【2019年版】プリウスの買取額相場・査定表を紹介!※高く売る秘訣は?

近年プリウスは、『若者から高齢車にも愛される車』として、市場に多く出回っている非常に人気な車です。

皆さんもふと道路に目をやると、「あっ、プリウスだ」と思うことがありますよね。そうです、プリウスは視線を引くような、怪獣チックなフェイスをしているのが特徴的。

国内の車では、今までなかったようなスタイルをしています。そんな特徴的である車というだけあって、たくさんの方々に愛されるようになりました。

さて、『プリウスを買う人』が多くなってきたということは、『プリウスを売る人』も多くなってきたということです。この記事では、3年落ち・6年落ち・10年落ちのプリウスの買取相場を、グレード毎に比較して、以下の観点

  • 走行距離でどのように金額が変化するか
  • 色はどう買取価格に影響しているのか

この2つについて、ご紹介していきます。

プリウスを高く買取させるコツ

プリウスを高く売って、次に買う車を安く買いたいなあ。でも一体どうしたら高く買取してもらえるんだろう。
何かお困りですか?
はい!今、トヨタの新車に乗り換えようと思っていて、プリウスを買取に出して得たお金を新車の購入に使いたいんですよ。
なるほど、それなら『プリウスを一括査定にかけてみる』というのはいかがでしょうか?ちょっと下の例をご覧ください。
プリウス買取

車種名:プリウス
グレード:S
色:ホワイト
年式:平成24年
走行距離:5万㎞
≪査定額≫
A社:62万円・B社:85万円C社:57万円

これはプリウスを複数の買取業者へ査定したときの例です。B社では85万円なのに対して、C社では57万円という買取額になっていますね。

もしもあなたがC社だけにプリウスを査定した場合、28万円を損してしまうことになります。

28万円もあったら、次に購入する車を随分と安く買うことが出来ますよね。ワンランク上のグレードだって、手に届く範囲でしょう。

確かに…。もし私がC社に売却してしまって、後から28万円も高く売れるのだと知ったらショックを受けると思います。

それに、私は新車を5年ローンで購入するつもりだったので、28万円多く頭金に回せたら毎月4666円も安くなるじゃないですか!

何だか5年間給料が5000円減額されているような気分になるでしょうね…。

そうですね。給料がマイナス5000円になったと考えると、とても勿体ないことをしているような気になります。

ぜひこの機会に一括査定を試してみてはどうでしょうか?

3年落ちプリウスの買取相場と傾向

まずは3年落ちのプリウスからご紹介しましょう。2016年のプリウスというと、

  • E
  • S
  • S ツーリングセレクション
  • S セーフティPlus
  • A
  • A ツーリングセレクション
  • A プレミアム
  • A プレミアム ツーリングセレクション

以上のE・S・Aの3つに別れ、計7種類のグレードが設定されていています。

3年落ちということで、買い換えたいと思う方は少ないかと思いますが、2018年12月のモデルチェンジに合わせて買い換えたい方や、他車種の新モデルの追加、金銭的事情などで買取を検討する方もたくさん入りかと思います。

まだたった3年しか経過していないモデルですが、されど3年。金額にはどのように影響してくるのでしょうか。

そこでここでは、E・S・Aの3つに分けて価格変化を考察、分析していきます。

早速見て行きましょう。

グレードAシリーズについて

Aシリーズはプリウスの中で装備が最も充実しており、勝手の良いグレード。

走行距離ではどう変わるか見てみましょう。

まずはこちらの画像をご覧ください。

2016_プリウス_A_買取額走行距離別
0㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
167.8万円 158.2万円 130万円 84.6万円

全体的に言えることは、まだ経過して3年と新しい部分が評価され、10万㎞を超えても80万前後で買い取りされていることが分かります。

傷や不備等で変わってくるとは思いますが、年式相応、かつ走行距離相応の買取額ではないでしょうか。

続いてボディーカラーではどうかということですが、画像をご覧ください。

2016_プリウス_A_買取額 色別
ホワイト ブラック レッド グレー
141.2万円 164.6万円 145.9万円 144万円

やはり一番馴染みやすいブラックが150万円以上で、最高買取価格を出していますね。

ここで意外になってくるのが、ホワイトです。ホワイトも人気な色であることに間違い無いのですが、他のボディカラーと比べてやや買取平均価格は安くなっています。

これは、市場に出回っている台数の増加が影響しているのでしょうか?

考えられる理由はたくさんありますが、近年、白黒問わずに様々なカラーを楽しむ人が増えています。

そんなこともあって、「スタンダードなホワイトはあまり高額で買い取ってもらえないのではないか。」という結論にいたりました。

グレードEではどうか

3年落ちのプリウスの中でも廉価グレードとなるEではどうでしょうか。

早速走行距離別で買い取り価格を見ていきましょう。

2016_プリウス_E_買取額 走行距離別
0㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
119.2万円 103万円 92.3万円 82.3万円

見て分かる通り、2万㎞以内であれば、約120万円で取引されています。

営業向けのグレードということもあり、AやSよりも安い価格で取引されているようですね。

それでは色別に見てみましょう。

2016_プリウス_E_買取額 色別
ホワイト ブラック シルバー イエロー
113.5万円 117.2万円 105.5万円 102.3万円

今回データにあったのは、ホワイト・ブラック・シルバー・イエローの4つになってしまいましたが、こちらもAグレードと変わらず、ブラックが一番高値で買い取りされています。

ただ、Eグレードと違うことはホワイトであってもこちらはやや高く買取されているということ。

Eでは3年落ちのホワイトの需要と、供給のバランスがちょうど良いのかもしれませんね。

安定のSグレードはどうか

3年落ちプリウスS2016

続いてはグレードSの走行別買取価格を見ていきましょう。

2016_プリウス_S_買取額 走行距離別
0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
170.5万円 142.8万円 127.7万円 0万円

今回は10万㎞以上の買取価格のデータがありませんでしたので、10万km以内のデータは省略しています。

やはり人気のグレードだけあって、走行距離で見るとかなり価格が下落していくのが分かりますね。

データが多かった、装備に違いがあったということもあるでしょうが、この差は大きそうです。

ただ、一般的な査定基準で車の状態が悪くないようであれば、平均価格での取り扱いをしてもらえるかもしれませんね。

続いて色別で見てみましょう。

2016_プリウス_S_買取額 色別
シルバー グレー ブラウン ブラック ブルー ホワイト レッド
152.3万円 160.8万円 140万円 144.5万円 140.6万円 155.1万円 151.7万円

Sグレードではグレーが一番高く、約160万円で取引されていて、次いで人気色のシルバー、ブラック、ホワイトが高値で取引されています。

やはりカラフルなボディカラーは珍しく、取引されている数が少ないと言うのもありますが、無難なボディカラーの方が需要は高いと言えますね。

中でもブラックの買取額が高い要因として、『傷が目立たない』といった特徴も関係しているのではないでしょうか。

6年落ちプリウスの買取相場と傾向

6年落ちプリウスとなると、2013年のプリウスで3代目。1世代前の後期型となります。

2013年に販売されていたグレードは以下の通り。

  • Sマイコーデ
  • Sツーリングセレクション
  • Sツーリングセレクション・マイコーデ
  • Gツーリングセレクション
  • Gツーリングセレクション・レザーパッケージ

以上の8種類です。

こちらもG・L・Sグレードで価格の変化に迫っていきたいと考えています。

プリウスを6年乗るとなると、「そろそろ飽きたから違う車種に乗り換えたくなった」とか、プリウスが好きな人であれば「モデルチェンジした新しい車種に乗り換えたい」なんて方も少なくないことでしょう。

では、6年落ちのプリウスはどのくらいの価格で取引されているのでしょうか。紹介していきます。

グレードGシリーズについて

3代目プリウスの中でも最高ランクに位置づけられていた、Gグレードの走行距離別買取価格のグラフから、早速見ていきましょう。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
107.4万円 104万円 84.6万円 58万円

全体的に言えることは、人気車種とは言え6年も経過すれば価格はちょっと下落していますね。

ただ、10万㎞を超えても50万前後で買い取りされていることが分かります。

傷や不備等で変わってくるとは思いますが、年式相応、かつ走行距離相応の買取額ではないでしょうか。

続いてボディーカラーごとの買取価格を比較してみましょう。

ホワイト ブラック ワイン レッド
80.6万円 106.1万円 104.6万円 94万円

やはり一番馴染みやすいブラックが100万円以上で、最高買取価格を出していますね。

ただ、人気色でもあるホワイトが80万に満たない価格となっていることが気になります。

史上に出回っている台数の増加や、ボディカラー自体のイメージの違いと、考えられる理由はたくさんありますが、基本色でもあり汚れや傷が目立ってしまうホワイトはあまり高額で買い取ってもらえないのではないでしょうか。

6年落ちのLだとどうなる?

次にLグレードの買取価格を見てみましょう。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
74.8万円 70.9万円 67.8万円 65.2万円

基本的に5万㎞以内であれば70~100万円の間で取引されているようです。おそらく業者間の買取相場もこのあたりで出回っていることでしょう。

ただ、6年立つとなれば10万㎞前後走る方が多いと思います。そうするとどうしても20万、30万ほど買い取り額は下がってしまうようですね。

では色別ではどうでしょうか?

ホワイト ブラック パープル シルバー
74.8万円 74.7万円 65.4万円 72.9万円

ホワイト・ブラック・パープル・シルバーの4カラーだけでしたが、Gグレードと変わらず無難な色の買取価格が高値で取引されています。

買取価格も70万円前後が平均となっていることから、売るタイミングとしてはまずまずといったところでしょう。

Sグレードの買取価格はどのように変わっていく?

6年落ちのプリウスの中でも、特に人気車種だったSグレードではどうでしょうか。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
95.5万円 90.8万円 77.4万円 53.1万円

5万kmまでなら80~90万前後での取引がされていますが、5万km以上になってしまうとぐんと価格が下落していることが分かります。

やはり6年落ちということで乗り換えを検討する方が多くみられ、その上ある程度走行距離は走っている車種が多いことから、買取業者でも6年落ちのSグレードは溢れかえっている状況といえそうですね。

次に色別の買取状況を見てみましょう。

ホワイト シルバー ブラック パープル ワイン ブルー レッド
81万円 71.9万円 79.7万円 58.9万円 92.2万円 54.7万円 71.5万円

6年落ちのSグレードでも多数のボディカラーが用意されており、買取価格の平均はこのような形となります。

やはりホワイト・シルバー・ブラックといった無難なボディカラーは需要と供給のバランスがとれているからか、買取価格はやや高め。

その点パープルやブルーは珍しいボディカラーとなるからか買取価格はやや低めですね。

ただ、これは買取数がそもそも少ないことや、充分な装備が搭載されているかどうかも関わってくると思いますので、落胆せずに買取見積もりを出してもらうことをオススメします。

10年落ちプリウスの買取相場と傾向

買い替えの目安が10年とあるように、ちょうど乗り換えの時期となるのが、2009年のプリウス。

この年のプリウスはこの年度は型式が、NHW20とZVW30の2つあります。

NHW20の方はEX。

ZVW30の方は、以下のグレードがあります。

  • Sツーリングセレクション
  • Gツーリングセレクション
  • Gツーリングセレクション・レザーパッケージ

こちらも、型式別、G・L・Sグレードで価格の変化に迫っていきたいと考えています。

10年落ちとなると、3代目プリウスの中でも初期の形となります。一体価格はどのように変わってくるのでしょうか。

NHW20・EX

2011プリウスEX6年落ち

早速ですが走行距離別買取価格のグラフをご覧ください。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
32.5万円 26.5万円 24.4万円 21.5万円

10年落ちということで、2万㎞以内で乗っている方はなかなかいないと思います。

もし2万㎞以内であったとしても30万ちょっとの買取額が限界なようですね。あくまでも平均額ですから、40万以上の買い取りも可能性として無いわけではありません。

ただ「高く買い取ってもらえる」と考えて買い取り査定をしてもらうのは厳しいです。

続いて色別に見てみましょう。

ホワイト シルバー グレー
31万円 23万円 22.8万円

ボディーカラーはホワイト・シルバー・グレーの3つ。ホワイトの方がやや高値です。

10年落ちでもやはり定番色というのは多く出回っていて、需要もあるということが分かりますね。

Gグレードはどのくらい?

2011プリウスG6年落ち

次に型式ZVW30・Gグレードを紹介します。下の画像は走行距離別にみた場合の平均買取価格になります。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
0万円 51.7万円 42.6万円 35.2万円

流石に10年落ちとなると、走行距離2万km以内ということ自体が難しく、ほとんどが2万km以上走っている車種が買取依頼に出されています。

ただ、基本的に10万㎞以内であれば50万円前後で取引されているようです。おそらく業者間の買取相場もこのあたりの価格帯で販売していることでしょう。

そうするとどうしても買い取り額は下がってしまうようですね。

では色別ではどうでしょうか?

ホワイト シルバー ブラック ブルー レッド
46.4万円 32.5万円 42.9万円 35.4万円 44.7万円

10年落ちで見るとデータの多さから、様々な色の買い取り額を分析することができました。

やはり、一番に目が付くのはホワイト。パールホワイトといったカラーもこちらに含めていますが、買い取り業者間の需要が高いようです。購入者についても、「白い色は飽きた」という人が多いのかもしれませんね。何かしらアクセントがあったほうが好まれている傾向があるようです。

そして次いでブラックのような無難なカラーから、レッドといった特徴的なカラーが高値となっています。

10年落ちのLだと?

2011プリウスL6年落ち

Lの走行距離別の買い取り額を見てみましょう。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
0万円 31.3万円 29.2万円 26.6万円

営業用車としての利用価値も高いLグレードでも、10年落ちとなってしまうと10万km以内で、30万円前後の買取価格となることが多いようです。

それでも、まだまだ高い買取価格だと言えるのではないでしょうか。

ただ、今回集計するにあたって、Lグレードの母数がとても少なかったのも、このような結果に至る原因だと考えます。よって、「Lだから高く売れる」という認識をするのは余りにも危険です。

続いて色別を見ていきましょう。

ホワイト シルバー ブラック ブルー
32.9万円 29.9万円 36.9万円 28.9万円

色別で見てみると、全体の平均価格がなんとなく30~40万程度だということが分かります。

さて、このグレードで見てもやはりブラックの買い取り額が安定の1位。続いてホワイトが2位にランクインしていますが、ブルーのプリウスも人気ですよね。

ブルーに関しても、需要に対しての供給が足りていないのではないでしょうか、比較的高い額で取引されています。

Sではどう変わる?

2011プリウスS6年落ち

それでは、全グレードの中で最も人気のあるSグレードを見ましょう。

0万㎞~2万㎞ 2万㎞~5万㎞ 5万㎞~10万㎞ 10万㎞以上
68.5万円 53.1万円 43.6万円 31.4万円

データを見てみると、全体的に30万円~70万円の間で取引されているのが分かると思います。

誰もが選びたいと思う安定のグレードということだけあって、走行距離が増えても買取額には大きく変動が無いという部分は特徴的ですね。

10年落ちとはいえ、人気グレードというのは健在なのもうれしいポイント。

売り方次第ではありますが、車の状態が良好であるなら10万㎞超えても50万円以上の金額が狙える模様です。

では、色別で見てみましょう。

ホワイト シルバー ブラック レッド ブルー グリーン
41.5万円 43.9万円 42.2万円 36.6万円 36.2万円 38.2万円

10年落ちのSグレードでも、定番色のホワイト・シルバー・ブラックが高い買取額となっています。

また、レッドやブルー、グリーン等の珍しいボディカラーの需要も多く、30万円程度で取引されることが多いようです。

プリウスの買取市場におけるまとめ

総合的に見て、100万以上の買取額を期待できるのは、6年落ちまで。10年落ち以上であれば、30万を目標買取金額として交渉することが大切になってくると思います。

また今回の調査で、プリウスを高額で売る査定事例も発見しました。

それは、サンルーフ等の装備があると買取額が高くなるということ。このような買取例があるのであれば、売却時を意識し、装備を充実させて購入することも大切ですね。

以上、これらの数値は、皆さんが買い取り業者と交渉するとき、また、ディーラーに下取りをしてもらうときの見積もり目安としてお使いください。

値崩れしつつあるプリウスですが、「この金額では絶対に妥協しない」という目標金額しっかりと決めることが大切です。

そして、大切な愛車『プリウス』に適した金額を付け、納得の出来る良好な提示額で売却するようにしましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です