はもちろん、ガソリン車でガンガン加速して走りを楽しみたい方へ。
320dグランツーリスモLuxury ☆☆☆☆☆ とにもかくにも実用性重視の方へ。
320dグランツーリスモM Sport ☆☆ ディーゼルの加速感覚を最大限楽しみたい方へ。
320d xDriveグランツーリスモ Luxury ☆☆☆☆ 4輪駆動が必要で、高級感や快適性重視の方へ。
320d xDriveグランツーリスモM Sport ☆☆☆ 高速走行での安定性をより高めたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

320i Gran Turismo Luxuryの評価

ガソリン車が欲しいという方で、安定走行を楽しみながらも室内快適性を重視したい方には、このグレードがオススメです。

Luxuryの良いところはレザーシートと、運転席・助手席両方にシート・ヒーティングが装備されていることでしょう。これによって、M Sportよりも快適な室内環境が約束されています。

320i Gran Turismo M Sportの評価

M Sportのスポーツサスペンションの特徴は、ガソリン車に最もぴったり合います。

ディーゼルエンジンが合わないというわけではありませんが、実用向けのエンジンよりも高回転で加速が鋭くなるようなエンジンの方が安定してスポーツ走行を楽しめるということです。

また、価格と仕様・装備のバランスが最も良いグレードとも言えるでしょう。

320d Gran Turismo Luxuryの評価

このグレードは、実用性重視のエンジンに、落ち着いた雰囲気と快適性重視の装備を積んだものです。M Sportは320iが最もぴったりと合うと述べましたが、Luxuryは320dが最もぴったりなのではないでしょうか。

低回転から太いトルクが出て、加速も出来る。レザーシートの質感は高く、シートヒーティングで快適性も高い。落ち着いてゆったりと実用稼動を楽しみたいという方には、最もオススメなグレードです。

320d Gran Turismo M Sportの評価

320dのディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて低回転から中回転型です。先に太いトルクがドカンと大きな力を感じさせ、それが車を引っ張っていきます。

それから程なくして最高出力近くにまで至るという設計で、スポーツ走行をするには若干不向きです。

出力が上がるのが、速すぎるんですよね。

スポーツ走行における「一体感」や「安定感」というのは、トルクと出力がある程度連動して上がっていき、アクセルを踏み込んでエンジンを回すことによって加速が得られるということを前提としています。

これには、高回転型エンジンが向いているんです。

そのため、M Sportの特徴との相性がそんなに良くはないと判断して、オススメ度を低くしています。

320d xDrive Gran Turismo Luxuryの評価

雪道走行など4輪駆動が必要な理由があって、なおかつ高級感と快適性重視の方にオススメのグレードです。

xDriveは不安定な道での走行安定性はもちろん高めてくれますし、高速道路や市街地など特に不安定ではない道における走行安定性も高めてくれます。そのため、実用性重視という方には合うのではないでしょうか。

320d xDrive Gran Turismo M Sportの評価

xDriveの走破性の高さや安定感と、Mスポーツの硬いサスペンションの硬い調整が組み合わさって、高速走行の安定性がより高くなっています。

ディーゼルエンジンとの相性の問題は引きずったままですが、それでも後輪駆動ディーゼルエンジンよりも安定するでしょう。そのため、価格は高くなりますが、320d M Sportよりもオススメできます。

BMW 3シリーズ グランツーリスモの総合評価

グランツーリスモとしての快適性・安定性を重視するのか、そこにスポーツ性も足したいのかということを考えると「Luxury」と「M Sport」とのどちらを選べば良いのかが決まります。

そこから「ガソリンエンジン」と「ディーゼル」ならどちらが自分の好みや用途に合うのかを考え、さらに4輪駆動の必要性を考慮すると、自分にぴったりなグレードが自然と浮かび上がるでしょう。

こうして見てみると、グレード設定はとても単純ですよね。選びやすくなっています。

Luxury推しという論調で語ったところもありましたが、敢えてM Sportを選んでみても面白いと個人的には思いますよ。

多目的に利用できる、どちらかと言えば実用性重視な設計をしたグランツーリスモにスポーツ性を足すのも、車としての面白さです。

そう考えると、3シリーズ グランツーリスモは自由度が高い車と言えるのかもしれませんね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です