【見積書公開】エスティマ値引きレポート。限界値引き額は引き出せたのか

我が家は代々のエスティマユーザー。現在乗っているのは8年近く前に買った三代目です。

そもそも初代のエスティマを買ったのは20年以上も前になります。当時は念願のエスティマを手に入れてワクワクしながら乗り回していたものです。

その後モデルが変わるたびに乗り換えてきたのですが、今乗っている3代目に換えてからはなかなかモデルチェンジされずに買い替えのタイミングを逸したまま、8年も乗り続けることになっていました。

そして、出る、出ないと噂ばかりが先行していた新型エスティマがやっと発売になったことで、さっそく見せてもらいに行きつけのカローラxx店に出かけてきました。

ディーラー突撃前に知っておこう

セールスマンと交渉するためには、何かしら知識を準備しないと、値引きはおろか無駄にオプションをつけられるかもしれません。したがって、下調べをすることは非常に重要になってくることでしょう。そこで今回は、商談で役立つ知識を3つご紹介ます。

それは

  • エスティマの値引き相場
  • エスティマの競合車種
  • エスティマの納期について

以上の3つです。

まずは、1つ目の値引き相場について。これは車両値引きだけで30万~40万程度だという報告が多いです。本当に値引きを頑張るのであれば40万まで粘ってみるのもありでしょう。

逆に、30万は最低でも値引きしてもらえるように交渉を進めていく必要がありますね。

続いて、競合車種について。こちらは、よくホンダのオデッセイと比較されていますね。オデッセイは276万なのに対しエスティマは327万が新車価格のスタートになります。

価格で50万程度離れているので、「オデッセイも検討していて~」と話すと、もしかしたら値引き額を上げてくれるかもしれません。

最後に納期について。これは、1~2か月程度だという報告が多いです。納車までの期間は比較的早い方だと思います。あまりにも長い納期を言われたら、値引きの要因として突っ込んでみましょう。

ディーラーへ突撃

iFTig編集部
今度のエスティマは売れていますか?
営業担当者
お陰様で結構な数の注文を頂いています。初期受注で7000台と聞いています。大多数が買い替えのお客様ですね。今回は10年ぶりのモデルチェンジになりますし。

実車確認

エスティマ エクステリア 正面

新型であることが一目でわかるフロントデザインですね。

何だか大きく口を開けているみたいな顔つきです。

iFTig編集部
やっぱり基本はエスティマのこのデザインなんですよね。
営業担当者
前モデルと比べると変更は少ないと言われるんですが、色々と細かな部分で手が加えられているんです。例えばサイドビューを見てもらえばわかると思うんですが、以前よりも水平さを意識した意匠が加えられているとか。もうずっとエスティマには長いことお乗り頂いているんですか?
iFTig編集部
8年以上になるかな。あの頃は後ろの窓ガラスまで透明で中が見えるようになっていたんで、珍しがられてよく覗かれものですよ。後にはブラックになっちゃって覗かれなくなっちゃったけど。だけど皆に見られるのが妙に誇らしくてね。

内装も凄く奇抜で「未来のクルマ」というイメージだったなあ。フロント席の曲面を多用したインパネとか、2列目のキャクテンシートが当時は実にユニークでね。おそらくあれがきっかけになってアルファードとかヴェルファイアとかが、今のように進化していったんじゃないかな?

 

でも、今ではみんな箱型のミニバンになっちゃったし。エスティマがあまりに先進的すぎて、他のメーカーは付いてこれなかったのかなあ。あの後すぐセレナとか、ステップワゴンとか、今のミニバンの先祖のようなクルマとかいろいろと出てきたでしょ?

営業担当者
そうですね、以前はずいぶん色んなタイプのミニバンがありましたね。最近では大分集約されてきた感がありますけど。
iFTig編集部
でも、皆がみんな、あんな箱型を好んでいるわけじゃないと思うんだけどな。所有していることが誇らしいクルマって、最近はあまりないじゃないですか。眺めているだけで惚れ惚れするクルマって。
営業担当者
スポーツカーもあまりありませんしね。「86」は出ましたけど、数も出るわけじゃないし。
iFTig編集部
エスティマが女性に人気があるというのも、そんなことが理由なんじゃないかな。スライドドアもレールが目立たなくていいですしね。それが見えちゃうと興ざめで。
営業担当者
そうなんです。今回のデザインも女性のお客様を意識して、この車体面の美しさを前面に出したものになっているんです。ピラーを全て黒くしてルーフが宙に浮いているようなデザインになっているんです。
iFTig編集部
そういえばそうですね。今まであまり意識したことは無かったけど。
営業担当者
前面のライトもLEDタイプになって、デザインもフロントグリルにマッチしたものになっています。]ヘッドライトもBi-Beam LEDといって、対向車とか、前方の状況によって自動的にハイビームに切り替わるタイプになっています。
エスティマ エクステリア サイド

前モデルではとんがっていた先端を切り落としたようなデザインですが、車体長は変わらないようです。タイヤは18インチが標準とのこと。希望によって17インチにダウンサイズすることも可能のようです。(価格差分幾分安くなるようです)

もともと硬い乗り心地だったので、サイズダウンするのもいい考えかもしれません。

iFTig編集部
でも最近のトヨタのクルマは似たような顔つきになってきていますよね。プリウスαも変わっちゃったし、アクアとかカローラフィルダーもそっくりだし。
営業担当者
これが最近の流行というか、結構評判がいいんです。
iFTig編集部
最近のミニバンもみんな顔で勝負ですもんね。
営業担当者
それとリアのコンビネーションランプ部分なんですが、エアロスタビライジングフィンと言いまして、空気の渦を作って車体の安定性を高める機構が追加されています
エスティマ エクステリア バック

この写真では見にくいですが、リアサイドにはスタビライジングフィンが加わっています。

これによって空気の渦が出きて走行安定性は改善するとのこと。この程度で?と思ってしまいますが、色々と工夫するものですね。

iFTig編集部
あの新型のプリウスの後側に目立っているフィンと同じということ?
営業担当者
そうですね。機能としてはそうなります。燃費にも関係してきますし、これからはこんなのが付いたクルマも増えていくんじゃないでしょうか?

 

インテリア

エスティマ エクステリア ラケッジスペース

3列目は前モデルと変わりなし。

新型ではグレードによって電動で収納される機能もあるとのこと。使用頻度がよほど高いユーザーでないと、オーバースペックのようにも思いますが。

エスティマ インテリア 室内空間

バックドアから前方を覗いてみたショットです。

天井に付いているエアコンは後部座席でも調整できるタイプです。エスティマくらいのサイズとなると、前の方と後とでは結構温度差があるんですよね。

寒い時期とか暑い時には、意外と重宝するスペックだと思います。

インテリアに関して

エスティマ インテリア 後席

何か変だなと思ったらシートカバーが付いていました。シート色はブラックかアイボリーからの選択になります。

またグレードの一つである「スマート」では白いシートも選べるとのこと。汚れは大丈夫なんでしょうか。 でも女性には受けそうですね。

iFTig編集部
ところで室内の変更点というのはどんなところですか?やっぱり7人乗りと8人乗りの両方があるんですか?
営業担当者
2列目と3列目のシートについては特に変更されたところはありません。前と同じです。
iFTig編集部
エスティマに乗っている人で、3列目を使っている人なんてまず見たことないなあ。みんな2列目までしか使っていないんじゃないかな?
営業担当者
それは3列目が狭いという意味で?
iFTig編集部
それもあるけど、3列目を重視する人たちはもっと大きいクルマ、アルファードとかヴェルファイアを選ぶんじゃないですか? そんな人たちはデザイン云々よりも効率とか3列目も快適に過ごしたいとか、座り心地や居住性を優先するから。
営業担当者
当社(カローラ店)ではエスティマが一番大きなクルマなので、そういうお勧め方は出来ないんですよ。それをやっちゃうとネッツ店とかトヨペット店ということになっちゃうんで。
iFTig編集部
そうか、だったらエスクァイアとか? でも、あれは5ナンバーか。
営業担当者
内装重視だったらそれもありだとは思うんですが、ただ5ナンバーと3ナンバーでは乗っていても明らかに幅の余裕が全然違いますし。
iFTig編集部
そうですよね。エスクァイアにも乗せてもらったことがあるんですけど、確かに豪華さというのはあるんだけど、座る姿勢のせいなのか、同じ2列目でもエスティマとエスクァイアでは違うんですよね。エスティマの方がゆったりというかシートに包まれている感じがするのに対して、エスクァイアだと頭上のスペースもあって広いことは広いんだけど、何だか箱の中に閉じ込められている感じがして、座り心地もより背中が立った姿勢のように感じるなあ。
営業担当者
たしかに床面から座面までの高さはエスティマの方が低いです。正確な寸法は分かりませんが、その分足を前に投げ出すような姿勢になりますね。
iFTig編集部
だからオットマンのようなものがあれば快適にもなるということだ。

 

エスティマ インテリア 後席2

運転していてもいつも気になる2列目の余裕の広さ。

ただ車高はノアやエスクァイアとさほど変わらないのに、フロアが高い分、室内の高さは狭く感じます。言い換えれば、私にとっては丁度いい頭上空間だと思うのですが。

写真には写っていませんが、運転席と助手席の間にあるコンソールがレール伝いに後ろへスライドすることが可能になっています。 つまりは1列目と2列目で共有できるということ。たしかセレナにも似たような装備があったと思います。

コンセプトに関して

iFTig編集部
今の時代、効率ばかりが重要視されて、本当に所有していることが歓びになるクルマって無いんですよね。どうして日本だけでミニバンが売れるのかなあ。
営業担当者
今はどうしても背の高いミニバンかハイブリッドか、という時代ですね。メーカーも輸出が中心になって、国内市場でしか受けないクルマには消極的なんですよね。日本道路事情がほかの国と比べての整っているとか、家族で出かけるというか、一家に一台のクルマで色々な用途を済ませようという家庭が多いことらしいです。
iFTig編集部
田舎ではそうでもないけど、確かに都会じゃあクルマを1台持つだけでも駐車代がバカにならないですしね。たしかに欧米では家族のそれぞれに1台ずつとか、クルマ自体の意味合いも日本とは違うんだろうし、日本でもだんだんと時代が進むことによって家族の有り方とかも変わってきているし、まあ仕方のないことなのかなあ。

道路事情の悪い国だと、エアロパーツとか低い車高のクルマなんていうのは無理なんだろうしね。だから日本的な進化を進めていったものの典型が今のミニバンということなんでしょう、きっと。[/voice]

営業担当者
最近ではクルマの馬力とかスピードとかはあまり重視されなくなってきていますし、今はとにかく省燃費が一番大きなポイントですし。
iFTig編集部
省燃費にはデフレも少なからず影響しているんでしょうね。何だか文明論みたいになっちゃいましたね。
営業担当者
お陰様で勉強になります。

走行性能に関して

エスティマ インテリア 前席

運転席の感じは前モデルとあまり変わった感じはありません。ステアリングのスポークが4本から3本に変わったことぐらい?

エスティマ インテリア 運転席

ただエンジンスタートボタンがハンドルの左側から右側になっています。

最初位置が分からなくて戸惑ってしまいました。最近のトヨタ車では右側で統一しているそうです。

ステアリングホイールが本革巻きなのは前モデルと同じ。ただ10時と2時の位置には小さな突起があって、握りやすいような工夫がされているようです。

エスティマ メータパネル

メーター類も前と同じセンターメーター方式。

大きなメーターは非常に見やすく、オプティトロンという最新技術が使われています。新型からはスピードメーターの右側にリニア状のタコメーターも追加されました。

左側にはマルチインフォメーションディスプレイも付いています。瞬間燃費やエアコンの状態が表示されるようです。

エスティマ インテリア 助手席

この試乗車のフロントパネルは普通のブラック基調のタイプですが、これがホワイトやベージュのタイプもあるとのこと。

そんな斬新さも女性に好かれるエスティマならではのことなのでしょうか。

エスティマ ナビ周り

センタークラスター部はピアノプラック調という最近流行の高級な塗装がされています。ピカピカしているのはいい感じですが、かえってホコリが目立ちそう。

エアコンなどのスイッチはタッチパネル方式で、触感が無いのが前モデルでのボタン式との違いになっています。最近はナビのサイズもずいぶん大きくなりましたね。これだけ大きいと後席用に天井モニターを付ける必要がないくらい。

営業担当者
足回りについてですが、高級グレードではフロントパフォーマンスダンパーが加わります。
iFTig編集部
どんな機能ですか?
営業担当者
走行中の車体のたわみや細かな振動を減衰するダンパーですね。これによって乗り心地や走行中の静かさが改善するのと、ハンドリングもシャープになるというものです。

グレードに関して

営業担当者
今回の新型ではグレードがエアロタイプの「アエラス」に統一されています。
iFTig編集部
前よりもグレードが減ったということ?
営業担当者
そうです。その中でスタンダードな「エアラス」と、専用の配色の合成皮革シートとかリアオートエアコンが付いた「スマート」と、フロントパフォーマンスダンパーや運転席の電動化機能が加わった高級タイプの「アエラスプレミアム」、最上級グレードとしてブランノーブのシート生地や電動式バックドアが装着された「アエラスプレミアムG」の、大きく分けて4種類のグレードになります。
iFTig編集部
両側スライドドアはどのグレードであれば付いているんですか?
営業担当者
それは全車に標準装備になっています。あと18インチのアルミホイールもそうですね。
iFTig編集部
カタログで見た白いシートは?
営業担当者
あれは「スマート」だけに設定されています。シート以外にもインパネがホワイトになります。
iFTig編集部
随分と大胆だけど、女性には受けるかもしれないな。実際に売れています?
営業担当者
はい。私が扱わせて頂いた中では1台だけですけど。
iFTig編集部
グレードによって、価格はどの程度違うんですか?
営業担当者
車両価格で言いますと、標準の「アエラス」が約331万円、「プレミアム」が約340万円、「スマート」が約351万円と、「プレミアムG」になると370万円になります。

ノーマルエンジンとハイブリッドに関して

iFTig編集部
ハイブリッドだと、いくらぐらい値段が違うんですか?
営業担当者
約100万円高くなります。E-Fourといいまして、4輪駆動になるんですが、今までの4輪駆動とは違っていまして、後輪はモーターだけで走るんです。
iFTig編集部
それにどんなメリットがあるんですか?
営業担当者
E-Fourなんですが、通常の四駆とは違って前輪と後輪が別々のモーターで駆動しているんです。ですからそれぞれのモーターを独立して動かせるわけで、例えばスタートするときとか、全力で加速するときなどには両方のモーターを使って瞬発力を高められるようになっています。そして通常走行時は前輪だけのモーターで十分なので、その分低燃費走行がかのうになるということなんです。それぞれのモーターを場面に応じて使い分けているということですね。
iFTig編集部
そんなに高いとアルファードの立派なのが買えちゃうじゃないですか。それでもハイブリッドを買う人っています?
営業担当者
結構いらっしゃいますね。今はハイブリッドを買われる方も燃費を重視して選ばれる方と、それ以外の社会的な面というか、環境面なども意識されて敢えて選ばれる方もいらっしゃるようです。
iFTig編集部
それにしても100万円も違っちゃうと、全然別のクルマになっちゃうなあ。今度の新型で前のモデルよりも値上がりしているんですか?
営業担当者
単純比較ですと、前モデルからは約16万円ほど高くなっています。前はオプションだった安全装備も標準仕様になっていますし。あとLEDライトとか、内外装のデザインの変更とか。塗装も細かな擦りキズであれば自動的に修復する「セルフリストアリングコート」とかも全車に標準になっています。
iFTig編集部
まあ細かいところを見ていけば色々とあるんでしょうけど、でもモデルチェンジの度に値上がりしちゃうんじゃあ辛いなあ。その安全装備ですけど、どんな機能なんですか?
営業担当者
「Toyota Safety Sense C」と言いまして、前を走るクルマとの衝突しそうになった場合に自動的にブレーキのサポートをする機能と。それと高速道路などを走行中にレーンからはみ出した場合にウインカーを点灯していないと警告してくれる機能、「レーンディパーチャーアラート」というんですが、それと「オートマチックハイビーム」。対向車が来た場合などには自動的にロービームに切り替えてくれる機能などがパックになっています。
iFTig編集部
最近ではこんな機能が標準に近くなっているんですね。タイヤは18インチですか? これだとスポーティではあるんだけど、結構足回りが堅いんですよね。
営業担当者
ご希望によって17インチに替えることも可能です。その場合、差額分の27,000円がお安くなります。
iFTig編集部
へえ、選べるんですね。それだけ選んでいる人がいるということだ。アイドリングストップは?
営業担当者
アイドリングストップは付いていません。
iFTig編集部
最近にしては珍しいですね。どうして付けなかったんだろう? もっとも燃費を気にするような人はエスティマには乗らないのかな。ハイブリッドだと燃費はどのくらいになるんですか?
営業担当者
カタログ上ですが、18km/Lになります。
iFTig編集部
ガソリンでは?
営業担当者
11.4km/Lです。
iFTig編集部
ということは今のクルマが8km/Lくらいだから、12~13km/L位かな、実燃費だと。
営業担当者
乗り方によっても変わってきますので。
iFTig編集部
ノアとエスティマって、どっちが車体重量があるんですか?馬力とトルクの違いは?
営業担当者
ノアが1600kgに対してエスティマは1700~1800kgといったところですね。ノアが152 馬力のトルクが19.7に対してエスティマは170の22.8です。
iFTig編集部
エンジンサイズの違いから考えればエスティマも余裕あるのかなあ。トルクがあるのは運転していても分るし。

以上でクルマ見学は終わり、ショールームに戻って説明を続けてもらいました。

 いざ値引き交渉、見積もりへ

iFTig編集部
わかりました。じゃあ見積もりを作ってもらいますか?私にはハイブリッドが100万円も高いというのはちょっと負担なんで、やっぱりノーマルの「アエラス」でお願いします。車体色は白で、あとETCとナビを着けておいてください。それとバック用のカメラとリアのオートエアコンも。
営業担当者
ナビは色々なタイプがありますが。
iFTig編集部
ノーマルなタイプでいいです。一番売れているのでいいです。
営業担当者
わかりました。
iFTig編集部
あと値引きはどのくらいお願いできるんですか?
営業担当者
以前にもお買い上げいただいておりますので、できるだけのことはさせていただくつもりでおります。オプションと諸経費込だと406万円程度になりますが、29万円程度引かせて頂いて、377万円でお願いします。
iFTig編集部
ということは、大体においてオプション相当部分が値引きされるということですね。
営業担当者
そうなりますね。
iFTig編集部
わかりました。まずは家に戻って家族とも話し合ってみますので、今日はこれを頂いていきます。
営業担当者
ぜひよろしくお願いいたします。

見積書公開!

エスティマ 見積書

最後に出してもらった見積書です。

あとは今乗っているクルマの下取りがいくらになるかと、オプションの内容を再検討してみて、どうなるかですね。

【おすすめ車両】 新型エスティマ AERAS
【ボディタイプ】 7ニンノリ
【排気量】 2400CC
【駆動】 FF
【ミッション】 CVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 ACR50W-GFXSK

車両本体価格 3,312,655円
値引き 290,737円
計     8% 3,021,918円
※1 メーカーオプション価格 8% 82,080円
※2 付属品価格  8% 338,040円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,442,038
 
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 3,442,038
 
※3 税金・保険料 183,840円
課税販売諸費用等 8% 59,132円
預り法廷費用等 21,950円
その他 63,040円
計 ③ 327,962
 
消費税・地方消費税合計 259,346円
(%は消費税・地方消費税率)
現金販売時お支払総額(②+③) 3,770,000

 ※3  明細

自動車税  9月登録 22,500円
自動車取得税 91,300円
自動車重量税 30,000円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 183,840
検査登録手続代行費用 21,060円
車庫証明手続代行費用 13,500円
納車費用(ご自宅) 7,560円
下取車手続代行費用 0円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金⑥ 380円
希望No.申込手続代行費用 9,612円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 59,132
預り法定費用(新規検査登録手数料) ,6,100円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 0円
預りリサイクル預託金 ⑤ 13,150円
公正証書作成費用 200円
預り法定費用等 小計 21,950
6,000円
自動車保険料 0円
下取自税 0円
メンテナンスパック 4A 43,000円
保証がつくしプラン 2 14,040円
その他 小計 63,040

 ※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] トリコット/ブラック(標準)
[タイヤ] 225/50R18 95Vスチールラジアルタイヤ&18 7Jアルミホイール(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
オーディオレス8スピーカー(カバーナシ) 64,800円
リアオートエアコン(リアクーラー+リアヒーター) 37,800円
トウナンボウシシステム(エンジンイモビライザー+オートアラーム) 5,400円
メーカーオプション計 82,080円
[付属品(その他)明細]
NOフレームデラックス2マイ 4,320円
フロアマット、ラグジュアリーホンタイ 74,520円
サイドバイザー、RVワイドタイプ 1 24,840円
ETC2.0ユニット(ビルトイン・ナビレンドウ) 38,880円
バックガイドモニター 20,520円
TCナビ「NSZT-W66T」 174,960円
付属品(その他)計 338,040円

 リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 13,150円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 9,440円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
13,530

 お支払いプラン

頭金 352,038円
割賦元金 3,090,000円
支払い開始月 28年11月より
支払い回数 72回
初回 43,746円
毎月 41,000円 x 59回
ボーナス 7月 100,000円 x 6回
ボーナス 12月 100,000円 x 6回

実質年率5.8%

訪問を終えて

今回応対してくれたセールスマンは若い方で、エスティマの誕生からのいきさつについてはあまり知識を持っていなかったようです。

それをいいことに私の方から日頃思っていることや「うんちく」をずいぶんと言わせてもらい、スッキリした気分で帰ってきました。相手にしてみれば迷惑だったかもしれませんが。

どうしてもエスティマに関しては自分なりの思い込みがあります。もう25年も前にあんなユニークなクルマが登場したこと自体が画期的だったことと、私にとっては何としても欲しかった最初のクルマでもありました。

やっと念願が叶って手に入れたのは登場してから約2年後。ちょうどオデッセイが登場した頃でした。当時は同じ乗用車的イメージのミニバンとしてよく比較されたものですが、私の気持ちは既にエスティマで固まっていたこともあって、わき目も降らず購入したものです。

その頃はクルマというか未来的な空間を味わえる特別なスペースとして、ずいぶん車内に籠って時間を過ごしていたのを思い出してしまいます。

それから25年経って今改めて新型エスティマを見るにつけ、その基本的なフォルムが殆ど変わっていないことと、当時は極めて斬新だったパッケージングが、今では日本なりの進化発展を経て現在のようなミニバンが生み出されてきたことには実に感慨深いものがあります。

エスティマユーザーはいつまでたってもエスティマユーザー。このクルマがそのユニークなデザインを捨てることなく、今後も末永く継続されていくことを願うばかりです。

もうすぐうちの息子も自動車免許を問える年齢になるので、そうしたら今度はセカンドシートに乗せてもらい、初めて念願の「後ろ席に座って」エスティマならではの豪華さを楽しませてもらおうと、今から楽しみにしています。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です