もう悩まない!アルファードハイブリッドのグレードの違いと選び方はここに注目!

もう悩まない!アルファードハイブリッドのグレードの違いと選び方はここに注目!のキャッチ画像

全幅が1800mmを超える大きさのミニバンの中で、最も販売台数が多い『アルファード』。

その徹底的な豪華仕様にちょっと興味を持ち、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし公式サイトを見た方なら分かると思いますが、意外にグレードが分かれているしガソリン車だけではなくハイブリッドも用意されている為、装備の違いも併せてどこをどう見て『自分にとって”買い”なのか』を判断すればよいのかを悩んでいる人も多いはず。

そこで今回はそんなアルファードハイブリッドのグレードの違いを徹底解剖し、分かりやすく紹介していこうと思います。

ちなみに、ガソリン車については別の記事で紹介しているので、そちらを参考にしてくださいね。

アルファードのグレード徹底解剖!違いとアナタのベストなグレードはどれだ!

1分で丸わかり!アルファードハイブリッドのグレードはこうやって見ろ!

アルファードハイブリッド_早見表

そもそも、アルファードハイブリッドのグレードは基本的にガソリン車と同じ。

つまり標準ボディかエアロボディかで見るようにすれば、すぐに見分けることが出来ます。

ただ、細かな装備の違いを見てみると簡単に見分けることができないのも事実。

これがアルファードハイブリッドのグレード選びの悩みの種なのではないでしょうか?

アルファードハイブリッドのグレードの違いの注目ポイントまとめ

下を指差している男性

そこでここからは、そんなアルファードハイブリッドのグレードごとに違う装備について見て行こうと思います。

装備の違いなども紹介するため細かな違いも増えてきますが、出来るだけ噛み砕いてお話していくので是非ご覧ください。

エントリーモデルの『X』と『S』の違いは3つのポイントに注目!

簡単に違いを言うと『X』は標準ボディのベースグレード、『S』はエアロボディのベースグレードと捉えればOK。

価格差も20万円ほどと、価格に大きな違いは無いので大元のエンジンなどは一緒かな?と予想ができますね。

では早速、両者のベースグレードにどれほどの装備の違いがあるのかを確かめて行きましょう。

タイヤホイール

アルファードハイブリッドのXとSのタイヤホイール

まずタイヤホイールの大きさは、『X』は16インチのアルミホイールなのに対し、『S』は17インチのアルミホイールと素材は同じですが、大きさが違います。

そもそも大きさによって生まれる違いを説明すると、小さい方が地面との接地面が少ないので乗り心地の良いが良くなり、逆に大きいと乗り心地は若干悪くなりますが、グリップ力が向上するためコーナリングや走行安定性の良さに繋がるんです。

また見た目の違いもあるため、性能のほかに見た目を基準にして選ぶっていう方法もありかもしれません。

外装

アルファードハイブリッドのXとSのフロントマスク

 

そして『X』と『S』の最大の違いとも言えるのが外装で、上の画像の通りフロントの見た目が大幅に違いますよね。

特にフォグランプ周りは大幅に違うので注目したいポイントですね。

アルファードハイブリッドのXとSのリヤ部分

それに加えてサイドガーニッシュや、リアフォグランプ部分にもエアロパーツが装着されるなど車全体の外装に大きな違いがありますよ。

そもそも両車はボディが違う事を前提にしているので、外装に大きな違いがあるのは当然と言えるでしょう。

内装の加飾

アルファードハイブリッドのXとSの内装

また内装の加飾は「こっちにあるのにこっちに無い」という違いは無く、インストルメントパネルやドアトリムなどの色が主な違いとなります。

特にシート地に違いがあり、素材はファブリックと違いは無いんですが、色は『X』がフラクセンで『S』はブラックと、内装の印象を大幅に変える部分なのでしっかりチェックしておきましょう。

また『X』にのみ8人乗り仕様が存在、それに伴い2列目シートに6:4分割チップアップシートに変更になるのもポイント。

これによってウォークスルーができなくなったり、シートアレンジが減ったりなど利便性にも変化があるので確実に押さえておくことをおすすめします。

ちなみに、それぞれの上位グレードに当たる『G』と『SR』の装備の違いは、単純にエアロパーツと内装の加飾に違いがあると覚えておけばOKです。

『X』と『G』、『S』と『SR』のグレード間の違いは共通している

予約ロック/ウェルカムパワースライドドア

たった今登場した『G』『SR』と『X』『S』との違いはそれぞれ同じで、ヘッドライトの機能向上と内装、そしてスマートエントリーの強化が大きな違いとなっています。

中でも注目なのは、ウェルカムパワースライドドアが追加されたエントリーシステム。

車のドアノブのセンサーに触れるだけで施錠/解錠できるスマートエントリーに加え、ドアが閉まっている途中に施錠を行うとしまった時にロックされる予約ロックや、エリアに入るだけで解錠/ドアオープンするウェルカムパワースライドドアが搭載されているんです。

このスマートエントリーの強化により、両手に荷物を持っている場合やお子さんを抱っこしている時の車の乗り降りが非常に楽になるでしょう。

またヘッドライトは3眼LEDになり、前走車や対向車を検知して眩しくないようにハイビームを調整してくれるアダプティブハイビームシステムが追加。

ちなみにシート地に関してはどちらも合成皮革で、カラーは同じとなっています。

『G』と『G“F パッケージ”』はどこが違う?

アルファードハイブリッドのリラックスキャプテンシート/エグゼクティブパワーシート

この2グレードの違いは非常に少ないですが、2列目シートがエグゼクティブパワーシートになるっていうのは是非注目したいところ。

リクライニングや足を載せられるオットマンが電動になったり、大型のアームレストが付いたりと機能も見た目も豪華になっています。

ただ、キャプテンシートの魅力であった超ロングスライドは出来なくなるので、シートアレンジの多彩さという面では少しレベルが下がったという見方も出来るでしょう。

とは言え、2列目シートでゆったりくつろぎたいっていう人にとってはこの上ないグレードアップです。

この他にもステアリングヒーターも追加されますが、これ以外に加飾や装備の違いはありません。

『SR』と『SR“C パッケージ”』の違いはここに注目

『SR』と『SR“C パッケージ”』の違いは、『G』と『G“F パッケージ”』の違いと全く同じで、エグゼクティブパワーシート・ステアリングヒーターが追加されることです。

『G“F パッケージ”』と『SR“C パッケージ”』の内装は、基本的に一緒だと覚えておけば大丈夫でしょう。

『Executive Lounge』はもはや別車種と考えた方が良い!?

アルファードハイブリッドの内装

正直に言って、『Executive Lounge』はこれまで紹介したグレードとは全くの車種じゃない?って思うほど高級感のある装備となっています。

まず、ガラスは基本的に高遮音ガラスとなったり、インストルメントパネルやドアトリムなどは木目調を基調とした加飾になったり、さらにシート地もプレミアムナッパ本革になるなど、より装備が大幅に変更されているんです。

リアクロストラフィックオートブレーキ/インテリジェントパーキングアシスト

もちろん安全装備についても変更があり、バックしているときに後方に接近する車両をレーダーで検知して警告や自動ブレーキをしてくれるリアクロストラフィックオートブレーキや、スイッチを押すだけで自動に駐車位置に誘導してくれるインテリジェントパーキングアシストを追加。

特にアルファードは車体が大きいですから、駐車をサポートしてくれる機能は非常に嬉しい装備ではないでしょうか?

アルファードハイブリッドのエグゼクティブラウンジシート

でもやっぱり一番大きな違いは、2列目シートがエグゼクティブラウンジシートになっていること。

アームレストはより大きくなり格納式のテーブルを内蔵、エアコンやオーディオの操作が出来る集中コントロールスイッチなども装備されています。

さらにパワーシートはメモリー機能が付き、シートベンチレーションや快適温熱シートも搭載するなど運転席よりも快適な超豪華仕様となっているんです。

ただ、2列目シートのアームレストが大きくなったことで、3列目へのアクセスが悪くなったというデメリットもあることも注意してくださいね。

アルファードはハイブリッドとガソリンのどっちがいいの?

吹き出しに書いてある2択で悩んでいる女性

ここまでは装備について比べてきましたが、注目装備に絞ってお話ししたのでその違いはある程度把握できたはずです。

ところで、そもそもなぜあなたはアルファードハイブリッドが欲しいのでしょうか。

燃費が良いというのが大きな理由だと思いますが、正直まだガソリン車と悩んでいる人もいるのでは?

そこでここではアルファードハイブリッドとガソリン車の比較を見ていきます。

エンジン性能で比べてみた

【ハイブリッド車】

エンジン モーター
フロント/リヤ
排気量 2.5L
最大出力 112kw 105/50kw
最大
トルク
206N・m 270/139 N・m
システム最大出力 145kw
車体重量 2,110㎏
燃費 14.8㎞/L

【ガソリン車】

3.5Lモデル 2.5Lモデル
排気量 3.5L 2.5L
最大出力 221kw 134kw
最大トルク 361N・m 235 N・m
車体重量 2,110㎏ 2,000㎏
燃費 10.2㎞/L 10.8㎞/L

ハイブリッド車とガソリン車のエンジン性能は以上のようになっています。

まずハイブリッド車と2.5Lモデルですが、エンジン性能だけ見るとほとんどパワーに違いがありません。

そのためモーターをプラスしたシステム最大出力で見ると、ハイブリッドの方が優れていることが分かりますね。

次にハイブリッドと3.5Lと比較すると、パワーに関してはやっぱり3.5Lの強力なエンジンには敵わないので、加速や高速域での走りなどでは劣っていると考えてOK。

ちなみに重量はほとんど差が無い為、“エンジンのパワーの大きさ=加速の良さ”と考えても問題は無いでしょう。

運転のしやすさはどちらが上?走行フィーリングを見てみると…

またアルファードハイブリッドは、モーターのトルクも相まって2.2トンの重量を感じさせない滑り出しを見せてくれるため、例えば信号待ちからの加速などの生活圏内では充分なパワーだと言えます。

とはいえ、3.6リッターのV6エンジンのような瞬発力はなく、追い越し加速ではややアクセルを深く踏み込む必要があるのは難点と言えるでしょう。

一方で2.5リッターの直4エンジンを搭載したガソリン車は、車体重量もほぼ変わらないのにエンジン性能が劣っているため、走り出しのもたつきや高速道路での追い越しなどの際はストレスを感じてしまう恐れがあります。

特に家族全員を乗せたり荷物を多く載せたりする場合は、重量も増えるので更にもたつきを感じてしまうはず。

そのためストレスの無くドライブをしたいっていう人なら、2.5Lモデルは避けた方が良いですね。

質感をとるか、パワーをとるかがキモ

ぶっちゃけ、ハイブリッドとガソリン車はそれぞれメリットデメリットがあるため、「絶対にこっちがイイ!」と一概には言えません。

ただ、HYBRID車特有の静粛性の高さは目を見張るもので、ガソリン車と比べると「これでもか!」というほど静か。

しかも、ちょっとした段差の揺れ等もそこまで感じることはないこともあり、上質な乗り心地を体感できますよ。

片やガソリン車も段差の揺れの小ささは変わらず、振動などの面では大きな違いは無いと言えるでしょう。

さらにガソリン車(3.5L)の場合、走りだしや追い越しの際の加速が最大の魅力と言えます。

滑らかに走り出し、高速域への加速でもたつくことなくエンジンが回っていくので、高い動力性能と走りへの快適性を求める人には最適です。

このようにそれぞれに特徴がある為、

  • 走りの上質さを求めるならハイブリッド
  • パワーのある快適な走りを求めるならガソリン

なんて風に考えてOKでしょう。

総評とアルファードハイブリッドのグレード選びのポイント、まとめました!

総評とアルファードハイブリッドのグレード選びのポイント、まとめました!をイメージした画像

少し長くなりましたが、アルファードハイブリッドの装備やグレードの違い、ガソリン車とのエンジン性能の違いなど、気になっているであろうポイントに絞ってお話してきたので、恐らくあなたが持っていた疑問はある程度解決されているはず。

ただ、アルファードハイブリッドのことが分かってきたからこそ、「一体どのグレードが自分に合ってるんだろう…」と悩む人もいるのでは?

そこでアルファードハイブリッドの総評、並びにグレード選びのポイントについてまとめたので是非ご覧ください。

運転手と乗客(家族)の両方が納得できる

結論を言うと、アルファードはハイブリッドの方が納得できる1台になると思います。

というのも廉価グレードの価格差は約43万円と高いですが、乗り心地のよいアルファードハイブリッドの方がファミリーカーとして使うなら満足できるはずですよ。

それに、確かにガソリンエンジン車と比べるとパワー不足は否めませんが、気になって仕方がない!って程でもありません。

「家族は後部座席でゆったり過ごし、運転手は不満の無いドライブが楽しめる。」

そう考えるからこそ、アルファードハイブリッドは間違いない選択と言えるでしょう。

アルファードハイブリッドのグレード選びのポイント

そしてアルファードハイブリッドのグレード選びのポイントですが、大きく分けて3つ。

これさえ押さえれば満足したグレードが選べるっていう所を紹介するので、しっかりチェックしてくださいね。

基準グレードは『G』と考えること

最初にグレード選びでやることはグレード選びの基準を決めること。

アルファードハイブリッドの場合は、『G』を基準グレードとして考えておきましょう。

というのも、装備と価格のバランスが良いため、『G』ほどの装備が必要無い・もっと価格を抑えたいならベースグレードの『X』。

逆にもっと快適性が欲しい、高級感のある内装のアルファードが欲しいという人は、『G“F パッケージ”』や『Executive Lounge』を選ぶと間違いのない選択ができるはずです。

もちろん外装にスポーティさが欲しいって人は、ベースグレードを『SR』にすれば同じように考えることが出来ますよ。

7人乗りと8人乗りがあるXのちょっと気になることも知っておこう

また、標準ボディのベースグレードである『X』には、7人乗りと8人乗りがあることを忘れてはいけません。

それに伴い、8人乗りのシートは6:4分割のチップアップシートになり、ウォークスルーも無くなることに注意が必要です。

そのため乗車人数が増える代わりに室内での快適性や、シートアレンジの多彩さが落ちるという風に捉えて間違いはないと思います。

ただ、8人乗りのシートをフラットにすると1面の大きなシートが出来上がるので、車中泊をするならこっちの方が良い場合もあるでしょう。

見た目を変えるか、快適性を上げるかを決めておく

アルファードハイブリッドのグレード選びの心構えとして持っておいて欲しいのは、“見た目はどうするか”“快適性はどこまで必要か”という2点。

というのも、“見た目をどうするか“を決めておけばどっちのボディにするかを楽に決められるし、”快適性はどこまで必要か“を決めておけばグレードを上げるか、それとも下げるかをスムーズに決めることが出来ます。

このようにアルファードハイブリッドのグレード選びコツは、『何が必要で何が要らないのか』をハッキリさせることなんです。

今一度、どの装備・機能が必要なのかを家族と相談することをおすすめします。

アルファードハイブリッドを購入するなら?具体的な見積もりの概算の一例

イエローバックに電卓が置いてある画像

最後に、もし私がアルファードハイブリッドを購入するなら『G“F パッケージ”』を選びます。

そもそも私がミニバンを買う場合、家族の人数にはよりますが基本的には7人乗りを選ぶでしょう。

というのも、8人を同時に載せるシチュエーションは無いですし、そのもしもの時ではなく普段の快適性を取りたいので、7人乗りのキャプテンシートの方が良いと思っています。

そして2列目がエグゼクティブパワーシートになるのに、25万円ほどの価格差しかない『G“F パッケージ”』が最適だと判断。

一応『Executive Lounge』の事も考えましたが、価格が現実的ではないので即却下しちゃいました。

ちなみに、『G“F パッケージ”』で欲しいオプションを付けた際の価格がこちらです。

名称 価格
車両価格 5,507,000円
エントリー
ナビセット
66,000円
一体型
ドライブレコーダー
21,450円
リモートスタート
(一体型)
68,200円
税金・諸費用 122,219円
合計 5,784,869円

上の価格はアルファードハイブリッドを購入する場合の一例ではありますが、大体600万円の予算があれば余裕をもって新車のアルファードハイブリッドが買えそうですね。

もちろん、グレードやオプションを変えると上下に変動するので、実際に購入する際の参考として考えることをおすすめします。

まとめ

ミニバンと言えばアルファード。

というほどの王道な車種ですが、ガソリン車とハイブリッド車で悩む人は非常に多いです。

でも本ページを見たあなたなら、アルファードハイブリッドの違いも分かってるし、選び方のポイントだってある程度掴んでいます。

きっと満足のいくアルファードハイブリッドが手に入るはずです。

しっかり吟味して自分も家族も納得できる一台を手に入れましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

2 件のコメント

  • いつも拝見し、非常に参考にさせていただいております。

    ”アルファードHVは4WDの設定がありません。”と書かれておりますが

    FF車設定はありませんので、”全車4WD仕様のみ”が正しいかと思います。

    • ご指摘ありがとうございます。
      修正し、今後の改善に努めたいと思います。
      今後とも、イフティグをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です