ベンツGLAクラス グレード別に考察、評価、オススメを紹介!

メルセデスベンツGLAクラス

SUVでありながらも上品で実用性と快適性が高められた、ラグジュアリーな車。

それがGLAクラスです。

SUVと言えばイカツイ顔つきでガンガン走らせるようなイメージがあるでしょうが、GLAクラスは違います。イカツさの中に上品さを含ませた味のある見た目で、走行性より室内の快適性のほうが重視され画地な車なのです。

なんとなく、フロントフェイスがダイオウグソクムシに似ているような気がします。

また、ベンツGLAクラスはグレードごとにエンジン性能や装備内容に違いを持たせながら、オプション装備を駆使すれば下位グレードでも上位グレード並みの装備が手に入るという、ややこしい車でもあるのです。

そこで、自分がどのグレードを選べばいいかがわかるよう、グレードごとの違いや特徴をまとめてみました。

メルセデス・ベンツ GLAクラス グレード表

グレード 価格
GLA 180 4,140,000円
GLA 220 4MATIC 4,670,000円
GLA 250 4MATIC
(受注生産)
5,330,000円

GLAに設定されているグレードは、AMGデザインを省くと3つです。

価格差を見てみると、414万円から533万円の約120万円となっており、

ベンツのグレード間の価格差としては普通といったところですが、他車と比べると大きな差ですよね。

この差には、いったいどれほどのグレードの違いが込められているのでしょうか。そこで、これから各グレードの特徴・違いをじっくりと見ていきます。

各グレードの特徴や違いを解説

GLAは3つのグレードとなっていながら、各グレードの特徴がわかりづらいです。

性能や内外装の違いを細かく見ていかないと、どれも似たようなグレードに見えてしまうでしょう。そこで、装備内容を詳しく見る前に、各グレードの特徴を大まかに説明します。

GLA 180

最も標準的なスタイルのベースグレードです。

最低限の装備内容を揃えていますが、パッケージオプションを追加することでプラスアルファの装備・機能も付けることができます。自分なりに装備を組み合わせる楽しさを最もよく味わうことのできるグレードとも言えるでしょう。

ただ、細かな違いとなっているのが、ズバリエンジン。
実は3つのグレードでエンジンの総排気量・パワー・燃費が異なります。燃費はGLA180が最も低燃費ですが、排気量とパワーは他グレードに劣るのです。

ちなみに、GLA180に搭載されているエンジンスペックは以下の通りとなります。

  • 最高出力:90kW[122PS]/5,000rpm
  • 最大トルク:200N・m[20.4kg・m]/1,250~4,000rpm EEC
  • 燃費:16.4km/L

GLA 220 4MATIC

GLA180の装備内容に加えてベーシックパッケージを標準装備とし、エクステリアやインテリアといった見た目にも変化が表れているグレードです。

特にシートがレザーツインからARICOへ変わっている点やタイヤが1インチ大きくなっている点は、特徴的な変化と言えるでしょう。

また、エンジンを見てみると、以下のようにパワーが上がっています。

  • 最高出力:135kW[184PS]/5,000rpm
  • 最大トルク:300N・m[30.6kg・m]/1,000~4,000rpm EEC
  • 燃費:13.1km/L

そして2輪駆動方式から4輪駆動方式になったことで、街乗りから悪路走行でも楽しい運転ができるようになっているのもポイントですね。

GLA 250 4MATIC(受注生産)

GLA180よりもパワフルなエンジンを搭載した、4輪駆動車です。エンジンスペックや燃費は以下の通りとなっています。

  • 最高出力:155kW[211PS]/5,500rpm EEC
  • 最大トルク:350N・m[35.7kg・m]/1,200~4,000rpm EEC
  • 燃費:14.2km/L

高回転域・高速域での鋭い加速感と、ダイレクト感のある走りが特徴的です。市街地だけでなく、高速道路での走行や郊外など信号の少ない道での走行にも向いています。

市街地走行では出力を上げることは難しいですが、日常稼動範囲なら全く問題ないほどの出力は出るので問題ないでしょう。

また、トルクに関しては、低回転域からでも最大トルクに近い数値が出ます。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を語る際、パッケージオプションなど装備の話を少しだけしました。

今回は装備を基準にして各グレードの特徴を見ていきます。自分にとって必要な装備が揃うグレードはどれか、パッケージオプションも考慮して考えてみましょう。

全装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/compact_cars/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト)
  • アダプティブブレーキライト
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSサイドバッグ(ペルビス・ソラックス)(前席)
  • SRSニーバッグ(運転席)
  • SRSウインドウバッグ
  • LEDハイマウントストップランプ
  • ルーフレール
  • 分割可倒式シート(分割比率2:1)[後席]
  • 座面長延長機能(前席)
  • 本革巻(ナッパレザー)マルチファンクションステアリング(パドルシフト付)
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター

CクラスやEクラスと比べると、圧倒的に標準装備が少ないです。
特に先進安全装備が少し手薄になっているのが気になります。とは言え、価格帯を考慮しても十分すぎるほどの装備・機能が揃っていると言えるのではないでしょうか。

特にSRSエアバッグがとても充実している点が、魅力的です。先進の予防安全装備もアダプティブブレーキやBASなど基本的なものが用意されています。決して不十分ということはありません。

全車共通標準装備が少ないですが、少なくすることによってむしろグレードごとに違いを多く持たせることができ、選ぶ楽しみを演出しているのではないでしょうか。

GLA 180装備、特徴、異なる点

  • タイヤサイズ[フロント・リヤ] 215/60 R17
  • 17インチ5ツインスポークアルミホイール
  • フロントグリル シルバー
  • ルーフレール(ブラック)
  • シート レザーツイン
  • ドアパネル ファブリック
  • インテリアトリム ハニカムデザイン
  • エアコンディショナー

他グレードとGLA180を比べた時に違う点としてあげられる装備は以上となります。

見てもらうとわかるように、基本的にタイヤのサイズとインテリア面での違いが大きな変更点といえそうですね。

このように他グレードよりも劣る仕様の装備が付いていることが多いのですが、ベーシックパッケージをオプション設定することによって、他グレードの装備内容に近づけることが可能ですし、他にもレーダーセーフティパッケージやプレミアムパッケージが用意されています。

また、「GLA180のみ」と限定してしまえば挙げられる装備がほとんどなく「装備が少ない」と感じますが、一部の他グレードと共通する装備が多いのがGLA全体の装備の特徴です。

そのため「このグレードにだけこれが付いている」ということだけでなく、「これとこれの組み合わせが……」と装備の組み合わせにも選ぶ楽しさがありますね。。

そういったものはここで挙げるよりも先述したPDFを見たほうが理解が早いので、そちらをご確認ください。ちなみに、先述したベーシックパッケージの内容は以下の通りです。

ベーシックパッケージで追加される装備

  • レザーARICOシート
  • クライメートコントロール(左右独立調整)
  • バナジウムシルバーペイント18インチ5スポークアルミホイール
  • シルバールーフレール
  • シルバーバンパー
  • レザーARICOドアパネル
  • ブロックデザインアルミニウムインテリアトリム

ベーシックパッケージでは、基本的な便利機能だけではなくインテリア・エクステリアの変更点があります。

ベーシックパッケージプラスは、便利機能の追加よりも収納や室内装備・機能の追加によって、快適性が向上している点が特徴です。特にクライメートコントロールが搭載される点が嬉しいですよね。

GLA 220 4MATIC装備、特徴、異なる点

  • タイヤサイズ[フロント・リヤ] 235/50 R18
  • 18バナジウムシルバーペイント5スポークアルミホイール
  • フロントバンパー シルバー
  • クロームエグゾーストエンド ツイン(スクエアデザイン)
  • クライメートコントロール(左右独立調整)
  • ベーシックパッケージ

先ほど紹介したベーシックパッケージの内容が標準装備となり、その上で4輪駆動方式やエンジンの性能向上といった特徴が、GLA220 4MATICの特徴的なポイントですね。

また、GLA180では装備できないフロントバンパーやエグゾーストエンドが取り付けられているのもポイント。

フロントバンパーがある事で耐久度も上がっていますし、エグゾーストエンドがあることでどの角度から見てもSUVらしさが出ています

そしてGLA220からは、プレミアムパッケージにシートやダッシュボードといった各所に革が使用されるレザーエクスクルーシブパッケージも追加されており、走りの性能だけではなくインテリアの質感を高めることもできるようになりました。

GLA 250 4MATIC装備、特徴、異なる点

  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • メモリー付フルパワーシート[前席]
  • 電動ランバーサポート[前席]
  • アームレスト[後席]
  • トランクスルー機能
  • リバースポジション機能付ドアミラー[助手席側]
  • カップホルダー[後席]
  • ハイグロスブラック加飾
    フロントグリル
    フロントバンパー
    サイドスカート
    リアスカート
  • アルミホイール(18ブラックペイント5ツインスポーク)

以上が受注生産となるGLA 250 4MATICで新たに追加される装備内容です。装備内容を簡単に言ってしまうと、GLA220で追加されたベーシックパッケージに加えて、プレミアムパッケージも標準装備となっています。

そのため、装備内容がかなり充実して快適な空間として、SUV本来の楽しさを味わうことが出来るでしょう。

また、GLA250には新たにオプションとしてレザーエクスクルーシブパッケージが用意されており、より内装にこだわった仕様にすることも可能です。SUVらしさだけではなく、実用的な装備も揃えていきたい方にとっては、魅力的ではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまで、各グレードの特徴を詳しく見てきましたが、結局どれがオススメなのか、どういった選び方をすればいいのかには触れてきませんでした。

そこで、各グレードの評価をしながら、どんな人にオススメかについて語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人におすすめ
GLA 180 ☆☆☆☆ 自分好みにオプションを装備して楽しみたい方へ
GLA 220 4MATIC ☆☆☆ ある程度の完成されたグレードを楽しみたい方へ
GLA 250 4MATIC
(受注生産)
☆☆☆☆☆ 性能・実用性・快適性を重視したい方へ
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GLA 180の評価

GLA180は標準装備が少ないですが、その分レーダーセーフティパッケージ・ベーシックパッケージ・プレミアムパッケージの3種類のパッケージオプションを選ぶことが出来ます。

そのため、カスタマイズがしやすく、自分好みの1台に仕上げていくことが出来る、そう考えるとより魅力的に映るのではないでしょうか。

ただ、4輪駆動方式ではないためあくまでも街乗りでの利用に限ります。悪路での運転を楽しみたい方や、雪国にお住いの方は4輪駆動方式のGLA220からのグレードを選ぶことになりそうですね。

GLA 220 4MATICの評価

GLA180にベーシックパッケージが追加され、エンジンの性能や駆動方式と様々な変更点があるGLA220 4MATIC。

4輪駆動方式となったことで悪路走行もお手の物ですし、エンジンの性能が上がっていることで、よりパワフルな運転ができるようになっています。装備内容もある程度充実しており、内装・外装共に楽しめるようになった1台と言って良いでしょう。

そのため、楽しい運転を楽しみたい方にとっては、かなりおすすめだと言えますね。

GLA 250 4MATICの評価

GLA180・GLA220のエンジンで不足ということではありませんが、高速道路を加速して走るということにはやや不向きでした。

それがGLA250になると、高速道路でエンジンを回して加速して走ることも出来るようなパワフルさが得られるようになります。

こういった「性能」と、装備の充実度による快適性・実用性の高さ、そして価格のバランスがとても優れているのです。そのため、万人におススメできると言っても過言ではないでしょう。

GLAクラスの総合評価

近年、日本国内で人気の高いコンパクトSUVということもあってか、どのグレードも人気が高いです。

特に人気なのは、GLA220 4MATICとGLA250 4MATIC。
人気な理由は、どちらも装備内容や性能と価格とのバランスが良いという点しょうか。ベンツGLAクラスはお手ごろ価格ということもあってか、他のクラスよりも価格を気にする方が多い傾向があります。

そのため、他のグレードと比べるときに関しては、装備内容と性能・価格のバランスで決めると良いでしょう。

まず、どこまでの性能が必要かを考えて、次にどの装備が必要かを考えると自分に適したグレードが浮かび上がってきます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です