フリードHV 各グレードの違いや特徴を解説。自分にベストなグレードは

ホンダフリードHV

卵型なのがかえって新しいと感じる、ホンダの人気コンパクトミニバン、フリード。そのハイブリッドタイプはガソリン車よりも燃費が8.2km/L(JC08燃費)も良い値になっているということで、注目を集めています。

多くの方はフリードの見た目などから入り、燃費性能が高いハイブリッドタイプの存在を知ったことでしょう。

しかし、フリードに設定された各グレードの違いや特徴については、よく輪からにという方が多いのではないでしょうか。購入する際には、グレードの特徴・違いを知らなければ、知らず知らずのうちに損をしてしまうこともあります。

グレードの違いを把握し、自分にベストなグレードを選びましょう。

フリードのグレード表

グレード 乗車定員 価格
HYBRID B 6人 2,256,000円
(2,472,000円)
HYBRID G・Honda SENSING 6人 2,496,000円
(2,728,200円)
7人 2,517,600円
HYBRID EX 6人 2,656,000円
HYBRID Modulo X Honda SENSING 6人 3,130,920円
7人 3,152,520円
[aside※()内は4WD価格[/aside]

フリードは6人乗り・7人乗りの設定がある、コンパクトミニバンです。7人乗りはHonda SENSING搭載車のみに設定されていて、基本は6人乗りです。

価格差を見てみると最低価格が約226万円、最高価格約315万円と、90万近い価格差があることが分かりますが、4つのグレードの中に乗車定員数も分かれていることを考慮すると、妥当な範囲内ではないでしょうか。

ただし、「価格差が小さい」という評価は価格のみを見たときのものです。装備・仕様の違いを見てみなければ、本当に価格差が小さいのかは解りません。

これから仕様の違いを見ていくにあたって、価格差が小さいか大きいか、自分なりに評価してみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

基本的なグレードは、B、G、EX、そしてModulo Xの4種類。
他車種と比べると比較的少ないグレード設定となっていますが、ガソリン車と比べると新たにEXグレードが設定されていて、より細かな装備の変更点があることが予想出来ます。

簡単にそれぞれの特徴や捉え方を見てみると、以下のような形となります。

  • B→最低限の装備でハイブリッド車を乗れる基本的なグレード
  • G→先進装備”HondaSENSING”に加え、各種安全装備が追加されたグレード
  • EX→Gよりもインテリアに変更がされているゴージャス志向のグレード
  • Modulo X→走る楽しさをとことん突き詰めた、特別な1台

各グレードによって様々な魅力がありそうですね。
早速各装備を見ていくことにしましょう!

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

フリードHVは、グレードによって装備の仕様が細かく異なります。自分が必要としている装備が多く揃い、不要と思っている装備が少ないグレードを選ぶようにすると、損をしません。価格とも見比べて、妥当性も併せて判断しましょうね。

なお、全車共通装備や各グレードごとの装備内容について詳しく知りたい方は、以下PDFを参考してください。

freed_equipment_list.pdf

全グレード共通の標準装備

  • EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS
  • VSA
  • クルーズコントロール
  • 3列目シート3点式ELRシートベルト
  • 車両接近通報装置
  • スライドドア・イージークローザー(リア両側)
  • Hondaスマートキーシステム(キー2個付)&パワースイッチ
  • フルオート・エアコン
  • マルチインフォメーション・ディスプレイ
  • テレスコピック&チルトステアリング
  • 電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDウインカー付)
  • ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • 収納式ドリンクホルダー(助手席側)
  • スライドドア・ボトルホルダー(両側)
  • ハイブリッド専用エクステリア
  • フロントグリル(ブルークロームメッキバー)
  • リアコンビネーションランプ
  • ヘッドライトガーニッシュ(ブルー)
  • HYBRIDエンブレム

他にも様々ありますが、ざっと気になる装備をまとめてみました。

最近の車によく装備されているものの多くが全グレード共通の標準装備となっていますね。スマートキーシステムはキーを取り出す必要がなく、とても便利です。電動パワーステアリングがあると、女性でも運転が楽でしょう。ドリンクホルダーなどといった収納も、標準で装備されています。全体的に、必要最低限の装備が全グレード共通の標準装備となっていると言えます。

その中でも、特に気になる3つの装備について詳しく紹介しておきますので、是非参考にしてください。

EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

最近の車では、お馴染みの装備です。EBDは制動力を最適な状態に自動配分して、「コーナリング時の車体姿勢を安定」させることができます。ABSは「アンチロック・ブレーキ・システム」の略です。

ほとんどの車で標準装備されています。急ブレーキをかけた際にタイヤがロックされるのを防ぐ機能です。動作時には大きな音がするので、「壊れたのかな」と思われがちですが、正常に作動している証拠なので安心してください。

マルチインフォメーション・ディスプレイ

様々な情報を映してくれるディスプレイです。たとえば、外気温や平均車速、ECOドライブディスプレイなどがあります。Honda SENSING搭載車は、その機能をマルチインフォメーション・ディスプレイに映し出してくれるのです。

スライドドア・イージークローザー(リア両側)

イージークローザーというのは、ドアを閉めるときに半ドアになるのを防ぐ機能です。半ドアになってしまった際、そのままではなく自動的にドアを引き込んで確実にドアを閉めてくれます。「何故かいつも半ドアになってしまう……」という方にありがたい機能です。

Bの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVB外観
ホンダフリードHVB内装
  • クルーズコントロール
  • ハロゲンヘッドライト(マニュアルレベリング機構付)

以上がHYBRID Bだけに装着されている装備となります。

「え、少なくね?」と思った方も多いと思いますが、Bグレードはフリード自体の標準装備が充実しているおかげで、基本的な装備が全て揃ってしまっているんです。

通称クルコンと呼ばれる高速道路などで速度を設定すると、その速度を維持してくれるクルーズコントロールが装着されていますし、UVカット機能付のフロントウインドウガラスやミスト機構付間欠フロントワイパーといった装備もあるので、ベース車両としては良い方でしょう。

しかし逆に、B以外にはあるけどBにはない装備が多く、あくまでも最低限度の装備内容で価格を抑えているのが、Bグレードのポイントとなります。

G Honda SENSINGの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVG外観
ホンダフリードHVG内装
  • Honda SENSING
  • LEDヘッドライト(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • リア両側 パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機構付)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器〈ナビゲーション連動〉
  • 4スピーカー
  • 2列目6:4分割タンブルシート(センターアームレスト付)※7名乗りのみ
  • 木目調インパネミドルエリア
  • ロールサンシェイド(スライドドア両側)※4WDのみ
  • シートバックポケット(助手席)
  • バニティミラー付運転席用&助手席用サンバイザー
  • フロント メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル
  • センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型)
  • シルバー塗装エアコンアウトレットノブ
  • IRカット〈遮熱〉/UV カット機能付フロントウインドウガラス※4WDのみ
  • IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカットフロントドアガラス※4WDのみ
  • フロントワイパー(ミスト機構付)車速連動間欠/バリアブル間欠

Bグレードと比較すると、以上の装備が追加・変更されます。なんだか一気に装備が増えてわくわくしますね。

グレード名にある通り先進安全装備のHonda SENSINGが搭載されていますし、両側にパワースライドアが取り付けられているので、使い勝手も向上しています。また、インテリアにも快適装備や加飾がされていて、チープな印象を持たないのもポイントです。

また、「クルコンは!?」とクルーズコントロールがなくなっていることに気づいた方もいると思いますが、実はHondaSENSINGの中にはクルコンの上位装備となる、ACC(アダプティブクルーズコントロール)が搭載されているので安心してください。

ただ、ちょっと注意してほしいのが、ナビ装着用スペシャルパッケージについてです。コレはあくまでもナビ装着”用”パッケージであり、ナビ自体ではありません。この設定があることで、オプションでナビゲーションを付けることができるようになりますよ。

EXの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードHVEX外観
ホンダフリードHVEX内装
  • 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(1~3列目シート対応)
  • ダブルホーン
  • 本革巻ステアリングホイール
  • コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
  • インテリアイルミネーション(1列目ウォークスルー照明/フロントドアライニング/インパネトレイ〈助手席側〉)
  • バニティミラー+照明付運転席&助手席用サンバイザー
  • メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル(リア)
  • グラブレール(運転席)
  • 15インチアルミホイール

以上がEXで新たに追加されている装備となります。
自動車のホーンは、クラクションとも呼びますね。通常はこれがシングル(1本のみ)なのですが、EXでは2本となっている事に注目です。そこまで特に必要ではないですが、2本のほうが音に重みが出ますし、見た目にも「かっこいい」と感じる人が多い傾向があります。

次にインテリアで追加されている装備を見てみましょう。
本革巻ステアリングホイールや2色のコンビシート、専用のインテリアにインテリアイルミネーションと、高級感を演出するものとなっています。個人的な意見ですが、運転者としては本革巻ステアリングホイールが付いているのはうれしいポイントになるのではないでしょうか。重視するかどうかは人それぞれ好みによりますね。

安全面で見てもHonda SENSINGに加え、エアバッグシステムが充実し万が一のことを考えても安心です。

またEX以外はスチールホイールですが、EXではアルミホイールとなっています。

Modulo X Honda SENSINGの装備、インテリア、エクステリア

  • 専用LEDフォグライト
  • 専用ブラック&モカ コンビシート(プライムスムース×ファブリック/Modulo Xロゴ入り)
  • ピアノブラック調 インパネミドルエリア
  • 専用本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  • 専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー(プレミアムスパークルブラック・パール)
  • 専用リアロアスカート
  • 専用エンブレム
  • 専用サスペンション
  • 専用15インチアルミホイール

「そもそもModulo Xって何?」
そう思った方も多いでしょう。

Modulo Xは簡単に言ってしまうと、エクステリア・インテリアだけではなく、走行性能にも注目した装備の変更がされているグレードとなります。その証拠に、サスペンションにも手が加わっていますよね。画像を見てもらうとわかりますが、他グレードとは違った面構えとなっていますし、前後左右からみても『この車、よく走りそう』と感じることが出来ます。

また、インテリア面でも標準装備のワンランク上の装備を装着しつつ、走る楽しさを思い出させてくれるような印象を与えてくれる1台になっています。

各グレードの魅力や選んでいる人の特徴

各グレードの仕様の違いを見てきましたが、結局それぞれのグレードの魅力とは一体なんなのでしょうか。今一度、それをまとめてみました。また、選んでいるオーナーの傾向についても考察してみたので、ご参考ください。

Bの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVB内装

Bの魅力は、その価格にあります。ホンダの車というと、ユーザーが「妥当だ」と感じる価格よりもやや高い価格を設定するイメージがありますが、フリードHV Bグレードは妥当だと言えるのではないでしょうか。多くの人が必要とする装備を揃え、キャプテンシートは内側だけであるもののアームレストがあるタイプのものが装備されています。概ね快適に過ごすことができるのです。

ハイブリッド車に求められるのは、燃費と快適性の2つ。
ハイブリッドはガソリン車よりもエンジン音が静かなものが多く、静かに快適だというイメージがあります。そのイメージを損なう装備ではいけませんが、このグレードに装備されている物を見ていると、快適性を損なうことがないというのがわかるのです。

それが、このグレードの魅力となっています。
出来るだけ安く購入したいという方が、このグレードを購入している傾向があるようです。口コミなどは書かれにくく、車にこだわりのある方には選ばれにくくなっています。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVG内装

GはBからの追加点が多く、先進安全装備も標準装備されていて、とても選びやすいグレードです。グレードの違いなどを細かく検討せずとも、このグレードを選べば損をしないだろうということが、伝わってきます。

Honda SENSINGはオプションで付けることができないので、安全装備が必要だと感じる場合はG以上のグレードを選ぶことになるのもポイントですね。

また、「Cパッケージ」や「Sパッケージ」といった、パッケージ化されたメーカーオプションが設定されているのも、魅力のひとつと言えます。

オプションで付けたい装備が複数ある場合、その装備が入っているパッケージを選ぶと良いでしょう。「装備の系統がパッケージで統一されている」ため、選びやすいです。

安全装備が多いに越したことはないと考える、ファミリー層の購入が多く見られます。

EXの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードHVEX内装

EXは「質感を重視しないフリード」の中で、質感を少しでも高めようというメーカーの努力が見られるグレードです。

ダブルホーンになって存在感が高まったなど、車の「見た目」や「質感」に強いこだわりを持つ方にとって、魅力的なグレードとなっています。

ただし、こだわりが特に強い方は「自分でカスタマイズしたい」と考えるものです。純正でダブルホーンが付けられ、本革が巻かれ……とカスタマイズできる余白が少なくなっているため、そういった方には選ばれにくいきらいがあります。

フリードHVのユーザー層とも、あまり一致していません。「価格が高すぎだ」と感じる人も多く、需要がとても限られています。

Modulo Xの魅力、選んでいる人はこんな人

実はModulo X初のハイブリッド車となっている、フリードHYBRID Modulo X Honda SENSING。走る楽しさを取り戻してくれるエクステリアをはじめ、インテリア各所に特別感を感じられますし、サスペンションが変わっていることで走行や操舵性に安定性が生まれます。

早い話がちょっとしたチューニングカーとなっているのが、Modulo X最大の魅力ですが、Modulo X自体の認知度が低いことと、多少「やりすぎ」と感じやすいカスタマイズの多さも相まって、こだわりが強い方やファミリー層からは敬遠されがちとなっています。

しかし、「車のことはよく知らないけど、最初からカスタマイズされているからのってみたい」「男らしいエクステリアにほれ込んだ」といった方も少なくなく、購入者は独身者で多人数でのドライブを楽しみたい方が購入している傾向にあります。

総合的に売れているグレードを考察

ベースグレードである「B」または「G」のいずれかを購入することを、私個人としてはおすすめ。

ただまずはベースグレードである「B」を検討することから始めましょう。

Bにはパッケージ化されたメーカーオプションはないので、標準装備だけで満足できるかどうかが検討の鍵になります。満足できればベースグレードを購入、できなければGを検討しましょう。「Honda SENSINGが欲しい」という方は、Gを購入すれば損をすることはありません。

Gでも満足できない部分があれば、パッケージ化されたメーカーオプションを選びます。こうして検討していくことで、不要な装備を最小限に抑え、必要な装備を最大限にそろえることができるのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です