ワゴンRスティングレー 実燃費まとめ。実際に計測してみた結果

実燃費ワゴンRスティングレー

カタログ燃費:33.0km/L
実燃費平均:16.87km/L

ワゴンRスティングレーのカタログ燃費と実燃費の平均との間にはとても大きな差があるように見えるのではないでしょうか。確かに平均だと16km/L程度の差があり、その差は大きいかのように見えます。

しかし、燃費記録をひとつひとつ見てみると、20km/Lを大きく上回るような燃費記録を出している人も多いのです。

そこで、ワゴンRスティングレーの燃費についてできるだけ正確に知るため、実燃費などをまとめてみました。

各オーナーの実燃費記録を紹介

「田舎道をひたすら走って、燃費が22.08km/Lでした」
「郊外と高速道路を570km程度は知って、燃費は24.73km/Lでした」
「買い物程度であまり燃費を気にしていないのですが、15.18km/L程度の燃費です」
「通勤程度に使っていて、ターボも使っていて18.04km/Lです」
「ちょっとしたお出かけをした際には21.59km/Lの燃費になっていました」
「短い走行距離の通勤程度で11.47km/Lでした」
「これまでに走ってきた平均燃費は20.44km/Lです」
「これまでそう走行距離38,146kmを走ってきて、平均燃費が22.07km/Lでした」
「燃費など全く気にせず、300km程度は知ってみたところ、11.83km/Lでした」
「エアコンをがんがんにかけて250kmほど走ってみたところ、燃費は13.76km/Lとなりました」

実燃費を見ていると、高い記録と低い記録の差が激しいです。高いところだと24km/Lや25km/Lという燃費記録を出している人も多いのですが、低いところだと10km/L未満という人も多くなっています。

運転の方法や路面状況・走行距離などによって燃費が大きく左右されてしまうということでしょう。低燃費を心がけて走っていれば問題はありませんが、燃費をあまり気にせずに走っていればそれなりの燃費になってしまいます。

走行レポート。N-WGNを実際に運転してみたら・・・

ワゴンRスティングレーの実燃費について知ったところで、今度は「どのように走ったらどれほどの燃費になるのか」が気になる人も多いでしょう。そこで、実際にワゴンRスティングレーを走らせてみました。

低燃費を心がけたら

まずは低燃費を心がけてみます。燃費を良くするためには高速道路が良いということで、高速道路にあらかじめ入った状態で50kmだけ走ってみました。その日は天気が良く、5月で日差しも厳しくなってきており、正直とても暑いのですが、エアコンはあえて付けず・・・。50kmだけなので我慢ですね。

高速道路を走るときには前の車との距離をできるだけ開けるようにして走ります。こうすることによって無駄なアクセルワークを減らし、無駄な減・加速を減らすのです。そうして80km/hで巡航することによって燃費を良くすることができます。丁寧に走ることを心がけていれば問題はないでしょう。

高速道路で気をつけることはその程度。では、50km走り終えた結果はどのようになったのでしょうか。

燃費は18.76km/Lとなりました。もう少し長い距離走ったならば、確実に20km/Lを超えますね。数百キロメートルを丁寧に走り続けていれば紹介した実燃費のように「24km/L」ということも可能なのではないでしょうか。

ワゴンRスティングレーに魅力を感じたら下記ページも合わせてご覧ください。下記ページではワゴンRスティングレーの装備や性能など特徴を紹介しています。
>ワゴンRスティングレーをグレードごとに調査!ハイブリッド性能はどう?

燃費なんて気にせず走ってみたら

今回は前と同じ距離(50km)を燃費なんて全く気にせずに走ります。高速道路だとあまり差が出ないため、高速道路を降りて市街地に入った状態でスタートです。いい加減暑いのでエアコンを付けます。

ストップ&ゴーを繰り返すと燃費が悪くなるのですが、暑い状態で走っていたせいか、途中コンビニに立ち寄って冷たいドリンクを買いました。市街地では車間距離を空けるということもままならず、車間距離は詰まり気味になってしまいますね。

田舎道のようにスイスイ走るということもできないので、少しストレスになってしまいます。そのような状態で50km走り終えました。

燃費を気にしなかった場合の燃費は、14.54km/Lとなりました。短距離であることや途中コンビニに立ち寄ったことなどを考えると妥当なのではないでしょうか。

まとめ

ワゴンRスティングレーは軽自動車の中では燃費が良いほうだと言えます。
スティングレー=ターボというイメージがあるのか、ターボ車に乗っている人も多いのですが、それでも20km/L以上の燃費記録を出す人が多いです。

ターボでもノンターボでも軽自動車の中では比較的燃費が良く、低燃費を追求する人にとっても満足できる車なのではないでしょうか。

 

低燃費を心がけていれば、しっかりとガソリン代を抑えることができる車だと言えるでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です