もう迷わない!軽自動車かコンパクトカーか!徹底比較するなら『ここ』を見ろ!

「軽自動車とコンパクトカー、どっちにしよう…」

新車購入するにしろ、中古車購入するにしろ、こんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

確かに皆さんもイメージしている通り、軽自動車の方が税金も維持費も安く済むといった良さがあるし、一方でコンパクトカーも広々とした空間がありつつ安全面に優れているといった良さもありますし。

要所要所で見ると決めきれなくなってしまうのもわかります。

そこで今回は、軽自動車とコンパクトカーについて徹底比較!

基本的な違いとなる部分から、決め手となるポイントまでを詳しく紹介しちゃいます!

「もうどっちにするか迷いたくない!」なんて思っている人は是非参考にしていってくださいね。

比較する前に『ここ』だけはおさえておこう!

比較する前に要チェック

早速軽自動車とコンパクトカーの比較を…といいたいところですが、ちょっと待った!

そもそも、軽自動車とコンパクトカーは似ているようでまるで違うカテゴリ。

ただ比較すると余計に悩んでしまう羽目になることだってあります。

だからこそまずは、比較する前に押さえておきたいポイントを見ておきましょう。

乗りたい車の『タイプ』で見ること

まず覚えておいて欲しいのが、ご自身が「こんな車に乗りたい!」と思っている車種のタイプ。

軽自動車のタイプ別車種例

例えば、軽自動車とひとくちにいってもセダン系にトールワゴン系、SUV系などなど、いろんな種類がありますし、一方でコンパクトカーも一般的には下の画像のようにタイプが分かれており、タイプ別に価格も違いがあります。

コンパクトカーのタイプ別車種例

それにコンパクトカーは具体的な定義が超あいまい!

だからこそタイプ別で見ておかないと価格差が大きくて「軽自動車の方がいいじゃん!」なんて思ってしまうこともあるんです。

そのため、軽自動車とコンパクトカーを比較するときは乗りたい車の『タイプ』でも見ておくようにしましょう。

『ノンターボとターボ車』で差がなくなる車体価格

そして、特に価格を見る上で悩みの種になってしまうのが、ノンターボとターボの違い!

『ターボ』は一言で言うと小型エンジンのパワーを上げる装置のような物。

詳しい説明は省きますがエンジンのパワーが上がることで、例えば上り坂の運転や高速道路の走行等で、アクセルをベタ踏みしなくてもスイスイ走れるようになるってワケです。

ただ、その分車体価格も高くなりますし、軽自動車に至ってはノンターボのコンパクトカーよりも高くなることも…。

ノンターボ・ターボ車で価格は大きく変わる

軽自動車とコンパクトカーを比較するなら、こういったポイントにも注目しておくようにしましょうね。

ちなみに、ターボ車が必要な方は一般的に長距離ドライブをする人や、家族4人で買い物やレジャーをする人は必要と言われていますよ。

よくわかる軽自動車とコンパクトカーの基本的な違いとなる部分

軽自動車の基本的な違いとなる部分

さて、比較する上で見ておきたいポイントをサクッと抑えたところで、ここからが本番!

軽自動車とコンパクトカーの基本的な違いとなる部分を簡単にまとめました!

どれくらい違っているのかチェックしていきましょう。

一番比較対象になりやすい『税金』と『維持費』

「軽自動車とコンパクトカーを比べる」時に誰もがイメージするのはやっぱりココ。

新車・中古車どちらを購入するにしても、やっぱり安く乗り続けられるのは魅力的だと思いますし。

そこでまずは『税金』の部分から見ていきましょう。

軽自動車とコンパクトカーの新車購入時にかかる税金等の費用比較例

※あくまで参考例です。

基本的には新車も中古車も購入時にかかる金額にほとんど変わりはありません。

ここでの注意してほしいのはコンパクトカーは購入時に自動車税が月割計算となる点ですかね。(軽自動車は月割額なし)。

簡単に算出しましたが、購入時にかかる税金面で見ると軽自動車とコンパクトカーでは約5万円の差があることがわかります。

単純にオプション1つくらいの差があると考えると良いかもしれませんね。

また、維持費で見てみても同じくらいの差があります。

軽自動車とコンパクトカーの維持費比較例

※あくまで参考例です。

新車購入時から車検が必要となる3年目までにかかる税金を比較すると、コンパクトカーの方が約5万円高額。

この価格差をどう見るかはあなた次第ですが、安く長く乗るなら軽自動車の方が良いと言えるのかもしれませんね。

乗ることを考えて見ておきたい『燃費』

次に注目したいのが『燃費』。

やっぱり毎日運転することを考えると、ガソリン代だってバカになりませんし、気になる方は多いはずです。

そこでカタログ燃費で上でも利用した、ホンダのN-BOXとトヨタのタンクとで比較してみると、

  • N-BOX⇒21.8~27.0km/l
  • タンク⇒22.0~24.6km/l

若干N-BOXの方が燃費は良いと思う方も多いですが、実際に乗っている方の意見を見ると、N-BOXはだいたい15.01km/l、タンクはおよそ15.38km/lと正直そこまで大きな差はないんですよね。

そのため、基本的には燃費性能はあまり変わらないと考えておくのがベストかもしれません。

良く言われる『安全性』はどっちが上?

そして、長く乗る上で地味に大切なポイントになってくるのが、『安全性』。

お子さんや友人が乗ることも考えると、万が一事故が起きた時のことは考えておきたい所。

ここについてはやっぱりコンパクトカーの方が全体的に勝っています。

というのも、軽自動車も近年では衝撃を吸収するボディになってきてはいますが、全体的にボディが小さいため事故にあった際のもろさは否めません。

その点コンパクトカーはボディがある程度大きく、事故の際の衝撃等を軽自動車よりは吸収しているので、安心はできますよ。

意外と見落としがちな軽自動車とコンパクトカーの明確な違い

ここまで読むと、なんだか軽自動車の方が良いようなイメージを持つ方は多いと思います。

実際の数字を出すと目に見えてわかりやすいですし。

ただ、それだけで軽自動車に決めてしまうのもナンセンスなのも事実。

そこでちょっと目線を変えて、意外と見落としがちだけど明確に違うポイントをいくつか挙げていこうと思います。

購入したい車の『グレード』で変わる優劣

軽自動車にするにしろコンパクトカーにするにしろ、購入する上で気になってくるのがその車種のグレード。

実はここもコンパクトカーにするか軽自動車にするか悩んでしまうポイントなんですよね。

というのも、先ほどから比較例としているHondaのN-BOXとトヨタのタンクって、実は価格差がほとんどないんです。

そのため、グレードによっては装備も充実し安全面でも優れているコンパクトカーが軽自動車よりも安く買える…なんてこともあるんですよ。

車内空間の『快適性』は圧倒的に○○の方が上!

また、購入時にはあまり目を向けないポイントになってくるのが、車内空間。

軽自動車だとトールワゴン系の車種を選んだとしても、車内空間はなかなか狭く大人4人で乗るとかなり窮屈になってしまいますが、コンパクトカーだとゆったりと乗ることが可能です。

また、軽自動車と比べてエンジンの排気量に余裕があるので、静粛性はコンパクトカーの方が優れているのも事実。

そう考えると、乗り心地を考えるならコンパクトカーを選んだ方が、後々不満を抱えないと言えますね。

中古車で購入するならどっちが『お買い得』なのか

比較する目線をちょっと変えると、軽自動車よりコンパクトカーの方が良いのでは?と思えてしまうのが車選びの難しいところ。

もっと言うと、『新車購入』ではなく『中古車購入』することを考えると、どうなるのか気になっている方も多いと思います。

と言うことで最後に、この疑問もズバッと解決しちゃいましょう!

ぶっちゃけ程度の良い『コンパクトカー』があれば即買いでOK!

結論から言いますが、中古車での購入で悩んでいるのであれば、コンパクトカーの方が断然お得!

というのも、軽自動車って先ほども上げたように税金や維持費といった金銭面で利点を感じる人が購入する傾向が強いため、軽自動車の需要が多いのが原因なんですよね…。

つまりコンパクトカーは需要が少なく、買い叩かれやすいことに繋がってしまうんですが、逆に考えると走行距離が少なく、装備もある程度充実した『掘り出し物』が多いことに繋がります。

また、確かに軽自動車は何かと『お安く済む』のが大きな魅力ですが、古くなった場合の車全体の疲労度が違うため、同じくらいの価格で売られている軽自動車・コンパクトカーで比べると修理費用が高くつく…なんてこともあり得るんです。

そう考えると、中古車購入し長く乗ることを考えているのであれば、コンパクトカーの方が利点が多いといえますよ。

総評!軽自動車とコンパクトカー、結局どっちを選ぶべき?

軽自動車にするかコンパクトカーにするか…。

どっちにするか悩んだ時は単純に『価格』だけで見るのではなく、1つでもよいので自分のこだわりたいポイントを見つけて比較していくのが大切です!

とは言え読み進めていくうちに、「結局どっちがいいのか余計わからなくなった」なんて人もいると思います…が。

個人的な意見を言わせてもらうと、コンパクトカーの方が長く乗る上では満足できるのではないかと思います。

軽自動車って結構エンジン音が車内に響くわ車内空間は狭いわで何かと乗り心地に不満を感じることが多いんですよね。

確かに軽自動車は低価格で購入することができますし、近年では安全装備が充実したグレードも用意されることが増えてきましたが、ゆとりある空間と静粛性に優れたコンパクトカーの方が快適に乗れると思いますよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です