外車SUVランキング・日本人が選ぶベスト5とは!

外車SUVランキング

SUVといえば最近は街中で見かけることが非常に多くなってきた個性的なハッチバックのクルマ。一昔前のミニバン全盛の時代から、今では街中で見かけるバリエーションも随分と増えてくるようになりました。

程よい人数が乗れて、アウトドアライフを連想させる活発そうなエクステリアとオフロードでの走破性をイメージさせる走行性能、それでいて街乗り用としても軽快な取り回しと、クルマとしての「いいところ取り」感をうかがわせるそのユニークさ。

クロスオーバーSUVと分類されるその新しいカテゴリーには各社から次々と新しいモデルが発表され、それと共にこれまで見かけなかったクルマ、それも個性ではひときわ目を見張る非常にユニークな輸入SUVが次々と登場していることに気が付かされます。

その中でも日本でも人気となっている外車SUVの中から5車種を選び、その魅力と理由を探ってみましょう。

第1位 メルセデス・ベンツ GLA

メルセデスのSUVラインナップの一番下位に位置するGLA。コンパクトながらも、そのパッケージングと妥協しない走りには大注目です。

車種の特徴

まずはメルセデス・ベンツGLA。言わずと知れた世界をリードする高級ブランドから登場したSUVです。

コンパクトさと入手しやすい価格により、これまでの高級イメージの殻を破ったAクラスをベースとしながらも、エクステリア的にはハッチバックのAクラスのイメージを保ちつつ、大きく張り出したフェンダーや大口径タイヤ。

ヘッドランプやフロントグリル、アンダーガードに加えてルーフレールまで備えたデザインは明らかにAクラスとは違う逞しさを感じさせるもの。

さらにSUVとしては低い車高によって、これまでのメルセデスSUVでは感じさせることの無かったスポーティさを意識させる外観にまとめられています。

オフロード性能についてはメルセデス独自の4WDシステムである「4MATIC」や「オフロード」、DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション:急な下り坂でもブレージなしに下りられる機能)といった最新の電子制御も備えた周到さ。

インテリアについても豪華さと素材の高級感がインパネデザインからも伺え、国産SUVとは明らかに違う質感の高さは明らかにメーカーの意志の現れ。

円形を基調としたメーター類やエアコンの吹き出し口、ダッシュボード上に位置するCOMMANDシステムのディスプレイのみならず、ドアの開閉ひとつからしても、所有していることの満足感を感じさせてくれるのはさすがメルセデスと嬉しくさせてくれる部分になっています。

サイズ的に荷物スペースに制約が出来てしまうのはやむを得ない部分ではあるものの、リアシートを倒せば得られるスペースの広がりはコンパクトSUVとしては十分機能する部分でもあるでしょう。

大きさについては、下記の通りです。

グレード 価格 全長(mm)x全幅(mm) x全高(mm) 燃費
GLA180 358万円 4430 x 1805 x 1505 16.4km/L
GLA180 Sports 420万円 4455 x 1805 x 1495 16.4km/L
GLA250 4MATIC 487万円 4430 x 1805 x 1505 14.2km/L
GLA250 4MATIC Sports 528万円 4455 x 1805 x 1495 14.2km/L

 

GLAクラスをもっと細かく知りたい人は下記ページを参考にしてください。グレードごとの違いを説明しながら、GLAの魅力はどんな部分なのかを解説しています。
>ベンツGLAクラス グレード別に考察、評価、オススメを紹介!


日本で支持される理由

ブランド力として自動車の世界では断然たるステータスを誇るメルセデス・ベンツ。そんなクルマを所有するということは自らのプライドを満たすことにも繋がります。

車長や車幅についてもそれぞれ4455mmと1805mmと、日本の道路事情にあった取り回ししやすいコンパクトサイズであることは大きな魅力。

さらに国産SUVと大きく変わらない価格によって、これまでの手の届かなかった存在から一気に身近さを感じさせてくれるものになったことが人気の理由にもなっています。

2  BMW X1

BMWがコンパクトSUVを造るとこんなクルマになる。そんなイメージが具現化されたのがこのモデルです。

車種の特徴

世界中で人気が高まっているコンパクトSUVマーケットにBMWが放ったクルマがBMW X1。もともと高い商品力を誇るメーカーが出してきた高級コンパクトSUVなだけに、内外装の質感だけでなく荷室の広さも確保された完成度の高さを誇ります。

意外なことにプラットフォームは同じグループ系列となったMINIと同じものを採用し、前輪駆動ベースの4WDとなって、その持ち味の走行性の高さを誇っています。

長いホイールベースとオーバーハングの短さにより、コンパクトながらスポーティさを感じさせるエクステリアはBMWであることの誇りを引き継ぎつつも、アンダーガードなど機能的な部分からはSUVらしさを感じさせるのかこのクルマの特徴です。

エレガントさを感じさせるインテリアがBMW独特のデザインであることがこのクルマの価値を大きくたかめることにも繋がっているだけでなく、前モデルの後輪駆動から前輪駆動への変更によって得られた客室スペースの拡大によって、余裕ある荷物スペースが確保され、実用性の点でもライバル車とは明らかに一線を画したパッケージングがなされています。

車体サイズも国産SUVと変わらずに取り回しも容易で使い勝手もよく、また車高の高さもあって着席時のヘッドスペースも十分となると、欠点を探すのは難しいほどの魅力的なクルマになっています。

搭載するエンジンは1500CC直列3気筒のツインターボ、2000CC直列4気筒ツインターボ、クリーンディーゼルとなる2000CC直列4気筒のツインターボと、

BMWの血統を伺わせる高性能で豊富なラインアップが用意され、選択肢の広さと共に高性能を誇るBMWとしての伝統に沿ったもので、走ることの満足さと確実性を高めてくれる素晴らしさ。

例えば日本での街乗りでは低速での加減速が多く、ディーゼルの強いトルクのメリットが生かせる場面が多くなるという事情から、ディーゼルを選択するというのも理にかなったことでもあるでしょう。

またBMWの4輪駆動システムである「xDrive」は、様々な路面状況においても最適な走行性能を可能にする優れた機能で、走行の安定性や安全性を高めるだけでなくBMWの持ち味である俊敏性を生かしてくれる大きな特徴となっています。

グレード 価格 全長(mm)x全幅(mm) x全高(mm) 燃費
X1 sDrive18i 405万円 4455 x 1820 x 1610 15.6km/L
X1 sDrive18i xLine 433万円 4455 x 1820 x 1610 15.6km/L
X1 sDrive18i M Sport 451万円 4455 x 1820 x 1600 15.6km/L
X1 sDrive18d 449万円 4455 x 1820 x 1610 16.5km/L
X1 sDrive18d xLine 477万円 4455 x 1820 x 1610 16.5km/L
X1 sDrive18d M Sport 495万円 4455 x 1820 x 1600 16.5km/L
X1 sDrive20i 495万円 4455 x 1820 x 1610 14.6km/L
X1 sDrive20i xLine 514万円 4455 x 1820 x 1610 14.6km/L
X1 sDrive20i M Sport 533万円 4455 x 1820 x 1600 14.6km/L
X1 sDrive25i xLine 592万円 4455 x 1820 x 1610 14.3km/L
X1 sDrive25i M Sport 614万円 4455 x 1820 x 1600 14.3km/L


日本で支持される理由

日本人がBMWに抱くイメージは、その走りにこだわった質の高さ。いかにもドイツ車らしい洗練された機械的な美しさと実用性の高さは多くのBMWファンをうならせるもの。

コンパクトSUVとして登場したX1は、そんな正統的なBMWの血統を引き継ぐコンセプトで楽しませてくれます。所有していることの満足感と「走り」にも妥協しない姿勢を見せる上でも格好の選択になるでしょう。

3位 アウディQ3

一見地味な存在ながら、その卓越した上質感でトイツを代表するアウディ。魅力的なSUVのラインナップからQ3を取り上げてみました。

車種の特徴

メルセデスやBMWの陰に隠れて目立たない存在であるアウディも、その性能の高さと共に、欧州的なお洒落さを感じさせてくれる独特の存在感があります。

このコンパクトSUVマーケットに投入してきたQ3も、他のアウディSUVの例にもれず気品あるデザインと走行性の高さを両立させた完成度の高いもの。

ゴルフとプラットフォームを共有するハッチバックモデル「A3」をベースとしたSUVとして、アウディのSUVラインアップの一番下位に位置しながらも、そのエレガントでクーペを思わせるスタイリッシュなエクスエリアの見事さはさすがと言わせるデザインです。

インテリアもほかのアウディに倣った上質な仕上げで、派手さはないものの素材の上質感を感じさせる落ち着いた造りになっており、このクルマの雰囲気を醸し出すのに必要十分。

絞り込まれたルーフの割に後席のヘッドクリアランスも十分に確保されており、分割式の後席を倒すことで確保できるスペースもSUVとして十分な実用性の高さで、エクスエリアに拘るだけのクルマでないことを室内からも伺わせてくれます。

エンジンは1400CC直列4気筒インタークーラー付ターボと2000CCインタークーラー付ターボ。さらに2000CCエンジンには出力とトルクが違う2種類をラインアップした3系統からの選択。

ちなみに1400CCエンジンでもダウンサイジングターボを生かして低速から強いトルクが得られ、街中でのストレスのない走りと燃費の良さとも合わせて格好の選択ともなるもの。

強力なエンジンはあえてそれを求めるユーザー向けと言っていいでしょう。

そしてアウディといえば「Quattro」と、フルタイム四駆の世界では代名詞ともなっている高性能と機能を誇るこの仕様を自分のモノと出来ることは大きな誇りにもなります。

いわばエクステリアから受けるエレガントさと、走行性の高さの証明である「Quattro」という優れた機能を兼ね備えたこのクルマが、クルマ好きに対してだけでなく若い女性にとっても堪らない魅力でないはずはありません。

グレード 価格 全長x全幅x全高 燃費
Audi Q3 1.4 TFSI 369万円 4400 x 1830 x 1595 17.4km/L
Audi Q3 1.4 TFSI Sport 385万円 4400 x 1830 x 1595 17.4km/L
Audi Q3 2.0 TFSI Quattro 180PS 459万円 4400 x 1830 x 1595 15.0km/L
Audi Q3 2.0 TFSI Quattro 220PS 539万円 4400 x 1830 x 1615 14.9km/L


日本で支持される理由

アウディQ3に限らず、流行のクロスオーバーSUVを選択する場合にも、日本人にとってはそのブランドには強くこだわるもの。

誇らしげなアウディのエンブレムが、このクルマを所有していることの満足感を満たしてくれるとともに、ファッション性が重要な最近のSUVにとっては、このクルマのファッション感覚が非常に大きなアピールポイントになっているようです。いわばクルマも衣服のように自分の個性を表現するための一部として使われているという、メルセデスやBMWとは違った意味合いでのブランド力を感じさせてくれるのが、このクルマです。

日本の道路環境にもマッチしたサイズと、国産SUVと比べても十分競合しうる価格帯。競合がひしめくこのマーケットセグメントにおいても、このクルマが有力な選択肢となることは間違いないでしょう。

4  MINI クロスオーバー

たとえ名前からは想像できなくても、MINIはSUVになってもMINIであることを忘れません。

車種の特徴

そのエクステリアは間違いなくMINIであることを感じさせるものでありながら、内容的には最新技術が取り入れられたその名前通りの「MINI クロスオーバー」。

BMW X1と同じプラットフォームを採用して従来から大幅にサイズアップし、今やコンパクトさが売り物だったMINIとは言えないほど立派なクルマになりました。

インテリアの質感も欧州車水準で高く、後部座席も従来のミニよりも圧倒的に快適なだけでなく40:20:40分割が可能であり、折り畳んでしまうと1170Lもの広大なスペースが確保されて、もはやMINIのイメージとは全くの別物といった感じ。

一方で荷物フロアの下には収納式のピクニックベンチを備え、MINIらしいユニークさを感じさせてくれるのも嬉しくなる部分です。

BMWが手掛け、環境基準の厳しい欧州で鍛え上げられた2000CCクリーン・ディーゼルエンジンは低速から強力なトルクを発揮してドライバーの意図に沿った心地よい音色と加速感が得られるタイプ。

いかにもBMWの真髄が込められた上質感とMINIらしい走りの楽しさが味わえるだけでなく、車体サイズの割には高い燃費性能もこのクルマの大きなメリットにもなっています。

6速ATとのマッチングも良く、低速走行の多くなる街乗りや大型のボディには格好の組み合わせと言えるでしょう。

モデル 価格 車長 x 車幅 x 車高 燃費
COOPER D 386万円~ 4315 x 1820 x 1595 21.2km/L
COOPER D ALL4 414万円~ 4315 x 1820 x 1595 21.3km/L
COOPER SD ALL4 483万円~ 4315 x 1820 x 1595 20.8km/L


日本で支持される理由

クルマ好きであれば誰もが描くMINIの雰囲気とコンセプトは残しつつ、サイズ的には全く別モノとなったMINIクロスオーバー。とりわけMINIの歴史を知っているかどうかで、その評価も大きく変わってくるでしょう。

今やMINIと言えば様々なサイズのクルマを提供する一つのブランドとして存在し、さらにBMWとの統合によって、走りに対しても洗練さを高めた存在として独特の地位を築いています。

誰もが一目見てミニとわかるその独特の世界観を持ったこのデザインが、こうしてSUVの世界にまで及んでくるとなると、注目の1台となることは確実でしょう。とりわけ個性とブランドに惹かれる日本人にとっては。

5位 JEEP レネゲード

これまで誰がこんなチャーミングなJEEPを想像できたでしょうか? しかも本格的なSUVであるのが驚きです。 

車種の特徴

言わずと知れたSUVのパイオニアであるジープから登場してきたコンパクトSUVのレネゲード。

ジープというと誰もが描く武骨で実用性第一のイメージとは打って変わり、若者にも好まれるポップなエクステリアデザインから受けるアンバランスさが堪らない魅力になっているのが、このクルマの特徴です。

国産車にも似たようなフロントグリルのクルマがあるとはいっても、ジープ・レネゲードのそれはあくまで正統的なジープオリジナルの由緒正しいもの。

それに加えて第二次大戦中の米軍のジェリー缶をイメージする「X」形デザインが各所に取り入れられ、ジープファンのみならず、その歴史を知ってみたい気にさせてくれる不思議な感覚のSUVです。

特にイメージで左右される要素が多くなるこのクオスオーバーSUVというカテゴリーの中で、ジープの歴史とイメージを強く持っている人ほど、このクルマの味わいを強く評価することになるでしょう。

一方で無骨さを意識したエクステリアとは違い、インテリアはインパネ正面に7インチTFT液晶表示のマルチビューモニターを装備し、必要な情報を切り替え表示できる機能のほか、黒基調の内装色とグレードによってカラーコーディネートされた現代的なデザインでまとめられているのは意外な感じを受けてしまいます。

エンジンは1400CC直列4気筒ターボと2400CC直列4気筒の2系列。前者は「LONGITUDE」と「LIMITED」に、後者は「TRAILHAWK」に搭載されてラインナップされており、使う場面に応じた仕様の選択が行えます。

中でも「TRAILHAWK」には、その走破性には定評あるジープの血統を引き継いだ「セレクテレイン」システムを備え、予め想定された悪路を踏破するべくプログラミングされたモードによってラフな走行を可能とする機能も加わり、本場物のオフロード走行を楽しむことも可能。

そもそもSUVの元祖とも言われるこのブランドで、これまでコンパクトSUVが無かったのが不思議に思えるほど、このクルマに興味を抱く人も多いでしょう。

モデル 価格 車長 x 車幅 x 車高 燃費
RENEGADE LONGITUDE 297万円 4255 x 1805 x 1695 15.5km/L
RENEGADE LIMITED 318.6万円 4255 x 1805 x 1695 14.6 km/L
RENEGADE TRAILHAWK 345.6万円 4260 x 1805 x 1725 10.4 km/L


日本で支持される理由

無駄を省いて実用性を極限まで高め、その結果として無骨さの代名詞のようなイメージだったジープから登場して来たコンパクトSUVであるジープ・レネゲード。

そのエクステリアがイメージとは正反対のポップ調のものであるという意外感は非常に大きなものです。さらにジープ本来の味わいを車体の内外装にちりばめ、いわばジープファンであれば嬉しくなってしまう要素を各部に見るにつけ、何とも言えぬ「フサカワ感」の魅力的なクルマに仕上がっています。

いわばジープの歴史を熟知しているファンのみならず、イタリアンポップ調溢れるそのデザインに惹かれてしまう女性も多いのではないでしょうか。そんな何とも言えないアンバランス感がこのクルマの大きな特徴です。

街中でひと際異彩を放つこのデザインのクルマ。自分だけの大切なツールとして乗り回す快感は何物にも代え難いものとなるでしょう。とりわけファッション性が重視されるこの分野で、ジープという強力なブランドを持つことは非常に大きなメリットです。

クロスオーバーSUVから日本市場のグローバリゼーションが始まる?

これまで価格と車体サイズでハンデを負っていた輸入車が、SUVの世界的な大流行に沿って、日本にも次々と上陸してきており、これまでとは違った流れも見えてくるようになってきました。

国産車のミドルクラスと変わらない戦略的な価格帯がつけられていること、そして日本の道路事情に合わせたサイズ、とりわけ車幅が国産車と変わらなくなってきたことが、その普及に大きく影響を与えているのは間違いのないところ。

一時代前にあったミニバン全盛の時代が日本特有の現象であったのに対し、今回のクロスオーバーSUVの流行が世界的なものともなれば、経済合理性の面から見てもその規模と波及の大きさは比べ物にもなりません。

今やホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-5」、そしてトヨタの「C-HR」といったいわば世界戦略車と称するクルマが次々と登場し、これら海外のSUVと同じ土俵で競い合うようになってきたという点からしても、閉鎖的と言われてきた日本の自動車市場もやっと世界標準になってきたということでもあるのでしょう。

まとめ

自動車市場において、長らく特殊性と個性派をアピールするカテゴリーとして一部マニア用と思われてきていたSUVが、いつの間にか販売ランキングでも上位に位置するほどまでに人気を高めるようになってきました。

これまでスピードとか加速といった機能面での競争や、室内スペースの広さという実用面でしのぎを削ってきた車も今では熟成の域に達しているのは、誰もが認める現実でしょう。

だからこそ、こうしたSUVがこれまで気づかなかった日常品として衣服のように身に纏う個性と、それを操る楽しさという別の次元の価値を持ち始めていることは、クルマが進化していく上での大きな転換点なのかもしれません。

そんな状況のもと、コンパクトながら造形の自由さという特徴を積極的にアピールできるSUVという格好のカテゴリーを獲得し、単なるエクステリアデザインだけでなくブランド力という目に見えない付加価値が重要視される輸入SUVが非常に有利な立場を占めていくのは必然的でもあるのでしょう。

輸入車というこれまで選択肢の中には含まれなかった新たな存在を含めたクルマ選びが、ますます楽しくなっていきそうです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です