5分で解決!キャストスタイルのグレード選びに悩んだらココに注目しよう!

5分で解決!キャストスタイルのグレード選びに悩んだらココに注目しよう!のキャッチ画像

『ちょっとかわいい見た目の軽自動車』ってイメージが強いキャスト。

乗りたいと思った人は見た目から入った人が多いのではないでしょうか?

しかし、いざ購入を検討して公式サイトを見てみたけど、スタイル・アクティバ・スポーツと3つのタイプあって、さらにグレードも分かれていてどのグレードが良いのか分からなくなった、なんて人も多いはずです。

確かに公式サイトを見てみると3種類のタイプに加えてグレードも意外に多く、グレードごとの特徴も掴みにくいのがよく分かります

そこで今回はそんなキャストのタイプの違いに触れながら、キャストスタイルの魅力とグレード間の違いを見極めてベストな1台を決めてみました。

予算も決まっているし、自分に合ったグレードの決め手となるポイントを教えて欲しい!

そう思っている人も是非参考にしていってくださいね。

キャストの基本!グレードの違いはここでチェック

積み木を積み重ねている

冒頭でも触れましたが、キャストは『スタイル』『アクティバ』『スポーツ』の3つのタイプに分かれている、ちょっと珍しいタイプの車種になります。

そのため、何がどう違うのかちょっとピンとこない人が多いんですよね。

そこでまずは、基本情報としてキャストのタイプ別の違いに触れながら、キャストスタイルのわかりやすいグレードの見かたについて見て行きましょう。

キャストスタイルと他タイプとの明確な違いはここ!

キャストのタイプの見分け表1

ぱっと見ただけだと同じような気もしますが、キャストの3つのタイプを並べてみると意外にも違いは一目瞭然。

特に顕著な違いとなっているのが正面から見た目でしょう。

キャストスタイルを基準として見てみると、アクティバは少しだけSUVチックになっているし、スポーツはちょっと『走りそう』な印象に見えますよね。

このように同じ車種で様々な雰囲気のタイプがある車ってなかなかありませんよ。

キャストのタイプの見分け表2

また、正面からだけではなく後ろから見ても違いがあるのもポイントになります。

中でもランプの違いが分かりやすく、全てのタイプごとにリアのライト類の形が違うんですよね!

この他にもタイヤやリアバンパーもそれぞれ違うのが見て分かるはず。

そう考えると3タイプの違いは、中身ではなく見た目が大きいと言えるでしょう。

1分で完璧!キャストスタイルのグレードはこうやって見よう!

キャストスタイルのグレード早見表

そんなキャストスタイルのグレードですが、基本的には2つ。『X』と『G』と考えると分かりやすくなります。

というのも他に『Gターボ』というグレードがあるんですが、基本的にエンジンがターボ車になることや、インパネセンターシフトが本革になるかどうか位の違いしかなく、ほぼ一緒と考えても特に問題ないでしょう。

だから上の表を理解できれば、キャストスタイルグレードの関係性はバッチリですよ!

キャストスタイルのグレード間での違いって何?気になる装備をチェック!

悩んでいる女性

上ではキャストスタイルのグレードの関係性を掴めたところで、そのグレード間で何が違うのかが気になりませんか?

そこでここからは、グレードの違いや気になる装備についてチェックしていきましょう。

基本グレードとなる『X』と『X”SA Ⅲ”』の違いはズバリ○○!

スマートアシストⅢ

『X』と『X”SA Ⅲ”』の違いはグレード名の通り、運転支援・安全装備をまとめた”スマートアシストⅢ”が装着されているかどうか位の違いしかありません。

周囲に危険が迫ると警告やブレーキをしてくれるスマートアシストⅢがあれば、安全で事故の無い運転ができるようになるでしょう。

それに歩行者との衝突回避サポートの充実度も素晴らしく、警告から事前ブレーキ、ブレーキアシストなど色々な機能が働いてくれるので安心ですよ。

『X”SA Ⅲ”』から『G”SA Ⅲ”』へ。追加装備は加飾と快適装備に注目!

Bi-Angle LEDヘッドランプ/ステアリングホイール/ホイール

基本グレードがXからGへグレードアップしたことで、ヘッドランプがLEDに変更されたりステアリングホイールが革巻になったりと様々な面で豪華になっています。

特にステアリングホイールの素材変更は、この車を長く乗る上で地味にうれしいポイント。

というのもウレタン素材のハンドルって長く年月運転していると溶けてしまうことがあるので、これは本当にありがたい変更です。

あと、ぶっちゃけ『X”SA Ⅲ”』のホイールは少しダサいですが、『G”SA Ⅲ”』のアルミホイールはスタイリッシュで普通にオシャレって所も好感が持てますね。

『G』と『ターボG』に用意された『プライムコレクションSA Ⅲ』はここが違う!

内装/SRSサイドエアバッグ/シートヒーター

『G』と『ターボG』のみに用意されているこのグレードは、まさにキャストスタイルの最上級グレードとなります。

シートは上品なブラックのレザー調で運転席・助手席のシートヒーターも装備。

さらにサイドエアバックまで採用して、安全面でも配慮を欠かしません。

上品なキャストスタイルをより楽しむなら、内装や快適装備にもこだわった方が良いかもしれませんね。

『X』に用意された特別仕様車『”リミテッドSA Ⅲ”』の注目装備!

コックピット/純正ナビ装着用アップグレードパック

この特別仕様車の最大の特徴は、ステアリングスイッチやバックカメラ、GPSアンテナなどを含んだ純正ナビ装着用アップグレードパックが装備されることです。

特にバックカメラは、運転が苦手な人や初めて買う人って人が手こずりやすい駐車を、とてもラクにしてくれるでしょう。

運転や駐車に不安がある人は、迷わず付けることをおすすめします。

ただし純正ナビ装着用アップグレードパックが付いても、肝心の『純正ナビ』は装着されないので注意してください。

『G』に用意された特別仕様車『”VS SA Ⅲ”』はここに注目!

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック/アクセントカラー

『”VS SA Ⅲ”』にも純正ナビ装着用アップグレードパックが装備されますが、『”リミテッドSA Ⅲ”』とは一味違ったパノラマモニターに対応したもの。

というのも、『”リミテッドSA Ⅲ”』には無かったフロント/サイドカメラが追加され、車の全方位をカメラで捉えることができるんですよ。

「バックカメラだけじゃまだ不安」って人でも安心の装備だと言えるでしょう。

ただ、Gだとステアリングホイールがウレタンとなり、カップホルダーシンボル照明がないのが玉にキズ。

そしてこちらもナビは装備されていないため、追加で購入する必要があるので注意です。

女性・若者目線から見たキャストスタイルのグレード選びのポイントは?

考えている女性

キャストはタイプに分かれて、さらにグレードも多数ある見極めが難しい車種ですが、上の内容を見たあなたならその違いがある程度分かってきたはず。

でもその違いが分かったからこそ、「そのグレードが良いか迷っちゃう」っていうのも分かります。

そこでここからはキャストスタイルが人気な女性・若者目線から見たグレード選びのポイントをご紹介するので是非見て行ってください。

基準は『G”SA Ⅲ”』で考えていこう!

まずグレード選びの基準を、装備のバランスが良い『G”SA Ⅲ”』に定めて見て行きましょう。

というのも、快適装備が必要無くて予算に余裕がないなら『X”SA Ⅲ”』、パワフルな加速が必要であればターボ車とグレードの切り替えができるようになるからです。

もちろん安全装備が欲しいなら『G”VS SA Ⅲ”』を選ぶのも良いかもしれませんね。

そんなキャストスタイルの各グレードの価格は以下の通りになります。

グレード 価格
X 1,248,500円
X”SA Ⅲ” 1,314,500円
X”リミテッド SA Ⅲ” 1,320,000円
G”VS SA Ⅲ” 1,402,500円
G”SA Ⅲ” 1,441,000円
G”プライムコレクション SA Ⅲ” 1,507,000円
Gターボ”VS SA Ⅲ” 1,512,500円
Gターボ”SA Ⅲ” 1,545,500円
Gターボ”プライムコレクション SA Ⅲ” 1,611,500円

※4WDは+126,500円

4WDやターボ車を選択した方が良い人・選択しなくても大丈夫な人

続いては「4WDやターボ車って必要?それともムダかな」と悩んでいる人必見です。

そもそも4WDが必要なタイミングっていうのは悪路走行や雪道を走るとき。

そのため、積雪がある地方在住じゃなければ4WDは基本的に必要ないと考えてOKでしょう。

しかしターボにするかどうかはまた別の話で、2人以上を乗せて走ることが多いなら、ノンターボではパワーが足りず坂道等の運転に不安が出てきます。

それにパワー不足のせいでエンジン音も非常に大きくなるので、乗っていて不快に感じることもあるかもしれません。

そのため、家族で乗る・友人等で出かけることが多いのであれば、ターボエンジンの方が使い勝手が良くて安心した運転ができると思います。

総評!独断と偏見で選ぶキャストスタイルのベストなグレードはコレ!

総評!独断と偏見で選ぶキャストスタイルのベストなグレードはコレ!をイメージした画像

ここまで見てきたあなたは恐らく、どのグレードが良いかある程度の見当は付いてきているはず。

でもまだまだ決めきれていない人も多いでしょうし、見当は付いてるけどまだ決断できないなんて人も多いのでは?

そこで最後に個人の見解になりますが、キャストスタイルのベストグレードについて紹介します。

ベストなグレードはやっぱり『G”SA Ⅲ”』

独断と偏見で選ぶなら、キャストスタイルのベストなグレードは『G”SA Ⅲ”』です。

選んだ理由としては、もちろんX”SA Ⅲ”でも充分快適な運転を楽しむことはできます。

でも視認性を考えるとBi-Angle LEDヘッドランプがあった方が安心だし、長く乗ることを考慮するとステアリングホイールやシフトノブは、ウレタンよりも革の方が断然良いです。

それにスマートアシストⅢが付いているっていうのも安心できる理由になるでしょう。

このような理由から、私がキャストスタイルを買うなら『G”SA Ⅲ”』が良いと思います。

購入時に気になるオプションはこう付ける

また、購入時に必ず付けるといっていいほどのオプションですが、個人的にはボディカラーとナビの装備はマストだと思います。

というのも、キャストのオプションボディカラーは2トーンでお洒落だし、最近ではあおり運転や事故等のいざこざのことを考えて、最低でもドラレコは付けておきたい所。

それにオーディオなどの利便性を考えると、ナビは必須と言っても良いでしょう。

以上の点を考慮しつつ、ざっくりとした見積もりを出すと…

グレード(オプション) 価格
車体本体(G”SA Ⅲ”) 1,480,310円※
ボディカラー(2トーン) 44,000円
NS26 安心ドラレコプランA(前後) 226,226円
パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック 58,300円
合計 1,808,836円

※車両価格+諸経費

以上のようになります。

もちろんオプションは、予算によって変えることができるので価格の増減はありますが、この価格を参考にして考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

街中を走っているキャストを見て、キャスト○○と色々なタイプがあることは知っていましたが、グレードも併せて考えると非常に種類が多いですよね。

でも一度タイプやグレードの違い分かれば、グレード選びはそこまで難しいものではなかったのではないでしょうか。

自分の乗り方を考えてグレードを選べば、きっと満足のいく一台を手に入れることができると思いますよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です