キャスト・アクティバ グレードの違いまとめ。人気グレードはどれだ

ダイハツキャストアクティバ

キャストには三つのモデルがあります。「スタイル」「スポーツ」そして「アクティバ」・・・今回はそのアクティバに焦点を当てて、グレードの違いについて考えてみましょう。グレードが違えば、価格も装備も見た目さえも違うことがあります。どのグレードを購入すればいいのかということで、後悔しない選択をするためには、それぞれのグレードの違いをよく知らねばなりません。

そこで、価格・燃費・装備などの面から、各グレードの違いについてまとめてみました。

キャスト・アクティバのグレード表

グレード 価格 燃費
2WD 4WD 2WD 4WD
X 1,225,800円 1,355,400円 30.0km/L 26.8km/L
X”SA III” 1,290,600円 1,420,200円 30.0km/L(18.93km/L) 26.8km/L(18.07km/L)
 X“リミテッド SA Ⅲ” 1,296,000円 1,425,600円 30.0km/L 26.8km/L
G“SA Ⅲ” 1,414,800円 1,544,400円 30.0km/L(18.93km/L) 26.8km/L(18.07km/L)
G“リミテッド SA Ⅲ” 1,436,400円 1,566,000円 30.0km/L 26.8km/L
G“プライムコレクション SA Ⅲ” 1,479,600円 1,609,200円 30.0km/L 26.8km/L
Gターボ“SA Ⅲ” 1,517,400円 1,647,000円 27.0km/L(16.45km/L) 25.0km/L(18.86km/L)
Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ” 1,582,200円 1,711,800円 27.0km/L 25.0km/L
※燃費表示はカタログより抜粋。( )内はオーナー実燃費記録の平均値となります。

実燃費記録の平均については、それぞれ有力なデータが無い場合には記載しておりませんので、ご了承ください。各グレードの実燃費を見ていると、グレードごとにそれほど差があるようには見えませんね。ターボ以外はエンジン性能が変わらないですから、似たような燃費になるのも納得できます。

価格の差についてですが、やや高めといったところでしょう。XからX”SA III”は妥当な価格差であると言えそうですが、それ以外はどうも高いように見えます。他の軽自動車と比べても、グレードごとの価格差が大きいです。

グレードはX,Gの2つとして考えれば分かりやすい

ターボなどがありますが、基本的にグレードはXとGのみと考えればわかりやすいです。両方にSA IIIつまりスマートアシスト IIIという第三世代の安全装備が付いています。Gについては搭載されていないグレードがありません。後はターボだけですから、グレードの種類については、とてもわかりやすいでしょう。

アクティバとその他のモデル、何が違うの?

アクティバとその他のモデル「スタイル」「スポーツ」の違いについて気になる人も多いはずです。アクティバはその名前にもあるように力強くさまざまな路面状況に適応しているモデルと言えます。それこそアクティブに走り回るイメージですね。デザインも力強く凛々しいといった印象を受ける人が多いのではないでしょうか。

アウトドアに使うことも想定されているのか、車の高さもスタイルより高くなっています。滑りやすい路面で役立つグリップサポート制御・滑りやすい下り坂で低速を保つDAC制御などのアクティバ専用装備が、4WD車には付けられています。アクティバと他のモデルの違いは、路面の対応力にあると言えるかもしれませんね。

 

それぞれのグレードの違いを分かりやすくまとめてみた

価格や燃費の違いというのは、表面上の違いに過ぎません。価格だけを見比べていても、それぞれのグレードにどれほどの違いがあるかをわかっていなければ、意味が無いでしょう。グレードの違いは、装備内容やエクステリア・インテリアに現れるものです。そこで、各グレードの装備をまとめてみました。

全グレード共通の標準装備

  • UVカットガラス(フロントウインドゥ/リヤドア/バックドアウインドゥ)
  • スモークドガラス(リヤドア/バックドアウインドゥ)
  • メッキベルトラインモール
  • ピラーブラックアウト
  • リヤスポイラー
  • ルーフアンテナ(可倒式)
  • ヘッドランプ自動消灯システム
  • ハイマウントLEDストップランプ
  • メッキガーニッシュ付サイドターンランプ
  • 大容量深底ラゲージアンダーボックス(デッキボード固定フック付)※12
  • フロントコンフォートベンチシート
  • フロントセンターアームレスト(ボックス付)
  • タコメーター
  • 足踏式パーキングブレーキ
  • ドアポケット(フロント/リヤ)&ボトルホルダー(リヤ)
  • グローブボックス(ランプ付)
  • インパネアンダートレイ(運転席)
  • インパネセンタートレイ
  • 運転席サイドトレイ
  • インパネロアポケット
  • アクセサリーソケット(12V)
  • 格納式アシストグリップ〈助手席/後席(右側:コートフック付)〉※13
  • フットレスト
  • ショッピングフック(フロント/助手席シートバック)
  • 助手席シートバックポケット
  • メッキインナードアハンドル
  • マルチインフォメーションディスプレイ
    (アイドリングストップ時間・アイドリングストップ積算時間・ecoリーフゲージ・平均燃費・航続可能距離・外気温・スマートアシスト故障/停止警告)
  • カップホルダー(前席)〈運転席:堀込み式/助手席:ワンプッシュ式オートオープン〉
  • メッキシフトゲートリング
  • ラゲージルームランプ
  • 防眩ルームミラー
  • オーバーヘッドコンソール
  • サンバイザー〈バニティミラー(運転席/助手席)&チケットホルダー(運転席)〉
  • ABS(EBD機能付)
  • VSC&TRC
  • ヒルホールドシステム
  • 車速感応式フロント間欠ワイパー(エアロワイパーブレード)
  • 衝突安全ボディ〈TAF〉
  • デュアルSRSエアバッグ
  • プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト
  • リヤ3点式ELRシートベルト
  • ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)
  • リバース連動リヤワイパー
  • エマージェンシーストップシグナル
  • セキュリティアラーム
  • 燃料残量警告灯
  • シートベルト締め忘れ警告灯・警告音(運転席/助手席)
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム〈イモビライザー(国土交通省認可品)機能付・リクエストスイッチ付(運転席/助手席/バックドア)〉
  • オートライト
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • 電動式パワーステアリング
  • パワーウインドゥ(全ドアスイッチ照明付・運転席挟み込み防止機構付)
  • パワードアロック(全ドア)
  • ワンタッチターンシグナル機能付方向指示スイッチ
  • フューエルリッドオープナー
  • オーディオレス
  • 16cmフロントスピーカー
  • フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
  • スペアタイヤレス&タイヤパンク応急修理セット

以上が全グレードに標準で装備されているものの一覧です。他の軽自動車と比べても、全グレード標準装備が多いと言えます。必要最低限のものに加え、プラスアルファがもうすでに標準装備として備わっているといったところでしょうか。

Xの装備、インテリア、エクステリア

キャストアクティバX外観
キャストアクティバX内装
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • ウレタン(メッキオーナメント付)ステアリングホイール
  • オーディオパネル(ブラック)
  • ウレタン(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
  • 15インチフルホイールキャップ

Gと比べれば、どの装備も下位のものと言えるでしょう。ただし、全グレード標準装備の時点でとても充実しているため、最低グレードにありがちな装備内容の貧弱さは目立ちません。価格と照らし合わせれば、納得・満足の装備なのではないでしょうか。

X”SAⅢ”の装備、インテリア、エクステリア

  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • ウレタン(メッキオーナメント付)ステアリングホイール
  • オーディオパネル(ブラック)
  • ウレタン(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
  • 15インチフルホイールキャップ
  • スマートアシストⅢ

XにスマートアシストⅢを付けただけといったところですね。他の軽自動車ですと、それに加えて他の安全装備が付いている場合があるのですが、それについては標準装備でABSなどが備わっています。そのために、Xとの差異がほとんどありません。

X“リミテッド SA Ⅲ”の装備、インテリア、エクステリア

X”SAⅢ”に装備されている内容に加えて、

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 運転席/助手席ヒートシーター

といった特別装備が追加されています。
また、ドアアウターハンドルがシルバーに変更されているというように、細かい見た目の変更が追加されているのも特徴となります。ただ、それ以外はほぼX”SAⅢ”と変わらないことは覚えておくようにしましょう。

 

G”SAⅢ”の装備、インテリア、エクステリア

キャストアクティバG”SAⅡ”外観
キャストアクティバG”SAⅡ”内装
  • メッキバンパーガーニッシュ(フロント/リヤ)
  • Bi-angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • LEDフォグランプ
  • 本革(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • オーディオパネル(ファインブラック)
  • ドアアームレスト(プレミアムシャインシルバー)
  • ウレタン(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
  • 15インチアルミホイール
  • スマートアシストⅢ

G”SAⅢ”の装備は、Xよりもさらに豪華になったといったところでしょうか。ステアリングホイールが本革になっていたりとインテリアに高級感が増しています。ランプもLEDが使われ、オートレベリング機能が付き、より豪華になっていますね。

G”リミテッド SA Ⅲ”の装備、インテリア、エクステリア

こちらは先ほども紹介したX”リミテッドSAⅢ”と同様に、特別装備として

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 運転席/助手席ヒートシーター

といった特別装備が追加されています。
そのため、より高級感が増したキャスト・アクティバを楽しみたいのであれば、X SAⅢよりもこちらの方が特別感を感じることが出来るかと思いますよ。

G”プライムコレクション SA Ⅲ”の装備、インテリア、エクステリア

  • アクセントカラー〈ブラック〉(インパネガーニッシュ・レザー製ドアトリム表皮・サイドエアコンレジスターベゼルリング)
  • アクセントカラー〈ボディカラー対応色〉(インパネガーニッシュ・レザー製ドアトリム表皮・サイドエアコンレジスターベゼルリング)
  • センタークラスター(プレミアムシャインブラック)
  • シート表皮(レザー調〈ブラック〉)

このように、G”プライムコレクションSAⅢ”の大きな変化となるのは、機能面というよりも見た目の方です。インテリア部分が変更になる以外は、G”SAⅢ”とほぼ変わることがありません。

 

Gターボ”SAⅢ”の装備、インテリア、エクステリア

キャストアクティバGターボ”SAⅡ”外観
キャストアクティバGターボ”SAⅡ”内装
  • メッキバンパーガーニッシュ(フロント/リヤ)
  • Bi-angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • LEDフォグランプ
  • 本革(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • オーディオパネル(ファインブラック)
  • ドアアームレスト(プレミアムシャインシルバー)
  • 本革(シルバー加飾・メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
  • 15インチアルミホイール
  • スマートアシストⅡ

装備の面では、インパネセンターシフトをウレタンから本革にしたのみといった違いです。これによりインテリアの高級感は増したと言えるでしょう。後は、ターボなので当たり前ですが、エンジンがターボ付きになったという違いがあるくらいです。

Gターボ”プライムセレクションSAⅢ”の装備、インテリア、エクステリア

こちらはX、Gに合ったグレード”リミテッドSAⅢ”よりもさらにインテリアの面でのグレードアップされています。

  • アクセントカラー〈ブラック〉(インパネガーニッシュ・レザー製ドアトリム表皮・サイドエアコンレジスターベゼルリング)
  • アクセントカラー〈ボディカラー対応色〉(インパネガーニッシュ・レザー製ドアトリム表皮・サイドエアコンレジスターベゼルリング)
  • センタークラスター(プレミアムシャインブラック)
  • シート表皮(レザー調〈ブラック〉)
  • インパネセンターシフト(本革〈シルバー加飾・メッキシフトレバーボタン付き)

こうしてみるとわかりますが、G”プライムコレクションSAⅢ”とそこまでの変更点がなく、インパネセンターシフトの素材が変わった以外は一緒です。

各グレードの魅力

それぞれのグレードの価格・燃費・装備の違いについて見てきました。それだけでも、各グレードの相違点について理解はできますが、その車が実際にどのような物なのかについては、正直なところわかりません。最後に、データ上の違いだけでなく、それぞれのグレードの魅力を、実際に乗った人の口コミなどから考えてみましょう。

Xの魅力

「他のグレードは高価に感じるが、Xだと妥当か少し安いといった印象を受ける」「価格の割りには装備内容が充実しているところが良い」といった口コミが多く、Xグレードに関してはコストパフォーマンスの高さが魅力となっているようです。エクステリアや乗り心地などについても比較的評価が高くなっています。

ただし、インテリアに関しては賛否両論あるようです。「エクステリアに比べて退屈で高級感も薄い」という人もいれば「軽自動車なのに普通車のような感じがして良い感じ」としている人もいます。そこは個人の感性によるものですから、試乗などをして実際に確かめてみると良いでしょう。

ともあれ、Xの魅力はそのコスパの高さにあると言えます。この車を買っているのは、他のグレードだと高いと感じた人・Xの装備で十分だと感じた人と考えられるでしょう。

X”SAⅢ”の魅力

XにスマートアシストⅢを付けたX”SAⅢ”の口コミを見てみると、「軽の割には高いような印象を受ける」と、Xでは高いとされていたコストパフォーマンスについて疑問を投じる声が大きいです。それではどうしてX”SAⅢ”を購入する人がいるのかということですが、その理由にはこういうことが考えられます。

「Gでは高い・・・がしかしSAⅢという安全装備が欲しい」「基本的にはXで十分だが、SAⅢも付けよう」といった理由です。XとG”SAⅢ”の中間としてちょうど良い価格になっているのが、X”SAⅢ”ということで、購入する人はそのような考えをしている人が多いでしょう。

X”リミテッドSAⅢ”の魅力

主に機能面でのアップグレードがされている、特別仕様車のX”リミテッドSAⅢ”。やっぱりコスパについては懸念が残るようで、「特にめぼしい変更点が見つからない」「これくらいの変更ならX”SAⅢ”でも問題ない」といった声がちらほらと上がっています。

ただ、比較的冬が長い地域や高いランクのナビを付けておきたい、なんて思っている人にとっては、このグレードがちょうどいいという声も上がっているんですよね。

Gクラスの購入は難しいけど、Xの中で最高レベルのモノを乗りたいと思っている方が、このグレードを選んでいることが多いです。

G”SAⅢ”の魅力

「軽自動車特有のチープさが感じられないインテリアで満足している」「外装との統一感が出ていていい感じ」と、インテリアに関して高い評価をしている人が多いです。Xではウレタンだった部分が、本革になることによって高級感が増しているのでしょう。

Xからずっと述べてきている価格ですが、「高いけど最近の軽自動車はこれくらいかなあ」「高いけど満足できる買い物だった」と「高い」という不満は漏らしつつも、結果的に納得・満足している人が多いようです。価格.comの満足度も価格については4または5という人が多くなっています。

G”SAⅢ”の魅力は、そのようなところにあるのでしょう。どういう人がこのグレードを選んでいるのかということについてですが、「インテリアの高級感を大切にする人」「無条件で1番安いグレードを避けるという人」だと考えられます。

G”リミテッドSAⅢ”の魅力

G”SAⅢ”と比べても2万円程度しか価格が変わらないG”リミテッドSAⅢ”は、G”SAⅢ”の豪華なインテリアに加えて実用装備が付いたことで、高い評価をする方が多いのが現状です。

このグレードを選ぶ方は、G”SAⅢ”と同様にインテリアにこだわっているだけではなく、もうちょっと実用的な装備を付けたい人だと考えられます。

G”プライムコレクションSAⅢ”の魅力

G”リミテッドSAⅢ”の上を行く高級感を演出してくれるG”プライムコレクションSAⅢ”は、G”SAⅢ”よりもさらに高級感を感じることが出来るインテリアが人気の理由となっているようです。

しかし、シート表皮が本革になった以外は特に変更等がなく、実用的な装備はヒートシーター以外はほぼ変更がないので、リミテッドSAⅢと比べて「ちょっと物足りない」と感じている方も多くいます。

Gターボ”SAⅢ”の魅力

Gターボ”SAⅡ”は、やはりターボ車ということでエンジン性能や走行性能に注目したいところです。口コミを見てみると、「高速道路の巡航もこなすだけの実力がある」「パワフルで静かなので満足している」と、エンジンの性能は申し分ないようです。

ただし、走行性能に関しては少しだけ難点があります。アクティブは、スタイルよりも車高が高いです。そのためか、「コーナリングで微妙なふらつきがある」という声が上がっています。ターボエンジンの性能が良いことに安心することなく、コーナリングは注意して行う必要がありそうですね。

その他価格については「高いですが、納得しました」「ターボ付ということで、高い価格には納得できます」と「満足」とはいかないまでも、納得している人が多い様子。燃費についてもそれほど大きく落ちるわけではなく、不満に感じている人は少ないように見られます。

Gターボ”SAⅡ”の魅力は、申し分ないエンジン性能が、アクティバ多用途に使える仕様だという利点を押し出しているところにあると言えるでしょう。このグレードを選んでいる人は、やはりターボが欲しいと感じた人と言えます。

Gターボ”プライムコレクションSAⅢ”の魅力

Gターボ”プライムコレクション”は、Gターボ”SAⅢ”の装備に加えて、本革表皮のシートやヒートシーターが装着されているので、実用かつインテリアで1歩先を行ったキャスト・アクティバを求めている人に人気を集めています。

口コミを見てみると「静かだし乗って見るとどっしりとした印象があってイイ」というように、走行性能とインテリアの両方を評価している声が上がっています。

ただ、やはり車高が高いためか「アウトドアの時に運転するのはいいけど、街乗りや高速に乗った時とかに微妙なふらつきを感じる」といった意見もあるので、コーナリングにはちょっと注意が必要となっているようです。

おすすめのグレード、売れているグレードは?

結局おすすめのグレードはなんなのかと問われれば、Gターボ”SAⅡ”です。

価格は確かに高いかもしれませんが、装備が充実していることやターボ付きだということを考えると、納得できない価格ではないでしょう。最近の軽自動車は昔に比べて、軒並み高くなりつつありますから、そう考えればこの価格も不自然ではありません。

アクティバは街乗りもそうですが、どちらかといえば坂道や高速道路の利用など、さまざまな路面状況での利用を考えられている車です。その特徴を全面的に押し出してくれるターボエンジンという存在は、この車にとってはとても重要なものになります。エンジン性能も高いようですし、おすすめするには十分な理由があるというわけです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です