ベンツ Sクラス クーペ グレード毎に特徴解説、あなたに一番適したグレードはどれ?

メルセデスベンツSクラスクーペ

最・高・級!!
高級車として知られるベンツの中でも、特に高いのがSクラスです。

ということは、Sクラス クーペはベンツのクーペの中でも、最も上位に位置する車ということになりますね。走行感覚からインテリアの質感・雰囲気、全てが他クラスよりも上!最上級です。

だからこそ、そんなSクラス クーペを購入する際には、グレード選びを慎重にしたほうが良いでしょう。

何しろ元がとても高いので、慎重にグレードを選ばないと悪戯にお金を積むことになりかねません。

そこで、適切なグレード選びができるように、各グレードの特徴を説明しましょう。

メルセデス・ベンツ Sクラス クーペ グレード表

グレード 価格
S 450 4MATIC Coupé 15,380,000 円
S 5​6​0 4MATIC Coupé 18,460,000 円
S 5​6​0 Coupé 18,630,000 円

Sクラス クーペには、AMGデザインを除いて3つのグレードが用意されています。

…が、ここで一言いわせてください。
やっぱり高い!

1538万円~1863万円、価格差325万円と幅広胃ですが、S560とS560 4MATICとの価格差は17万円とかなり少額。

なぜS450とS560にここまで違いがあり、S560とS560 4MATICは逆に差額が小さいのか、これはグレード間で様々な変化が表れていることが予想できます。

そもそも、4輪駆動方式の方が高いイメージがあるのに、Sクラスのクーペだと逆になるのも気になりますね。

そのため、どういった違いがあるのかは価格を見るだけでは予想の範疇で、しっかりと判断できません。それを知るために、これから、各グレードの特徴を見ていきます。

各グレードの特徴や違いを解説

Sクラスは、エクステリアやインテリアがどのグレードでもほとんど同じ。

外見だけではどこが違うのか、判別が付けられません。そこで、まずは各グレードにどのような違いがあるのかを簡単に紹介します。

S 450 4MATIC Coupé

運転席が左の4輪駆動ということと、約3.0LのV型6気筒ツインターボエンジンを搭載しているのが特徴的な、Sクラスクーペのベースグレードです。

装備は詳しく後で見るとして、エンジン性能をまずは紹介しておきます。

最高出力:270kW[367PS]/5,500-6,000
最大トルク:500N・m[51.0kg・m]/1,800-4,500
燃費:9.9km/L

性能を見ると発進時から太いトルクが出て、比較的早くに最大トルクを発揮できるのが特徴といえますね。

アクセルをあまり踏み込まなくても大きな力が出るので、坂道を安定して走り抜けることができます。これくらいのトルクがあれば、雪道でもまず問題が無いでしょう。

S 5​6​0 4MATIC Coupé

運転席が左側、約4.0LのV型8気筒ツインターボエンジンを積んでいるのが特徴的な上位グレードです。

排気量が多くなっていることから、単純に見ても「パワーがありそう」と思いますが、特に注目すべきは気筒(シリンダー)の数。

S450はシリンダーが6つですが、S550はシリンダーが8つあります。これによって、より大きなパワーが出せるようになっているということです。エンジン性能は、次のとおりとなっています。

最高出力:345kW[469PS]/5,250-5,500
最大トルク:700N・m[71.4kg・m]/1,800-3,500
燃費:9.4km/L

S450よりも少ないエンジン回転数で、大きいトルクが出せる為、坂道や山道・雪道など、様々な路面状況に対応できます。林道などのオフロードや、雪道でも安定して走らせることができるでしょう。ただ、クーペでオフロードを走るという人はあまりいないかもしれませんね。

S 5​6​0 Coupé

S560 4MATICと同じエンジンを搭載しているので、性能は特に変わりがありませんが、日本人になじみ深い右ハンドルなのがS560の特徴的なポイント。

ただ、4輪駆動方式ではなくFR、つまり後輪駆動方式の為走破力が弱くはなっていますが、加速感もS450と比べると大きく向上していて、圧倒的な加速力で、大きく重いクーペのボディを軽々とスポーティに走らせることが可能です。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

これまで、価格と性能を主に比べてきました。
S450とS560との違いはわかりましたが、S560とS560 4MATICとの違いは4駆駆動方式かどうかということ以外、特に特徴がないように思えますね。

それに、4駆かどうかしか違いが無いなら、4MATICの方が高くなるはずですし。

そこで、装備を比較してその理由を探るとともに、各グレードの違いをさらに明らかにしていきましょう。

また、全ての装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/s-class/coupe/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • レーダーセーフティパッケージ
  • アテンションアシスト
  • 360度カメラシステム
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能・ヒルスタートアシスト)
  • LEDインテリジェントライトシステム
  • LEDコーナーリングライト
  • クラッシュセンサー連動機能
  • アクティブボンネット
  • 赤外線反射・ノイズ軽減ガラス(フロント・サイド・リア)
  • パノラミックルーフ
  • リラクゼーション機能他、各種前席機能
  • マジックビジョンコントロール
  • ヘッドアップディスプレイ
  • エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)
  • フットトランクオープナー
  • クロージングサポーター(ドア/トランクリッド)
  • マイクロエアフィルター&チャコールフィルター
  • Burmesterサラウンドサウンドシステム

流石Sクラスのクーペ!
何から何まで最上級の装備です。

機能装備を見てみると、他のクラスではグレード別設定だったもののほとんどが、全車標準装備となっています。サラウンドサウンドシステムやエアバランスパッケージが、その代表例ですね。

さらに、ヘッドアップディスプレイという近未来的な機能までもが全車標準装備となっていて、最上級クーペということを実感させられます。

安全装備はもちろんのこと、標準装備が充実しているのには驚かされますが、中でもリラクゼーション機能やほかの各種前席機能というのが気になった方も多いはず。

リラクゼーション機能は簡単に説明すると、温めた石(ホットストーン)によるマッサージで、血行を良くする伝統的な施術方をシートに応用したシステム。早い話が、前席シートがそのままマッサージ機のようなものになっていると考えるとわかりやすいです。

この機能はメルセデスベンツが世界で初めて応用した機能で、長時間によるストレスや疲労を効果的に低減してくれます。これだけでも「高級車」だと思わせる装備ですね。

そのほかにもメモリー付パワーシートやシートヒーター・プラス、ドライビングダイナミックシートなどが装備として装着されています。あまりにも前席関係の機能が多いため、一まとめにしました。全てを閲覧したい方は、先述のPDFをご参照ください。

S 450 4MATIC CoupéとS 560 4MATIC Coupéの装備、特徴、異なる点

S 450 4MATIC Coupé S 5​6​0 4MATIC Coupé
  • レザーシート
  • ナッパレザーシート
※上の表は変更されている装備のみをまとめています。

見てわかる通り、装備内容に関してはシートの材質がレザーシートかナッパレザーシートかの違いしかありません。

こうしてみると、変更点はものすごく少なく、単にエンジンの性能が特徴的な変更点といえそうです。また、いくらナッパレザーが上質で柔らかいものとはいえ、価格差308万円の説明としてはとても弱いです。

では、どこに違いが表れているのか。
それはズバリ、オプションの種類と数になります。

ここでS450とS560のそれぞれに用意されているオプションを比較してみましょう。

S 450 4MATIC Coupé S 5​6​0 4MATIC Coupé
<パッケージ>

  • AMGライン
  • レザーエクスクルーシブパッケージ

<インテリアトリム>

  • グレーサテンフィニッシュアッシュウッド(AMGラインに含まれる)
<パッケージ>

  • AMGライン
  • レザーエクスクルーシブパッケージ
  • スワロフスキークリスタルパッケージ

<内装色>

  • ブラック/ブラック
  • ポーセレン/エスプレッソブラウン
  • ブラック/ブラック
  • ポーセレン/エスプレッソブラウン
  • クリスタルグレー/ブラック
  • サドルブラウン/ブラック
  • ポーセレン/ディープシーブルー
  • ベンガルレッド/ブラック
  • ポーセレン/ティジアンレッド

<インテリアトリム>

  • グレーサテンフィニッシュアッシュウッド
  • ブラックハイグロスポプラウッド
  • designoピアノラッカーウッド

つまり、S450よりもS560の方がパッケージだけではなく、内装色やインテリアの配色を変えることが出来、より自分好みの1台に仕上げていくことが出来るってワケですね。

S 560シリーズの装備、特徴、異なる点

S 5​6​0 4MATIC Coupé S 5​6​0 Coupé
  • 4ESP
  • AIRマティックサスペンション
  • ESP
  • マジックボディコントロール(ダイナミックカーブ機能)
※上の表は変更されている装備のみをまとめています。

S560では4MATICか否かで、上記の装備に違いがあります。

S560にESPが装備されていますが、とS560 4MATICに装着されているは、4ESPRとどのような違いがあるのでしょうか。

コレは基本はESPと同じで、その4駆バージョンと考えると良いでしょう。

4ESPはESPが4輪駆動と相乗効果を発揮するように設計されたもので、オフロードや雪道などでの横滑りや空転を抑制する機能です。

それ以外に気になるのが、マジックボディコントロールですよね。これは他クラスには無いもののひとつです。

これは、フロントガラスに搭載されているステレオカメラを使って前方15メートルの路面状況を確認し、アクティブサスペンションをあらかじめ制御して最適な乗り心地に調整する技術となっています。要はサスペンション関係の装備のひとつです。

これがあると、どんな路面状況でもフラットな乗り心地になります。大きな段差にも対応していて、段差を乗り越えた際の後席の乗り心地は、とても快適。ショックが小さいので酔いやすい人でも安心して乗ることができるのです。

ただし、夜間や曇りのときにはうまく作動しないという弱点があります。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ベンツSクラス クーペ各グレードの特徴が出揃ったところで、それぞれの評価をしながら、どんな人にオススメなのかを説明します。あなたに一番適したグレードはどれなのか、これを見ながらその答えを見つけてみてください。

グレード名 評価 こんな人におすすめ
S 450 4MATIC Coupé ☆☆☆☆ 豪華な内外装と機能を出来るだけ安く手に入れたい方へ
S 5​6​0 4MATIC Coupé ☆☆ パワフルな走行とバリエーションの楽しみを味わいたい方へ
S 5​6​0 Coupé ☆☆☆ スポーティな走りと近未来感を味わいたい方へ
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

S 450 4MATIC Coupéの評価

Sクラス クーペは、グレードごとに装備がほとんど変わりません。

ほとんどの装備は全車標準装備となっていますが、その中でも特に装備や快適性を特に重視する方にはS450がおすすめです。

Sクラスの中でも上位グレードの装備が搭載されていますし、内装もベースグレードだからといってチープなモノではありません。

もちろん、性能もクーペとして十分高いと言えます。
4輪駆動ですし、坂道や高速道路などの日常使いや山道などのレジャーにも十分使えますよ。

S 5​6​0 4MATIC Coupéの評価

内装色、インテリアトリム、そして各種パッケージと自分好みの内外装にカスタマイズできる。そう言われると、内装やインテリアに対して特にこだわりが強い方にとっては魅力的な1台と言えるのではないでしょうか。

ただ、装備の変更点を見ても、本革シートがナッパレザーシートへ変わった以外は特に変更点はなく、あくまでもSクラス クーペを自分色に染め上げたい願望がない限りは、特に選ぶ必要はないかと思います。

また、オフロードでも走れてしまうような性能があるのですが、クーペでオフロードを攻めてみたいという需要はとても限られます。

もちろん、性能はSクラス クーペ最上級なので自分の需要に合うという方にとっては、これ以上無い車だと言えるのではないでしょうか。

S 560 Coupeの評価

S560の売りは、スポーティな走りです。S400はどちらかというと「実用性重視の優雅な走り」でしたが、S550はそれに加えて「遊びの走り」もできるようになっています。

アクセルを踏んだとたんに鋭い加速感が得られ、市街地・田舎道などの一般道でも楽しめますが、一番のお楽しみは高速道路です。

高速道路の追い越し車線を思い切り飛ばして走ると、驚くほどの加速感が得られます。加速をした瞬間にしっかりと重力を体全体で感じ、「運転してる感覚」や「今加速しているんだという実感」がまざまざと感じられますよ。

Sクラス クーペの総合評価

Sクラス クーペは装備内容があまり変わらないので、純粋にエンジン性能だけでグレードを選ぶのが最もわかりやすく、そして見分けやすいポイントといえます。

逆を言うと、それ以外の快適・豪華な装備は全グレード標準装備となっているため、どのグレードを選んだとしても満足できるはずです。

その上で内装色やインテリアトリム、パッケージまでこだわって乗りたい方はバリエーション豊かなS560シリーズを選ぶといいでしょう。

このように、性能を比較して自分の好みや用途に合うものを選ぶことが、何よりも満足してSクラス クーペを選ぶコツだと思いますよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です