BMW 2シリーズ グランツアラー グレード毎に比較、分析!

BMW2シリーズグランツアラー

グランツアラーは、アクティブツアラーに続いて発表されたBMWミニバンの第二段です。

日本国内のミニバン激戦市場に送り込まれた、第二の刺客というところでしょうか。第一弾が「アクティブ」ツアラーだったのに対し、こちらは「グラン」ツアラー。

その名前から想像させるのは、落ち着いた走りと高い実用性でしょうか。実際そのとおりで、グランツアラーは7人乗りのミニバンなんです。これまたBMW初の取り組み。

油化した収納ができる3列目シートがあるのが大きな特徴であり魅力で、アクティブツアラーよりもこちらの購入を考える方も多いです。

そんなグランツアラーですが、アクティブツアラー同様にグレードの数がとにかく多くて違いがわかりづらいんですよね。そこで、グランツアラーの魅力や特徴をグレードごとに比較・分析してみましょう。

2シリーズ グランツアラー グレード表

グレード名 価格
218iグランツアラー 3,930,000円
218dグランツアラー 4,140,000円
218d xDriveグランツアラー 4,370,000円
218iグランツアラーM Sport 4,390,000円
218iグランツアラーLuxury 4,430,000円
218dグランツアラーM Sport 4,620,000円
218dグランツアラーLuxury 4,640,000円
220iグランツアラーSport 4,640,000円
220iグランツアラーLuxury 4,840,000円
218d xDriveグランツアラーM Sport 4,850,000円
218d xDriveグランツアラーLuxury 4,870,000円
220iグランツアラーM Sport 4,940,000円

グレード数は十二個でアクティブツアラーと同じですが、アクティブツアラーには無かった「Sport」があり、アクティブツアラーにはあったプラグインハイブリッド車が無いという違いがあります。

こういうところで差別化が図られているというわけですね。

また、価格差もグランツアラーのほうが小さいです。グランツアラーの最低価格と最高価格の差は、約100万円となっています。

最高価格が、そもそもアクティブツアラーよりも安いんです。だから価格差も小さくなります。手が出しやすくなっていると言えるのではないでしょうか。

各グレードの特徴や違いを解説

グランツアラーの各グレードは大きく「218i」「218d」「218d xDrive」「220i」の四つに分けられます。その中に「スタンダード」「Sport」「M Sport」「Luxury」という、装備タイプの違いがあるのです。

大まかな性能や仕様としては、それぞれ大きな区分で決まっていて、後ろにくっついている「Sport」などというのは装備の違いを表しています。

それを知った上で、まずは大まかな区分の特徴を見ていきましょう。

218i Gran Tourer・Luxury・M Sport

最も基本的なグレードで、実用性を追求したい人への需要が考えられているミニバンらしいミニバンです。

国産車と比べると性能が高いように見えますが、実際走ってみると不必要な性能ではなく「必要な範囲内での高性能」ということがわかります。オーバースペックで持て余すことなく、性能をフルに発揮できるのです。

そんな218iのエンジンは、1,498ccの直列3気筒DOHCガソリンエンジン。最高出力は100kW/4,400rpmで、最大トルクは220Nm/1,250~4,300rpmです。トルクに関してはオーバーブースト機能の利用によって、一時的に230Nmになることがあります。

1.5Lターボですが、国産の1.5Lターボ車の比ではないくらい走るのが楽しいです。低回転からでも太いトルクが発生して、トルクの上昇と共にエンジンも回っていってスピードも上がる。

剛性が高いから安心して運転でき、数メートル走っただけでもその違いを実感することができます。

ベースグレードだからと、舐めていたら怪我をするグレードです。スタンダードモデルがあるところが、また憎らしいですよねえ。

218d Gran Tourer・Luxury・M Sport

218dの一番の特徴は、1,995ccの直列4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載しているという点です。最高出力は110kW/4,000rpmで、最大トルクは330Nm/1,750~2,750rpmとなっています。

この低回転域からの圧倒的なトルクの大きさは、ディーゼルエンジンならではですよね。218iと乗り比べてみると、その違いは歴然としています。ガソリンじゃ1750rpmで330Nmのトルクなんて、あり得ませんからね。

発進してすぐ……大げさかもしれませんが、アクセルを踏んですぐに違いを感じます。

ダイレクトに体に伝わる極太トルクに、M Sportならゴリゴリでしっかりした足回りが加わって走り心地が国産ミニバンとは比べ物にならないほどの、別世界を我々に見せてくれるんです。「日本よ、これがBMWミニバンだ」と言われている感じですね。

218d xDrive Gran Tourer・Luxury・M Sport

218d xDriveは、218dの4WD車です。BMW独自のxDriveという4WDシステムを積んでいるため、このようなグレード名になっています。

そのままですよね。ディーゼル+4WDって、実は案外珍しいです。BMWの中でも珍しいですが、国産車を見てみても同じことが言えます。

4WD=ガソリン車でゴリゴリ走るものというイメージがあるからでしょう。

それを真っ向から打ち崩しにかかっているのが、この218d xDriveというわけです。

普段使いしかしないなら必要ないかもしれませんが、家族や仲間・ツレたちとアクティビティを楽しみたいのであれば、検討しても良いでしょう。あったほうが、圧倒的に活動の幅が広がりますし、快適ですよ。

220i Gran Tourer・Luxury・M Sport

220iは、1,998cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン車です。最高出力が141kW/5,000rpm、最大トルクが280Nm/1,250~4,600rpmと大きく性能が向上しています。

グランツアラーにはガソリン車のxDriveが無いのが残念ですが、こうしてしっかりガソリン車の上位種を用意しているところは良いですよね。

実用稼動だけなら少しオーバースペックかもしれませんが、高速道路などで加速を楽しみたい、走行自体をもっと楽しみたいという方には218iよりも良いのではないでしょうか。

実用稼動でも、トルクが大きく向上しているため普段使いでの乗り心地や運転のしやすさ・楽しさなんかも、220iのほうが断然上です。

ディーゼル車は安定走行メインといったイメージがありますが、ガンガンガガンと加速して楽しみたいなら220iのほうが良いかもしれません。

加速フィールは、やはりディーゼルより良いです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

BMW2シリーズ グランツアラー各グレードの大まかな性能や特徴を見てきましたが、それだけでグランツアラーを語ることはできませんよね。

もちろん性能や仕様というのは車を買うにあたってメインに考えることですが、装備や内外装の違いもとても大事です。今度は、カタログから装備を抜粋してグランツアラー各グレードの装備について見ていきましょう。

なお、全ての装備を閲覧したい方はBMWのWEBカタログをご覧ください。
http://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • ドライビング・アシスト(レーンディパーチャー・ウォーニング[車線逸脱警告システム]、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • LEDヘッドライト(コーナリング・ライト付)
  • 電動調節式&電動可倒式ドア・ミラー(LEDサイド・ターン・インジケータ付)
  • HDDナビゲーション・システム
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • 分割可倒式リヤ・シート
  • オートマチック・エア・コンディショナー
  • ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内臓、ETC機能付)
  • フロント・フォグランプ
  • 電動フロントシート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付)
  • コンフォート・アクセス
  • サード・ロー・シート
  • スライディング・リヤシート
  • リヤシート・バックレストのリリース機能
  • オートマチック・テールゲート・オペレーション

装備は大方アクティブツアラーと共通しているのですが、電動フロントシート以下六つはグランツアラーのみの標準装備となっています。その部分について、少し詳しく見ていきましょう。

まず目に付くのが運転席メモリー機能がついている電動フロントシートですね。アクティブツアラーでは、Luxuryに搭載されていて標準タイプには装備されませんでしたが、グランツアラーでは全タイプに標準装備されています。

グランツアラーはアクティブツアラーよりも落ち着いた走りや実用性、快適性を重視している傾向があると冒頭に述べましたが、こういうところがそう表現するゆえんというわけです。

また、サード・ロー・シートも快適性が高いですよね。簡単に言えば座面が低めに設定された3列目シートということですが、これは個別に折りたたむことができるようになっています。室内空間を有効活用しやすくなっており、折りたたむことで多くの荷物を載せることができるという日本製ミニバンではお決まりの「シートアレンジ」ができるのです。

さらに座面が低めに設定されていることで、折りたたんだ際のラゲッジスペースとの高低差なども生まれにくくなっています。

シートアレンジということで言えば、スライディングリヤシートもそうですよね。これまた日本車でもお馴染みの6:4分割調整可能という設定となっていて、取っ付きやすくなっています。

6:4で前後調整することで足元のスペースやラゲージルームを広げることができて便利ですし、2列目は4:2:4の3分割で倒すことができるのでシートアレンジに便利です。

こういうところを見ていると、つくづく日本の車需要にぴったり合っているなあと感じますよね。

スタンダードタイプ&Sportタイプの装備内容

  • レース・クロス・シート(カラー:ブラック/グレー・ハイライト)
  • マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(レッドステッチ付)
  • ハイグロス・ブラック・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • アンビエントライト(ホワイト/オレンジ切り替え可能)
  • BMW SOSコール
  • BMWテレサービス
  • クローム・アクセント付リモコン
  • 17インチスタースポーク・スタイリング379アロイ・ホイール:5J×17ホイール、205/55R17タイヤ
  • 専用フロント・エプロンとリヤ・スカート
  • クローム仕上げキドニー・グリル(ワイド・ブラックバー)
  • フロントフォグランプ
  • Sportエクステリアバッジ
  • エキゾースト・テールパイプ(ハイグロス・クローム仕上げ)

スタンダードタイプとSportタイプの装備は共通しています。特筆すべきところはほとんどありませんが、SOSコールとテレサービスが標準タイプでも装備されているところがポイントです。

何かがあったときに、いつでも助けを求められるというのはとても心強いですよね。

M Sportの装備内容

  • ドア・シル・プレート(Mロゴ付)
  • アルミニウム・ヘキサゴン・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロント・エプロン、サイド・スカート、リヤ・スカート)
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア(ブラック・サイド・ウインドー・フレーム・モールディング(光沢仕上げ))
  • Mエクステリアバッジ

M Sportは専用装備が多いですね。ロゴやエクステリアバッジが専用の物となっているのはもちろんのことですが、Mエアロダイナミクスパッケージでエクステリアが他と若干異なるのも嬉しいところではないでしょうか。

他よりスポーティになっていて、スタイリッシュです。そういった雰囲気のエクステリアを好む方や、とにかく特別感が欲しいという方にとって良い仕様と言えるでしょう。

そこにIndividualハイグロス・シャドーライン・エクステリアが加わることで、黒光りする高級感のあるボディとスタイリッシュさを両立させているのがなんとも面白いところです。高級感とスタイリッシュさは、とても親和性が高いですからねえ。

また、M Sportはモデル別設定となっている装備も多いです。ただし、モデル別設定装備がどのグレードに搭載されているのかは、カタログでは明らかになっていません。そのため、モデル別設定装備を挙げるだけ挙げてみます。

M Sportモデル別設定の装備

  • フロントシート・ヒーティング(運転席&助手席)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール(シフト・パドル付)
  • マルチファンクションMスポーツレザーステアリング・ホイール
  • マイクロ・ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーションシート
  • バーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート(カラー:ブラック、サドル・ブラウン)
  • ブルー・アクセント付リモートコントロール・キー
  • 17インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング483M:7.5J×17ホイール、205/55R17タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • 18インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング486M:8J×18ホイール、225/45R18タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • Mスポーツ・サスペンション

特筆すべきは、Mスポーツ・サスペンションとフロントシート・ヒーティングでしょう。Mスポーツサスペンションは通常のサスペンションよりも、硬く設定されています。

低速走行ばかりをするならデメリットになりかねませんが、高速走行をするなら足回りが硬いほうが安定感が得られるため、メリットとなるでしょう。

また、フロントシート・ヒーティングは「快適性重視」という意味でグランツアラーらしい装備と言えます。特に冬冷え込む地域の方にとっては、最早必須でしょう。

欲を言えば電動フロントシートと同じく全車標準だったらもっと良いのですが、それは欲をかきすぎかもしれませんね。

Luxuryの装備内容

  • フロントシート・ヒーティング(運転席&助手席)
  • バーフォレーテッド・ダコタ・レザーシート(カラー:ブラック、キャンベラ、ベージュ、サドル・ブラウン、オイスター)
  • ファインライン・ストリーム・ウッド・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • オートマチック・エアコンおよびオーディオ・コントロールパネルのクローム・インサート
  • Luxury専用フロント・エプロンとリヤ・スカート
  • クローム仕上げキドニーグリル(クローム・バー)
  • クロームライン・エクステリア(サイド・ウインドーフレーム・モールディング)
  • フロントフォグランプ
  • 16インチマルチスポーク・スタイリング475アロイ・ホイール7J×16ホイール、205/60R16タイヤ(ランフラット・タイヤ)

所々M Sportと共通している装備がありますが、基本的に「落ち着く雰囲気」を目指しているのがLuxuryです。そのコンセプトはグランツアラーのコンセプトと一致するところもありますよね。

これがグランツアラー「らしさ」と言えるでしょう。高速走行をするわけでないのなら、M SportではなくLuxuryの方が良いかもしれませんね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまでグランツアラー各グレードの特徴を「性能・仕様」「装備」の二つの面から見てきて、それぞれに魅力があることがわかりました。それを知った上で、自分はどのグレードを選ぶべきなのかをここで一緒に決めてみましょう。

そのために、各グレードの個人的な評価と魅力について語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
218iグランツアラー ☆☆☆ 基本性能・装備で満足な方へ。
218iグランツアラーLuxury ☆☆☆☆ 落ち着いた雰囲気のベーシック7人乗りミニバンが欲しい方へ。
218iグランツアラーM Sport ☆☆☆☆ ベースモデルでも高速走行時の安定感が欲しい方へ。
218dグランツアラー ☆☆☆ 実用稼動がほとんどだという方へ。
218d グランツアラー Luxury ☆☆☆☆☆ 実用稼動がほとんどで、快適性を高めたい方へ。
218d グアンツアラー M Sport ☆☆ ディーゼルでもスポーティにしたい方へ。
218d xDriveグランツアラー ☆☆ ベーシックな4WDが欲しい方へ。
218d xDriveグランツアラーLuxury ☆☆☆ 4WDで快適性を高めながら、落ち着いた雰囲気を楽しみたい方へ。
218d xDrive グランツアラー M Sport ☆☆☆☆ 4WDを最大限活かしたい方へ。
220iグランツアラー Sport ☆☆☆ ガソリン車の性能を上げたい方へ。
220iグランツアラーLuxury ☆☆☆☆☆ 高い性能のガソリン車で、快適に落ち着いたグランドツーリングを楽しみたい方へ。
220iグランツアラー MSport ☆☆☆☆ 加速して思い切りグランドツーリングを楽しみたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

218i Gran Tourerの評価

高級車ですし、外車なのでやはり国内で考えるとベースグレードの基本性能ですら実用稼動に何不自由無いほど高性能です。

装備も基本的なものから「あったら嬉しいもの」まで多くのものが標準搭載されています。これだけで満足できる方にとって、他グレードを買う理由は無いでしょう。

国内で需要の高い装備が全車標準で揃うという点も、とてもポイントが高いですよね。

218i Gran Tourer Luxuryの評価

218iというベーシックタイプのグレードであったとしても、高い快適性を実現したいという欲求は大事にしたものです。

M Sportも快適性が高いですが、ただ単に快適性を高めたいだけならLuxuryの方が良いでしょう。落ち着いた雰囲気の内外装もあり、M Sportよりも快適に感じるはずです。

M Sportは足回りが硬くなるので、人によっては快適性を高めようとした結果かえって快適性を損なうことになりかねませんからね。

218i Gran Tourer M Sportの評価

M Sportを選ぶべきなのは、218iでも高速走行を楽しみたいという方です。ガンガン加速して走らせるようなエンジンではないので大きな余裕はありませんが、それでも高速走行をすることはできます。

ただ、通常のサスペンションのやわらかさでそれをするのは少し心もとないので、高速走行を楽しむならMスポーツサスペンションは必須です。

218d Gran Tourerの評価

ディーゼル車の標準モデルということで、実用稼動がほとんどだという方にオススメです。走り自体を遊びたい方には不向きですが、「買い物に利用」「通勤利用」「週末レジャー利用」という方にはとても向いています。

ディーゼルエンジンは発進時からすでに太いトルクが発生するので、低速で扱いやすいです。人と物を運ぶ移動手段として車を捉えた場合は、この特性が大きくプラスに働いてくれます。

ちなみに、ディーゼルは振動が多いのが欠点ですが、2シリーズ グランツアラーのディーゼルエンジンはそれほど振動が気にならないようです。

218d Gran Tourer Luxuryの評価

ディーゼルエンジンの特徴と、Luxuryの装備・内外装の相性が良いというのは、言わずもがなですよね。

落ち着いて走行するのに向いているエンジン特性と、落ち着いた内外装、そして快適性の高い装備。全ての調和が取れていて、とてもバランスよく仕上がっています。

さらに7人乗りミニバンの需要にも合致していると言えるため、個人的評価が高いです。

218d Gran Tourer M Sportの評価

M Sportも魅力的ですが、わざわざディーゼルターボでM Sportを選ぶ意味があるのかというのが個人的な意見です。意味が無いとは言いませんが、スタンダードやLuxuryと比べると意味が薄いのではないかと思えてなりません。

ディーゼルターボは低速トルクが抜群ですが、加速フィールはガソリン車より良くありません。

そのためガンガン加速してスポーティ走行するのには若干不向きなので、わざわざディーゼル車のM Sportを選ぶ意味はそう大きくはないでしょう。

218d xDrive Gran Tourerの評価

このグレードは4WDのベーシックタイプですが、そもそも7人乗りミニバンに4WDの需要がそれほどあるのかというところからして若干疑問を感じます。

アクティブツアラーに対し、グランツアラーは「落ち着いて走る実用性・快適性重視のミニバン」の色が強く、そこに4WDの需要があるとすれば「雪道・凍り道を安定して走るため」です。

「アクティビティに積極的に駆り出すため」という需要は、この車には当てはまらないでしょう。

その時点で少し需要が限られることと、それなら足回りが安定しているM Sportを選ぶ方が良いのではないだろうかというところで評価を低くしています。

218d xDrive Gran Tourer Luxuryの評価

ベーシックタイプで説明したとおりの理由でLuxuryもオススメしづらいのですが、快適装備が整っているという点でベーシックタイプよりも優れているためオススメ度を上げています。

4WDにおいても快適性を重視したいという需要はある程度あるでしょうし、個人的にもその意見には大いに賛成なのです。

218d xDrive Gran Tourer M Sportの評価

4WDを最大限に活かすなら、やはり安定した足回りが必要です。快適性を高めながら足回りの安定性を高めているM Sportこそが、4WDに相応しいのではないでしょうか。

MスポーツサスペンションとxDriveのおかげで、雪道や凍り道でも安定した走りとコーナリングをし、快適に実用稼動できます。

220i Gran Tourerの評価

装備は基本で満足できるけど、性能だけ上げたい方向けです。実用稼動だけであれば218iで十分なので、220iは少し遊びたい方向けの性能と言えるでしょう。

足回りを強化するほどガンガン走るわけではないが、それでも余裕を持って走りを楽しみたい、少しは走り自体を遊びたいという方にはぴったりです。

220i Gran Tourer Luxuryの評価

高い性能に高い快適性、そしてミニバンらしい落ち着いた雰囲気……求められうる様々な面でレベルの高さを実感することができます。

218i Luxuryの需要と「性能が高いこと」以外では一致しているため、ここで長々と語りはしませんが、これほどまでに日本国内の需要と合う外国車は無いのではないでしょうか。

それくらいオススメです。

220i Gran Tourer M Sportの評価

Luxuryと同じくらいオススメしたい気持ちでありながらも、やはりこの車自体が「ガンガンガガンと思い切って加速して駆け抜けるのに不向き」ということからオススメ度をひとつ下げています。

ただ、思い切り走りたいという方の需要を満たすことができるという点では、このグレードの右に出るグレードは無いでしょう。

2シリーズ グランツアラーの総合評価

2シリーズ グランツアラーは、最初見たときには「何これ」と感じましたし、「日本に迎合してきたのか?」と良くわからない疑いを持ちました。それがグランツアラーについて知っていくと、どうでしょうか。

悪いイメージは一変して、良いイメージに変わりました。

決して迎合ではないし、BMWの中で色物扱いされるべき車では無い。

迎合というより、殴りこみのイメージですね。日本が得意とするミニバン市場に、助走を付けて殴りこみをかけてきたのがBMW 2シリーズ グランツアラーです。この殴り込みが、個人的には大成功しているなと感じます。

広さだけを見てみれば国産車のほうが上でしょうが、総合的なクオリティはグランツアラーの方が上でしょう。

ミニバンとは言えども「実用性だけじゃない!」「広さだけじゃない!」と色々な要素を持ち込み、それがしっかり調和して「良いミニバン」というよりも「良い車」として機能している。その点で「総合的にクオリティが高い」です。

また、グレードごとに需要をうまく分けて選びやすくしているところにも惹かれますよね。どのグレードを選ぶのか、違いをしっかりと考えながらじっくり悩んでみると良いでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です