6代目ワゴンRをグレードごとに比較!「力強くなった」その真相は?

スズキ ワゴンR

現在では軽自動車の主流となったトールワゴンですが、ワゴンRはその元祖とも言える車ですよね。ワゴンRが流行りだしてから各社がこぞってトール系軽自動車を生産・販売し始め、日本の自動車市場に深く根付いてきました。

そんなワゴンRも、なんと6代目! その特徴は三つのデザインが用意されていること。一風変わった顔を持つ「スティングレー」は別モデルのような位置づけですが、基本モデルだけでも二種類の顔を持っているんだから驚きですよね。

それだけではなく、新型ワゴンRは新しいプラットフォームを採用しているんです。マイルドハイブリッド車もあり、運転支援機能も多数搭載するなど話題に事欠かない車となっています。

それでは、話題性抜群の6代目ワゴンRの基本モデルをグレードごとに比較しましょう。

ワゴンR グレード表

グレード名 価格
FA 1,078,920円(1,202,040円)
ハイブリッドFX 1,177,200円(1,298,160円)
ハイブリッドFZ 1,350,000円(1,470,960円)
※CVT車の価格を表示しています。()内の価格は4WD車のものです。

ベースグレードだけは5MTを選択することができます。2WDだと価格は変わりませんが、4WDの場合はCVTより若干安くなるので選ぶ意味も大きくなるのではないでしょうか。軽自動車でMT車の選択肢のある車は、以前と比べて増えましたよね。

気になるのはハイブリッドFXとFZでしょう。ただ、個人的に一番気になるのが価格差が小さいのではないかというところです。特にFXとFZはフロントデザインが変わるため、もう少し価格に大きく差が出てもいいのではないかと思います。

そうなると、装備や性能に大した違いが無いのではないかと思わされますよね。

各グレードの特徴や違いを解説

スズキワゴンRエクステリア

価格差から装備や性能には大した違いが無いのではないかと考えましたが、実際はどうなのか各グレードの概要を見てみましょう。性能は詳しく語りますが、装備はあとで詳しく語るのでザックリと説明します。

FA

スズキワゴンR FAエクステリア

ワゴンRは全グレード通して同じエンジンが搭載されています。その性能は、最高出力38kW/6,500rpm、最大トルク60Nm/4,000rpmです。動力性能自体は軽自動車としてはそれほど高い数値でもなければ、低い数値でもないベーシックなものといった印象を受けます。

ただ、単純な動力性能だけを見ても6代目ワゴンRの魅力は伝わりません。なんと言っても新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用したという点が、6代目ワゴンRの最大のトピックスでしょう。

詳しい構造などは敢えて語りませんが、この新プラットフォームによってしっかりと軽量化されています。これによって燃費と走行性の両方が向上しているんです。スズキは軽自動車の軽量化と高剛性化の両方をバランスよく高めるのがうまいなと常々感じていますが、これまで追求してきた軽量化技術をとことんまでワゴンRに詰め込んでいるなあと実感します。

FAの燃費は26.8km/L。

マイルドハイブリッドが搭載されていないのにも関わらず、とても低燃費ですよね。

そして、燃費が良いからと言って走りも犠牲にしていないのが好印象。最高出力は6,500rpmで出るということですが、市街地であれば4000rpmもあれば全く問題ありません。だからロードノイズやエンジン音が悪戯に響くこともなく、静粛性も高く安定したドライブを楽しむことができます。

ハイブリッドFX

スズキワゴンR FXエクステリア
スズキワゴンR FAインテリア

フロントデザインはFAと同じで、ゆるふわ系。四角いヘッドライトで、ザ・ワゴンRといった印象を受けます。2WDにはスタビライザーが搭載されていないため、走りもゆるいです。軽自動車らしい走りを楽しみながら、マイルドハイブリッドによる低燃費の恩恵を受けることができます。

FXとFZは燃費が33.4km/L! 軽自動車トップクラスの燃費性能です。

装備に関してはFAより若干豪華であるものの、それほど大きくは変わりません。大きく変わった部分と言えば、オプションである「セーフティパッケージ」を搭載することが可能になる程度です。目玉となるような面白い装備のほとんどは、セーフティパッケージに含まれています。

ハイブリッドFZ

スズキワゴンR FZエクステリア
スズキワゴンR FXインテリア

デザインがFXよりもスポーティで今風なものになったグレードです。他社の軽自動車で言うなら「カスタム車」系の顔つきになっています。特徴的なのはヘッドライトが上下二分割されたようなデザインになっている点でしょうか。近年一番売れ筋のタイプの顔ですね。

装備もFXより若干豪華になるものの、やはりセーフティパッケージの存在感が大きいです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能とデザインなど各グレードの概要を紹介しましたが、グレード間の格差はやはり小さいということでした。FAとFXとではハイブリッド搭載の関係で、若干性能が異なるものの走行性能自体に大した違いは見られない。装備に関しても「若干豪華」といった程度です。

それでは、具体的にはどのような装備の違いがあるのかを、下記カタログから抜粋して紹介しましょう。
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/pdf/detail.pdf

全グレード共通標準装備

  • 軽量衝撃吸収ボディーTECT<テクト>
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • フロントディスクブレーキ
  • ESP
  • ヒルホールドコントロール(CVT車)
  • 頚部衝撃緩和フロントシート
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • スモークガラス(リヤドア、リヤクォーター、バックドア)
  • 残照式3ポジションルームランプ(フロント、リヤ)
  • フルフラットシート
  • 左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構
  • 運転席シートヒーター(FAは4WDのみ)
  • パワーステアリング
  • 自発光メーター[常時照明式]

軽自動車には当然のように搭載されていて欲しい装備は、全て揃っていると言えるのではないでしょうか。

ハーテクトで軽量化と高剛性化をしただけでなく、衝撃吸収ボディーTECTを採用して更に基本性能での安全性を高めているところが好印象。フロントだけとはいえディスクブレーキが搭載されているのも、いいですよね。

個人的に一番気に入っているのは全面UVカット機能付ガラスと、運転席シートヒーターです。軽自動車は男性だけでなく女性の運転者も多く、全面UVカット機能ガラスが全車標準装備なのは需要をよく理解しているなと感心させられます。

運転席シートヒーターが標準なのも、老若男女関係なくありがたいですよね。

FAとハイブリッドFXの装備、特徴、異なる点

FA ハイブリッドFX
  • エンジンクラッチスタートシステム(5MT車)
  • エアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • インパネセンターポケット(5MT車)

 

  • 車両接近通報装置
  • フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • エコクール
  • 助手席シートヒーター(4WD車のみ)
  • ステータスインフォメーションランプ
  • タコメーター
  • マイルドハイブリッドエンブレム(左右フロントフェンダー、バックドア)
  • マイルドハイブリッド
  • アイドリングストップシステム

 

※二つのグレードで異なる装備のみを挙げました。

マイルドハイブリッドが搭載されただけでもFXを選ぶ価値は大きいですが、フルオートエアコンや車両接近通報装置が付いたことで更にその価値は上がったかなといったところでしょうか。

タコメーターに関してはMT車のあるFAにも搭載されていた方が面白かったのではないかなと感じますが、他の装備は納得度が高いです。

やはりセーフティパッケージの存在感が大きすぎて、標準装備のお株が奪われているような印象がありますね。特筆すべきところが見当たらなくて少しつまらなさがあります。妥当、ではあるのかもしれません。

ハイブリッドFZ装備、特徴、異なる点

  • LEDヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]
  • 本革巻ステアリングホイール
  • ステアリングガーニッシュ
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • チルトステアリング
  • 助手席バニティミラー[チケットホルダー付]
  • シルバーインサイドドアハンドル
  • 運転席シートリフター
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • フロントスタビライザー(2WD・4WD両方)
  • リヤスタビライザー(2WDのみ)
  • 14インチアルミホイール
  • 155/65R14ラジアルタイヤ

FAとFXの違いと比べて、FXとFZの違いはとても大きいですよねえ。

LEDヘッドランプが搭載しただけでなく、本革巻ステアリングホイールで質感も向上しています。特に質感に関してはエクステリアにエアロパーツを装備させるなど、あらゆる面で向上しているので好印象です。

ただ、個人的に一番好印象と感じているのは「運転席シートリフター」と「チルトステアリング」が搭載されている点ですね。これら二つがあることによって、ドライビングポジションの調整が可能になりました。

乗る人によって最適なポジションは変わります。デフォルトの調整がピッタリな方は良いですが、そうでない方にとってこういった調整機能はもはや必須です。一度試乗してみて、合わないと感じたらFZを購入するというのもアリかもしれません。

フロントスタビライザーが2WDにも搭載されたことや、2WDには更にリヤスタビライザーが搭載されたことなども目玉と言えますが、個人的にはこれには心がときめきません。ターボ車のあるスティングレーには必要でしょうが、NAのワゴンRに前後スタビライザーは必要なのかなあと首をかしげたくなるんです。

当然、曲がる際の安定性を考えるとスタビライザーがあったほうが良いですが、そうなると走りが少し硬くなるんですよね。NAワゴンRの乗り味や走行性を考えると、硬いより柔らかいほうが合うのではないかと感じます。

ここも一度、FXとFZ両方を試乗して比べてみて欲しい点です。少し走らせると、すぐにスタビライザーの有無による違いを実感しますよ。

セーフティパッケージの内容

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能
  • ヘッドアップディスプレイ

セーフティパッケージの内容は必須ではないかもしれませんが、自動ブレーキや各種警報機能などは今となっては当たり前のように装備してほしい内容です。

特に自動ブレーキに関しては、標準搭載されていないのが残念でなりません。6代目ワゴンRは全体的にクオリティが高く、「また軽自動車も進化したんだなあ」と実感させられるほどの車であると個人的には感じています。

だからこそ、自動ブレーキは標準搭載してほしかったところですね。

ただ、セーフティパッケージを選ぶとヘッドアップディスプレイが付いてくるのは嬉しいです。

ヘッドアップディスプレイは個別でわざわざ搭載させるほどのものではありませんが、あれば嬉しい豪華なおまけのような存在。視線移動が少なく済む実用性だけでなく、なんとなくカッコイイ未来感や先進性もあり、実に面白い装備ですよね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

各グレードの特徴を価格・性能・デザイン・装備から語ってきましたが、グレード間格差が大きいようで小さいようでなかなかに選びづらいですよね。デザインが異なるから装備だけで選ぶのも難しいし、かといって装備は重視したいし…。

そこで、各グレードを独断と偏見で評価しながら「こんな人にこのグレードがオススメ」という判断基準を語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
FA ☆☆☆ 低燃費で更に性能が良くなったワゴンRを安く手に入れたい方へ。
ハイブリッドFX ☆☆☆☆☆ 低燃費と装備の両方を重視する方へ。
ハイブリッドFZ ☆☆☆ スタビライザーと今風フェイスが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

FAの評価

圧倒的低価格のベースグレードです。軽自動車のベーシックモデルとなったワゴンRのベースグレードは、やはり安くなければ話になりませんよね。

近年は軽自動車の価格帯も高くなって、100万円と少しという価格のモデルは少なくなってきました。そんな中、ワゴンRは軽自動車らしく安さも追及しているというのが好印象です。

ザ・軽自動車。

ハイブリッドFXの評価

個人的に、一番オススメのグレードがFXです。マイルドハイブリッドを搭載したことによって、軽自動車トップクラスの燃費性能を手に入れたところが最大の魅力。価格が低いだけではなく、維持費も安く済むというのは本当にありがたいですよねえ。

ただ、セーフティパッケージは付けた方が良いと思います。セーフティパッケージを搭載しても127万円程度と安いですし、この安さで先進予防安全装備とヘッドアップディスプレイが搭載されるのであればお得でしょう。

ハイブリッドFZの評価

価格が135万円と高めになるものの、前後スタビライザーの搭載や各種装備の追加・今風デザインは魅力的です。特にこのフロントフェイスはカッコイイですよねえ。

二段のヘッドライトが本当に、イイ……。ドライビングポジションの調整もできてステアリングホイールの質感も高くなっているし、満足感はとても高いです。

ただ、セーフティパッケージを搭載させると140万円を超えるのが少しネック。オススメ度がFXと比べて低めになっているのは、そのためです。

ワゴンRの総合評価

購入の際の判断基準を最後に語りましたが、最終的には「マイルドハイブリッドの有無」と「デザインの好み」で決めてしまっても良いのではないでしょうか。

マイルドハイブリッドが不要ならFA一択になります。必要ならデザインが好みな方を選んで、そこにセーフティパッケージを搭載させればFXでもFZでも装備に不満は出ないでしょう。

基本性能が高く、先代に比べて成長しているのでどのグレードでも満足度は高いです。

軽自動車のベーシックとしての自覚を持ち、奇をてらうことなく正統進化を遂げているのは連綿と続いてきたワゴンRというモデルの良いところですよね。誰でも抵抗なく選ぶことができる車と言えるのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です