キャストアクティバのグレード徹底解説!5分でわかるその違いとは!?

キャストアクティバのグレード徹底解説!5分でわかるその違いとは! のキャッチ画像

丸っとした可愛い見た目がオシャレ。

キャストが欲しいって思っている人は、こんなオシャレな見た目に惹かれた人が多いのではないでしょうか?

しかしいざ公式サイトを見てみたら、アクティバだけじゃなくスタイルやスポーツもあるし、その上グレードも多くてどれが良いのか分からないって人も結構いるはず。

確かに公式サイトを見てみると、各グレードの特徴も捉えづらくて大変ですよね。

そこで今回はそんなキャストの3タイプの違いや、キャストアクティバの魅力とグレード間の違いを解説しながら、オススメの一台を決定しました!

自分に合ったキャストアクティバはどれか、予算内で決めてほしい!

そう思っている人も是非参考にして行ってください!

キャストの見分け方!グレードの違いはここでチェック

キャストの見分け方!グレードの違いはここでチェックをイメージした画像

街中で走ってるキャストを見ても、ぱっと見でアクティバなのか、スタイルか、それともスポーツなのか…。

それが判別できることってほとんど無いですよね?

そこでまずは、基本情報としてキャストのタイプごとの違いを解説しながら、キャストアクティバの分かりやすいグレードの味方を紹介していきます!

キャストアクティバと他タイプとの明確な違いはここ!

キャストアクティバの見分け方1

外見をパッと見てみるとその違いはほとんど無いように思えますが、ちゃんと見比べてみるとその違いは大きく、特に正面から見るとハッキリ分かるはず。

キャストアクティバは、フロント/リアにシルバーのパンバーが付いてアクティブなSUV風なイメージに仕上げられているんです。

そしてその他のキャストはどうなっているかというと、スタイルは上品でおとなしい雰囲気だし、スポーツはちょっとやんちゃで走りそうな印象を受けます。

このように同じ車種なのに色々な顔がある車って珍しいですよね。

キャストアクティバの見分け方2

また、後ろ姿を比べるとランプの違いが分かりやすく、全てのタイプでリアライトの形や色が微妙に違っているのが見て分かりますよね。

他にもタイヤやリアバンパーなどもそれぞれのタイプによって違いがあり、そのタイプの雰囲気に合った装備となっているのが分かるでしょう。

ちなみに選べるボディカラーにも違いがあり、3タイプの中でアクティバの選択肢が一番多くなっているんですよ。

このような違いから、3つのタイプは中身ではなく見た目の違いが大きいと言えます。

1分で分かる!キャストアクティバのグレードの見極め方

キャストアクティバのグレード早見表

そんなキャストアクティバのグレードは、基本的に『X』と『G』の2つと考えれば分かりやすいです。

というのも、他に『Gターボ』というターボ車があるんですが、エンジンの違いやインパネセンターシフトが本革になるなどの違いしかなく、ほぼ一緒だと考えてOK。

だから上の表をしっかり見ておけば、キャストアクティバのグレードの違いは完璧でしょう。

キャストアクティバはグレードごとに何が違う?気になる装備をチェック!

比較して悩んでいる女性

上でキャストアクティバのグレードの違いを確認しましたが、意外とシンプルに考えられたのではないでしょうか?

そこでここからは、その各グレードの違いや気になる装備についてチェックしていきましょう。

基本グレードとなる『X』と『X”SA Ⅲ”』の違いは○○だけ!

スマートアシストⅢ

『X』と『X”SA Ⅲ”』の違いは、運転支援・安全装備をまとめた”スマートアシストⅢ”を装着されているかという違いくらいしかありません。

周囲に危険が迫ると警告やブレーキをしてくれるスマートアシストⅢがあれば、安全で事故の無い運転ができるようになるでしょう。

『X”SA Ⅲ”』から『G”SA Ⅲ”』へ。加飾と快適装備に着目して見よう!

Bi-Angle LEDヘッドランプ/ステアリングホイール/ホイール

『X”SA Ⅲ”』から『G”SA Ⅲ”』へのグレードアップにより、様々な装備が変更・追加されています。

その中でもヘッドランプがLEDに変更されたり、ステアリングホイールが革巻になったりしたところが大きなポイントでしょう。

ステアリングホイールの素材変更はオシャレになっただけだと思われがちですが、実は性能も機能面でもいいことがあるんです。

というのもウレタン素材のハンドルって、長く年月運転していると溶けてしまうことがあるんです。

だから革はお洒落なだけじゃなく寿命も長いってワケ。

この他にも、メッキバンパーガーニッシュが追加されることで、見た目がよりアクティブな雰囲気になっているのもポイントです。

『G』と『ターボG』の『プライムコレクションSA Ⅲ』はここに注目!

内装/SRSサイドエアバッグ/シートヒーター

『G』と『ターボG』だけに用意されている『プライムコレクションSA Ⅲ』は、まさにキャストアクティバの最上級グレード。

シートは上品なブラックのレザー調で、運転席・助手席のシートヒーターも装備、フロントドアガラスには紫外線などを大幅カットするスーパーUVカットガラスを採用しています。

さらにサイドエアバックまで採用して、安全面でも配慮を怠りません。

アウトドア派な人がキャストアクティバに乗るなら、快適装備や内装にもこだわったこのグレードが良いのではないでしょうか。

『X』の特別仕様車『”リミテッドSA Ⅲ”』の注目装備はコレ!

コックピット/純正ナビ装着用アップグレードパック

『”リミテッドSA Ⅲ”』の特徴は、ステアリングスイッチやバックカメラ、GPSアンテナなどを含んだ純正ナビ装着用アップグレードパックが装備され、シートヒーターも付いてくること。

特に、バックカメラは運転が苦手な人や初めて買う人にとって不安な駐車を、とてもラクにしてくれるので是非とも欲しい所ですよね。

ただし純正ナビ装着用アップグレードパックが付いても、肝心の『純正ナビ』は装着されないのが玉にキズ。

このグレードを選ぶときは、絶対ナビを付けてくださいね。

『G』の特別仕様車『”VS SA Ⅲ”』はここが違う!

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック/アクセントカラー

『”VS SA Ⅲ”』の追加装備で注目なのは、やっぱりパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックです。

『”リミテッドSA Ⅲ”』のアップグレードパックと違って、こっちはパノラマモニターに対応。

早い話、『”リミテッドSA Ⅲ”』には無かったフロント/サイドカメラが追加され、車の全方位をカメラで捉えられるようになっているんです。

駐車などの際、「バックカメラだけじゃ不安だな」って人でも安心の装備だと言えるでしょう。

ただステアリングホイールがウレタンとなり、カップホルダーの照明が無いなど微妙な点が多いんですよね…。

そしてこちらもナビが装備されていないので、追加で購入するように気を付けましょう。

女性・若者目線で見た!キャストアクティバのグレード選びのポイント

あごに手を当て考えながら見ている女性

3タイプに分かれグレードもいくつもあるキャストでしたが、ここまで読み進めてきたあなたならその違いが充分に分かっているでしょう。

でもそのせいで
「どのグレードが自分の使い方に合ってるかな」
「コスパが良いのはどれ?」
なんて風に悩みも出てきているはず。

そこでここからは、女性・若者目線でキャストアクティバの選び方のポイントをお話するのでぜひご覧ください。

基準を『G”SA Ⅲ”』にすればグレード選びが簡単!

キャストアクティバのグレード選びは、装備バランスの良い『G”SA Ⅲ”』を基準にすれば簡単です。

というのも、快適装備が要らない代わりに安く買いたいなら『X”SA Ⅲ”』、坂道などでパワフルな走りがしたいならターボ車。という風にグレードを選ぶことができるからです。

もちろん、安全装備を整えたいなら『G”VS SA Ⅲ”』を選ぶっていう手もアリでしょう。

そんなキャストアクティバの各グレードの価格は以下の通りになります。

グレード 価格
X 1,248,500円
X”SA Ⅲ” 1,314,500円
X”リミテッド SA Ⅲ” 1,320,000円
G”VS SA Ⅲ” 1,402,500円
G”SA Ⅲ” 1,441,000円
G”プライムコレクション SA Ⅲ” 1,507,000円
Gターボ”VS SA Ⅲ” 1,512,500円
Gターボ”SA Ⅲ” 1,545,500円
Gターボ”プライムコレクション SA Ⅲ” 1,611,500円

※4WDは+126,500円

4WDやターボ車が要る人、要らない人は○○で見極めよう

最後にお話するのは、「4WDやターボ車って必要?それともムダかな」と考えている人に向けた内容。

そもそも4WDが必要なタイミングっていうのは悪路走行や雪道を走るときですよね?

それを考えると雪国じゃなければ、基本的に4WDは要らないんじゃないかと思います。

中には雪国でも2WDで走っている車もあるくらいですからね。

とはいえ、キャストアクティバはアウトドアなどにも使いたくなる一台ですから、自然の中へ走っていきたいって考えている人なら、4WDを買ってもいいかもしれません。

またターボ車の話に移りますが、今話した通り自然の中や山道など色んな道を走りたいって人、もしくは2人以上乗せて走ることが多いならターボ車がおすすめ。

恐らく、ノンターボだとエンジン音がうるさくなったり、パワー不足坂道を運転したりするにはちょっと心許ないと思いますよ。

これらを考慮すると、家族で乗る・友人等でアクティブに走ることが多いのであれば、ターボエンジンの方が使い勝手が良くて安心した運転ができるはずですよ。

総評!個人的な意見で話すキャストアクティバのベストグレードは…

口でメガホンを作って呼びかけている女性

ここまでキャストアクティバのグレードや装備の違いについて見てきました。

キャストアクティバの違いもその魅力もよく分かった今こそ買い時です。

とは言え、「このグレードだ!」とピンと来ている人は意外と少ないのではないでしょうか?

そこで最後に、独断と偏見でキャストアクティバのベストグレードを決定したいと思います。

キャストアクティバのベストグレードは『G”SA Ⅲ”』

独断と偏見で選んだベストグレードは『G”SA Ⅲ”』です。

その理由として、そもそもX”SA Ⅲ”でも快適で安全な運転を楽しめます。

でも視認性を考えるとBi-Angle LEDヘッドランプがあった方が安心。

そして長く乗ることを考慮するとステアリングホイールやシフトノブは、ウレタンよりも革の方が断然良いです。

さらにスマートアシストⅢが個人的には外せないポイントになります。

このような理由からベストグレードは『G”SA Ⅲ”』だという結果に行き付きました。

購入時に気になるオプションはこう付ける

また、購入時に悩むオプションですが、ボディカラーとナビは絶対に付けたほうが良いと思います。

というのもキャストアクティバは、カラーが多いので選びたい色がオプションになる可能性も高いですし、オーディオなどの利便性を考えるとナビはあった方が良いでしょう。

それに車に初めて乗る人は道が曖昧な人が多いはずなので、いざという時ナビがあると心強いですよ。

以上の点を考慮してオプションを含めた見積もりを出すと、以下の様になります。

グレード(オプション) 価格
車体本体(G”SA Ⅲ”) 1,480,310円※
ボディカラー(2トーン) 44,000円
NS26 安心ドラレコプランA(前後) 226,226円
パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック 58,300円
合計 1,808,836円

※車両価格+諸経費

これは説明したオプションを付けたときの一例なので、この価格を参考にして購入の際に役立ててくださいね。

まとめ

最近の軽自動車の流行は背の高い車が多く、キャストはそれとは真逆の一台。

でも流行の車にはないオシャレで可愛い見た目が魅力なんですよね。

グレードはいくつもあって大変でしたが、お気に入りの一台を手に入れるためです。

しっかりとグレードを吟味して、満足のいくグレードに乗れるように頑張ってくださいね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です