【見積書公開】アウトランダー値引きレポート。最近の値引き額はどのくらい?

アウトランダーという名前の通り、そもそもアウトドア用途を中心として登場したこのクルマも、より幅広いユーザー層をカバーするためにデザインが一新されて再登場してきました。

もともと悪路での走破性能に優れたクルマとして定評のあるこのクルマのコンセプトは保ちながら、三菱のパジェロやデリカとはまた違ったユーザー層向けのSUVとして位置付けられています。

同一モデルでガソリン車とハイブリッド車のバリエーションがあるのが一般的な中で、5人乗り専用のPHEV車に対し、レジャー用途に有効になる7人乗りとなるガソリン車というラインアップ。最近では7人乗りの選択肢がない中で、有り難い仕様にもなっています。

4.6mというコンパクトなサイズながら、1810mmの車幅がもたらす横方向への余裕によってユッタリとした着座感が得られることでユーザー評価も高く、クラストップレベルの静粛性とソフトな印象の乗り心地で快適な長距離ドライブも楽々。

エンジンラインアップの2000CCエンジン搭載のFF車と2400CCエンジンを積む4WD車の2種類。価格も250万円からの廉価版であるグレード「G」に、各種安全機構を追加した「safety Package」、さらにナビまで加えた「Navi package」で約320万円と、用途に沿った選択が可能であるのと、装備に比べて求めやすい価格に設定されているのも特徴です。

足回りは三菱が誇る走破性に優れた4WD。オプションで用意された「S-AWC」と呼ばれる統合制御システムを加えることによって、あらゆる路面に自動的に対応する走行性が得られるような設定も用意されています。

パジェロという強力なオフローダーを持つ三菱としては、アウトランダーに期待するのはいわば街乗りも十分意識した新しいクロスオーバーSUVとしてのマーケット。いわばマイルドな味付けをしたことが様々な部分に見て取れます。

ここからは実車を見ての印象と共に、カタログからは分からない点についてお店の担当者から聞いたことを併せて書き留めてみます。

納得できる商談にするために

ディーラーへ出向く時に、アウトランダーについて何も知らずに行くのは、あまりにも無防備です。なんと言っても交渉する相手はセールスマンなのですから、こちらも武器を装備してから商談をしましょう。そこで、今回紹介するのは以下の3つです。

  • アウトランダーの値引き相場
  • アウトランダーの競合車種
  • アウトランダーの納期について

早速値引き相場から見ていきましょう。

こちらは車両値引きだけで20万~30万、オプション値引きも含めるのであれば、35万以上は目指していきたいですね。本当の値引きを頑張るのであれば25万程度を見苦表値引き金額とすると打倒ではないでしょうか。

続いて競合車種についてです。こちらは日産のエクストレイルやトヨタのハリアー。そしてマツダのCX-5などが挙げられます。ハリアーとは価格に大きな差があるので、一概には比較しにくいです。

ただ、CX-5においては246万、アウトランダーが253万なので、近い価格帯になりますね。

この点を使って「CX-5も候補にしていて、あっちはもう少し安いので、アウトランダーも値引きできないですかね」なんて言ってみたら、少し変化が現れるかもしれません。

最後に納期についてです。1か月半~3か月程度と、購入者の報告にはばらつきがあります。他のSUVと比べるとちょっと長いようですね。このポイントも、値引きにつなげるチャンスかもしれません。

いずれにしても、覚えておいて損はないでしょう。

ディーラーへ行ってきました

三菱アウトランダー外観フロントサイド

クルマにとってその印象を左右するほど大きな影響を与えるフロントグリル。

最新のモデルチェンジによって従来のイメージを一新し、アウトランダーの印象も随分と精悍な印象に変わりました。

PHEVモデルとの差別化のためにフロントのグリルがメッキだけの仕様に変更され、裾まわりを黒くすることで外見上の差がつけられています。

センターのブラック部を左右から包み込むバンパーサイドの造形により、人とクルマを守る機能をダイナミックで力強い形として表現。外見から受けるインパクトの強さから受けるこんな質実剛健さが三菱の魅力でもあるのでしょう。

ヘッドライト・ポジションランプ・リアコンビランプもすべてLEDタイプで統一されています。

サイドを後方に向かって走る1本の直線的なラインと、サイドシルガーニッシュ。

それを上下から挟み込む曲線によって構成されるシンプルなデザインにより、派手さはないものの飽きが来ないメリットがあります。

3列目まで確保されているウインドウのお陰で、ステーションワゴン的なイメージが感じられるデザインです。アウトランダーにとっては、自らの主戦場ともなる欧州のBMWやアウディのSUV車と競うためのデザインと言った方が適切かもしれません。

三菱アウトランダー外観リア

最近のSUVとしては小振りなリアスタビライザーによってバックの印象もスッキリしたもの。これも実用性を重視するクルマのコンセプトによるのでしょうか。

サイドから伸びるラインがリア部にまで回り込むように続き、クルマ全体として統一されたデザイン構成になっていると共に、デザイン上の特徴をアピールするポイントになっているようです。

三菱アウトランダー内装運転席周り

開口部が広いため、運転席への乗り込みも楽なもの。

地上から710mmという座面の高さはSUVらしさを感じさせるものの、乗り込む時の面倒さは感じさせません。

サイドサポートのしっかり効いたシートのおかげで、座っているだけでスポーティさを感じる印象になっています。

PHEV車とほぼ同じメーター配置。唯一中央部のマルチインフォメーションディスプレイの表示が違っている程度です。ステアリングホイールの本革巻き仕様はシフトノブにも。

表皮レザーやグリップシェイプを採用し、メッキされた三菱のシンボルマーク「スリーダイヤ」が中央に配置されて印象的。メーターフードの上面にもブラックステッチが追加されています。

三菱アウトランダー内装ナビ周り

ナビとエアコンスイッチ類がまとまったセンターコンソール部はピアノブラック調塗装で質感も高く、落ち着いた雰囲気を与えるもの。

ナビ画面サイズは7インチになっており、最近増えてきた大型液晶画面に対応できないのは残念なところです。見せてもらったグレードが「ナビパッケージ」だったこともあり、ナビはメーカー純正のものが付いていました。

三菱アウトランダー助手席前席

インパネ上部とフロントドアトリム上部にはソフトパッドが付加されていて質感も十分。ワイドボディのお陰で隣の席とも十分に離れているため、十分にユッタリ感を味わえます。

最新のマイナーチェンジによってファブリックシートの表皮デザインが変更され、運転席・助手席のサイド部にステッチが追加されて質感がアップ。

こんな小さな部分でも視覚効果は十分です。

合成皮革も併用されたシートは表面温度を抑える素材が使われていることもあり、エアコンによる室内温度の影響も受けにくいタイプになっています

オプションで本革仕様のシート選択も可能ですが、25万円もの価格アップを考えればこのままの質感でも満足度は十分に高いものと思います。

三菱アウトランダー内装後席ラゲッジスペース

後席も前列同様に広い開口部で乗り降りが非常に楽。

床から座面までの高さも十分確保されており、太腿全体が座面に触れることで、包まれるような気分に浸れます。ボディサイズのおかげで、横方向への余裕も十分です。

ただ3列目への乗降はちょっと大変。2列目を前傾させて出入りする必要があり、緊急用として考えた方が良さそうです。

ラゲッジルームのサイズは約1000mm (奥行き:3列目使用時)、1700mm(奥行き:最大時)、1000mm(室内幅)、810mm(床面高さ)と十分なスペースが確保されています。

3列目シートを前傾させると広いスペースが作り出され、SUVとしての機能も十分。さらに2列目は6:4に、3列目は5:5に分割して折り畳めるので、荷物と乗員数に応じて様々なシートアレンジが可能です。

長物を積んでも3列目まで使うことも可能であり、更に床面がほぼフラットになるので、簡単なマットがあれば、おとな1人+こども1人であれば車中泊も難なく可能。

クルマの使い勝手が上がります。

始まる商談、値引きは?

その他、カタログや外見からは分からないことをセールス担当者に聞いてみました。

iFTig編集部
普段このクルマを紹介するときは、どんな点について説明しているんですか?
営業担当者
アウトランダーにはガソリン車とPHEV社がありますが、これは他の車種でガソリン車とハイブリド車があることとは大きな違いがあるんです。それが良く分かるのは両車の車重が最大で400kgも違うということで、つまりは大きくて重いバッテリーを積むPHEV車でも十分な乗り心地を得られるようにプラットフォームはもともと剛性を高めたものが使われているんです。その重量差を埋めるためにサスペンションの最適化とリアのショックアブソーバーの改良とか、軽量化することによる補正が各部に対して行われています。

その上に吸音材やや遮音材、ダイナミックバンパーなどの改良が行われて、エンジン音やドードノイズ、風切り音を大幅に少なくして、走行時だけでなく停車時の遮音性も向上しているんですね。ドアシールの構造にまで手を加えて閉まり音を改良しています。

iFTig編集部
運転しての感じとしてはどうですか?
営業担当者
車体長が4695mm,ホイールベースが2670mmとサイズの割にはコンパクトなこともあって、最小回転半径も5.3mと意外と小回りが利くところも街乗り用としても好都合なところです。車体の幅にさえ慣れてしまえば、狭い場所での取り回しもさほど問題にはならないとお客様にも言われています。アクセルリスポンスや操舵感も俊敏で、運転感覚の上でも上質感が感じられるクルマに仕上がっているというのが特徴になっていますね。あとガソリン車は7人乗りになっていて、これを理由に購入する方もいらっしゃいます。
iFTig編集部
SUVで7人乗りは少ないですからね。
営業担当者
エンジンはFFが2000CC、4WDは2400CCで、4WD車にのみS-AWCがオプションで追加できます。これはコンピュータ技術を使ってASC(アクティブスタビリティコントロール)やABS(アンチロック・ブレーキシスエム)などを統合的にコントロールするシステムで、いろいろな道路状況でも安全にクルマをコントロールできるようにするものです。

車体幅が1810mm、室内幅でも1495mmもあるので、ゆったりと座れますし、それでいて荷物スペースも広くなっていますから、レジャー用途としても使い勝手が良くなっています。

こうした機能のおかげで競合するSUV車と比べても遜色のない仕上がりになっていると思います。

iFTig編集部
ずいぶんと進化しているんですね。本体価格を考えると十分割安感はあると思いますね。PHEVとは価格でどのくらい違うんですか?
営業担当者
ちょうど100万円です。ナビ付きのグレード同士の比較ですが、それぞれでこっちの方が100万円安くなります。
iFTig編集部
ガソリン車を選ぶ人の理由はやっぱり価格ですか?
営業担当者
そうですね。電気で、ハイブリッドで燃費がいいとかランニングコストがかからないとは言っても100万円を取り戻すのはおそらく不可能なので、それを含めてトータルで考えるとガソリン車ということになりますね。100万円の価格差は結構大きくて、その程度だったらPHEVの方がいいという人もいますし、そんなに違うんだったらという人もいると思いますので。どうしてもPHEVに乗りたい人はそっちを選んで、それじゃなくてこの形がいいというのであれば、もうガソリン車で十分だと思います。ただ、売行きはPHEVの方が多いかもしれないですね。
iFTig編集部
室内はあまり変わらないんですか?
営業担当者
基本的に変わらないですけど、フロントグリルやシフトレバーのところ、シートの布地とかタイヤが違ったりする程度ですね。
iFTig編集部
実燃費はどのくらいなんですか?
営業担当者
4WD車で大体11km/Lぐらいですね。社員にもこのガソリン車に乗っている者がいるので聞いてみると大体10~11km/Lぐらいは行くようです。エコドライブに設定すると燃費が伸びるとも言われています。
iFTig編集部
カタログ燃費が14.6km/Lだから、このサイズを考えると結構走りますね。これはグレードとしてはどれになるんですか?それと価格は?
営業担当者
「ナビパッケージ」というグレードになります。ガソリン車でいえば一番上になって、価格は2400CCの四駆なので320万円位ですね。
iFTig編集部
サイズで言うとハリアーかCX-5あたりが相当するんですか?
営業担当者
ハリアーよりは少し小さい感じです。
iFTig編集部
ハリアーは内装がちょっと豪華すぎるので、そこには金を掛けたくはないし。CX-5と比べると、こちらの「売り」は、やっぱり三菱さんだと四駆と言うところですか?
営業担当者
そこに尽きると言うところですね。うちはクリーンディゼルがないもので。そういうところだと、ちょっと負けているかなと。
iFTig編集部
でもこれを選ぶ方も多いわけだし、その方たちはもうずっと三菱が好きだから三菱を買うということなんでしょうね。でも絶対に他のクルマと比べてきますよね?
営業担当者
やっぱりこのスタイルで気に入ったという人もいますし、顔つきも恰好いいと言っていただいているお客様もいますので。それと外車のような外観だとよく言われます。欧州向けのデザインで造られたこともあって、地味さはあるものの飽きの来ないデザインになっています。
iFTig編集部
私はCX-5よりもこっちの顔の方が好きですね。確かに顔もスタイルも格好いいなって思うし、なんか攻撃的な顔をしているので。最近のマツダは皆似たような顔をしているし、それに比べると三菱さんのクルマも多少は似てきているけど、パッと見た感じ、ちゃんと違いが分かるのでいいですよね。 折角乗るんだったら、皆同じ顔をしているのもちょっと寂しい気もするし、見た目はこっちの方がいいですよ。走りとかでの違いは、どんなところですか?
営業担当者
うちの四駆で言うと、切り替え式で4WDのロック機能まで備わっているところも特徴ですね。
iFTig編集部
それは大きいかもしれませんね。日産のエクストレイルは別かもしれないけど、最近はすごく攻める四駆って無いですしね。どちらかというと、何かの時に対応できる程度のイメージが付いているし、それを考えると三菱の四駆って確かに安心感がありますね。
営業担当者
ありがとうございます。安全機構「e-Assist」が追加された「Safety Package」でも基本グレードの約13万円高、さらにナビまで含まれた「Navi Package」だと45万円高となるものの、追加される仕様とのバランスやフォーマルからレジャーまで幅広く使えることを考えると割安感を感じるほどの価格設定になっていると思います。
iFTig編集部
買うとすると、やっぱり値引きとしては10~20万円なんですか?
営業担当者
そうですね…後はナビを最初から付いているメーカー標準のものでなくてディーラーオプションに換えれば多少値引き額も変わってきます。
iFTig編集部
そうか。ナビだけをディーラーオプションか何かで買えば値引き額は増えるんですね。でも自分はメーカー純正のタイプが安心でいいので、このままでいいです。
営業担当者
車を買う時期については、もちろんご存知だとは思うんですけど、やっぱり9月は決算とか、3月から決算とかって値引きが大きくなるとかは。
iFTig編集部
でも、メーカーさんによっては決算よりも、実は決算終わった後の受注が欲しいっていうところもあるんですよ。だからそっちを頑張りますっていうところもあったりとかしてね。まあいつ買っても結局は変わらないのではと思ったりもするんですが。
営業担当者
うちで言うと、メーカーの視察等があるのが毎年1月の初売りからなので。もう1~3月に、に合わせていらして頂いたらいいと思います。

見積書公開

アウトランダー 見積書

ナビまで標準装備で値引きが20万円とは少ない気がしますが、今回は初回の訪問でもあったので、こんなものでしょうか。

【ご希望車種】

アウトランダー 24G ナビ PKG 7ニンノリ 4WD
2400CC  6速CVT

【型式番号】

減税取 40% 重25%
DBA-GF8WXTXXZ(C00)
コード 30 外色 OPT 000

お支払い現金合計 車両販売価格① 付帯費用⑥
3,660,605円 3,427,337円 233,268円

【現金販売価格(消費税込)】

車両本体価格 3,211,920円
車両店頭引渡価格 3,211,920円
付属品価格 215,417円
計① 3,427,337円
付帯費用 233,268円
合計 3,660,605円

【付帯費用明細】

税金
自動車税(09月登録) 22,500円
自動車取得税 49,600円
自動車重量税 22,500円
94,600円
保険料
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
自動車保険料
40,040円
課税(消費税込)
(手続き代行費用)車庫証明手続 15,120円
検査登録手続 20,520円
下取車諸手続 10,800円
納車費用 9,720円
下取車査定料 5,400円
リサイクル資金管理料金③ 380円
つくつく保証 13,068円
課税分小計④ 75,008円
非課税
(預り法定費用)車庫証明 2,500円
        検査・登録 3,320円
        下取車諸手続 500円
リサイクル預託金額合計⑤ 11,100円
公正証書作成費用 6,000円
印紙 200円
非課税部小計 23,620円
諸費用計 98,628円
付帯費用合計⑥ 233,268円

【消費税率8%】

消費税等合計(①+④)x 税率/(100+税率)

259,432円

【付属品明細】

付属品明細 金額(消費税込)
ハーティシッカリシャケンツキ 1 80,980円
*フロアマット 1 35,985円
*エクシードバイ 1 23,932円
*グラスコーティング 1 74,520円
付属品合計 1 215,417円

【リサイクル法関連費用明細】

シュレッダーダスト料金 6,520円
エアバッグ類料金 2,500円
フロン類料金 1,950円
情報管理料金 130円
リサイクル預託料金合計⑤ 11,100円
資金管理料金(消費税込)③ 380円
合計 11,480円

【お支払方法】

お支払いプラン プラン1
頭金
割賦元金 3,660,605円
割賦手数料 451,992円
支払回数 60回
初回(12月) 53,797円
第2回目以降 54,600円
ボーナス月 月   日
ボーナス額
最終回支払額 892,000円

実質年率 3.90% マイカープランご利用:プラン1

まとめ

地味な存在ながら、クルマとしての完成度の高さでは折り紙付きのアウトランダー。

燃費偽装問題でケチが付いた不運はあったものの、様々な用途に対応できる優れた多様性と、車体重量の割には優れた燃費の良さも誇るべきものでしょう。

街乗り用として十分なFF車、そしてアウドドアレジャーに便利さが生きる4WD、7人乗車も可能とするなどラインアップも広げることによって、多くのユーザーを販売対象とするマーケッティング戦略と共に、真にクルマ好きを歓ばせる一台として、アウトランダーは格好の選択肢となるのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です