トヨタ・WISH実燃費計測レポート。一般道と高速でそれぞれ試してみた

実燃費WISH

カタログ燃費:16.0km/L
実燃費平均:12.03km/L

最小限の出費でしっかりとした高級感を得、最大限のパフォーマンスを得られるWISH。エクステリア・インテリアは最大限で良く、走行性能も最大限で良いですが、燃費だけは最小限に抑えたいところでしょう。

カタログ燃費と実燃費を見てみると、その差は小さいように見えます。平均でこれだけの記録になるのなら、実際にエコドライブをしたらもっと良い値になるはずです。そう考えた私は、オーナーの実燃費記録を拾ってみました。

そして、自分でも運転して検証することにしたのです――。

各オーナーの実燃費記録を紹介

「遠出をしても、エコドライブをしても、乱暴に運転しても、11.5km/Lのまま。良くもならず悪くもならず……」
「私の平均は、15~16km/Lです」
「今まで7万キロ乗って、新車時からトータルで平均してみたところ、16.7km/Lとなりました」
「高速道路で利用すると、16km/Lにはなります」
「名古屋から東京まで走って、平均燃費18.0km/Lを記録しました」
「一般道だと、平均10~12km/Lです」
「高速道路主体の遠出で、15~17km/Lです。街乗りだと、10km/L前後になります」
「片道10kmで流れの良い道路の通勤だと、12km/L前後です。150kmの長距離ドライブをした際は、14.7km/Lでした」
「現段階では、平均19km/Lを記録しています」
「高速道路で14km/L程度です。周りの流れを無視してゆっくり走れば、市街地でも12km/Lを超えます」

多くの人が、カタログ燃費を超えたことがあるようです。高速道路を利用すると、問題なくカタログ燃費以上の低燃費を記録することができます。郊外ではエコドライブをすれば達成できるかどうか、といったところでしょう。

特に平均18~19km/Lを記録する人は、満タン法という計算方法によって算出した結果となっています。メーターより、こちらのほうが高燃費な記録になるのが常です。

想像していたよりも、燃費が良い印象を受けます。

走行レポート。WISHを実際に運転してみたら・・・

WISHの1.8Xグレードに乗ってみることにしました。

オーナーの記録を見ていると、どうしても乗りたくなりますね。気が付いたときにはもう、乗っていました。そのときの様子を簡単にお伝えします。まずはエコドライブをせず、気軽な気持ちで運転してみました。

目の前にWISHがやってくる。

今日一日借りる約束を、先日SNSの知り合いに取り付けていました。知り合いの住んでいる地域にまで自分の車で行き、駐車場に停めています。どこにでもあるその駐車場に、知り合いの運転するWISHがやってきたのです。

「かっこええなあ」と、言葉を漏らします。コンパクトなミニバンは、セダンに近い印象を受ける。こうもカッコいいとは、驚きです。高級感もしっかりと感じられます。満足できる大人のデザインですね。

「大切に検証してね」と友人から鍵を受け取ります。礼を言って、待ちきれずにすぐ乗車。新しいオモチャを買ってもらった子供のようだと、我ながら思います。

内装は思っていた通り、実用性にパラメータが振り切っているといった印象です。トヨタ車は内装の高級感を演出するのがうまい印象がありましたが、WISHには高級感がありません。価格相応といったところですが、使い勝手は良さそうです。

7速スポーツシーケンシャルシフトマチックが、とてもかっこいい。MT車に乗ったような錯覚に陥ります。このレバーで、シフトチェンジができるのです。

早速走ってみましょう。

エンジンをスタートさせて、アクセルを踏みます。瞬間、自分が踏んだ量だけ前に出るかのようです。発進時からしっかりスムーズに加速してくれます。踏み込まないでいても、市街地では十分なほどの加速性能です。

踏み込めば、しっかりとパワフル。高回転もトヨタのエンジンの中では、しっかりと回ります。

ただし、レスポンスが良いというわけではないようです。加速してくると、踏んだ量と加速量が一致しないように感じます。赤信号に引っかかる。アクセルを戻して減速し、ブレーキを踏むのを引き伸ばそうとしたのですが、すぐには減速してくれません。

レスポンスは、いまひとつといったところです。

それでも、走っていて楽しいと感じます。シフト操作が楽しいというのが、大きいですね。レスポンスにはストレスを感じますが、シフト操作が楽しいのでそれを忘れそうになってしまいます。

低燃費を心がけたら

ある程度WISHという車を理解してきたので、郊外のコンビニに車を停めます。「今度はエコドライブをしてみよう」と、エアコンを切る。その代わりに、エコモードのスイッチを入れます。ゆっくりとアクセルを踏んで、発進です。

エコモードにしてアクセルをゆっくり踏むようにすると、本当にじわりじわりと加速していきます。市街地だと少し迷惑になりそうですが、ここは郊外なので気にしません。日中で多くの人が仕事に出ているのか、車どおりが少ないです。

ある程度加速してくると、そこで加速するのをやめます。速度を見てみると、約50km/hです。この道の制限速度と同じ値になっています。

信号です。青信号から点滅し始めています。アクセルを戻し、惰性で走る。ゆっくりと減速して、信号手前でブレーキを踏みます。アイドリングの時間を短くするのです。そうしてまたゆっくりと発進、加速します。

「ん?」ノーマルモードより、エコモードのほうがCVT制御が良いように感じます。ノーマルモードのときに感じた違和感も、あまり感じられません。エコモードで初めて真価を発揮するCVTなのでしょうか。

スーパーの駐車場が見えてきました。駐車場に入り、燃費を計測します。走行距離は、約30km。

燃費は、14.6km/Lでした。

その後、高速道路でも同じようにアクセルワークを一定にして走りました。坂道のない平坦な区間を50kmほど走り、燃費は17.2km/Lとなりました。簡単にカタログ燃費を超えてしまい、嬉しさと同時に肩透かしを食らったような気持ちを覚えます。

燃費なんて気にせず走ってみたら

「思い切り走ってみよう」そう思いながら、スーパーから出ます。郊外からスタートしていましたが、このスーパーは比較的栄えている街中のほうにあるのです。エコドライブをスタートさせたところよりも、車通りと信号が多くなっています。

エコモードを切り、エアコンを付けています。スーパーから出て左折し、真っ直ぐな道になったところで急加速! 思い切り踏んで、思い切り走るのです。

エンジン回転数もどんどん上がっていきます。上がるのですが、これがどうでしょう。エンジンが3000回転を超えると、振動と騒音が大きくなるのです。シートからも、フットレストからも、大きな振動が伝わります。

3000回転といえば、坂道や中間加速で使う領域です。私が3000回転を超えたのも、坂道を上り始めたところからでした。上りながら、振動がガタガタ。お尻はブルブル。痺れそうです。

平坦な道で高回転を維持すると、「加速力はすごいんだな」と感じます。質感は悪いですが、走行性能は高いです。

坂道を上って、信号でのストップ&ゴーを繰り返して、10km走りました。

その結果、燃費は11.3km/Lとなりました。

まとめ

  • 日常的に考えられる最高燃費は、11km/L。
  • 日常的に考えられる最低燃費は、17km/L。

私が計測してみたところ、上記のような実燃費になりました。WISHのエンジンは排気量が小さい割には、低回転をしっかり保ってくれます。ゆっくり加速すると、エンジン回転数を抑えて走り続けられるのです。エコドライブをする面において、とても有利なエンジンだと言えます。

ところが、高回転でバリバリ加速したい場合、振動と騒音に悩まされるのです。シフトチェンジは楽しいですが、低回転でレバーを操作すると、切り替わらないこともありました。高回転域では作動しやすいです。

低回転域で遊ぶのでなく、高回転で遊ばせたいのでしょうが、エンジンの質感からして遊ぶ車としてはダメですね。普段MT車に乗らない人は、感覚だけでも楽しいかもしれません。

ミニバンは実用性を求め、経済的に乗る車だと考えています。そう考えたとき、WISHはとても良くできたミニバンだなと感じました。誰でも簡単にカタログ燃費を超えることができるというのは、たいしたものです。

本体価格だけでなく、ランニングコストも抑えられ、非常に経済的な車だと感じます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です