フリードHV 各グレードの違いや特徴を解説。自分にベストなグレードは

ホンダフリードHV

卵型なのがかえって新しいと感じる、ホンダの人気コンパクトミニバン、フリード。そのハイブリッドタイプはガソリン車よりも燃費が8.2km/L(JC08燃費)も良い値になっているということで、注目を集めています。

多くの方はフリードの見た目などから入り、燃費性能が高いハイブリッドタイプの存在を知ったことでしょう。

しかし、フリードに設定された各グレードの違いや特徴については、よく輪からにという方が多いのではないでしょうか。購入する際には、グレードの特徴・違いを知らなければ、知らず知らずのうちに損をしてしまうこともあります。

グレードの違いを把握し、自分にベストなグレードを選びましょう。

フリードのグレード表

グレード 6人乗り価格 7人乗り価格
HYBRID B 2,256,000円(2,472,000円)
+ HYBRID B 2,276,000円
HYBRID G・Honda SENSING 2,496,000円(2,728,200円) 2,517,600円
+ HYBRID G・Honda SENSING 2,516,000円(2,748,200円)
HYBRID EX 2,656,000円
+ HYBRID EX 2,676,000円
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

フリードは6人乗り・7人乗りの設定がある、コンパクトミニバンです。7人乗りはG・Honda SENSINGのみに設定されています。基本は6人乗りです。

最低価格が225万円、最高価格が267万円となっています。42万円ほどの差がありますが、6つのグレード設定があってこの価格差は、小さいほうだと言えるのではないでしょうか。

ただし、「価格差が小さい」という評価は価格のみを見たときのものです。装備・仕様の違いを見てみなければ、本当に価格差が小さいのかは解りません。

これから仕様の違いを見ていくにあたって、価格差が小さいか大きいか、自分なりに評価してみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

基本的なグレードは、B、G、EXの三種類です。

各グレードに「+」がありますが、これはそれぞれに専用装備などをプラスし、ボディの寸法が違うというものです。基本的な装備はそれぞれのベースとなるグレードに依存する部分が多くなっています。

まずは「+」の専用装備について見てみましょう。

荷室用ユーティリティボード

荷室を、上下に分割することのできるボードです。これによってデッドスペースをなくし、空間を有効活用することができます。濡れてしまったものを載せる際にも、反転させれば下においているものが濡れることはありません。

ユーティリティナット

ラゲッジスペースの左右に、それぞれ10個ずつ設置されています。フックを取り付けたりと、空間をアレンジするのに便利です。

テールゲートランプ

暗い場所で荷物を積み降ろしする際、役立ちます。

タイダウンフック

紐つきの荷物などを下げることのできる、フックです。

ラゲッジルーム内アクセサリーソケット(DC12V)

スマートフォンや、タブレットなどの充電に使うことができます。

次は、ボディサイズの違いです。

フリードHYBRIDは、全長:全幅:全高=3,045mm/1,455mm/1,275mmとなっています。一方、「+」は全長:全幅:全高=2,310mm/1,455/1,275mmとなっているのです。

各グレードの「+」は、それぞれベースとなるグレードに、以上の仕様の追加・変更をしたものだと考えると良いでしょう。

Bはベースグレード、基本的な装備を揃えています。Honda SENSINGが搭載されていませんが、通常のクルーズコントロールが装備されているのが特徴です。

G・Honda SENSINGは、その名前のとおり「Honda SENSING」を搭載したグレードです。LEDヘッドライトや両側アームレストの設定など、Bから変更された装備が多数あります。

EXは高級感を演出しているグレードで、インテリアにこだわりたい方には良いグレードです。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

フリードHVは、グレードによって装備の仕様が細かく異なります。

自分が必要としている装備が多く揃い、不要と思っている装備が少ないグレードを選ぶようにすると、損をしません。価格とも見比べて、妥当性も併せて判断しましょう。

全グレード共通の標準装備

EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

最近の車では、お馴染みの装備です。EBDは制動力を最適な状態に自動配分して、「コーナリング時の車体姿勢を安定」させることができます。ABSは「アンチロック・ブレーキ・システム」の略です。

ほとんどの車で標準装備されています。急ブレーキをかけた際にタイヤがロックされるのを防ぐ機能です。動作時には大きな音がするので、「壊れたのかな」と思われがちですが、正常に作動している証拠なので安心してください。

VSA

「ビークル・スタビリティ・アシスト」の略です。車の横滑りを抑制して、コーナリング時の安定性を向上させることができます。

スライドドア・イージークローザー(リア両側)

イージークローザーというのは、ドアを閉めるときに半ドアになるのを防ぐ機能です。半ドアになってしまった際、そのままではなく自動的にドアを引き込んで確実にドアを閉めてくれます。「何故かいつも半ドアになってしまう……」という方にありがたい機能です。

Hondaスマートキーシステム(キー2個付)&パワースイッチ

キーを携帯している状態で、ドアノブに触れるだけで、ドアロックが解除されるシステムです。パワースイッチは、ガソリン車でいうところの「エンジンスタート・ストップスイッチ」です。ハイブリッドは発進時EV走行になるため、パワースイッチという言い方をします。

テレスコピック&チルトステアリング

ステアリングホイール(ハンドル)を、上下・前後に位置調整することができる機能です。

電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDウインカー付)

車内のリモコンスイッチで、上下・左右を変えることができ、格納スイッチで格納することができます。カラードというのは、樹脂の地色そのままではなく塗装をしているという意味です。

  • ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • 収納式ドリンクホルダー(助手席側)
  • スライドドア・ボトルホルダー(両側)
  • ハイブリッド専用エクステリア
  • フロントグリル(ブルークロームメッキバー)
  • リアコンビネーションランプ
  • ヘッドライトガーニッシュ(ブルー)
  • HYBRIDエンブレム

電動制御関係の装備など、最近の車によく装備されているものの多くが全グレード共通の標準装備となっています。スマートキーシステムはキーを取り出す必要がなく、とても便利です。電動パワーステアリングがあると、女性でも運転が楽でしょう。

ドリンクホルダーなどといった収納も、標準で装備されています。全体的に、必要最低限の装備が全グレード共通の標準装備となっていると言えます。

Bの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVB外観
ホンダフリードHVB内装

クルーズコントロール

高速道路などで、速度を設定すると、その速度を維持してくれる機能です。Honda SENSINGが搭載されているグレードには、ACCという上位機能が備わっているため、通常のクルーズコントロールの設定はありません。通称「クルコン」です。

マルチインフォメーション・ディスプレイ

様々な情報を映してくれるディスプレイです。たとえば、外気温や平均車速、ECOドライブディスプレイなどがあります。Honda SENSING搭載車は、その機能をマルチインフォメーション・ディスプレイに映し出してくれるのです。

2列目キャプテンシート(内側アームレストのみ)

キャプテンシートというのは、左右のシートが独立しているものを言います。繋がっているものはベンチシートです。内側アームレストのみということですが、これは「右側に座るなら左腕」「左側に座るなら右腕」のみを置くことができるということになります。

UVカット機能付フロントウインドウガラス

フロントウインドウガラスに、UVカット機能が付けられています。紫外線をある程度は遮断してくれるため、女性にとって嬉しい機能です。上位グレードではこれより上位の機能が付けられていることがあります。

高熱線吸収/UVカット機能付フロントドアガラス

高熱線吸収というのは、赤外線などの熱線を吸収するということです。これに紫外線カット機能を付けたものが、高熱線吸収/UVカット機能付ガラスとなります。IR(赤外線)カットガラスとの違いは、非常に曖昧です。

間欠フロントワイパー(ミスト機構付)

間欠ワイパーというのは、一定間隔をおいて作動するワイパーです。車種によっては速度に応じて作動するものがあれば、間隔を調整できるものもありますが、「フリードHV B」の間欠ワイパーには調整機能がありません。

ミスト機構というのは、レバーをワンタッチで一度だけワイパーを作動させることができる機能です。突然泥はねしてきたときなどに、使うと良いでしょう。

+B

2列目シートが、6:4分割可倒式シートになっているのが、Bとの大きな違いです。これは簡単に言うと「左右のシート別々で倒すことができる機能」です。そのほか、ロングテールゲートがプラスされています。

Gの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVG外観
ホンダフリードHVG内装

LEDヘッドライト(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)

近年は色々なものにLEDが使われるようになりました。ハロゲンよりも明るく、HIDよりも暗いという特徴があります。発光色は限りなく白に近い色です。LEDは寿命が長くエコで、なおかつ取り替える手間が減ります。車であればその寿命とほぼ同じタイミングになるでしょうから、ほとんど不要です。

LEDアクティブコーナリングライト

曲がる方向を、先に照らしてくれる機能です。ウインカーや、一定のステアリング操作と連動して作動します。

リア両側パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機構付)

リアの両側がパワースライドドア(自動で開くスライドドア)となっています。イージーオープンドアハンドルがあることで、軽い力で操作できるのです。電動というと挟み込まれる心配がありますが、それを防止する機構がついていて、安全性も高くなっています。

フルオート・エアコン(4WDはプラズマクラスター技術搭載)

プラズマクラスター技術が搭載されています。これはシャープのイオン発生機です。自然界と同じ「+」と「-」のイオンを使うことで、浮遊カビ菌を除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える効果を得ることができます。

ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器<ナビゲーション連動>

ナビ装着用パッケージであり、ナビ自体ではありません。この設定があることで、オプションでナビゲーションを付けることができるようになります。ナビと連動したETC車載器もあるので、便利です。

両側アームレスト付 2列目キャプテンシート(6人乗りのみ)

Bでは内側だけでしたが、外側にもアームレストがつきました。両腕をアームレストに乗せて、より快適に過ごすことができます。読書をしたり、ゲームをするのには楽ではないでしょうか。

2列目6:4分割タンブルシート(センターアームレスト付)(7人乗りのみ)

7人乗りは2列目が3人乗車できる仕様となるため、ベンチシートとなっています。真ん中に誰も座らないときには、アームレストを引っ張り出して使うことが可能です。キャプテンシート同様、左右分割で倒すことができます。

木目調インパネミドルエリア

インパネのミドルエリアが、木目調になっています。木目調は高級感を演出することができ、インテリアにこだわる人には需要のある加工です。

ロールサンシェイド(スライドドア両側)(4WDのみ)

これを下ろすことによって、日差しを防ぐことができます。電車についているものをイメージしていただければ、わかりやすいでしょうか。

シートバックポケット(助手席)

助手席の裏側についているポケットです。観光バスなどに付けられている、ポケットをイメージするとわかりやすいでしょう。助手席の後ろに座っている人が使うことができます。

バニティミラー付 運転席用&助手席用サンバイザー

バニティミラーというのは、サンバイザーに付けられた小さい鏡です。女性が、化粧のチェックをする際などに使用します。

メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル(フロント)

パワーウインドウ(スイッチを押すだけで開く窓)のスイッチパネルに、メタリック塗装が施されています。

センターテーブル(インストルメントパネル内臓型)

インストルメントパネルに内臓されている、小さなテーブルです。引っ張り出すことによって姿を現します。人によっては全く使うことがないかもしれません。

シルバー塗装エアコンアウトレットノブ

必要性はありませんが、シルバー塗装されていることで存在感が生まれます。質感が向上するので、インテリアのトータルイメージに左右するものです。

IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス(4WDのみ)

2WDはBのものと同じ機能が付けられていますが、4WDはIRカット<遮熱>となっています。

IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス(4WDのみ)

IRカット機能より、UVカット機能を強化したスーパーUVカット機能のほうが、目玉です。

車速連動間欠/バリアブル間欠 フロントワイパー(ミスト機構付)

車速に連動して作動するものがあると先述しましたが、それがこれです。バリアブル間欠というのは、自由に間隔を調整できる機能となっています。

+G

Bと同様、1列目が6:4分割可倒式シート(ダブルフォールダウン機構付)となっています。インパネミドルエリアは、木目調ではなくメタル調です。2WDにはロングテールゲートが設定されています。

EXの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVEX外観
ホンダフリードHVEX内装
  • 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(1~3列目シート対応)
  • ダブルホーン

自動車のホーンは、クラクションとも呼びます。通常はこれがシングル(1本のみ)なのですが、EXでは2本となっているのです。

特に必要ではないですが、2本のほうが音に重みが出ますし、見た目にも「かっこいい」と感じる人が多い傾向があります。

  • インテリアイルミネーション(1列目ウォークスルー照明/フロントドアライニング/インパネトレイ<助手席側>)
  • コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
  • 本革巻ステアリングホイール

以上はインテリアイルミネーション同様、高級感を演出するものとなっています。運転者としては、本革巻ステアリングホイールが付いていると嬉しいという意見が多いです。重視するかどうかは、人それぞれ好みによります。

  • 15インチアルミホイール

EX以外はスチールホイールですが、EXではアルミホイールとなっています。

+EX

追加されるものは、他グレードと変わりません。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの仕様の違いを見てきましたが、結局それぞれのグレードの魅力とは一体なんなのでしょうか。今一度、それをまとめてみました。また、選んでいるオーナーの傾向についても考察してみたので、ご参考ください。

Bの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVB内装

Bの魅力は、その価格にあります。ホンダの車というと、ユーザーが「妥当だ」と感じる価格よりも高い価格を設定するイメージがありますが、フリードHV Bグレードは妥当だと言えるのではないでしょうか。

多くの人が必要とする装備を揃え、キャプテンシートは内側だけであるもののアームレストがあるタイプのものが装備されています。概ね快適に過ごすことができるのです。

ハイブリッド車に求められるのは、燃費と快適性です。ハイブリッドはガソリン車よりもエンジン音が静かなものが多く、静かに快適だというイメージがあります。

そのイメージを損なう装備ではいけませんが、このグレードに装備されている物を見ていると、快適性を損なうことがないというのがわかるのです。

それが、このグレードの魅力となっています。

出来るだけ安く購入したいという方が、このグレードを購入している傾向があるようです。口コミなどは書かれにくく、車にこだわりのある方には選ばれにくくなっています。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVG内装

GはBからの追加点が多く、先進安全装備も標準装備されていて、とても選びやすいグレードです。グレードの違いなどを細かく検討せずとも、このグレードを選べば損をしないだろうということが、伝わってきます。

Honda SENSINGはオプションで付けることができないので、これが欲しい場合はG以上のグレードを選ぶことになるのです。

「Cパッケージ」や「Sパッケージ」といった、パッケージ化されたメーカーオプションが設定されているのも、魅力のひとつと言えます。

オプションで付けたい装備が複数ある場合、その装備が入っているパッケージを選ぶと良いでしょう。「装備の系統がパッケージで統一されている」ため、選びやすいです。

安全装備が多いに越したことはないと考える、ファミリー層の購入が多く見られます。

EXの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVEX内装

EXは「質感を重視しないフリード」の中で、質感を少しでも高めようというメーカーの努力が見られるグレードです。

ダブルホーンになって存在感が高まったなど、車の「見た目」や「質感」に強いこだわりを持つ方にとって、魅力的なグレードとなっています。

ただし、こだわりが特に強い方は「自分でカスタマイズしたい」と考えるものです。純正でダブルホーンが付けられ、本革が巻かれ……とカスタマイズできる余白が少なくなっているため、そういった方には選ばれにくいきらいがあります。

フリードHVのユーザー層とも、あまり一致していません。「価格が高すぎだ」と感じる人も多く、需要がとても限られています。

総合的に売れているグレードを考察

ベースグレードである「B」または「G」のいずれかを購入することを、おすすめいたします。まずはベースグレードである「B」を検討することから始めましょう。

Bにはパッケージ化されたメーカーオプションはないので、標準装備だけで満足できるかどうかが、検討の鍵になります。満足できればベースグレードを購入、できなければGを検討しましょう。「Honda SENSINGが欲しい」という方は、Gを購入すれば損をすることはありません。

Gでも満足できない部分があれば、パッケージ化されたメーカーオプションを選びます。こうして検討していくことで、不要な装備を最小限に抑え、必要な装備を最大限にそろえることができるのではないでしょうか。

「+」を購入するかどうかは、荷室のアレンジが必要かどうかで判断すると良いです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です