【2019年版】ベンツCクラスの買取相場と査定額を公開!最高値で売る方法とは

ベンツCクラスというと、メルセデス・ベンツの中で最も販売台数が多い超人気のドイツ車。そのCクラスが醸し出すフェロモンはゴージャス・クール・ダイナミックの三拍子で、非常に高い評価を受けていますね。

さて、今回はそんなベンツCクラスが、買取時には一体どんな買取額で取引されているのかを3年落ち・6年落ち・10年落ちに分けて、さらにグレードごとに分析してみたので、ご紹介していきたいと思います。

また、今回買取額を分析する際に注目したのが以下の2点。

  • 走行距離で買取額がどれだけ変化していくのか
  • 色は買取額にどう影響を与えているのか

以上です。それでは見ていきましょう。

ベンツCクラスを高く売る方法

あなたはベンツCクラスをどんな方法で買取させようとしていますか?
どんな方法って…。普通に近くの買取業者へ査定させようとしていますが。
まさか、その近場の買取業者1か所しか査定しないつもりでしょうか?
そうですが、ダメなんですか?
1業者にしか査定させないなんて、とっても損をすることになりますよ!買取査定をするときは、複数の業者へ査定させて比較し、もっとも高い買取額の場所へ売る必要があるんです。

特にベンツCクラスなんかは、外車で癖のある車です。外車の扱いになれていない業者と、慣れている業者とでは、買取額が20万円以上に及ぶこともあるので注意しなければなりません!

でも、複数の買取業者へ売るということは、何回も売却するのを断らなければいけないんですよね。

ベンツに乗っているのに、買取額を見て「やっぱり売るの止めます」なんていうのは、恥ずかしいじゃないですか。それに、買取査定にばっか時間を使ってられなですよ。

たしかに、ベンツCクラスに乗るほどの高所得者であるのに、「やっぱ止めます」って言うのは恥ずかしいかもしれませんね。まして1業者に2時間かかると考えれば、1日3業者くらいが限界ですよね。

でも、上記の恥ずかしさや時間と言った悩みを解決してくれる査定サービスがあります!それが、かんたん車査定ガイドの一括査定と呼ばれるサービス。

これは、自宅で簡単に、しかも無料で査定することが出来るので、何業者とも直接会って話す必要がありません。それに入力も30秒程度で終わるので、

ベンツCクラス買取

車種名:ベンツCクラス
グレード:C200アバンギャルド
色:ホワイト
年式:平成27年
走行距離:2万㎞
≪査定額≫
A社:163万円/B社:172万円/C社:134万円

なんとB社とC社の間の差額は38万円です。もしもC社で売却していたら、アジア旅行でのんびり出来るほどのお金を損していたことになるんです。

実際に38万円も浮いたらどうですか?次に買う車で、妥協していたオプションや装備があったのであれば、迷わず着けることが出来ますよね。頭金にあてれば月々のローン返済額も下がるので、高く売るに越したことはないですよ!

買取業者によっては、こんなにも差が出るんですね。「たかが38万円」って思いますが、普通に働いて稼ぐのはとっても厳しい金額だなあ。

ちょっと車の話なので気持ちが大きくなっていました。一括査定で高く買い取ってくれる業者を見つけたいと思います。

3年落ちベンツCクラスの買取相場と傾向

2014ベンツCクラス3年落ち
2014ベンツCクラス3年落ち

3年落ちということは2015年のモデルになりますね。まだ、経過して3年の非常に新しいモデルとなりますが、この短い期間でどれだけ買取額が下がってしまうのでしょうか?まずは、当時の型式・グレード・新車価格を見てみましょう。

204047 204048 204049 204507 204349 205040C 205042C 205042 205045
C250アバンギャルド

価格:605万円~

C200アバンギャルド

価格:523万円~

C180アバンギャルド

価格:472万円~

C63 AMG エディション507

価格:

C180クーペ

価格:

C180

価格:410万円~

C200アバンギャルド

価格:524万円~

C200アバンギャルドAMGライン

価格:559万円~

C250スポーツ

価格:644万円~

C180エディションC

価格:446万円~

C63 AMGクーペ エディション507

価格:

C180アバンギャルド

価格:472万円~

C180アバンギャルド AMGライン

価格502万円~:

今回は最も買取データの多かったC180とC200の2つに分けて買取額を見ていきましょう。

3年落ちグレードC180の買取額は?

2014ベンツCクラスC1803年落ち

まずは、走行距離別の買取額を見ていきましょう。

2014ベンツC180走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
168.7万円 161.4万円 144.6万円 0万円
※10万円以上の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

流石に3年落ちと、まだ時間が経過して間もないため、比較的高い買取額となっていることが分かるかと思います。ただ、新車価格が400万円以上であることを考えると、「こんなものなのか」と思ってしまう買取額ですよね。

外車に置いては、故障した際に非常にお金がかかることから、中古車になってしまうと一気に価値が下がってしまうようです。

そのため、車の状態がよほど良いか、ほとんど走っていない状態でなければ、大きな買取額で買い取ってもらうことは厳しいでしょう。

続いて色別の買取額を見ていきます。

2014ベンツC180色別買取額
シルバー ブラック ホワイト
180.3万円 162.5万円 156.4万円

今回ピックアップしたボディーカラーは特に人気なこの3色です。一番高い買取額となっているのはシルバーになっていますね。

このような結果になるのは、ベンツの紹介ラインナップでシルバーのベンツが強く押されていることが原因ではないでしょうか?

やはり、購入時はベンツの公式HPを見るでしょうし、その際に一番にシルバーのベンツが目に飛び交い、一目惚れして購入する方もいると思います。となれば、シルバーが必然的に高い買取額となるのも納得です。

3年落ちグレードC200の買取額は?

2014ベンツCクラスC2003年落ち

まずは、走行距離別の買取額を見ていきます。

2014ベンツC200走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
204.4万円 213.5万円 102.4万円 0万円
※10万円以上の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

新車価格がC180よりも高くなることから、買取額も若干高くなっているのが分かります。ただ、5万㎞を超えたあたりから、100万円ほど平均買取額が下がっているので、売却するタイミングには注意が必要ですね。

次に色別の買取額を見てみましょう。

2014ベンツC200色別買取額
グレー シルバー ブラック ホワイト
157.2万円 198.7万円 195.5万円 205万円

4種類を比べてみると、グレーが一番低い買取額となっていますが、その他はほとんど同じ価格帯に所属していますね。3年落ちのC200では、色が査定額に影響しているかということをほとんど気にしなくても良いでしょう。

6年落ちベンツCクラスの買取相場と傾向

2011ベンツCクラス6年落ち
2011ベンツCクラス6年落ち

6年落ちということは2012年に販売されてるモデルになります。6年と言うと車乗り換えのターニングポイントであり、そろそろ違う車に乗りたいなあなんて思ってくる頃ですよね。

では、このタイミングでベンツCクラスを売却したら、どれだけの買取額を期待できるのでしょうか?まずは、買取額と比較するために当時の型式・グレード・新車価格をご覧ください。

204047 204048 204054 204057 204077 204377 204347
C250CGIブルーエフィシェンシーアバンギャルド

価格:583万円~

C200 CGIブルーエフィシェンシー

価格:452万円~

C300アバンギャルド

価格:648万円~

C350 ブルーエフィシェンシー アバンギャルド

価格:699万円~

C63 AMG

価格:

C63 AMGクーペ

価格:

C250 ブルーエフィシェンシークーペ

価格:

C250ブルーエフィシェンシーアバンギャルド

価格:583万円~

C200CGIブルーエフィシェンシ125エディション

価格:519万円~

C250 ブルーエフィシェンシークーペエディション1

価格:

C200CGIブルーエフィシェンシーアバンギャルド

価格:506万円~

C200CGIブルーエフィシェンシエレガンス

価格:498万円~

C200ブルーエフィシェンシー

価格:452万円~

C200ブルーエフィシェンシーアバンギャルド

価格:506万円~

C200ブルーエフィシェンシーライト

価格:410万円~

6年落ちでもC180とC200の2つの買取額を見ていきたいと思います。

6年落ちグレードC180の買取額は?

2011ベンツCクラスC1806年落ち

最初に走行距離別の買取額を見てみましょう。

2011ベンツC180走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
128.6万円 117.3万円 89.7万円 0万円
※10万円以上の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

遠出は外車で行かないなんて人もいるでしょうから、5万㎞以内で売却をするという方も多いでしょう。もしそうであれば100万円以上の買取額を狙えるようですが、5万㎞以上の

買取額を見てください。そうです、平均買取額が100万円に満たない金額となっているんですね。

車は年々劣化していくものですから、外車に関しては特に交換部品にお金がかかることから、買取業者でもあまり優遇しない傾向があります。

というのも、買取業者が中古車として販売するときに当然修理をするのですから、外車における修理費は当然大きくなりますよね。

そうすると、買取時に高く買い取ると損をしてしまうことから、買取業者も中々高い金額で買い取ってくれないという訳です。

続いて色別の買取額を見ていきます。

2011ベンツC180色別買取額
シルバー ブラック ホワイト
125.6万円 121.3万円 112.3万円

ホワイトの若干買取額が下がっているようですが、その差は10万円程度ですから、色が影響しているというよりも車の状態が一番重要ではないでしょうか。

6年落ちグレードC200の買取額は?

2011ベンツCクラスC2006年落ち

早速、走行距離別の買取額を見ていきます。

2011ベンツC200走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
131.2万円 107.2万円 31.2万円 0万円
※10万円以上の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

C180よりも新車価格が高いのですが、5万㎞以上の買取額に注目してください。なんと30万円。C180よりも安いという結果に。というのも、新車価格が高い=装備が高級ということになりますよね。

となると当然修理費も高くなるんです。当然、買取業者は買取したあと修理するわけなので、その修理費が莫大となってしまったら、利益が生まれなくなってしまいます。したがって、買取時の価格も下げるしかないんですよね。

では色別の買取額を見ていきましょう。

2011ベンツC200色別買取額
シルバー ブラック ホワイト
121.8万円 111万円 91.9万円

ここでもシルバーは高い買取額となっていますね。ベンツ全体を通してシルバーという色は安定して高い買取額で取引されているのかもしれません。

10年落ちベンツCクラス買取相場と傾向

2007ベンツCクラス10年落ち
2007ベンツCクラス10年落ち

10年は車乗り換えにおいて、多くの人が目安としている月日で、このタイミングで乗り換えを検討する人が非常に多いでしょう。

ただし、10年という月日は残酷なもので、車の状態が悪くなり、買取額も非常に下がってしまうことが考えられます。

では、ベンツCクラスではどの程度買取額が下がってしまうのでしょうか?まずは、当時の型式・グレード・新車価格を見てみましょう。

203046 203042 203052 203054 204041 204052 204054
C180コンプレッサー アバンギャルド

価格:421万円~

C200コンプレッサー

価格:481万円~

C230アバンギャルド

価格:

C280アバンギャルド

価格:

C200コンプレッサー アバンギャルド

価格:473万円~

C250アバンギャルド

価格:586万円~

C300アバンギャルドS

価格:683万円~

C200コンプレッサー スポーツエディション

価格:509万円~

C200コンプレッサー エレガンス

価格:462万円~

C250エレガンス

価格:573万円~

C200コンプレッサー エレガンスデビューパッケージ

価格:481万円~

10年落ちでもこれまで同様、C180とC200に分けて買取相場を見ていきます。

10年落ちグレードC180の買取額は?

2007ベンツCクラスC18010年落ち

先に走行距離別買取額を見ていきましょう。

2007ベンツC180走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
0万円 27.5万円 18.9万円 14.8万円
※2万㎞以内の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

買取額を見てみると新車価格時の高級さの面影はどこにも見当たりません。

10年も経ってしまえば、当然修理する箇所があちこち出てしまい、その分高い修理費がかかると考えれば、年式相応・型式相応の買取額だと思ってしまいますね。

ベンツに乗るのであれば、買取時に過度な期待をして売却することはやめた方がよさそうです。

続いて色別の買取額を見ていきます。

2007ベンツC180色別買取額
シルバー ブラック ホワイト
22.5万円 23.2万円 17.6万円

ここでも、色による価格差はあまりみられませんね。やはり車の状態が一番大切で、色はそこまで影響してこないでしょう。

10年落ちグレードC200の買取額は?

2007ベンツCクラスC20010年落ち

まずは、走行距離別の買取額から見てみましょう。

2007ベンツC200走行距離別買取額
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
0万円 58.2万円 52.3万円 26.6万円
※2万㎞以内の買取データを入手出来なかったため、0万円となっています。

10年経過した今でもC200はC180に比べて高く買取されているみたいです。といっても50万円ですから新車時の価格から400万円以上も下がってしまっています。

最後に色別の買取額を見てみましょう。

2007ベンツC200色別買取額
シルバー ブラック ホワイト
47.2万円 39.8万円 37.5万円

シルバーは安定して高い平均買取額になっていますね。購入時は好き色を選ぶことが大切ですが、そこまで色に拘りがないのであれば、買取時に高く買取してもらいやすい色を選ぶことも良いかもしれません。

ベンツCクラスの買取市場におけるまとめ

ここまでベンツCクラスの買取傾向を見てきましたが、数値から考えられることは「高級車だから高い買取額で買取されるわけではない」ということですね。

どうしても買取業者は安く仕入れて高く売りたいわけですから、修理にお金がかかってしまう外車は、中々高い買取額で買い取ってもらうことが難しいようです。

とはいっても、買取業者によってはベンツの部品を安く仕入れれる場所があるかもしれません、そういう場所を上手く見つけて買取に出せば、上記の数値の2倍以上の買取額で売却できたなんてころも、珍しくないでしょう。

なんと言っても、憧れの愛車であるベンツCクラスを売却する訳ですから、きちんと目標買取額を定めて、納得できる額で買取してもらえるようにしましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です