ベンツ GLSクラス 各グレードを分析、あなたに適したグレードは?

メルセデスベンツGLSクラス

ベンツGLSクラスは、3列シートで7人乗りをしても余裕たっぷりという広い室内空間が特徴のクロスオーバーSUVです。

価格帯やSUVという特徴がSLクラスと似ていますが、SLは2シーターオープンカー、GLSは多人数乗車のクロスオーバ-ということで、若干役割に違いがあります。

そんなGLSクラスは、比較するグレードによって価格差に大きなバラつきがあるのです。そのため、グレード選びは慎重に行わなければなりません。

そこで、GLSクラス各グレードの特徴を分析し、あなたに適したグレードはどれなのかについて説明していきます。

メルセデス・ベンツ GLSクラス グレード表

グレード 価格
GLS 350 d 4MATIC (受注生産) 11,130,000 円
GLS 350 d 4MATIC Sports 12,380,000 円
GLS 550 4MATIC Sports 15,610,000 円

AMGデザインを除いて、GLSクラスには三つのグレードが用意されています。

そのうち、GLS350 d 4MATICだけは、受注生産です。
店頭で実際に見て購入するかどうか決めたいという方には、実質グレードは二つのようなものでしょう。

また、三つのグレードの最低価格と最高価格の差は448万円と大きく、特にGLS350 d 4MATIC Sportsと、GLS550 4MATIC Sportsとの価格差が大きいですよね。一気に高くなっています。

各グレードの特徴についてのみでなく、それら二つのグレードの違いについても注目して見てみましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

GLSクラスは各グレードでエクステリアにあまり違いがありません。インテリアはシートやステアリングホイールなどがグレードごとに異なるのですが、エクステリアはホイールサイズとデザインが違うこと以外はわかりづらいです。

そのため、特徴をしっかりと掴まなければ判別ができません。判別をつけられるよう、まずは各グレードの特徴を簡単に紹介します。

GLS 350 d 4MATIC

ディーゼルエンジンを搭載したグレードです。

ディーゼルエンジンは市街地運用に向いている、低回転型のエンジンです。

プレミアムガソリンエンジンほど鋭い加速は得られませんが、発進時からでも最大トルクに近いパワーが出ますし、あまりエンジンを踏み込まずとも十分な加速ができます。

GLS 350 d 4MATIC Sports

ディーゼルエンジン搭載車のSports仕様です。

GL350 d 4MATICとのわかりやすい違いは、全長が10mm伸びて5,140mmとなっていることや、アルミホイールのサイズが大きくなっていることなどでしょう。装備で言えば立体音響設備が搭載されているところも特徴的です。

GLS 550 4MATIC Sports

無鉛プレミア・ガソリンエンジンを搭載したグレードです。オ

フロードの走破性を高めながら、オン・オフで走行モードの使い分けが出来る機能が特徴的。エンジン性能もディーゼルエンジンよりとても高くなっています。最高出力は335キロワットで、最大トルクは700N・mです。

低速~中速でも太いトルクが出るので坂道や山道を安定して走行することができるだけでなく、アクセルを踏み込めばとても鋭い加速が得られます。

この両方の性能と、4輪駆動の安定性と走行モードの選択によって、オン・オフ両方の高い走破性が実現されているのです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

GLSクラスの各グレードの特徴を簡単に見てきたところで、今度は装備内容について見てみましょう。先ほど少しだけ装備について触れましたが、各グレードでどのような装備の違いがあるのかをより詳しく説明します。

なお、全ての装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gls/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • レーダーセーフティパッケージ
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト、ドライブレーキ)
  • クロスウィンドアシスト
  • 360度カメラシステム
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • LEDコーナリングライト
  • LEDインテリジェントライトシステム
  • クラッシュセンサー連動機能
  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • メタリックペイント
  • 前席・後席シートヒーター
  • メモリー付パワーシート
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • リーディングライト(前席・2列目)
  • 温冷機能付カップホルダー(前席)
  • 3ゾーンクライメートコントロール(前席左右、後席独立調整)

メルセデスは全車標準装備で安全装備をとても充実させるのですが、GLSクラスはその中でもライト関係とカメラ関係が充実しています。上に挙げているものだと、ライト関係はLEDコーナリングライトとインテリジェントライトですね。

LEDコーナリングライトは、昔はよく高級車に装備されていた機能です。これは、車体が曲がる際に、ウインカーと連動して曲がる方向を照らしてくれます。とても便利なんですが、最近ではあまり見かけなくなった装備です。

インテリジェントライトシステムは、状況に応じてライトの調整をしてくれる機能。高速道路で視界を広く確保できるモードや、市街地で歩行者を見つけやすくなるモードなどがあります。

また、他の装備・機能で特に目を引くのは、カップホルダーでしょうか。

ホットコーヒーをカップホルダーに置いて運転していたら、飲むときに冷めていてガッカリするなんていうことがありますよね。温冷機能があれば、完全にとまではいきませんが、通常のカップホルダーよりも温度を保ちやすくなります。

イメージとしては、ステンレスタンブラーとかスズ製タンブラーのようなものでしょうか。

GLS 350 d 4MATIC装備、特徴、異なる点

  • ARTICOインテリア(ダッシュボード)
  • 8スピーカー
  • 19インチ5スポークアルミホイール
  • 275/55 R19タイヤ
  • 本革(ブラック)シート
  • 本革巻(ナッパレザー)ステアリング

GLS350のみの装備を挙げてみました。

ARTICOインテリアトリムは、他グレードだとダッシュボードだけでなく、ドア内張りにも採用されています。さらにステッチ付なのですが、GLS350はダッシュボードのみ・ステッチは付きません。

Sports仕様ではありませんし、全く採用されていなくともおかしくはありませんから、ダッシュボードだけでも採用されているだけ十分ではないでしょうか。

また、スピーカー数は他グレードだと14となっていますが、これはharman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステムという、立体音響の設備が搭載されているかどうかの違いによるものです。

GLS350には搭載されていないため、スピーカーは8個となっています。

どの装備も他グレードと比べて劣ると言えるものばかりですが、ベースグレードとしては十分な装備設定ではないでしょうか。

GLS 350 d 4MATIC Sports

  • Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ベンチレーテッドディスク(フロント・リア)
  • ステンレス製ランニングボード(ラバースタッド付)
  • AMGスタイリング(フロントバンパー、リアスポイラー、リアスカート)
  • ARTICOインテリア(ダッシュボード、ドア内張り、ステッチ付)
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • AMGスポーツシート
  • AMGメーターパネル
  • 空気清浄機能(イオナイザー)
  • harman/kardonロジック7 サラウンドサウンドシステム
  • スピーカー数:14
  • 21インチAMG5ツインスポークアルミホイール
  • 本革ナッパレザー(ブラック)シート
  • AMGスポーツ(ナッパレザー)ステアリング
  • ウォールナットウッドインテリアトリム

GLS350 d 4MATICで新たに装着される装備をまとめてみました。

AMGメーターパネルはスポーティかつ見やすいデザインとなっています。特に変わった点はありませんが、親しみやすく高級感もあるので多くの方が気に入るのではないでしょうか。メーターパネルだけでなく、GLS350 Sportsは全体的に親しみやすく高級感があって、くつろぎやすい空間になっていると言えます。

GLS 550 4MATIC Sports

  • ON&OFFROADパッケージ(Offroad+トランスミッションモード)
  • マジックビジョンコントロール
  • 21インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • ブラックポプラウッド(ナッパレザー)ステアリング
  • ブラックポプラウッド インテリアトリム

以上がGLS550で新たに装着される装備となります。
中でも特に特徴的なのが、ON&OFFROADパッケージでしょう。

ON&OFFROADパッケージのOffroad+には、ローレンジ・ギアボックス、センターデフロック機構などが備わっています。

GLSクラスでハードは走行はあまりしないでしょうが、それでもこれらの装備があればどんな道でも走りやすくなって安心です。オフロードを走るなら、必須と言えますしね。

また、マジックビジョンコントロールも特徴的です。ワイパーブレードに無数の孔があり、ここからウォッシャー液が噴射され、汚れを拭き取ってくれます。

さらに、拭き取り量や噴出量を調整してくれるので、ウォッシャー液が多すぎて逆に前が見づらくなるということもありません。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

GLSクラス各グレードの特徴について、価格・性能・装備などさまざまな面で説明してきました。ただ、本題である「あなたに適したグレードはどれか」についてはまだ語っていません。

そこで、各グレードの評価をしながら、それぞれがどんな人に適しているのかについて説明します。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
GLS350 d 4MATIC ☆☆☆ 日常使いをメインで考えていて、高級な機能装備を出来るだけ安く揃えたい方へ。
GLS350 d 4MATIC Sports ☆☆☆☆ スポーティなデザインや、立体音響に大きな魅力を感じる方へ。
GLS550 4MATIC Sports ☆☆☆☆☆ SUV随一の走行性能を手に入れたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GLS 350 d 4MATICの評価

ディーゼルエンジンの性能や、装備内容などを考えると日常使いをメインとしている方にとって最も選びやすいグレードは、GLS350 d 4MATICではないでしょうか。

ディーゼルエンジンは十分パワフルなのですが、ガンガン飛ばして走るような仕様ではありません。

平地・坂道などさまざまな地形を安定して走るのには向いているので、どんな地形の地域に住んでいる方でも日常使いの車として利用しやすいです。

また、ハイグレードな機能装備は全車標準装備で出揃っているので、それらが目的な方もベースグレードで十分と言えます。

GLS 350 d 4MATIC Sportsの評価

GLS350 d 4MATICと同じく日常利用しやすいグレードですが、少し趣味性が増しています。AMGデザイン採用によるスポーティな雰囲気もそうですし、より高級感が増したインテリアも趣味の世界だと言えるでしょう。

ゆったりとくつろぎやすい室内空間で、立体音響による豪華な音楽を楽しみたいという方にはピッタリなグレードです。GLS350 d 4MATICとの価格差もそれほど大きくはないため、選びやすい点も高く評価して☆四つとなりました。

GLS 550 4MATIC Sportsの評価

単純にエンジンの性能が高く、国内で走らせるにはもう十分すぎるほどの走行性能があります。さらに、OffRoad+によって未舗装の道での安定性を高めており、SUVとして非常にレベルの高い車と言えるでしょう。

日本国内でこの手の車をクロスカントリーのごとくハードに走らせる人はほとんどいないでしょうが、舗装されていない山道や林道などでも足を取られることなく、ガンガン進める性能は魅力的ですよね。

GLSクラスの総合評価

GLSクラスがベンツのSUVの中でも高い位置づけにいる車であることを考えると、やはりGLS550が最も魅力的に見えてきます。SUVには実用性も求めたいですが、それよりもロマンや夢を求めたいですよね。

高い走行性能によるロマン、日本国内どこでも走れるのではないかという夢。

それらを求められるグレードは何かと考えたら、自然とオススメがGLS550になりました。

もちろん、人それぞれに需要があります。ディーゼルエンジンが良いという方は、実用性だけでいいのか、または趣味性も高くないと満足できないのか、自分に問いかけてグレードを選んでみましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です