【見積書公開】ノア値引きレポート。限界値引き額を探ってきた

クルマを買おうとするきっかけは皆さんそれぞれの理由があると思いますが、我が家の場合それは至って明確。

この9月から69歳と68歳の両親と同居することになったため、これまでこれまで使っていたヴィッツでは用をなさなくなってしまうため、6人家族が快適に乗れるクルマへの買い替えを検討せざるを得ない状況になってのものです。

きました。ただ自分が運転するのは週末のみで、平日は子供の保育園への送り迎えに家内がクルマを使っているため、彼女の意見が一番重視されることになります。

色々と検討した結果、一応の候補としてはノアかセレナ、あるいはステップワゴンと思っていますが、なかなか時間が取れない中、近所のトヨタのディーラーを訪問してみました。

トヨタへ行く前にノアを知ろう

値引きをしてもらいたいのであれば、いきなりディーラーに行っても失敗しておしまいです。そうならないために、最低3点は抑えておきましょう。

その3点とは

  • ノアの値引き相場
  • ノアの競合車種
  • ノアの納期について

以上になります。

早速値引き相場をご紹介しましょう。ノアの値引き相場は車両値引きだけで、25万~35万という報告が多く見られます。時期によるとは思いますが、最低値引き目標は25万と強気で行くことが大切ですよ。

続けて競合車種についてです。ノアのライバルに名乗りを上げるのはホンダのステップワゴンや日産のセレナでしょうか。価格で比較してみるとノア225万<ステップワゴン228万<セレナ231万の順で、ノアが一番安くなっています。

ということは「これ以上値引きしてくれないなら、もう少しお金出してセレナとか買おうかなあ」なんて言ってみたら値引きしてくれるかもしれませんよ。

最後に納期についてです。こちらは、1か月半から3か月ほどという報告が多いです。ミニバンの中でも納期が長い方になりますね。この隙をついて、値引きにつなげられたら良い商談の進め方になりそうです。

ディーラーを訪問・実車確認

ノア エクステリア

オレンジ色の看板が目印のカローラxx店。以前にヴィッツを買ったのもこの店です。

ちょうど駐車場にノアが停まっていたので、まずは見せてもらうことから。近くにいたセールスマンが親切に応対してくれました。

ノアのエクステリアをチェック

まずは外観からチェックさせてもらいます。

iFTig編集部
ノアとヴォクシーって、どう違うんですか?
営業担当者
この顔というかフロントグリルのデザインが違ったものになっています。中身は全く同じクルマになります。

グレード名は違いますけど。車種によって販売店が違ってくるので、同じモデルとならないように外観を変えているんです。どちらかというとファミリー向けなのがノアで、若者向けに精悍なのがヴォクシーという味付けの違いというか。

iFTig編集部
この部分が違うというだけで、まるで全く別のクルマのように扱われてしまうんですね。お客さんの評価はどうなんですか?
営業担当者
女性好みなのがノアってことになっていますが、必ずしもそうでもないですし。
iFTig編集部
ファミリー用としてはノアと聞いていたんで、何か装備が違うのかと思っていました。
ノア エクステリア 正面

これが印象的なノアのフロントマスクです。いかにも威厳がありそうな顔つきなのが最近のトヨタのミニバンの特徴ですね。

ヴォクシーと見栄えが大きく異なるのもこの部分です。

ノア エクステリア バック

車体側面上部の赤いコンビネーションランプ上に見える4つの小さな突起は単なるデザイン上のものと思っていたら大違い。

エアロスタビライジングフィンと呼ばれるもので、このポチポチした突起によって小さな空気の渦ができ、それが左右から車体を抑えつける効果があって高速走行時の安定性を高めるそうです。

聞いてみないと分からないこともあるものですね。

ノアのインテリアをチェック

次に室内を見せてもらいました。まずは運転席に座ってみての感想です。

iFTig編集部
もっと視点が高いかと思っていたけど、それほどでもないですね。
営業担当者
最近のミニバンはみな低くなっていますね。
営業担当者
プラットフォームが提唱タイプなので、座面もずいぶん低くなっています。車高も前のモデルと比べて25㎜低くなっていますし、こうすれば重心も下げられて「走り」も安定しますし、いいことづくめなんです。もちろん乗用車よりは座面も高くなりますが、一昔前のバンと比べるとずっと低くなっていますから、お客さまもすぐ慣れると言われていますね。あと5ナンバーなので、車幅の感覚がつかみやすいから運転し易いと。
iFTig編集部
左右の見切りもそう悪くなさそうですね。あとは長さの感覚だけですね。
ノア インテリア メーター

試乗車はノアのハイブリッド車でした。メーター類は運転席の正面にアナログタイプのものが付いています。

中央にスピードメーター、右側に燃料計、左側には「CHG」「ECO」「PWR」とハイブリッド走行の状態が表示されています。

オプティトロンというメーターの数字と針自体が光るタイプのものとのことで、昼間でも非常に明るくて見やすいメーターです。

ノア インフォメーションディスプレイ

写真ではちょっと見にくいですが、インパネの中央上部にはマルチインフォメーションディスプレイが取り付けられています。

ハイブリッドの状態や燃費状況、エアコンの温度設定状況など、様々な情報が表示されます。助手席からでもよく見えるので、自分が運転していなくても状態が見えるので楽しそう。

ノア ナビ

センター部には大きな画面のナビが。これで10インチとのことで、以前と比べるとずいぶん大きなサイズになっています。

2列目からでも問題なくTVを見られるますね。その下には小さなシフトノブとエアコンなどのスイッチが並んでいます。運転席と助手席で個別に温度設定が出来る最新のスペックです。

営業担当者
今、お乗になっているクルマは?
iFTig編集部
ヴィッツなんです。平日はほとんど家内が使っているし、私はたまに週末に買い物とか家族で遊びに出る時に乗る程度なんですけどね。今度親と同居することになったんで、もっと大きいクルマに換えたいなと思って。
営業担当者
ご両親というと、おいくつなんですか?
iFTig編集部
69歳と68歳になります。だから、これからは一緒に乗る機会も多くなるだろうなと思ってミニバンを検討しているところなんです。足腰も弱くなってきたんで、クルマを使うことも結構あろうかと思って。
営業担当者
スライドドアはドアノブ上に付いている小さなボタンを押すだけで開きます。子供さんやや力の弱い方でも簡単に開けられるようになっています。閉めるときはノブを引き上げると自動的に閉まります。ただこのクルマでは右側のドアもオートで開閉するタイプですが、グレードによってはオプションとなってしまうものもあります。
ノア インテリア 後席

7人乗り用のキャプテンシート。
シートの生地はグレードによって変わり、これはダーク&ブラックというタイプのファブリック製です。

他にもアイボリー色が設定されていますが、エアログレード「SI」には設定なしになっています。

iFTig編集部
わっ、広いなあ。外から見るよりも広く感じますね。
営業担当者
室内の高さも140cmと結構ありますし、床も低いのでスペースが広く感じるのかもしれませんね。小さいお子さんだと立ったまま席を移動することも可能ですし。
iFTig編集部
これは7人乗りになりますか?
営業担当者
そうなります。他にここがベンチシートになって8人乗りのタイプもお選びいただけます。
iFTig編集部
ベンチシートだと、後ろの席へはどうやって乗り込むんですか?
営業担当者
7人乗りと同じように、こうやってシートを前にスライドさせればスペースができますので… このクルマの大きな特徴が、シートアレンジが色々と出来るということなんです。
ノア インテリア 後席2

シート下のレールに沿って前にも後にもスライドが可能。

約80cmも動かせるとのことで、一番後ろにセットすればリムジンのようなユッタリ感が味わえます。リクライニング角度も大きくて、大柄な私が足を伸ばしても脚が届かないほど。

これだと足置きが欲しくなっちゃいますね。

中央には折り畳み式のドリンクホルダー付きのテーブルが付きます。ただちょっと華奢な造りなので、壊れないか気がかりです。

シート&シートアレンジ

営業担当者
例えば、このシートの横のレバーを引くだけでシートが横にも縦にも簡単に動かせます。後ろに動かせば、この通り足元がこんなに広くなりますし、ゆったりとお座りいただけるようになります。
iFTig編集部
十分広いですね。後ろの列を使わないのであれば畳んだままにして、このままでもいいし。子供を乗せてもここに買ったものを置くことも出来るしね。今までいちいち後ろのドアを開けて積むのが面倒だったし、手間が減る分助かるな。
営業担当者
それと特に子供さんとかお年寄りのいる家庭では便利だと思うんですけど、乗り込む時の地面からの段差が36cmと、非常に低くなっています。あと、お乗りになるときに掴めるよう、ドアの横に大きな手すりが付いています。上側の大きいのが大人用、下側にあるのが子供用ということで。
iFTig編集部
なるほどね。年寄りには助かりますね。色々と考えられていて。あとシートを倒してフラットにすることもできるんですか? ベッドにして車の中で寝るとか、今流行っているっていうじゃないですか。
営業担当者
はい、可能です。2列目と3列目のヘッドレストを取り外して倒して頂ければフラットになりますし、1列目と2列目でも可能です。この場合はフルフラットにはなりませんが。あと薄くても何かマットレスのようなものを敷けば、かなり快適にお過ごしになれると思います。

 

iFTig編集部
後のドアを開けてみていいですか?3列目があっても、積むだけのスペースもそこそこはあるんですね。
営業担当者
それと、この床下にもスペースがあります。
ノア 室内空間

3列目シートがあっても最後部には奥行きで約50cmの荷物スペースがあります。

さらにその床下にもスペースが確保されているので、スペアタイヤ以外にもちょっとした小物を入れておくことが出来るようになっています。

営業担当者
日常的な使い方ですと、3列目は畳んだままでいると言われるお客様も結構いらっしゃるようです。カーゴスペースの床面も地面から50cmですから、荷物を積むのも楽ですし。
iFTig編集部
なるほどね。いちいちシートを畳んだりするのも大変だしね。
営業担当者
これはミニバンにとっての重要な要素なんですが、どれだけ広いスペースが取れるかと、シート配置が簡単に変えられること。例えば3列目シートを畳む場合でも…こうやって収納も簡単に行っていただけます。真ん中のヘッドレストを外して頂いて、シート下のレバーを引いていただくだけで、力を使うことなく簡単に収納できちゃいます。これで奥行きも十分確保できますし、2列目も前に折り畳んでしまえば、もっとスペースを取ることも出来るようになっています。
iFTig編集部
自転車も積めちゃいますね。
ノア ラケッジスペース

3列目シートを折り畳むとフラットな床面が現れます。シートを止めておくフックが見えますが、一段低くなっているので床面は平らな状態です。

6人以上得乗るのは限られているので、普段はこのままにしておくのもいいかもしれません。これほど大きな空間が造れるのもミニバンの大きな特徴ですね。

試乗してみました

この後セールスマンには助手席に乗ってもらい、試乗させてもらいました。アクセルを踏むと加速も非常に滑らか。ハイブリッドなだけにエンジン音もしないままで、非常に静かです。

ノア エクステリア サイド

ハイブリッド車なので、アクセルを軽く踏むとエンジン音もしないまま、スーッと動き出します。

加速感はエンジン車とは違った滑らかさ。

スピードを上げると初めてエンジンが始動するのが分りますが、非常にスムーズなので気になりません。あと驚いたのが車体がガッチリした感じというのか、車体に剛性感があることを感じたことです。

それによってカーブでも嫌な揺れがありませんし、地に付いた走りを感じさせてくれます。走る上で車高が高いというデメリットはほとんど感じませんでした。

営業担当者
さすがに静かですね。以前のミニバンとは全然違う感じがします。加速もスムーズだし、あまり車体の重さを感じないし。
iFTig編集部
エンジン自体は前のモデルと同じなんですが、それとトルクが一番強くなるのが以前よりも低い回転域になるようにチューニングされていることも関係していると思います。それとアイドリングストップが付いたこともあって、このモデルではカタログ燃費が以前の13.6km/Lから16.0kmへと伸びています。

ブレーキを踏んで停車すると、自動的にエンジンが止まります。それで発車しようとブレーキから足を離すと、すぐにエンジンがかかります。前のモデルでは付いていなかったんですが、これによって燃費が結構改善していますね。ブレーキを踏むと車体が重いわりにはしっかりと効いている感じですね。そして何か違うと思ったら、アイドリングストップが働いてエンジンが止まっています。

営業担当者
これがアイドリングストップですか。でもちょっとタイムラグがあって違和感があるような。それにしてもこう頻繁に掛けたり止めたりしてエンジンに負担は掛からないんですか?
iFTig編集部
ハイブリッド車のエンジン自体がそんなものですから。
営業担当者
そう言われればそうですね。最近は急発進するクルマが少なくなってきたから、あまりタイムラグは気にしなくても済むかもしれないですね。
iFTig編集部
それよりも燃費を稼げることを優先される方も多いですし。この中央にあるマルチインフォメーションディスプレイですが、ここにエイドリングストップが効いている時間の合計、つまりは停車時間になりますが、それとそれによって節約されたガソリン量が表示されるようになっています。そのほかにも色々な情報を表示できるようになっています。瞬間燃費とか、エアコンの温度コントロールとか、
営業担当者
このハンドルのところに付いてるスイッチは?
iFTig編集部
これはオーディとかマルチインフォメーションディスプレイの表示を手元で切り替えできるスイッチです。運転したまま手を放さずに調整できるので、便利ということもありますが、運転しながら目を離さずに操作できるので、安全面からも効果的と思います。
iFTig編集部
クーラーについては前と後ろの席で別々に調節できるようになっています。
営業担当者
後のもオートエアコンですか?
iFTig編集部
このタイプではマニュアルのクーラーだけになります。リアでも冷房も暖房も出来るオートタイプもありますが、ハイブリッドのグレード「G」だけの設定になっています。
営業担当者
そういえばアイドリングストップが働いている時に冷房とかどうなるんですか? バッテリーが空になると止まっちゃうということ?
iFTig編集部
蓄冷エヴァポレーターといいまして、一時的に冷気を蓄える仕組みが付いていまして、アイドリングストップ中でも冷気が送られるような仕組みなっていますので、エコ運転をしながら夏でも快適な状態が保たれるようになっています。あとハイブリッド車としては、電池の容量が少なくなってくると自動的にエンジンが始動して充電を開始するような仕組みになっています。
営業担当者
色々と考えられているんですね。感心しちゃうな。

ハイブリッド&ガソリン車何が違う?

iFTig編集部
最近はあまりにもハイブリッド、ハイブリッドというから、それでないと時代遅れみたいに見られちゃうんですよね。今、ハイブリッド車と普通のエンジン車ではどちらの方が売れているんですか?ハイブリッドだと値段はどのくらいの違いで?
営業担当者
台数で行くとガソリン車になりますが、最近はずいぶんハイブリッドも増えてきています。違いは30万円ほど高くなりますね。
iFTig編集部
結構違うんだな。ハイブリッドを選ぶ人の理由は何なんですか? やっぱり燃費ですか?
営業担当者
イメージだけでハイブリッドを選ばれる方もいるんですが、多いのはやっぱり燃費ですね。
iFTig編集部
どのくらい走ればペイするんですか?
営業担当者
お客さまの場合は、今年間でどのくらい走られていますか?
iFTig編集部
年間だと7,000~8,000kmくらいかな?
営業担当者
だとすれば単純に燃費だけの比較で言うとエンジン車の方が経済的ということにあると思います。あと何年乗り続けるかによっても変わってきますが。あと頻繁に乗り換えられる方ですと、下取り価格を気にされてハイブリッドを選ばれる方もいます。ハイブリッドの方が値落ちが少ないということはよく聞きますね。
iFTig編集部
なるほど、そこまで考えているんだ。
営業担当者
はじめのころはステータス的なメリットを感じられてお買い上げいただくケースが多かったんですが、最近ではあまりに一般的になってきたせいか、ハブリッドというネームバリューではなくて、経済性を重視されて判断されるお客様が多いようですね。
iFTig編集部
どのくらいが採算分岐点になるんですか?
営業担当者
年間でどのくらいの距離を乗るかにもよるんですが、私どもがお勧めしているのは年間で10,000kmくらい乗られるんであればハイブリッドのメリットが出てくるんではと。あとは乗る年数次第ですね。

グレードの違い

試乗を終えてショールームに戻ってきた後に、グレードについて説明してもらいました。

広々とした商談スペースは平日だったこともあってお客さんは少なかったようですね。

iFTig編集部
さっき乗せてもらったのはどのクレードになるんですか?
営業担当者
あれは「SI」のハイブリッドタイプですが、これは「X」のエアロバージョンです。最近ではこれを選ばれる方が多いですね。
iFTig編集部
恰好いいですもんね。他にはどんなグレードがあるんですか?
営業担当者
基本的にグレード「X」がベースグレードになります。それに快適装備、例えば温熱シートとかクルーズコントロールがプラスされたのがグレード「G」になります。あとタイヤが16インチから15インチに変わりますね。
iFTig編集部
この”WXB”というのは、どれになるんですか?

特別仕様車 WxBに関して

営業担当者
ご説明が後になってしまいましたが、これが”WxB”と言いまして、お得な特別仕様車になっています。もとはグレードの「SI」なんですが、それに右側のスライドドアもパワー化したものになります。それとフロントのフォグランプがLEDタイプになりますし、フロントガラスとサイドガラスがUVタイプに変更になります。外装で言うと、フロントグリルやドアノブがメッキとなりまして見栄えが向上したものになりますし、センター部のパネルがピアノクラックという高級感のあるタイプにアップグレードしたものに替わります。 あと内装で言うと、室内の天井から側面までがこのグレーからブラックになりますし、インパネまでブラックで統一されたものになります。シックさが増して、お客様からはずいぶんと評価いただいております。
iFTig編集部
グレーだとよくあるファミリー的な雰囲気ですけど、ブラックとなれば結構落ち着いた感じになりますよね。
営業担当者
そうですね。最近では結構年配のお客様にもこの黒い内装が好評ですね。
iFTig編集部
これだけでもずいぶん印象が変わるもんですね。グレードによってもシートの色も違ったりするんですか?
営業担当者
基本的にこのブルー&ブラックかアイボリーから選べるんですが、この「SI」だけはブルー&ブラックだけの設定になります。
iFTig編集部
まあこのブラックだけの内装となると、アイボリーだとちょっとね。
営業担当者
“WXB”も同じ設定になります。

見積もり依頼始まる商談

iFTig編集部
両親のことを考えれば両側のスライドドアがオートの方がいいので、”WXB”が一番ふさわしいということですね。内装も落ち着いていい感じだし。じゃあ、これで見積もりを作ってください。それで家族と相談してみますので。
営業担当者
ガソリン車とハイブリッド車のどちらで?
iFTig編集部
今は安い方でいいので、ガソリン車にしておいてください。
営業担当者
車体色とオプションはいかがしましょうか?
iFTig編集部
色はさっきの試乗車と同じ白で。
営業担当者
ホワイトパールクリスタルシャインですね。この色だけはメーカーオプションとなって追加料金が発生してしまいますが、よろしいでしょうか?
iFTig編集部
それで結構です。あとはフロアマットと、サンバイザー、ETCと、ナビは一番売れているタイプでお願いします。あと6年ローンで試算してもらえますか? ところでどのくらい値引きして頂けるんですか?
営業担当者
一応は基本として10万円で提示させて頂いているんです。あとは下取り車の査定額とかオプションをどのくらい加えるかによって多少変わっては来ますが。
iFTig編集部
今回は家族に見せるのが目的なので、大体でいいんですが、前にもここでヴィッツを買ったこともあるので、多少の色を付けてもらうことは?
営業担当者
そうですね。それでは見積もりという形ではなくて、商談メモという形になっちゃいますが、それでよろしければお支払額の合計で330万円ピッタリということでいかがでしょうか?
iFTig編集部
見積書と商談メモだと、何が違うんですか?
営業担当者
見積書ですと一応契約書となりますので、有効期限も明記する必要があるんです。ずっと有効というわけにはいかないんで。商談メモですとあくまでメモ扱いということで。
iFTig編集部
だから契約書とは違うと… それで結構ですのでお願いします。

見積書公開!

ノア 見積書

これがもらった「商談メモ」です。

結局合計額で330万円となりましたが、まだつけたいオプションとか出てくると思うので、あくまで当面の参考として使おうと思います。

【おすすめ車両】 新型ノア SI WXB
【ボディタイプ】 7ニンノリ
【排気量】 2000CC
【駆動】 FF
【ミッション】 CVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 ZRR80W-APXSP(C)

車両本体価格 2,830,680円
値引き 240,242円
計     8% 2,590,438円
※1 メーカーオプション価格 8% 43,200円
※2 付属品価格  8% 402,840円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,036,478
 
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 3,036,478
 
※3 税金・保険料 125,840円
課税販売諸費用等 8% 59,132円
預り法廷費用等 21,270円
その他 57,280円
計 ③ 263,522
 
消費税・地方消費税合計 229,304円
(%は消費税・地方消費税率)
現金販売時お支払総額(②+③) 3,300,000

 ※3  明細

自動車税  10月登録 16,400円
自動車取得税 46,900円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 125,840
検査登録手続代行費用 21,060円
車庫証明手続代行費用 13,500円
納車費用(ご自宅) 7,560円
下取車手続代行費用 0円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金⑥ 380円
希望No.申込手続代行費用 9,612円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 59,132
預り法定費用(新規検査登録手数料) ,6,100円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 0円
預りリサイクル預託金 ⑤ 12,470円
公正証書作成費用 200円
預り法定費用等 小計 21,270
6,000円
自動車保険料 0円
下取自税 0円
メンテナンスパック 4A 39,400円
保証がつくしプラン 2 11,880円
その他 小計 57,280

 ※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] ゴウセイヒカク+ファブリック/ブラック&ブラック(標準)
[タイヤ] 205/60R16タイヤ&6Jアルミホイール(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
スペアタイヤ(オウキュウヨウタイヤ) 10,800円
メーカーオプション計 43,200円
[付属品(その他)明細]
NOフレームデラックス2マイ 4,320円
QMIグラスシーラント TYPE-T2 75,600円
フロアマット、トクベツシヨウシャ 66,960円
サイドバイザー、RVワイドタイプ 1 25,920円
ETC2.0ユニット(ビルトイン・ナビレンドウ) 38,880円
TCナビ「NSZT-W66T」 170,640円
バックガイドモニター 20,520円
付属品(その他)計 402,840円

 リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 12,470円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 8,760円
(エアバッグ類料金) 1,930円
(フロン類料金) 1,650円
(情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
12,850

 お支払いプラン (実質年率5.8%)

頭金 306,478円
割賦元金 2,730,000円
支払い開始月 28年12月より
支払い回数 72回
初回 37,221円
毎月 25,100円 x 60回
ボーナス 7月 100,000円 x 6回
ボーナス 12月 100,000円 x5回

 訪問を終えて

実物をじっくりと見せてもらって、まさに我が家の年寄りにはピッタリのミニバンであることが良くわかりました。あとは家内がこのクルマの大きさに抵抗がなければいいんですが、次回は本人も連れてきて運転させてみようと思います。まず大丈夫だとは思いますが。

値引きについては、前にヴィッツを買った店だったこともあって、最初から24万円も出してくれましたが、まだ家族の了解を取らねばならないのと付属品についても貰ったカタログでもっと細かく検討してみたいので、次回にでも改めて交渉して見るつもりです。

ノアにするかヴォクシーにするかについては、フロントグリル以外は同じということなので、ノアにしようと思っています。

普段からアフターサービスでもお世話になっている店でもあるし、何かと行き来していると馴染みにもなって、何かいいこともあるだろうと思いますしね。以上、ノアのディーラー訪問記でした。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です