ベンツEクラス セダン グレードを比較して、特徴に迫る!

メルセデスベンツEクラスセダン

EクラスはCクラスと並んで、ベンツの中核的存在となっているクラス。

その中でもセダンは「どんな用途でも運用しやすい」「高級感がある」ということから、広く愛用されています。

そんなEクラス セダンには、AMGデザインを除いても6種類のグレードがあるのです。

当然のことながら、これだけ多数のグレードがあれば価格の差も激しくなりますし、グレードをしっかり比較して選ばなければ、良い買い物をすることはできません。

そこで、各グレードの価格・装備などを比較して、それぞれの特徴を追っていきましょう。

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン グレード表

グレード 価格
E 200 AVANTGARDE 7,150,000円
E 200 4MATIC AVANTGARDE 7,380,000円
E 220 d AVANTGARDE 7,430,000円
E 250 AVANTGARDE Sports 8,140,000円
E 350 e AVANTGARDE Sports 8,370,000円
E 450 4MATIC EXCLUSIVE 10,740,000円
※AMGデザインは、今回は省いています。

冒頭でもお話した通り、Eクラスセダンには6つのグレードがあり、価格差を見てみると最低価格715万円、最高価格1074万円と、実に359万円の幅がありますが、グレード2つで200万円の差があるようなものもありますから、Eクラス セダンのグレード間の価格差は特別大きいということはないでしょう。

この359万円という価格差に込められているグレードごとの違いは、大きいのか小さいのか、はたまたどのような違いがあるのか……気になりますよね。それをこれから、じっくりと見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

Eクラス セダンはエクステリアに違いのあるグレードもありますが、ほとんどがパっと見て違いのわからない仕様となっています。

装備やエンジンスペックなどを詳しく見れば違いがわかるのですが、まずは軽くそれぞれのグレードの特徴を把握しましょう。

E 200 AVANTGARDE

ベンツEクラスセダン_E 200 AVANTGARDE

標準的なベースグレードです。
標準装備の数は多くありませんが、オプション装備を付けることで内装を豪華にしたり、音響設備をグレードアップしたりできます。

標準のエクステリアやインテリアは、スポーティかつ上品な仕様です。レザーパッケージを付けることで、上品さに磨きをかけることができます。

 

E 200 4MATIC AVANTGARDE

メルセデスベンツEクラス_セダン_E 200 4MATIC AVANTGARDE

簡単に言ってしまうと、E200 AVANTGARDEの駆動方式が4輪駆動となっているグレードとなります。

4輪駆動方式となったことで雪道や悪路でもパワフルな運転が可能となっていますが、装備やエンジン性能に特出すべき変更点はありません。

E 220 d AVANTGARDE

ディーゼルエンジンを搭載したグレードです。ディーゼルエンジンによって、力強い加速感を得られると共に、21.0km/Lという高い燃費性能を得ることができます。

ちなみに、E200の燃費は14.7km/Lで、最高出力や最大トルクなどのエンジン性能はE220 dよりもやや劣るのです。

E 250 AVANTGARDE Sports

メルセデスベンツEクラス_セダン_E 250 AVANTGARDE Sports

E200と同じエンジンを搭載しながらも、E200よりも高い出力を出せることが特徴のグレードです。

E200とE250の最大出力と最大トルクを比較してみましょう。

E200

  • 最高出力:135kW[184PS]/5,500rpm EEC
  • 最大トルク:300N・m[30.6kg・m]/1,200~4,000rpm EEC

E250

  • 最高出力:155kW[211PS]/5,500rpm EEC
  • 最大トルク:350N・m[35.7kg・m]/1,200~4,000rpm EEC

同じエンジン回転数で20馬力高いパワーを出し、50大きいトルクを感じることができるということです。

回転数を上げなければ違いをあまり感じられないかもしれませんが、少なからず加速性能が向上しています。

また、各所にAMGデザインが適用されていて、エクステリアがとてもスポーティなものとなっています。AVANTGARDは上品さとスポーティさの中間といったところでしたが、Sportsはスポーティさに振り切っていると言えるでしょう。

E 350 e AVANTGARDE Sports

メルセデスベンツEクラス_セダン_E 350 e AVANTGARDE Sports

E 350 e AVANTGARDE Sportsの「e」は「エレクトリック(electric)」の頭文字。つまりこのグレードはハイブリッド車になります。

AMGラインなどといったスポーティな印象を兼ね備えつつ、燃費も15.7km/Lと高性能。

ただ、装備内容がE250 Sportsと変わらない点が多いのであくまでもハイブリッドが一番の特徴的なポイントといえますね。

E 450 4MATIC EXCLUSIVE

メルセデスベンツEクラス_セダン_E 450 4MATIC EXCLUSIVE

4輪駆動で、なおかつ総排気量2,996ccというEクラス セダン最高の走行性能を誇るグレードです。E200やE220 d、及びE250は1,991ccなので、他グレードの約1.5倍の排気量ということになります。

具体的な点については、後で説明しましょう。

また、エクステリアがAVANTGARDEやSportsとは全く異なるものとなっています。Sportsがスポーティさに振り切ったものなら、EXCULUSIVEは上品さに振り切ったものと言えるでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を内外装や性能といった点をメインに説明しましたが、装備内容については触れていませんでした。

それぞれにどのような装備の違いがあるのかを知らなければ、グレードを選ぶことはできませんよね。そこで、各グレードで異なる装備についてまとめてみました。

全ての装備を閲覧したい方は、下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/e-class/sedan_wagon/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • レーダーセーフティパッケージ
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能・ヒルスタート)
  • アダプティブブレーキライト
  • パークトロニック
  • 360°カメラシステム
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • クラッシュセンサー連動機能
  • アルミニウムボンネット
  • プライバシーガラス[後席左右・リアウインドウ]
  • メモリー付パワーシート(運転席/助手席)
  • アームレスト(前席・後席)
  • マルチファンクションステアリング(パドルシフト付)
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • リーディングライト(後席)
  • マイクロエアフィルター&チャコールフィルター

セーフティ系の装備がとても充実しています。
特に360度カメラシステムなど、下位クラスではグレード別設定になりがちな装備が全車標準装備となっているところが特徴的です。

360度カメラシステムがあることで、車両周囲を3Dでぐるっと見ることができ、バック駐車時などの安全性を確保することができます。

360度カメラもそうですし、アクティブパーキングアシストなどといった、駐車支援機能が多いところもとても魅力的ですよね。

さらに、レーダーセーフティパッケージなどの予防安全装備も充実していて事故が起こりにくくなっており、「もしも」のときにもSRSエアバッグがあらゆる方向から自分の身を守ってくれるので安心です。

セーフティ以外で特徴的なのは、リーディングライトでしょうか。いわゆる読書灯というもので、高級車に装備されることが多いです。これがあると、高級車だなと実感します。

見るからに豪華な内容になっていますが、Eクラス セダンはグレード数が多いからか、Eクラスの中で最も全車標準装備が少ないです。グレードごとにどんな違いがあるのかと期待させられますよね。

それでは、各グレードの装備の違いについて見てみましょう。

E200シリーズとE 220 d AVANTGARDEの装備比較

ベンツEクラスセダンE 200外観
ベンツEクラスセダンE 200コックピット
E200シリーズ E220 d AVANTGARDE
  • バンパー 一体型クロームエグゾーストエンド
※上の表は、二つのグレードで共通していない装備のみを挙げたものです。

二つのグレードの装備的な違いは、エグゾーストエンドのみとなっています。

エグゾーストエンドといえば、マフラーパイプの出口で、マフラーカッターとも呼ばれている部品です。排気系パーツの中でも、唯一外から見える部分なのでデザインがしっかり考えられています。

E200のエグゾーストエンドはクローム加工されたバンパー一体型のもので、E220 dのはそうではないのです。E220 dとE220 d Sportsのエグゾーストエンドは他のグレードと異なる仕様となっているようですが、具体的にどう違うのかはよくわかりません。

よほど意識して見ない限りはどうなっているかわからない部分なので、それほど気にする必要はないでしょう。

そのため、E 200シリーズとE220 dの相違点としては、2輪駆動方式(またはベースグレード)か、4輪駆動方式なのか、燃料が軽油なのかと考えておいた方が分かりやすいかと思います。

E200/E220とE250Sportsの装備比較

ベンツEクラスセダンE250外観
ベンツEクラスセダンE250コックピット

【装備の違い】

E200/E220 d E 250 Sports
  • LEDハイパフォーマンスヘッドライト
  • 17インチ5スポークアルミホイール
  • 本革シート(ステッチ入)
  • ブライトアルミニウムインテリアトリム
  • ピアノラッカー調センタートリム
  • マルチビームLEDヘッドライト
  • 19インチAMG5ツインスポークアルミホイール
  • 本革シート(ナッパレザー/ステッチ入)
  • ブラックアッシュウッドインテリアトリム(マット)
  • ブラックアッシュウッドセンタートリム(マット)

【E250で追加された装備】

  • アダプティブハイビームアシスト・プラス
  • MercedesーBenzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク[フロント]
  • MOEztended(ランフラット特性タイヤ)
  • AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リヤスカート)
  • LEDコーナリングライト
  • レザーARICOダッシュボード
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • AMGスポーツステアリング
  • イルミネーテッドステップカバー
  • ヘッドアップディスプレイ
  • フットトランクオープナー
  • 自動開閉トランクリッド

E200シリーズとE220 dの違いとなっている点となっているのは、駆動方式や燃料による違いだと先ほども紹介しましたが、これら3つのグレードとE250 Sportsとの違いは結構多いです。

オプション装備となるAMGラインが標準搭載されるだけではなく、ヘッドアップディスプレイやフットトランクオープナーといった快適かつ先進的な装備も充実しています。

ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスにあらゆる情報が投影され、路上から目を離すことなく方角や速度の表示を見ることができるシステム。実際には「ガラスに映し出されてる!」というより、それより少し先に浮かんでいるような感覚を味わうことが出来ます。

晴れていて日光がまぶしい日でも、夜間で暗いときでも読みやすいよう、表示される画像の明るさが自動調整されるだけではなく高さの調整もできるので、自分が見やすく運転の邪魔にならない位置に情報を投影することが可能です。

また、フットトランクオープナーは文字通り、足でトランクルームを開けることができる機能。荷物を抱えたまま開けられるため、買い物などに有効活用することができます。

利便性も高いですが、どことなく近未来的で心が躍りませんか?

E250 SportsとE350 e Sportsの装備比較

E 250 Sports E300 e Sports
ヘッドアップディスプレイ Mercedes me Connect リモートセットアップ(EQ Powerモデル)
※上の表は、二つのグレードで共通していない装備のみを挙げたものです。

E250 SportsとE300 e Sportsは、基本的に搭載されている装備やインテリアは同じですが、大きな違いとなっているのはやはりガソリン車か、ハイブリッド車かという点といえますね。

また、先ほど紹介したヘッドアップディスプレイがE300 e Sportsだとオプション装備となり、代わりにMercedes me connectリモートセットアップが搭載されるのも要チェック。

このシステムはハイブリッド専用の装備で、ご自身のスマートフォンで充電設定の状況を確認することができるだけではなく、スマホから遠隔操作でエアコンが起動できるので暑い夏や寒い冬などでも快適な状態で乗り込むことが出来ます。

E 400 4MATIC EXCLUSIVEの装備、特徴、異なる点

  • AIR BODY CONTROLサスペンション
  • 18インチ5ツインスポークアルミホイール
  • ブラウンアッシュウッドインテリアトリム(マット)
  • ブラウンアッシュウッドセンタートリム(マット)
  • ヒートシーター[後席]
  • エクスクルーシブデザイン
    フロントバンパー
    ボンネット
    サイドスカート
    リヤスカート
  • クローム付(エクスクルーシブ専用)フロントグリル
  • 245/45/R18タイヤ

他グレードと共通しない装備を挙げました。

エクステリアのエクスクルーシブデザインが特徴的です。AVANTGARDEやSportsはスポーティな仕様になっていますが、エクスクルーシブは上品さと高級感を押し出したような仕様になっています。どちらかといえば、エクスクルーシブのほうがメルセデスらしいと言えるでしょう。

次に特徴的なのは、サスペンションですね。AIR BODY CONTROLサスペンションは、路面状況や乗車人数・荷物の積載状況などに応じて、減衰力を電子制御で常に最適化してくれます。

たとえば、高速走行しているときには車高を下げて空気抵抗を減らしてくれるのです。これによって「どんな路面でも走りやすくなる」だけでなく、燃費も良くなっています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまで、内外装や装備の違いといった各グレードの具体的な特徴や違いを見てきました。

この時点で「もう選ぶグレード決まったよ」という方もいれば、まだ決めかねている方もいると思います。そこで、結局どんな人にどのグレードがおすすめなのかという点を、各グレードを評価しながら語っていきましょう。

グレード名 評価 こんな人におすすめ
E 200 AVANTGARDE ☆☆ Eクラスのセダンを出来るだけお金をかけずに手に入れたい方
E 200 4MATIC AVANTGARDE 雪道や悪路走行が多い地域にお住まいで、予算をある程度抑えたい方
E 220 d AVANTGARDE 低燃費を追求していきたい方
E 250 AVANTGARDE Sports スポーティな仕様を詰め込み、楽しい運転を実現したい方
E 350 e AVANTGARDE Sports ハイブリッドで低燃費を実現しているグレードを乗りたい方
E 450 4MATIC EXCLUSIVE ☆☆☆☆☆ 最高級のインテリアでどんな道でもすいすい進める楽しさを求める方
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

E 200 AVANTGARDEの評価

標準装備が薄いですが、だからこそお金をかけずにEクラスというベンツの中核的存在を手に入れることができます。

そのため、Eクラス セダンに興味はあるものの予算に余裕がないという方でも手に入れやすく、人気のグレードです。

E 200 4MATIC AVANTGARDEの評価

E200グレードの中でも、より雪道や山道といった悪路走行が多い地域にお住いの方なら、4輪駆動方式かつ最低限の予算で購入できるのは好印象ではないでしょうか。

最低限の標準装備、といいましたがそれでも充実している装備内容には変わりがありませんし、安心・安全に運転を楽しむことができるのも、E200 4MATICの特徴的なポイント。

また、オプション装備を付ければ内装を大幅にグレードアップすることができるなど、こだわることのできる要素があるのも魅力と言えるでしょう。

E 220 d AVANTGARDEの評価

ディーゼルエンジンの力強さと、燃費の低さが共存している点が最大の魅力です。

アクセルを踏むと、グンッと速度が伸びていき、あっという間に巡航速度に到達します。日常使いでのあらゆる局面で力不足を感じることがなく、運用しやすいところもポイントです。

また、ディーゼルエンジンと言えば「カラカラ」という音が気になるところですが、E220 dのエンジンはそれがありません。厳密にはエンジン始動直後に少し音が聞こえるのですが、エンジンが温まってからは加速をしても音がしない高い静粛性を保てるようになります。

ちなみに、E220 dに搭載されているエンジンの最高出力・最大トルクは以下のとおりです。

  • 最高出力:143kW[194PS]/3,800rpm EEC
  • 最大トルク:400N・m[40.8kg・m]/1,600~2,800rpm EEC

通常のエンジンはエンジン5500回転時に135馬力が出る仕様なのですが、ディーゼルエンジンは3800回転時に143馬力が出ます。通常のエンジンよりも少ない回転数で高い力が出るということで、市街地での運用がよりしやすくなっているのです。

そして、これだけのパワーがあって燃費が21.0km/Lというのは大きな魅力と言えます。

E 250 AVANTGARDE Sportsの評価

E200にAMGラインの内容が標準装備されつつ、先進性・機能的な装備が充実しているE250 Sports。このグレードは比較的低価格でスポーツ仕様のEクラス セダンを手に入れることができます。

足でレバーを踏んでトランクルームを開けることができるため、買い物などで荷物を積む機会の多い方には最適なグレードです。

また、搭載しているエンジンの性能が若干良くなっており、燃費も多少良くなっている為、多く荷物を積んだとしても走りには影響がないというのもポイントとなっています。

基本的な装備はE200のままがいいけど、スポーツ仕様がほしいという方に最適ですね。

E 350 e AVANTGARDE Sportsの評価

Eクラス唯一のハイブリッド車で、低燃費差を兼ね備えながらAMGラインを備えたスポーツ仕様のグレード。それがE350 eの特徴と言えるでしょう。

基本的な装備はE250と大差がほぼありませんが、燃費の良いハイブリッド車を、そう考えている方にオススメのグレードといえますね。

E 450 4MATIC EXCLUSIVEの評価

E400の走行性能は、スポーツカーにも匹敵するものとなっています。その加速性能だけで、どんな道でも余裕に走り抜けられるのではないかというほどの高いパワーがあるのです。

なおかつ4輪駆動ということで、「これでもか」と走行性能・走破力を高めています。

そんなE400のエンジンの具体的なスペックは、以下のとおりです。

  • 最高出力:245kW[333PS]/5,250~6,000rpm EEC
  • 最大トルク:480N・m[49.0kg・m]/1,200~4,000rpm EEC

ディーゼルエンジンと比べると、燃費は圧倒的に劣りますが、E200と比べるとそうでもありません。

E200は2輪駆動で14.7km/L、4輪駆動で13.4km/Lです。排気量がE200の約1.5倍ということを考えれば、十分低燃費と言えるでしょう。

E 450 4MATIC EXCLUSIVEに興味のある方はSクラスのセダンもチェックです。E 450 4MATIC EXCLUSIVEはSクラスの最低グレードを購入できる金額ですから、どちらが良いのか後で後悔しないためにも参考に御覧ください。
>ベンツ Sクラス セダン グレードごとに比較、特徴を徹底考察!

Eクラス セダンの総合評価

セダンは乗り心地が良く、室内の静粛性や快適性がとても高い車です。

ワゴンなどの実用車に押されて「実用的」というイメージはあまりないでしょうが、実用性が高い車でもあるため、E200のような安く実用的な装備を取り揃えたグレードが人気なのにも頷けます。

特にベンツ Eクラス セダンは快適装備が充実していて、どのグレードを選んでも実用性が保証されていると言えるでしょう。

また、ディーゼルエンジンは、パワフルさと低燃費さの両立が出来ている点、そして静粛性が高い点で人気です。セダンというボディタイプとの相性が良いと言えますし、何よりも実用性や快適性が求められるセダンにはぴったりのエンジンではないでしょうか。

純粋に性能を比較してグレードを選ぶのもひとつの手ですが、このようにセダンというボディタイプを考慮してグレードを選んだり、用途で選ぶのもいいのではないでしょうか。いずれにせよ、自分の好みや需要に合ったグレードを選ぶようにすれば満足できる買い物ができるかと思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です