ベンツ CLSクラス クーペ 各グレードを比較して、徹底解説!

ベンツCLSクラスクーペ

CLSクラスは、Eクラスをベースとした車です。

「CLS」という名前ですし、Sクラス並の装備や価格になるグレードもあることから、よくSクラスと比べられています。ただ、下位グレードはEクラスの名残が見えるようなグレードとなっているのです。

それだけ聞くと、少しややこしいですよね。

グレードの違いや特徴も一見わかりづらく見えますが、知れば案外単純です。そんなCLSクラス クーペの各グレードの特徴や違いについて、解説していきます。

メルセデス・ベンツ CLSクラス クーペ グレード表

グレード名 価格
CLS 220d 7,800,000円
CLS 400 9,880,000円
CLS 550 12,730,000円
AMGデザインは省いています。

最低価格と最高価格の差が、約500万円もあります。

とても広い価格差ですよね。しかも最高価格は1273万円……流石CLSクラスだと言ったところでしょうか。しかし、Sクラスは最低価格でも1400万円台ですから、それに比べると随分安いですよね。

ただ、安いというのはSクラスと比べたときの話です。CLSクラスのグレード間の価格のみを見ると、やはり差が大きく、またCLS550は高いなと感じさせられます。この価格の違いには、いったいどれだけの特徴や違いがこめられているのでしょうか。

それを知るためにも、グレードごとの特徴を見てみましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

CLS200 dとCLS400とでは、エクステリアやインテリアも結構様変わりしていますが、CLSクラス クーペ全体を通して見れば、内外装に大きな違いのある車ではありません。パっと見るだけでは知りえない違いや特徴があります。

それでは、その特徴とは何かを簡単に紹介しましょう。

CLS 220 d

CLS200 dは基本的な装備だけを標準装備とし、それ以外をパッケージオプションとしたベースグレードです。

そして、ディーゼルターボエンジン搭載車でもあります。詳しいスペックは後述しますが、パワーだけならCLS400やCLS550のエンジンの方が上です。

ただ、燃費は220 dの方が勝ります。

一般道などでの日常利用に有利なエンジンだと考えれば、わかりやすいでしょうか。CLS400やCLS550のエンジンは、高速利用などの強力な加速が求められる場面に向いています。

CLS 400

CLS220 dではパッケージオプションとなっていた装備が、全て標準搭載されているのが特徴です。

CLS220 dよりも高い加速力と、豪華な装備が魅力となっています。ただ、CLS400独自の装備が無いので特徴は薄いかもしれません。

CLS 550

加速力と装備の充実度、どれをとっても高いグレードを誇っています。

特徴的なのは、14個ものスピーカーを使ったサラウンドサウンドシステムです。ドライブと音楽鑑賞は切っても切り離せないと考えている方にとって、とても楽しく充実した毎日を演出してくれることでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

ここまで各グレードの特徴を簡単に説明しましたが、それだけでは各グレードの特徴や違いがまだわかりませんよね。どのグレードを選べばいいのか、まだ検討も付いていないのではないのでしょうか。

そこで、具体的な特徴や違いを知るため、各グレードの装備を見ていきます。

全装備を閲覧したい方は、下記PDFを参考にしてください。

http://www.mercedes-benz.jp/catalog/cls-class/ebook/spec/#page=5

全グレード共通標準装備

  • レーダーセーフティパッケージ
  • アダプティブブレーキ
  • アダプティブブレーキライト
  • アダプティブハイビームアシスト・プラス
  • ESP
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • PRE-SAFE
  • アルミニウムボンネット
  • マルチビームLEDヘッドライト
  • メモリー付パワーシート
  • シートヒーター
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • パドルシフト(シルバーアルミニウム)
  • クライメートコントロール(前後左右独立調整)

Cクラスでは上位のグレードにしか無かったような装備が多く標準装備されています。

たとえば、電動チルト&テレスコピックステアリングや、メモリー付パワーシートなどです。レーダーセーフティパッケージも、下位グレードではオプション設定でした。

また、安全装備の充実度も高いです。レーダーセーフティパッケージもそうですが、アダプティブブレーキをはじめとするブレーキ関係の機能が充実しています。

PRE-SAFEというのも、ブレーキ機能の一種です。歩行者を検知して、警告ブレーキをかけてくれます。約50km/h以下で走行している場合だと、警告ブレーキだけで衝突回避ができるほど制動力が高いです。

さらに、SRSエアバッグも四方八方に用意されていて万が一のときにも安心できます。駐車時の安全を確保する機能も多く、安全装備を重視するメルセデスの本気が伺える装備内容です。

CLS 220 d装備、特徴、異なる点

  • DIRECT CONTROLサスペンション
  • 18インチ5ツインスポークアルミホイール
  • Mercedes-Benzスポーツパッケージエクステリア
  • ウォールナットブラウンウッドインテリアトリム

DIRECT CONTROLサスペンションは、Eクラスにも装備されているサスペンションです。

走行状況に応じ、ダンパーのオイル流量を変化させて最適化を図っています。普段は油圧抵抗を減らして快適な乗り心地を演出し、厳しいコーナリング時などには最大限の減衰力を発生させるというものです。

状況に応じて調整をしてくれるため、ダイレクトコントロールという名前にあるように、直感的な運転感覚を得ることができます。

また、ベースグレードということで標準装備は少ないですが、さまざまなオプションをつけることが可能です。

AMGラインというパッケージオプションを付ければ、CLS400やCLS550同様に各所にAMGデザインを施したり、インテリアやエクステリアをよりスポーティなものにすることができます。ミッションにMモードの追加がされるという、大きな変更を行うことのあるパッケージです。

MモードのMは、ミッションのM。つまり、AMGラインパッケージを付ければ手動でのシフト操作が可能になるということです。

また、パッケージ以外だと、360度カメラシステムやガラス・スライディングルーフ(挟み込み防止機能付)をオプションでつけることができます。標準装備は少ないですが、これだけ多数のオプションを付けることができるという点がCLS220 dのメリットと言えるでしょう。

CLS 400装備、特徴、異なる点

CLS400独自の装備は、ありません。

CLS220 dの装備内容に、AMGラインパッケージの内容を標準装備として追加したといったところでしょうか。装備だけを見れば、あまり個性の無い内容と言えます。

ちなみに、AMGラインパッケージの内容は、以下の通りです。これら全てがCLS400及びCLS550に装備されています。

  • AIRマティックサスペンション
  • 19インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・リアスカート)
  • ツインクロームエグゾーストエンド(スクエアデザイン)
  • シングルルーバーフロントグリル
  • コントラストカラーステッチング
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル
  • ブラックアッシュウッドインテリアトリム
  • AMGスポーツステアリング
  • ・トランスミッションにMモードを追加

エクステリアがよりスポーティな仕様になっていて、男心をくすぐります。

そういった見た目だけでなく、19インチアルミホイールが装備されたことによる安定性の向上も重要なポイントです。運転する楽しみと、所有する満足感がより味わえるようになっていると言えるのではないでしょうか。

CLS 550装備、特徴、異なる点

  • ガラス・スライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム
  • スピーカー数:14

音響が他グレードとは大きく異なります。

グレードの高いサウンドシステムが装備されているだけでなく、スピーカーの数が8から14に増えているのです。サウンドサウンドシステムは前後左右から視聴者を包み込むように音を響かせる音響……いわば立体音響です。

14のスピーカーを使うことで、より立体的にダイナミックに音を感じることができます。

また、パッケージオプションも「エクスクルーシブコンフォートパッケージ」という、他グレードには無いものが用意されていますよ。

エクスクルーシブコンフォートパッケージ

セミアニリンレザシートやフルレザー仕様の採用により、インテリアの高級感が増しています。

それだけでなく、前席にマッサージ機能が付けられて快適性がアップしているのです。このように、エクスクルーシブコンフォートパッケージというのは、シート周りの質感や快適性を向上させるオプションとなっています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ここまで装備など各グレードの特徴を紹介してきましたが、まだ性能については触れていません。

CLSクラス クーペは装備に特徴が現れにくいので、どのグレードがいいのかまだ決まっていない方が多いのではないでしょうか。

そこで、各グレードを評価しながらどんな人にオススメなのかを挙げていくと共に、各グレードの性能についても語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
CLS220 d ☆☆☆☆ 一般道での利用が多く、低燃費を求める方へ。
CLS400 ☆☆☆☆☆ 高速利用が多く、加速性能の高さが必要で、装備と価格のバランスを求める方へ。
CLS550 ☆☆☆☆ 加速性能の高さが必要で、音響設備を重視する方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

CLS 220 dの評価

  • エンジン:DOHC直列4気筒ターボチャージャー付
  • 最高出力:130kW[177PS]/3,200~3,800rpm(EEC)
  • 最大トルク:400N・m[40.8kg・m]/1,400~2,800rpm(EEC)
  • 総排気量2,142cc
  • 燃費:5km/L

一言で表現するとすれば、実用性重視のエンジンです。

強い加速はそれほど得意ではなく、やや物足りません。市街地や郊外など一般道での日常利用に適しています。ただ、決してひ弱ということはなく、普段使いをするなら一般道でも高速道路でも十分なスペックです。

低速時から最大トルク並みの太いトルクが出るので、安全運転をしていても車の楽しさを実感することができます。

そして何よりも、燃費が良いです。これだけ楽しませてくれるのに、まだまだこんなに走れるのかと幸せな気持ちにさせてくれます。

また、装備設定も秀逸です。標準装備は少ないですが、AMGラインを付けるとCLS400と同等の装備内容にすることができます。「ディーゼルがいいけど、装備が不満」という需要に応えることができる、良く出来た設定です。

CLS 400の評価

  • エンジン:DOHC V型6気筒ツインターボチャージャー付
  • 最高出力:245kW[333PS]/5,250~6,000rpm(EEC)
  • 最大トルク:480N・m[48.9kg・m]/1,200~4,000rpm(EEC)
  • 総排気量:3,497cc
  • 燃費:7km/L

ディーゼルエンジンと比べると、高回転域に強いのが数値からわかります。

トルクは日常稼動域からでも太く感じられるのですが、出力はエンジンを回さないとあまり強くは感じられないでしょう。強くアクセルを踏み込んで、スピードを楽しむ車となっています。

このエンジンスペックと、充実した装備内容が魅力のグレードです。

CLS 550の評価

  • エンジン:DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
  • 最高出力:300kW[408PS]/5,000~5,750rpm(EEC)
  • 最大トルク:600N・m[61.2kg・m]/1,600~4,750rpm(EEC)
  • 総排気量4,668cc
  • 燃費:5km/L

これだけのスペックがあれば、もう怖いもの無しですね。

どんな道でも楽しく走り抜けられることでしょう。高速道路で加速したり、峠道で飛ばしたりと想像するだけで楽しいです。

この圧倒的な加速性能と、上質で大迫力の立体音響を同時に楽しむことができるというのが、CLS550の魅力と言えます。加速性能と音響設備両方を重視する方にとって、無類の車となるのではないでしょうか。

CLSクラス クーペの総合評価

CLSクラスは、グレードごとにエンジン性能が変わるのが面白いところですよね。

装備と価格のバランスを探ってみてもいいですし、エンジン性能だけで選んで見てもいいでしょう。ディーゼルエンジンを選ぶ方は、価格を抑えるか装備を充実させるかを選ぶことができます。

装備とスペックの両方の面から、自分の需要と照らし合わせてグレードを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です