ベンツ Sクラス セダン グレードごとに比較、特徴を徹底考察!

メルセデスベンツSクラスセダン

メルセデスの追い求める「ラグジュアリー」、ここに極まる。

Sクラスは、豪華なセダンの最高峰と呼ばれています。

「俺はSクラスに乗るぞ!」と目標を持って、日々を頑張っている人も少なくはありません。それは単に価格が高いからということだけでなく、「ありえない!」ほどの豪華な仕様に対する憧れなのです。

そんなSクラス セダンは、とても多くのグレードが設定されていることでも注目できるクラス。

「d」に「Exclusive」、そして「long」といった名前が与えられているだけでなく、S400からS600ト数字もグレードごとに違い、各グレードの違いがわかりづらいのが、Sクラスの特徴です。

そこで、Sクラス セダンをグレードごとに比較し、特徴を徹底的に説明しましょう。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン グレード表

グレード 価格
S 400 d 11,380,000 円
S 400 d 4MATIC 11,830,000 円
S 450(ISG搭載モデル) 11,700,000 円
S 450 Exclusive
(ISG搭載モデル)
13,900,000 円
S 400 d long 14,900,000 円
S 400 d 4MATIC long 15,350,000 円
S 450 long
(ISG搭載モデル)
15,020,000 円
S 560 long 16,970,000 円
S 560 4MATIC long 17,330,000 円
S 600 long 24,040,000 円
※AMGデザインは省いています。

AMGデザインのグレードを省いても、Sクラス セダンには10のグレードがあり、その価格差は何と1266万円!価格差だけでS 400 dがもう一台買えそうですね。

この価格差の裏にはどのように装備が変わっているのか、仕様にどんな違いがあるのかなんて想像できません。だからこそこれから性能や装備を比較して、1200万円以上の価格差に隠された仕様の違いを明らかにしていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

ベンツ Sクラスは各グレードの特徴を正確に把握するためには、まずそれぞれの特徴をおおまかに理解しておく必要があるでしょう。そこで、性能をメインに各グレードの特徴を簡単に説明します。

S 400 d

3.0Lの直列6気筒のディーゼルエンジンを搭載した、S 400シリーズのベースグレードとなります。

メルセデスが持つ最先端のディーゼルテクノロジーを余すことなく投入しており、軽量化しつつもアクセルONと共に瞬時に低回転からトルクを上げ、高速域までスムーズに老けあがる回転フィールが楽しめます。

そのため、燃費も14.2km/Lと低燃費となっているのが魅力的なポイントと言えるのではないでしょうか。

また、Sクラスの中でも装備は控えめにしつつも、ディーゼルエンジンを搭載していることで、低燃費を実現しているのも特徴的ですね。

S 400 d 4MATIC

S 400 dと比べて内装や外装に大きな変更点はないものの、駆動方式が4輪駆動となっていることで、よりパワフルな運転ができるようになっているグレードで、運転席が左となるグレードです。

それ以外の特徴的な装備も特にないので、覚え方としてはグレード名そのまま「S 400 dの4MATIC(4輪駆動)」と覚えておくと良いでしょう。

S 400 d long

longとあるように、S400 dと比べて全長が130mm(13cm)も長くなっているグレード。

その上、単に長くなっただけではなく、装備もより豪華なものが取り付けられており、『高級車』をそのまま体現しているような装備内容となっているのが特徴的です。

ただし、エンジン機構はS400 dと同様となっているため、インテリアに力を注いだグレードといった立ち位置となります。

S 400 d 4MATIC long

S400 d longが4輪駆動方式となっていること以外は、大きな変更点はありません。価格差45万円は駆動方式が変わりパワーが上がった、そう考えると妥当の範囲内ではないでしょうか。

S 450(ISG搭載モデル)

S450は簡単に行ってしまうと「ハイブリッド車」。
ベンツのハイブリッドと言えば、プラグイン・ハイブリッドが思い浮かびますが、これは通常のハイブリッドシステムとなっています。それにガソリンエンジンを組み合わせて、日常使いでの走行快適性と低燃費さを両立させています。

特に注目すべきなのは、グレード名にも含まれている『ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)』。

これは回生ブレーキによる発電により、約1kWhのリチウムバッテリーに充電が出来るだけではなく、エンジンが低回転しているときにはその電力を利用して、動力補助を行うことで効率化と力強い加速が実現する仕組みです。

早い話、再出発時の素早い加速に貢献している電力システム、とでも考えておくと良いでしょう。

メルセデスが持つ最先端の技術を投入していることでも注目を集めています。

S 450 Exclusive(ISG搭載モデル)

Exclusive(エクスクルーシブ)とグレードにある通りベーシックパッケージだけではなく、S400 レザーエクスクルーシブパッケージも標準装備となっているグレードで、よりインテリアが高級仕様に、そして機能的となっているのが特徴的です。

エンジン機能はS450と変わらないため、より装備が豪華になったと覚えておくと良いかもしれませんね。

S 450 long(ISG搭載モデル)

S 400 dと同様に、全長が13cm伸びて豪華装備が搭載されているグレードとなります。簡単にとらえるならS 400 longのハイブリッドバージョンといったところでしょうか。ただし、装備内容にやや違いはあるようです。こちらは後で確認してみましょう。

S 560 long

総排気量3,982ccのハイパワーと俊敏なレスポンスを兼ね備えたホットインサイドVを採用したエンジンを積み、より豪華な装備を搭載しているグレードです。

そのエンジン性能はどれほどのものかを、見てみましょう。

最高出力:345kW[469PS]/5,250-5,500rpm EEC
最大トルク:700N・m[71.4PS]/2,000~4,000rpm EEC

これだけの性能があれば、セダンで走るような道ならどこでも走ることができます。坂道・山道・峠道・高速道路、ありとあらゆる状況下で余裕あるパワフルでスムースな走りが出来ますよ。

S 560 4MATIC long

S560 longの駆動方式が4輪駆動方式となっている点以外は、特に大きな変更点はありません。

S 600 long

何から何まで最上級! エンジン性能も装備内容も、セダンとしてこれ以上無いなと思わせるほどの豪華仕様となっています。装備内容は後で詳しく見るとして、まずは性能について見てみましょう。

最高出力:390kW[530PS]/4,900-5,300rpm EEC
最大トルク:890N・m[84.6kg・m]/1,900-4,000 EEC

どのグレードよりも少ない回転数で、高い最高出力が出せます。アクセルを踏んだ瞬間、グググっと後ろに引っ張られるようなGを感じ、体中を太いトルクが包み込む。

市街地での走行はまさに滑るようでありながらも、「走っている」「確かに加速している」と実感させるようなパワフルなものとなっています。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

これまでは主に性能について語り、装備については深く言及しませんでした。

エンジン性能や室内の広さの違いなどを把握したところで、今度は装備を基準にして各グレードの特徴を見てみましょう。これで、各グレードの特徴や違いを全て把握できると言っても過言ではありません。

なお、全ての装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。

http://www.mercedes-benz.jp/catalog/s-class/ebook/spec/#page=5

全グレード共通標準装備

  • レーダーセーフティパッケージ
  • LEDインテリジェントライトシステム
  • マルチビームLED(ウルトラハイビーム付)
    LEDコーナーリングライト
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • クロスウインドアシスト
  • ラグジュアリーヘッドレスト(前席)
  • LEDパフォーマンスヘッドライト
  • LEDリアコンビネーションランプ
  • LEDライセンスライト(リア)
  • メモリー付パワーシート(運転席/助手席)
  • 助手席コントロール機能[運転席]
  • ステアリングヒーター
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • リモート・トランクリリース
  • フット・トランクオープナー

安全装備と機能装備の多くが、全車標準装備となっています。特に安全装備で目を引くのが、ラグジュアリーヘッドレストです。これは内装の装備とも言えますが、メルセデスはセーフティの中にこれを含めています。

一体何がラグジュアリーなのか。
まず、グレード別設定で後席にもこれを追加しようと思ったら75万円かかります。ヘッドレストだけで75万円…非常にラグジュアリーですねえ。

ラグジュアリーなのは価格だけではありません。羽毛布団のようなふんわりもっちりとした感触をしていて、シートにもたれかかるとすごく気持ちがいいんです。

高級枕みたいで、これでシートを倒したら安眠できるくらいの心地よさ。「すごい、ラグジュアリーだわあ……」と、思わず口にしてしまいたくなりますよね。

やわらかく頭を包み込んでくれるから、頭をぶつけても痛くありません。

次に、機能装備を見てみましょう。

ステアリングヒーターはよくある装備ですが、これがあると高級車だなあという感じがします。機能装備には特に目新しいものがありませんが、トランクリリースなど便利な機能が豊富に詰め込まれていて、快適性と実用性がとても高いです。

その他の装備は、他クラスでもグレード別設定としてよく見るようなものが多いです。そう言うとSクラスの特別感が薄れますが、言い換えれば他クラスでは上位グレードにのみ設定されていたものやオプションだったものが、全車標準装備となっていると言えます。これ以上無い特別感です。

S 400 dシリーズ装備、特徴、異なる点

S 400 d(4MATIC含む) S 400 d long(4MATIC含む)
  • 本革シート
  • 本革巻ステアリング
  • スピーカー数 10
  • ナッパレザーシート
  • 本革巻ウッドステアリング
  • スピーカー数 13
※上の表は変更されている点のみをまとめています。

ベースグレードとなるS 400 dとS 400 d longの違いは、シートやステアリングがより上質なモノへと変更されているだけです。

そう考えると少ないように感じますが、実はS400 d longで変更している装備のほかに、以下の装備が追加されています。

  • イルミネーテッドステップカバー
  • ラグジュアリーヘッドレスト(後席)
  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • 赤外線反射・ノイズ軽減ガラス(フロント、サイド、リア)
  • エクステンデッドウッドインテリアトリム(ドアトリム下部、リアエアコン吹き出し口、フロントシートバックレスト裏側)
  • シートヒーター・プラス
  • シートベンチレーター(前席)
  • マルチコントロールシートバック
  • ドライビングダイナミックシート
  • リラクゼーション機能
  • メモリー付パワーシート
  • シートベンチレーター
  • 助手席コントロール機能
  • ヘッドレストクッション
  • ラグジュアリーアームレスト(ウッドトリム付き)
  • クロージングサポーター(ドア・トランクリッド)
  • エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)
  • 後席専用クライメートコントロール
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム

つまり、S 400 dはこれといって目だった装備がなく、他グレードよりも装備が少ない反面、オプションの追加で自分好みにアレンジできるグレード。そしてS400 d longは元から高級装備が追加されているだけではなく、さらに上質なオプションも用意されていると考えられます。

特に目を引くのは趣味性が強く、そして実用性の高い装備が多いところ。中でもやたらと目を引く装備としてリラクゼーション機能があげられます。

これはその名前のとおりの機能となっています。

つまり、前席がマッサージチェアになっているも同然なんです。ドライブの休憩中にマッサージ機能をオンにして運転の疲れを癒すもよし、家に帰ってきて外に出る前に疲れを癒すもよし……。

運転の疲れと日々の疲れを同時に癒す、まさにラグジュアリーな機能と言えるでしょう。

運転手や助手の快適性を重視するか、後ろに座っている乗員の快適性を重視するかといったところでしょうか。

ちなみに、S 400 dやS 400 d longと各4MATICの違いは、4ESP®だけ。
つまりスタビリティプログラムが4輪駆動仕様となっているかどうかの違いしかありません。

S 450シリーズ装備、特徴、異なる点

S 450 S 450 Exclusive S 450 long
  • 18インチ5スポークアルミホイール
  • 本革シート
  • 本革巻ステアリング
  • スピーカー数:10
  • 19インチマルチスポークアルミホイール
  • ナッパレザーシート
  • 本革巻ステアリング
  • スピーカー数:13
  • 18インチ5スポークアルミホイール
  • ナッパレザーシート
  • 本革巻ウッドステアリング
  • スピーカー数:13
※上の表は変更点のみをまとめています。

ハイブリッド車となるS450シリーズも、基本的にはS 400 dシリーズと同じような変更点があげられますね。

ただ、S450とS450 Exclusiveを比べるとタイヤのインチが1つ大きくなり、上質な装備へと変更されているのに対して、S 450 ExclusiveとS 450 longを比べると、タイヤのインチが元に戻りステアリングの質感が良くなっている点にはやや見劣りしてしまいます。

そこで、S 450 Exclusive及びS 450 longに追加されている装備を見ていきましょう。

【S 450 Exclusiveで追加される装備】

  • イルミネーテッドステップカバー
  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • 赤外線反射・ノイズ軽減ガラス(フロント、サイド、リア)
  • シートヒーター・プラス(前席)
  • シートベンチレーター(前席)
  • マルチコントロールシートバック
  • ドライビングダイナミックシート
  • リラクゼーション機能
  • シートヒーター(後席)
  • クロージングサポーター(ドア・トランクリッド)
  • エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム

【S 450 longで追加される装備】

※S 450 Exclusiveで追加される装備に加えて

  • エクステンデッドウッドインテリアトリム(ドアトリム下部、リアエアコン吹き出し口、フロントシートバックレスト裏側)
  • メモリー付パワーシート
  • シートベンチレーター(後席)
  • 電動シートバック(後席)
  • 助手席コントロール機能(後席)
  • ヘッドレストクッション(後席)
  • ラグジュアリーアームレスト(ウッドトリム付き)(後席)
  • 後席専用クライメートコントロール

イメージ的にはS400シリーズの装備がS450シリーズだと分けて追加されている…といったところでしょうか。段階を経て豪華な装備になっていくことを考えると、選ぶときにどの装備が必要で、特に必要がない装備はどれなのか、判断しやすくなっているのはうれしいですね。

S 560シリーズ装備、特徴、異なる点

S 560 long S 560 4MATIC long
  • ESP®(エレクロトニック・スタビリティ・プログラム)
  • 4ESP(R)(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)
※上の表は変更点のみをまとめています。

S560 longとS560 4MATIC longの違いとしてあげられるのは、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が4輪駆動に対応しているかどうかのみ。そう考えると特にS560シリーズは4輪駆動を求めるかどうかによって、どちらを選べばいいのかわかりやすいのがうれしいですね。

ただ、ほかのグレードと比べると、装備がかなり豪華になっていることが分かります。例えばラグジュアリーヘッドレストやヒートシーターが後席にも装着されている点や、リラクゼーション機能やエアバランスパッケージが装着されている点があげられますね。

そのため、S560シリーズはSクラスの中でも上級グレードといっても良いでしょう。

S 600 long装備、特徴、異なる点

  • ナイトビューアシストプラス
  • イージーアジャストラグジュアリーヘッドレスト(助手席・電動可倒)
  • マジックボディコントロール(ダイナミックカーブ機能付)
  • MOExtendedタイヤ(ランフラット特性タイヤ)
  • フルレザー仕様(DINAMICAルーフライナー付)
  • アームレストヒーター(ドアアームレスト、センターアームレスト)[前席・後席]
  • ショーファーポジションスイッチ(後席)
  • ヒートシーター・プラス(後席)
  • マルチコントロールシートバック(後席)
  • リラクゼーション機能(後席)
  • フットレスト付エグゼクティブリアシート(助手席側後席)
  • ステアリングヒーター
  • ヘッドアップディスプレイ
  • マジックビジョンコントロール
  • ヒーテッドウインドウ・ウォッシャー
  • 電動ブラインド[後席左右/リアウインドウ]
  • 盗難防止警報システム
    牽引防止機能、室内センサー
  • リアエンターテインメントシステム

S600 longで新たに標準装備されているものを挙げてみました。
これだけたくさんの、独自の装備があるということに、まず驚きますよね。圧倒的な価格の高さなので、驚くと同時に納得しますが、それにしても豪華すぎる装備内容です。

まず目を引くのが、リアエンターテインメントシステム。これを詳しく見ていくと、次のような仕様になっています。

左右独立10インチモニター、映像/音声入力端子、リモコン、ワイヤレスヘッドホン(2セット)、DVD/USB

これはつまり、左の席で誰かがディズニーを見ていても、右の席に座っている人はアクション映画を見られるということです。飛行機の席みたいですよね。

それだけでも快適なのに、マルチコントロールシートバックがさらに乗員の快適性を高めています。これは、4個のクッションを装備したシートの背もたれによって、乗員の体型に合わせてシートの形状が調整されるというものです。

一人ひとり、快適だと感じるシートの形が違いますよね。誰が乗っても「快適だなあ」と一息つくことができるということで、ついつい友人を乗せたくなってしまいます。

また、快適性だけでなくメルセデスお得意のセーフティも強化されていますよ。

たとえば、ナイトビューアシストプラスです。夜間走行をしているとき、照明がない路上に歩行者や動物が現れると、ヒヤっとしますよね。そんなときに、インストゥルメントパネルの中央表示を「ナイトビュー映像」に自動切換えしてくれて、対象物を強調して表示してくれるんです。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

各グレードの特徴をしっかりと把握したところで、次に気になるのは「結局どれを選べばいいのだろう」ということでしょうか。自分で既に決めたという方もいれば、まだ決められないという方も多いはずです。

そこで、各グレードの評価をしながら、それぞれがどんな人にオススメなのかを語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人におすすめ
S 400 d ☆☆☆☆ 実利を追求し、最低限の装備内容で充分という方へ
S 400 d 4MATIC 最低限の装備かつ、雪道などの悪路走行が多くパワフルな走りを求める方へ
S 450(ISG搭載モデル) 最低限の装備でSクラスのハイブリッド車を求める方へ
S 450 Exclusive(ISG搭載モデル) ☆☆☆ 力強さと快適性を求める方へ
S 400 d long S400シリーズの中でも豪華な装備を揃えたい方へ
S 400 d 4MATIC long S400シリーズの範囲内で豪華な装備とパワフルな走行を求める方へ
S 450 long(ISG搭載モデル) S450シリーズの中でも豪華な内装にしたい方へ
S 560 long 快適な乗り心地を追い求めている方へ
S 560 4MATIC long 高い走行性能と、豪華な装備内容の両方と追及したい方へ
S 600 long 最上級のセダンが欲しい方へ
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

S 400 dの評価

SクラスのベースグレードとなるS400 dに搭載されている装備や機能は、そのほとんどが実用的なものですが、全車装備以外の装備内容が少なく、趣味性はSクラスの中で最も弱いと言えます。

しかし、オプションで好みの装備を追加することが出来ますし、何よりベンツの中でも最上級のSクラスを最も安く購入できるのはうれしいポイント。最低限の装備を基準に、必要に応じて装備を加え行く楽しさがあることが、このグレード最大の魅力と言って良いでしょう。

また、性能も「ガンガン飛ばす」というより「安定して優雅に走る」方が向いているため、ガンガン飛ばしたいという方にはおすすめできません。優雅さと気品を求め、実利を追求する方には強くオススメできます。

S 400 d 4MATICの評価

S 400 dで充分満足できる内容になっているからこそ、S 400 d 4MATICの魅力は駆動方式が大きなものとなっています。

ただ、Sクラスとなると山道よりも街乗りでこそ楽しみを見いだせる為、このグレードの真価が問われるのは、どちらかというと雪道を走ることの多い、雪国になるのではないでしょうか。

S 400 d longの評価

ディーゼルエンジンに豪華な装備。
コレを追い求めるのであれば、S 400 d longは大きな魅力を抱えたグレードといえます。

趣味性・快適性の高い装備が充実していることで、前席だけではなく後席に乗り込んだ方ですら高級感を感じられること間違いなしです。

S 400 d long 4MATICの評価

S400 dと同様に、4輪駆動が本当に必要かどうかが判断基準となるグレードといえます。

S 450(ISG搭載モデル)の評価

Sクラスの中でもISGを搭載したことで、低燃費を実現しているハイブリッド車ですが、基本的にはS 400 dと装備内容は変わりありません。そのため、選ぶときにはディーゼルエンジンかハイブリッド車かといった点を見れば、どちらが自分にとって魅力的なのかがわかると思います。

S 450 Exclusive(ISG搭載モデル)の評価

S450シリーズの中でも中間的なポジションにあるExclusive。全グレード全タイプの中でも唯一、タイヤのインチが19インチとなっている点や、各シリーズの上位グレードとなる「long」の装備を一部搭載しているため、前席に乗り込む方の乗り心地は最上級と言えるでしょう。

ただ、後席に対しての追加装備が少ないため、どこに座っても高級感を感じられる!というわけではなさそうです。

個人的にはハイブリッド車で、しかも運転席の乗り心地や快適性を求めるだけなら、かなり魅力的なグレードといえますよ。

S 450 long(ISG搭載モデル)の評価

S450シリーズの中でも最高ランクに位置づけられるS 450 long。
後席にも快適装備が色々と追加され、ハイブリッド車でありつつもどこに座っても、上質な空間となっているのが魅力といえます。

ただ、他グレードのlongと比べると、装備内容は大差がないため、選ぶときにはハイブリッド車であることが前提かどうかが判断基準と言えそうです。

S 560 longの評価

longの装備や機能に興味があるが、S400やS450のパワーでは物足りない方にオススメなのが、このグレード。ディーゼルエンジンやハイブリッドではない分、エンジンのパワーにこだわりがあります。

セダンでこれだけの出力とトルクが出れば、十分すぎるほどでしょう。どんな用途でも、ガンガン飛ばして走れます。

S 600 longの評価

リアエンターテインメントシステムなどの、普通では考えられないくらい豪華な装備と機能がひとしきり揃っているだけでなく、性能まで圧倒的な高さを誇る最上級のグレードです。

快適性とラグジュアリーを追求するセダンの最高峰と言うにふさわしく、前席と後部座席との違いなく、乗っている誰もが快適で楽しいと思える室内空間が広がっています。

車に乗るのは移動の手段だけじゃない。楽しくなければいけない。

そんな考えの人には、このグレードがピッタリではないでしょうか。

Sクラス セダンの総合評価

Sクラス セダンは総合的に価格が高いですが、その中でもピンからキリまで、多種多様なエンジンを積んだグレードが魅力的でもあります。

豪華な全車標準装備でありながらも、グレードごとに確かな違いを持たせて価格を抑えたり、価格を気にせずこだわり抜いたりと、さまざまな需要に応えているのです。メルセデスの本気を感じさせますよね。

中でも、S400 d、S450、S560 longの3つは、燃料やエンジン機構で選びやすいグレードと言えるのではないでしょうか。どのグレードも完成度が非常に高いので、自分の予算や用途・需要を考慮して最適なグレードを見つけてみてください。

せっかく最高峰セダンを買うのですから、選ぶ側もこだわり抜かないと損ですよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です