JADE実燃費計測レポート。高速道路、一般道路との乖離は?

カタログ燃費:18.0km/L
実燃費平均:15.19km/L

JADEはガソリン車・ハイブリッド車両タイプの設定がありますが、ガソリン車は走行する楽しみを重視したつくりになっています。走行性能が重視されているというと、燃費が軽視されているのではないかと考えるのが自然というものでしょう。

しかし、上記燃費を見ている限りでは、その心配は無用のようです。カタログ燃費と実燃費との隔たりが、ほとんどありません。平均でこの値になるのですから、20km/Lを超えることも可能なのではないかと期待してしまいます。

その期待が過度なものなのか、期待通りの燃費性能を誇るのか、検証してみました。

各オーナーの実燃費記録を紹介

「23区内に住んでいるためか、街乗りでの燃費は10~12km/Lとあまりあがりません」
「高速道路・郊外などで自分の好きなように走ったら、15km/Lを記録しました」
「エコとは真逆な運転を楽しんでいますが、燃費は13km/Lです」
「一般路で13~15km/Lは走りますし、高速道路では17~19km/Lは走ります」
「エコモードを使うと、20km/Lを超えることもあります」
「市街地では12~13km/Lで安定しており、高速道路では17km/Lにはなります」
「高速道路を100km/hで巡航したら、20km/Lを超えました」
「市街地・郊外・山道などを丸一日走ったところ、23km/Lになりました」
「郊外中心で13km/L、高速中心なら16km/Lにはなります」
「田舎に住んでいるのですが、14~15km/Lくらいになります」

13~15km/L程度で安定している人が多いです。高速道路を使う・エコモードを使うなどすれば、カタログ燃費を超え、さらに20km/Lも超えています。

エコモードの使用・不使用による差が大きいようですが、まったく気にせずに走ったとしてもミニバンとしては十分な燃費になるようです。

走行性能の高さとあわせて、「大満足だ」と答える人が多い傾向があります。

走行レポート。JADEを実際に運転してみたら・・・

多くのオーナーが「大満足だ」と答える走行性能と燃費性能を試すべく、実際にJADEに乗車してみました。その際の様子を事細かにレポートしたいと思います。個人的な感想なども入っていますが、参考までにどうぞ。

街中では滅多に見かけない、JADE。気になって気になって先日はあまり眠れませんでした。検証することになった今、目の前にその姿を現すのをワクワクした気持ちで待っています。こんな気持ちは初めてテレビゲームを買ってもらったとき以来です。

冬に向かおうとしている街の寒さが気にならないほど、高揚した気持ちでいると、JADEが姿を現しました。エクステリアには否定的な意見が多く、あまり期待はしていませんでした。

ところが、実際見てみるとどうでしょう。とても私好みです。新月のような綺麗なカーブを描くグリルとヘッドライトは、私にはとてもカッコイイもののように映ります。

ドアノブに触れると、ドアロックが解除されて便利です。高級とまではいかないまでも上質なインテリアに落ち着きを感じます。ドアを閉めるとき、重厚感のある音がして、これもまた気持ちがいいです。

エンジンをかけます。「よし」と呟いて、アクセルを踏む。「ん、これは……?」自分が思うように、アクセルを踏んだだけ前に進んでくれている。発進時なのにゆったりとした感じは全くありません。早速驚かされます。直噴なので音はしますが、それさえも走行性能への期待感を煽る材料です。

そして何より、低回転からトルクがフラットに伸びてくることに気づかせられます。街中で走るのでも非常に安定していて、運転していてとても楽しいのです。

ハンドリングがとても素直で、カーブに差し掛かっても素直に曲がる安心感があります。そして軽快なのです。1.5トンはあるはずですが、その重量を全く感じさせません。

アクセルを踏めばそれに応えてくれ、ブレーキを踏めば止まってくれる。ハンドルを切れば自分の思うように車体が曲がる。とてつもなく気持ちがいいです。操縦がダイレクト、自分の足の延長のように扱うことができます。

2シート×3列というシート構成には疑問が持たれますし、乗り心地もやや硬めですが、走行性能は素晴らしいです。だからこそ、それ以外で損をしているという感じが否めません。走ればわかりますが、走らないとこの車の良さはわからないなと感じます。

低燃費を心がけたら

走行性能がわかったところで、今度は低燃費になるように走ってみます。

まず郊外のコンビニで車を止め、ルートを検索。信号と坂道の少ないルートを選びます。エアコンは使わず、エコモードのスイッチを押す。エコモードでどれだけ燃費が変わるのか、ワクワクです。

アクセルをゆっくりと踏みます。発進時の挙動が、先ほどとは大きく変わっているようです。ノーマルモードでは過不足なく進みましたが、エコモードでは控えめな味付けになっています。

こちらがゆっくりアクセルを踏んでいることもありますが、それに被せるように車の方で調整されているように感じるのです。

それでもノロいということはありません。周りの流れにはスムーズに乗ることができます。規定速度である50km/hを超えないように、ゆっくりと走る。少し走っていると青信号が点滅しているのが見えるので、アクセルから足を離します。

惰性で距離を伸ばし、ギリギリでブレーキを踏む。青信号に変わるときも、ゆっくりと発進して50km/hを維持して走ります。

下り坂が見えたので、早めにアクセルから足を離す。減速するときには、早めにアクセルを離すと2%ほど燃費が抑えられるのです。坂道を下りきったところにあるコンビニに車を止め、エンジンを切ります。

走行距離は約40kmで、燃費は18.7km/Lとなりました。

カタログ燃費を超えたことに感動しつつ、高速道路に入ります。パーキングエリアで車を止め、エンジンを一旦切りました。今度は高速道路を50kmだけ走るのです。再びエンジンを入れて、90km~100km/h程度を維持して走ることを心がけます。エコモードは切っています。

平日の日中なので、車どおりがとても少ないです。
特に注意する必要もなく、車間距離は自然と開きます。50km特にイベントがなく走り終えてしまいました。100km/h程度で走るのが、ちょうどいいです。スムーズで気持ちよく、なおかつ無駄な燃費を抑えて走ることができます。

高速道路を走った結果、燃費は19.3km/Lでした。長距離なら20km/Lを難なく超えるでしょう。

燃費なんて気にせず走ってみたら

高速道路から出るまでの間、Sモードで追い越し車線を思い切り走ってみます。Sモードスイッチを押して、アクセルを思い切り踏み込む。速度と回転数がすぐに伸びていき、100km/hを超えます。追い越し車線に入り、さらに加速。

100km/h以上の加速もストレスがありません。どこまで加速できるのか試したくなり、さらに加速します。

105km、110km、120km……! これ以上出せそうですが、覆面やオービスに引っかかりたくないので、ここでやめておきます。限界速度はとても速いのではないでしょうか。ミニバンのそれではありません。

高速道路から出て駐車するまでの間は、40km程度で、燃費は13.5km/Lでした。

今度は市街地で5kmだけ走ります。買い物をする際は5km程度の短距離走行になることが多いでしょうから、その際の燃費を検証するという目的です。そろそろ寒気を感じてきたので、エアコンを付けて温まります。

ある程度温まってから、Sモードを切ってアクセルを踏む。最初に試したノーマルモードのエンジンの味付けが、少し懐かしいです。細かいカーブを曲がって、ちょっとした坂道を上ります。最後に平地での直進があり、目的地に到着です。

燃費は10.4km/Lとなりました。

まとめ

JADEはモードによって大きく異なる操作感を味わえる、キャラを変える車だと感じました。

ノーマルモードでは、安定しながらも余裕を感じさせてくれます。エコモードではゆっくりになりますが、その分燃費が大きく抑えられる。そして、Sモードではミニバンだとは思えないほどの加速を味わうことができるのです。

走行性能に比重を置いているからといって、燃費が犠牲になるわけではありません。どんな乗り方をしても、10km/Lを下回ることはまずないです。ロングドライブだと20km/Lを超えることもできます。ハイブリッドでなくても、しっかり低燃費に運用することができるというのは、大きな強みです。

エンジン性能を楽しむことも、低燃費を追求することもできる、とても楽しい車だと感じました。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です