ベンツ Vクラス グレードごとに比較、分析、あなたにぴったりのグレードを紹介!

メンツVクラス

日本国内で高級なミニバンというと、ヴェルファイアやアルフォードなんかが人気ですよね。高級ミニバンという言葉でイメージする車種も、その二車種であるという方が多いのだと思います。ただ、ベンツにもVクラスというミニバンがあるんです。

ベンツでミニバンというイメージは沸きづらいかもしれませんが、国内で走らせると他の方とは一味違った個性を発揮できるのではないでしょうか。

そんなVクラスの購入を考えている方の参考にと、Vクラスに設定されているグレードの特徴や違いを分析してみました。実用性や快適性、自分の望む性能はあるかなどに注目して見てみましょう。

メルセデス・ベンツ Vクラス グレード表

グレード 価格
V220 d TREND(受注生産) 5,500,000円
V220 d 6,360,000円
V220 d Sports 6,800,000円
V220 d AVANTGARDE long 7,130,000円
V220 d AVANTGARDE Ectra-long 7,490,000円
V220 d Sports long 8,190,000円
V220 d Marco Polo HORIZON 8,640,000円
V260 long[限定250台] 7,380,000円
※AMGデザインは除いています。

AMGデザインを省いて、Vクラスには上記8種類のグレードが設定されています。その最低価格と最高価格の差は314万円と、ベンツの中では妥当なラインですが、それでも他の車種と比べると大きいです。

そんな大きな価格差に込められた各グレードの特徴・違いとは? いったいどんなところにあるのでしょうか。それをこれからじっくりと見ていきます。

各グレードの特徴や違いを解説

Vクラスはどのグレードも性能が同じで、エクステリアのデザインも大きくは変わりません。目を凝らして見ると「あ、違うんだな」と感じますが、パっと写真を見ただけではわかりづらいです。

じゃあ、どこで判別を付ければいいのかというと、装備やボディサイズで区別するしかなくなってきます。

装備については後に詳しく述べますが、その前に「このグレードはこんな感じ」というのを簡単に説明しましょう。

V220 d TREND

このグレードだけ、受注生産モデルです。
受注してから生産に入るため、店頭で実物を見て購入するということはできません。受注生産ということで他とは大きく異なる特徴を持っています。

特徴的なのは、装備内容です。
他グレードには当然のように装備されているものが、付いていません。それも一つや二つではなく、幾つもです。

他のタイプでは全車標準装備となっているものも付いていないことが多いので、装備を重視する方には不向きでしょう。

価格が安い代わりに装備は貧弱という、ベースグレードというよりは廉価グレードと言うに相応しいグレードと言えます。

V220 d

V220 d TRENDよりも、ベースグレードという言葉が似合う「さまざまなものが標準仕様」となっているグレードです。

何がどう標準仕様なのかというと、まずボディサイズが標準。グレード表を見てみると、「long」とか「Extra-long」とか付いているものがありますよね。

longは「車体が長い」グレードで、Extra-longは「めっちゃ車体が長い」グレードなんです。

V220 dは全長4,905mmでVクラスの中でも標準。特に短すぎるということはありませんが、鼻先が長くて高級感があるということもありません。

このようにボディサイズが「ちょうどいい感じ」になっているのですが、装備についても同じことが言えます。

基本的なものは全て揃っていて十分実用的であり、余計にデザインを良くしたり内外装の素材を良くしたりしていないために価格も抑えられているんです。

V220 d Sports

V220 dが文字通りスポーツ仕様となったグレード、そういった印象を与えてくれるのが、V220 d Sportsです。

各所にメルセデスベンツのスポーツ仕様に用いられる『AMG』デザインの装備を採用し、見た目から走る車を演出してくれるのが車好きの好奇心をくすぐると思います。

V220 d AVANTGARDE long

「AVANTGARDE」としての特徴と、「long」としての特徴の二つを兼ね備えたグレードです。それぞれがどのような特徴なのかを、簡単に説明します。まずは先ほど少し触れた「long」というボディサイズからお話しましょう。

V220 d AVANTGARDE longは全長が5,150mmとなっています。標準よりも145mm長いです。ただ、室内の長さは変わりません。鼻先が長く高級感があるといったところでしょうか。

AVANTGARDEの特徴というのも「高級感」にあります。室内の素材や塗装などの方向性が高級感を演出するというところに向いているんです。

V220 d Sports long

V220 d Sports longは、「Sports」と「long」二つの特徴を備えていますが、V220 d AVANTGARDE longとは全長が異なります。このグレードは全長が5,170mmで、V220 d AVANTGARDEよりも20mm伸びているのです。

また、Sportsという名前にあるとおり、内外装の演出がスポーティな方向へと向けられています。AMGデザインが採用されたエクステリアに、ステンレスで作られたアクセル&ブレーキペダルなど、高級感よりスポーティさを重視したつくりになっているんです。

V220 d AVANTGARDE Extra-long

Extra-longということで、全長がなんと5,380mmとものすごく大きくなっています。

標準と比べると、475mmも伸びている! でも室内長は変わらない!
全ては高級感を演出するためですからね。ミニバンでこれほど高級感を出しているのも他にはないのではなかろうかというほど、追求されていて面白みがあります。

V220 d Marco Polo HORIZON

「まるでキャンピングカーの様」
マルコポーロホライゾンは、この言葉がぴったりのグレードです。特徴的な装備としてポップアップルーフが追加されており、2名までなら使用可能なベッドやリーディングライトを備えている事があげられます。

このグレードなら、全国どこへでも車の旅が出来そう、そう思わせてくれる安全装備が充実しているのも魅力となりますね。

V260 long

V260 longはVクラスの中で唯一、必要とする燃料がガソリンとなっているグレード。2018年11月に発表・販売されたモデルでもあり、全国限定で250台のみの販売となっております。そのため、めったに手に入れることが出来ない1台ではありますが、ガソリン車でミニバン!そしてベンツと特別感が満載ですので、見かけたら買いといってもイイでしょう。

なお、ボディカラーはオブディシアンブラックとロッククリスタルホワイトの2色。各125台ずつの限定販売です。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

これまで価格とボディサイズをメインにして、少しだけ装備に触れる形で各グレードの特徴を語ってきましたが、ここでは装備を基準としてそれぞれの特徴を語っていきます。

TRENDのどこが「廉価版」なのか、スポーツとアヴァンギャルドの違いはどこにあるのかなど、気になる点に重点を置いて比較してみましょう。

全グレード共通標準装備

  • アダプティブブレーキ(ヒルスタートアシスト)
  • 360度カメラシステム
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • パークトロニック
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSサイドバッグ(ソラックス、ペルビス)(前席)
  • デュアルスライディングドア
  • LEDハイマウントストップランプ
  • アームレスト(前席、2列目)
  • 脱着式シート(全後席)
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • カラーマルチファンクションディスプレイ
  • リーディングライト(後席)
  • 後席専用クライメートコントロール

メルセデスお得意のセーフティですが、Vクラスがミニバンというタイプであることを考えると駐車支援関係の装備や機能が充実しているのが嬉しいですよね。

360度カメラシステムで周囲の状況を多角的に把握でき、リアビューカメラで後ろの視界も確保できる。それだけでなく、駐車のアシストも受けられるという親切設計です。

駐車が苦手な方は、大きな車だと不安ですよね。「横を摺らないか」「後ろは大丈夫か」と不安になったり、実際の車の大きさは運転手が思っているものとは若干違っていたりして、戸惑いがちになります。

そういう方でも安心なのが、Vクラスです。

そういったセーフティ以外では、脱着式シートに注目が集まります。ベンツ全タイプを通しても、なかなか見られない装備です。

やはり、ミニバンなのでたくさん荷物を積みたいときがありますよね。そういうとき後ろに座る人がいないなら、シートが邪魔になる。そこで取り外しができれば、邪魔にならず多くの荷物を積めるというものです。

こうして全車標準装備を見ていると、チルト&テレスコピックステアリングがグレード別で電動にならないなど不満点はあるかもしれませんが、ミニバンというボディタイプとそれに伴う需要のことをしっかりと理解して作られているなと実感します。

V220 d TREND装備、特徴、異なる点

  • 16インチ10スポークアルミホイール
  • ハロゲンヘッドライト
  • エアコンディショナー(前席)

他のグレードと全く共通しない装備のみを挙げていますが、これを見る限りでは装備が貧弱といった印象を受けると思います。

実際、全体を通して見たとしてもV220 d TRENDには標準装備が少ないです。

全車標準装備以外の装備というのも、ハロゲンヘッドライトやエアコンといった最低限のものばかりとなっています。V220 dのみと共通する部分もありますが、それもファブリックシートなど最低限の仕様の装備のみです。

あまり特徴がありませんが、豪華な全車標準装備とベンツというブランドの価値、性能などを考えるとコストを抑えるにはこれくらい装備を減らさないといけないのかと納得はできます。

なお、追加可能なオプションはレーダーセーフティパッケージで各種安全装備を追加することが出来、ほかには別途でルーフレールやフロアマットといった最低限度の装備、メタリックペイントといったボディカラーの変更出来ますが、正直自分でオプションをつけてカスタマイズするといったことも、あまりできないと言って良いでしょう。

V220 d装備、特徴、異なる点

  • LEDインテリジェントライトシステム
  • アダプティブハイビームアシスト
  • コーナリングライト
  • AGILITY CONTROLサスペンション
  • Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ディスク(フロント)
  • 17インチマルチスポークアルミホイール
  • LEDハイパフォーマンスヘッドライト
  • LEDウィンカー
  • LEDリアコンビネーションランプ
  • プライバシーガラス(2/3列目左右・テールゲート)
  • メモリー付パワーシート
  • 電動ランバーサポート
  • シートヒーター
  • 電動デュアルスライディングドア(挟み込み防止機能付)
  • ラゲッジネット
  • EASY-PACK自動開閉テールゲート
  • 開閉式リアウィンドウ
  • クライメートコントロール(前席左右独立調整)

上記の装備がV 220 dで新たに追加されています。
このうちの多くはこれ以降のグレードと共通していますね。

見てみるとV220 d TRENDから、急に豪華になりましたよね。セーフティから機能装備まで多くの追加点があって、どれから説明したものか迷ってしまいます。全体的に見ていると「ミニバン乗りに需要の多い装備が揃った」といった感想を抱きました。

電動スライディングドアやEASY-PACK自動開閉テールゲートなどがそういった装備と言えます。荷物を抱えながらドアを開けるのは大変なので、電動だとありがたいですよね。

テールゲートもまた同じで、スイッチを押すだけで自動開閉するEASY-PACK自動開閉テールゲートはとても重視したいところです。

また、荷物を載せることが多い部分の窓ガラスがプライバシーガラスになっているところもグッド。

荷物って、あまり人に見られたくないですよね。別にイケナイものを運んでいるわけでなくとも、親しい人以外には自分が何を買ったとか、これから何をしにいくとか悟られたくなかったりしませんか?

そういう方には、これは必須となる装備です。

V220 d Sports装備、特徴、異なる点

V220 d Sports V220 d Sports long
  • ファブリックシート
  • ベンチシート(3列目)
  • スピーカー数:6
  • レーダーセーフティパッケージ
  • パノラミックスライディングルーフ
  • 本革シート
  • カップホルダー(前席)
  • センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付)
  • アンビエントライト
  • フルフラット機能付ベンチシート(3列目、アンダーシートボックス付)
  • ラゲッジルームセパレーター(フルフラット拡張機能付)
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム
  • スピーカー数:15
※太字の装備は変更されている点となっています。

V200 d Sports及びV220 d Sports longの装備で違う点をまとめてみました。

見てもらうとわかるように、室内装備が大きく変わっていることが分かります。フェブリックシートから本革シートに変更されたことで、室内の質感がグッと高まっていますし、ベンチシートに機能がついてよりシートアレンジにバリエーションが生まれています。

さらに高音質を実現してくれるBurmester®サラウンドサウンドシステムが搭載されていることで、室内がまるでコンサートホールにいるような音質を体感する事が出来るようになりました。

そして、パノラミックスライディングルーフが装着され、ある程度の解放感も実現しているのもポイントですね。

V220 dとV220 d Sportsとの違い

ちなみに、V220 d とV220 d Sportsを比べたところ、以下の装備に変更・追加がありました。

  • 19インチAMG7ツインスポークアルミホイール
  • AMGデザインエクステリア(フロントバンパー、リアバンパー、スポイラーリップ)
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • カーボン調インテリアトリム

見た感じ、エクステリア・インテリアが落ち着いた印象からスポーティな印象へと変更されている点が大きな変更点といえますね。ミニバンでありながら走れる車を演出してくれるのも、魅力的なポイントとなりそうです。

V220 d AVANTGARDE long装備、特徴、異なる点

V220 d AVANTGARDE long V220 d AVANTGARDE Extra-long
  • フルフラット機能付ベンチシート(3列目、アンダーシートボックス付)
  • レーダーセーフティパッケージ
  • ベンチシート(3列目)
※太字の装備は変更されている点となっています。

次にV220 d AVANTGARDE longとExtraーlongとの違いをまとめてみました。見てもらうとわかる通り、レーダーセーフティパッケージが付いているか否か、3列目シートが機能付かどうかの違いしかないように見えますね。

2つのグレードで明確に違う点となっているのは、装備内容ではなくズバリボディサイズ。先述しましたがボディサイズが大きくなっているかどうかが、AVANTGARDE longとExtra-longの大きな特徴の差となっています。

レーダーセーフティパッケージが付くかどうかもポイントになると思いますが、オプションで付けることが出来るため、Extra-longのボディが不要な方はそれだけでExtra-longを選ぶ理由を失ってしまいますね。

ただ、V220 d AVANTGARDE Extra-longではオプションでナッパレザーエクスクルーシブパッケージが選択可能で、室内の質感をさらに高めることが出来るので、インテリアにこだわるのであればExtraーlongも外せないと言えるでしょう。

V220 dとAVANTGARDE longの違い

また、V220 dとの装備を比較すると、以下の装備に変更・追加があります。

  • 18インチ5ツインスポークアルミホイール
  • アバンギャルドライン(フロントバンパートリム、リアバンパートリム)
  • 本革シート
  • ブラウンウッド調インテリアトリム
  • カップホルダー(前席)
  • センターコンソールアンダーボックス
  • アンビエントライト
  • フルフラット機能付ベンチシート
  • ラゲッジルームセパレーター(フルフラット拡張機能付)
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム

その中でもAVANTGARDEと名のつくグレードにのみ設定されているものは、18インチ5ツインスポークアルミホイール、アバンギャルドラインの2つのみ。Sportsは特有の装備や仕様が多かったことを考えると、ちょっと物足りなさを感じてしまいますね。

ただ、その中でも特にAVANTGARDEを特徴付けているのが、アバンギャルドラインでしょう。

アバンギャルドラインは、SportsでAMGデザインが採用されていた部分と同じところに採用されているんです。V220 d TRENDやV220 dと比べると、バンパーのデザインがかなりスッキリとしています。

Sportsもスッキリしていると言えばそうですが、アバンギャルドは上品でAMGデザインの方は少しゴツイような印象を受けるといった違いがあるのではないでしょうか。

V220 d Marco Polo HORIZON装備、特徴、異なる点

  • レーダーセーフティパッケージ
  • 18インチ5ツインスポークアルミホイール
  • ポップアップルーフ
  • 本革シート
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • ブラウンウッド調インテリアトリム
  • 回転式シート(前席)
  • フルフラット機能付ベンチシート(3列目、アンダーシートボックス付)
  • ラゲッジルームセパレーター(フルフラット拡張機能付)
  • ベッド(ポップアップルーフ内)
  • リーディングライト(ポップアップルーフ内)
  • カーテン
  • 電動リアクォーターガラス
※太字の装備はマルコポーロホライゾン独自の装備です。

ベースグレードとなるV220 dから新たに搭載されている装備をまとめてみました。先ほども言いましたが、Vクラスの中でも特に異色を放っている装備が満載ですね。

例えば、ポップアップルーフ。
この装備は縦にグググッと大きくルーフが開いていき、キャンピングカーのような空間を作ることが出来る機能です。そしてポップアップルーフ内には最大5人まで寝ることが出来るベッドやリーディングライトが装着されており、キャンプなどのアウトドアで快適な睡眠をとることが出来ます。

また、前席シートが回転式で対座レイアウトが出来るようになり、様々なアクティビティで快適に過ごすことが出来るのもポイント。ちょっとしたミニバンというよりもキャンピングカーといった方が、納得できるかもしれませんね。

そのほかの装備はSports・AVANTGARDEに装着されている装備がちらほらとみられます。スポーティな印象と落ち着いた印象がバランスよくマッチしているのも売れ数ですね。

V260 long装備、特徴、異なる点

  • レーダーセーフティパッケージ
    (アクティディスタンスアシスト・ディストロニック)
  • グレーペイント18インチ5ツインスポークアルミホイール
  • 本革シート
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付)
  • DIRECT SELECT(ダイレクトセレクト)
  • 電動リアクォーターガラス
※太字の装備はV260 long独自の装備です。

V220 dと比べると以上の装備に違いがあります。
主にインテリアの質感と安全・快適装備がメインですね。

中でも特徴的なのが、V260 long特有の装備。
アクティディスタンスアシスト・ディストロニックはこれまでのグレードで標準装備・オプション装備となっていたディストロニック・プラスの高機能版と考えておくと良いでしょう。

そしてダイレクトセレクトはセレクターレバーでシフトポジションの切り替えができるシステムで、近年の全クラス・グレードに標準装備とされていたものです。

そう考えると、これまで紹介してきたV220シリーズとV260 longの特徴的な違いと言えるのが、エンジン機構と言えるのではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ボディサイズに装備の違い……各グレードの特徴や違いを解説してきましたが、結局「ぴったりのグレードを紹介」していませんよね。それを紹介するのが本筋ですが、とはいえぴったりのグレードは人によって異なるものです。

そこで、各グレードがどんな人にオススメなのかを語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人におすすめ
V220 d TREND(受注生産) ☆☆ とにかく費用を抑えてVクラスを乗り回したい方へ
V220 d ☆☆☆☆ 実用性を求める方へ
V220 d Sports ☆☆☆☆ 実用性を求めつつ、スポーティな内外装を求める方へ
V220 d AVANTGARDE long ☆☆☆ ちょっとした高級感が欲しいが、あまりお金はかけられない方へ
V220 d AVANTGARDE Ectra-long ☆☆ Vクラス最高の高級感を追求したい方へ
V220 d Sports long ☆☆☆☆☆ 安全装備・快適性・スポーティな外観全てを求める方へ
V220 d Marco Polo HORIZON ☆☆☆☆ 本格的なアウトドアを趣味とする方へ
V260 long[限定250台] ☆☆ 限定車の特別感を味わいたい方へ
※評価は5段階でオススメ度をあらわしています。

V220 d TRENDの評価

V220 d TRENDは、とにかく装備内容が貧弱です。全車標準装備以外はほとんど無く、今となっては付いていて欲しいような装備や機能も付いていません。ベンツであることと価格とを比べると納得はできるものの、満足ができるようなものではないでしょう。

そのため、「とにかく費用を抑えたい! 抑えられればそれでいい!」という方にはオススメですが、逆にそれ以外の方にはオススメできません。実物確認もできませんし、選ぶのにも抵抗感があります。

V220 dの評価

V220 d TRENDよりも、圧倒的に装備が豪華です。実用性の高い装備はほとんど揃っていますし、これより高いグレードを選んでも多くは「内外装」の仕様が異なるばかりで実用性についてはあまり変わりません。

価格的にも選びやすく、ファミリーカーとしての使いやすさを考えると多くの方に強くオススメできます。

V220 d Sportsの評価

V220 dで充実した装備内容に加えて、スポーティな印象を与えてくれるV220 d Sports。

メタリックペイントやAMGデザインでカッコよさやスポーティさを演出しているグレードですが、その点がとても高評価を得ています。

ギラギラした雰囲気がありますが、それを演出したいからといって安直にメッキ部を増やすのではなくデザインを変えたりしている点がメルセデスの「こだわり」なんだなと感じさせられるのです。

ファミリーカーとして使うミニバンですが、「家族が増えた」ということで選ぶ人が多いでしょう。

以前はスタイリッシュな車に乗っていた方としては、車を完全に実用だと割り切るのは難しいです。そういう方にも、これなら納得して積極的に選ぶことができるのではないでしょうか。

V220 d AVANTGARDE longの評価

ある程度の室内の豪華さがありながら、価格も比較的選びやすいのではないかと感じさせられるバランスの取れたグレードです。

V220 dは実用性特化といった感じでインテリアについて少し不満を感じる方も多いようですが、このグレードを選んだ方の多くはインテリアに満足している様子。

ファミリーカーでもちょっとした高級感を求めたいという方には、ぴったりです。

V220 d Sports longの評価

V220 d Sportsで搭載されたエクステリア・インテリアの装備内容に加えて、安全装備や快適装備が充実している点が好印象。

納得できる見た目にしつつ、家族の安全も考えることが出来る。そう考えるとSports longはとても魅力的ではないでしょうか。ただ、Sportsと比べるとどうしても価格差があるので、見た目だけにこだわるのであれば…といった評価になりがちです。

そのため、見た目にこだわりつつ、実用性もしっかり考えておきたい方にこそ、このグレードはオススメといえます。

V220 d AVANTGARDE Extra-longの評価

Extra-longは鼻先がとても伸びていることによって高級感がありますが、それにしては如何せん高いのではないかと思わされます。そう思わされるのは、装備がV220 d AVANTGARDE longと変わらない点です。

最上位グレードでなおかつ高級感を追求したグレードであるなら、ボディサイズと装備両方ともに追求したほうが良いのではないかと感じます。ミニバンなのに鼻先がとても長いという面白い車ですが、それだけで購入に踏み切るのはなかなか難しいのではないでしょうか。

なんだか少し惜しいグレードです。

V220 d Marco Polo HORIZONの評価

「THEキャンピングカー!」
マルコポーロホライゾンはまさにこの言葉通りのグレードといえます。大きく開くポップアップルーフにベッドやリーディングライト、そして多彩なシートアレンジ。

それでいて、街乗りでも映える見た目を損なうことなく、快適に乗り続けることが出来る。アウトドア好きにとってはかなり魅力的に映るのではないでしょうか。

まさにベンツの中でも特に異彩を放つ1台と言って良いでしょう。
個人的には、1番興味がそそられたグレードです。

V260 longの評価

全国250台限定販売されている点・エンジン機構がガソリンであること。これがV260 longの魅力的なポイントになるのではないでしょうか。

装備内容を見ても、インテリアが豪華になった、というよりも最新の安全装備が追加された印象の方が強いですし、燃料代のことを考えるとディーゼルの方が良かったのでは…と思ってしまいます。

ただ、何より特別感を味わえるプレミアムカーであることは間違いありません。

Vクラスが好きで、もしこのグレードが販売されていたら間違いなく『買い』の一択に絞られるはずです。

Vクラスの総合評価

Vクラスはミニバンですが、ベンツです。ファミリーカーとして使うミニバンらしさと同時に、ベンツらしさも欲しくなりせんか? 国産でも高級ミニバンがある中、ベンツを選ぶ意味というのはそういった「ベンツらしさ」にあるのではないでしょうか。

そう考えると、TRENDでは不十分ですよね。高い実用性とコストパフォーマンスを誇るV220 dも魅力的ですし、ベンツらしさも確かに感じられます。ただ、より強くそれを感じられるのは「V220 d Sports long」です。

このように、グレードを選ぶときはミニバンとしての実用性と「ベンツらしさを求めるか否か」を最初の基準として、自分の需要に合わせて考えてみると良いでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です