アルファードHV グレードの違い解説。後悔しないグレード選びに

トヨタアルファードHV

快適性・高級感ともに良好、モーター駆動を備えた動力性能が、アルファードの重さを生かした乗り心地に繋がっている、クオリティの高いハイブリッド車です。

高級Lサイズミニバンを乗るにあたって、エコに乗ることができるかどうかを論点とする人も多いでしょう。そのような方々の選択肢のひとつとなっているのが、アルファードHVです。通常モデルよりも高い値段設定ではありますが、エコ志向な方からは一定の人気があります。

さて、アルファードHVを購入したいと考えている人にとって、気になるのは予算でしょう。価格と装備内容が見合っているかどうか、お得に購入できるグレードはあるのか・・・。

アルファードHVの価格や装備内容など、グレードの違いから、お得に購入できるグレードはどれなのかを考えましょう。

アルファードHVのグレード表

【標準ボディ】

グレード 価格
HYBRID X (4,384,800円)
4,426,920円
HYBRID G 4,997,160円
HYBRID G“F パッケージ” 5,551,200円
HYBRID Executive Lounge 7,352,640円

【エアロボディ】

グレード 価格
HYBRID S 4,632,120円
HYBRID SR 5,141,880円
HYBRID SR“C パッケージ” 5,695,920円
HYBRID Executive Lounge S 7,502,760円
※()内は8人乗り価格

アルファードHVは電気式4輪駆動方式のみとなっております。
8人乗りの設定もHYBRID Xのみとなっているので、8人乗りが欲しいという方はHYBRID Xを選ぶことになりますね。

8人乗り設定がないというのはハイブリッド車ではよくあることで、エコに乗ろうという人は8人乗りを必要としない人が多いためにそういった設定になっているのでしょう。

価格差を見てみると、最安値のXで約440万円から最高額のExecutive Lounge Sで約750万円と、約312万円ほど。かなり大きな差が出来ていますが、コレは基本的なグレードのみでなく、パッケージの設定もあるため価格設定は細かい、そう捉えると良いです。

そのため、差額で考えて相対評価をするよりも、そのグレードの装備内容などからお得かどうかを絶対評価するほうが良いでしょう。

各グレードの特徴、捉え方

基本的なグレードの捉え方は、標準ボディのX・G、エアロボディのS・SR、そして最高グレードのExecutive Lounge(エグゼクティブラウンジ)の5つのグレードに分かれていて、その上で各グレードにパッケージが用意されていると捉えると良いでしょう。

FパッケージやCパッケージはそれぞれベースとなるグレードに、快適温熱シートなどといった装備をプラスしたものとなっています。

では各基本グレードの特徴について簡単に説明しましょう。

Xは最安価のベースグレード。
最低限必要な装備に加え、クルーズコントロールやLEDヘッドライトなども標準装備となっていて、コストパフォーマンスが高いグレードだと言えます。

次にG。
Xとの大きな違いはアルミホイールの大きさが16インチから17インチに変わっている点や、マニュアルだったシート機構がパワーになり、素材や加工などの面で高級感がアップするなど充実した変更点が加えられています。中間グレードと言うにはふさわしい装備内容だと言えるでしょう。

Sグレードは専用のエアロパーツが取り付けられているグレードとなり、顔つきがよりいかつくなっていますね。装備内容に関してはXとそこまで大差がないのが特徴的です。

SRはGの装備内容はそのままにしつつインテリアに手が加えられ、茶木目調となっている部分を黒木目調に変更したグレードです。シックな高級感を求める若年層に受けが良い仕様となっています。

エグゼクティブラウンジは木目調の部分がオリーブ・アッシュパール木目調となっており、上位装備が取り付けられているグレード。アダプティブハイビームシステムやナビゲーションシステムなどといった、他グレードではオプション装備となっている多数の装備が標準装備となっています。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

装備内容を知れば、そのグレードのことがわかると断言できるほどに、グレードの違いを語る上で装備の違いは外せないことです。

上級グレードに価格に見合う装備がない、または下級グレードの装備内容だけで必要十分満たされているという場合、下級グレードがお得だと判断することができます。

装備・機能と価格とを見比べ、自分なりに評価をしてみましょう。なお、挙げる装備は代表的なもののみです。

全グレード共通の標準装備

  • ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)
  • パワーウインドウ(フロント・スライドドアガラスワンタッチ式/キーOFF後作動機能+挟み込み防止機能+速度制御機能付)
  • スーパーUVカット+IRカット機能+撥水機能付フロントドアグリーンガラス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • ハイブリッドシステムインジケーター
  • 車速感応パワードアロック(全ドアキー連動、衝撃感知ドアロック解除システム付)
  • 電動パワーステアリング(車速感応式)
  • ラゲージルームランプ(2個/ドア連動スイッチ付)
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSニーエアバッグ(運転席)
  • SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)

以上に挙げた装備は、グレードによる機能面の違いがない装備となっています。マルチインフォメーションディスプレイが全グレード共通の標準装備となっているところが、特徴的です。

ハイブリッドシステムインジケーターは、マルチインフォメーションディスプレイの機能のひとつ。アクセルペダルの操作に従って表示内容が変化、現在の走行状況やエネルギー回収状況を表示してくれます。ハイブリッド車でエコドライブをするための指標となる機能ということです。

電動パワーステアリングは速度を感知し、スピードが上がるほどにステアリングホイールの操舵感が重くなるというもの。この機能があることによって、高速域での制動性を高めています。

アルファードHV自体が重い車ですから、そこにこのステアリング機能をかぶせることによって重さが生きる運転感が味わえるのです。

その他、安全装備や収納なども標準装備となっているものが多数あります。全グレード共通の標準装備だけでも必要最低限は揃っていると言えるのではないでしょうか。

HYBRID Xの装備、インテリア、エクステリア

Toyota_アルファードHV_X外観
Toyota_アルファードHV_Xインパネ
  • Toyota Safety Sense
    プリクラッシュセーフティ
    レーントレーシングアシスト
    レーダークルーズコントロール
    ロードサインアシスト
    オートマチックハイビーム
  • 16×6½Jアルミホイール
  • UVカット機能+IRカット機能付ウインドシールドガラス(グリーン合わせ、高遮音性ガラス、トップシェード付)
  • オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ付)
  • 2眼LEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム/オートレベリング機能)+LEDクリアランスランプ
  • LEDランプ(フロントフォグ/リヤコンビネーション)
  • 防眩インナーミラー
  • インストルメントパネル(メタルブラウンウッド+シルバー塗装)
  • 本革巻4本スポークステアリングホイール
  • ステアリングスイッチ
  • インサイドドアハンドル(メッキ)フロント
  • ドアトリム
    フロントドア(合成皮革+シルバー塗装+メタルブラウンウッド)
    スライドドア(合成皮革)
    リヤクォーター
  • バルブ パーソナルランプ(フロント2個・リヤ4個)
  • シート表皮 ファブリック
  • フルオートエアコン(前席左右・前後独立温度コントロール+S-FLOW[1席集中モード]+温度センサー+排気ガス県知識内外気自動切替システム付)
  • 「ナノイー」(フロント・リヤ)
  • フロントシート
    運転席6ウェイマニュアルシート(前後スライド+リクライニング+シート上下)
    助手席4ウェイマニュアルシート(前後スライド+リクライニング)
  • セカンドシート
    【7人乗り専用】リラックスキャプテンシート
    【8人乗り専用】6;4分割チップアプシート
  • 大型スタンダードコンソールボックス(小物トレイ+カップホルダー2個付)[メタルブラウンウッド] リヤエンドボックス(小物入れ+収納ボックス付)[ブラック]
  • スマートエントリー 予約ロック機能
  • ワンタッチスイッチ付デュアル[両側]パワースライドドア(デュアルイージークローザー+バックドアイージークローザー、挟み込み防止機能付)

ベースグレードとなるHYBRID Xでも、「ナノイー」搭載のフルオートエアコンシステムや両側パワースライドドアなどといった、快適装備が装着されているのは、流石上級乗用車といったところでしょうか。

このグレードで満足するくらい、実用的な装備が非常に多く揃っていますね。

7人乗り専用のリラックスキャプテンシートは、超ロングスライド・横スライド・リクライニング機能が備わり、マニュアルオットマンや上下調整式ヘッドレスト、回転式アームレストといった装備が含まれているものです。

これはXのみというわけではなく、Gなどにも装備されています。こういったセカンドシートの機能・装備はグレードによって設定が細かく変わるところです。

8人乗りチップアップシートは、唯一8人乗りの設定があるXのみの設定となっています。チップアップ機構やリクライニング機能、上下調整式ヘッドレスト(左右席)+中央席ヘッドレスト、センターアームレストや回転式アームレストなどの装備が含まれているものです。

価格と比べてみても、Xグレードはコストパフォーマンスが高いと言えるのではないでしょうか。

HYBRID Gの装備、インテリア、エクステリア

Toyota_アルファードHV_G外観
Toyota_アルファードHV_Gインパネ
  • 17×6½Jハイパークロームメタリック塗装アルミホイール
  • リバース機能付 オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ付)
  • 自動 防眩インナーミラー
  • インストメントパネル(メタルブラウンウッド+スパッタリング)
  • 本革巻4本スポークステアリングホイール(メタルブラウンウッド)
  • インサイドドアハンドル(メッキ) フロント・リヤ
  • ドアトリム(フロントドア/スライドドア/リヤクォーター)[合成皮革(ステッチ付)+スパッタリング+メタルブラウンウッド]
  • ドアスカッフプレート[金属調ロゴ付]
  • ロングアシストグリップ(センターピラー左右)[本革+メッキ]
  • 足元照明付 イルミネーテッドエントリーシステム(パワースイッチ+パーソナルランプ[フロント])
  • パーソナルランプ LED+加飾
  • ドアカーテシランプ(フロントドア)
  • シート表皮 合成皮革
  • フロントシート
    後席用アシストグリップ付 運転席8ウェイパワーシート(チルトアジャスター+マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ドアミラー+運転席ポジション)+運転席オートスライドアウェイ)
    助手席4ウェイパワーシート
    助手席パワーオットマン
    快適温熱シート+ベンチレーションシート(運転席・助手席)
  • 折り畳み式サイドテーブル(カップホルダー4個+買い物フック2個付)[メタルブラウンウッド]
  • 大型ハイグレードコンソールボックス(小物トレイ+カップホルダー2個付)[メタルブラウンウッド] リヤエンドボックス(小物入れ+収納ボックス付)[メタルブラウンウッド]
  • 植毛付 グローブボックス(ランプ付)
  • マット付 コインポケット
  • シートバックポケット(運転席・助手席) ボードタイプ

Gで新たに搭載される装備をまとめてみました。
シート機構がXではマニュアルだったところがパワーになり、方向も増えているというのが特徴的です。

インテリアが全体的にメタルブラウンウッドを採用していることでよりまとまった印象になっていますし、車内空間を快適にするための細かな装備が変わっているのもポイントですね。

機能的な装備が追加された、というよりかは内装に大きく手が加わっているグレードといった方が良いでしょう。

価格と比べてみるとやや割高感もあるかもしれませんが、選びづらいとまではいかず、「妥当」だと言える納得感があります。特にシート機構を重視するという人には良いでしょう。高級感・上級感もXより高いです。

Fパッケージ

  • ステアリングヒーター
  • 読書灯(リヤ2個/LED調光機能付)
  • シート表皮 本革
  • セカンドシート
    【7人乗り専用】エグゼクティブパワーシート
  • スマートエントリー(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能)
  • パワーバックドア(挟み込み防止機能付)
  • アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)

Fパッケージでは、Gの装備に上記のものがプラスされます。
どれも無くても困りはしませんが、上級車には設定されていることの多い機能で、上級乗用車に乗っているという喜びが味わえます。

実用性も高いので、所有する喜び・満足感と利便性両方を満たすことのできるパッケージです。

また、7人乗りエグゼクティブパワーシートは、ロングスライドやパワーリクライニングといった機能、パワーオットマンや角度調整式大型ヘッドレスト、大型アームレストなどといった装備があります。

リラックスキャプテンシートは超ロングスライドでしたが、こちらはそれよりもスライド量が減っているというのが気になるところではありますが、パワーリクライニングやパワーオットマンなどといった機能があるので、スライド量とそれらのどちらを重視するのかによってGかG”Fパッケージ”かどちらを選ぶべきかが変わるのではないでしょうか。

HYBRID Sの装備、インテリア、エクステリア

Toyota_アルファードHV_S外観
Toyota_アルファードHV_Sインパネ
  • 17×6½Jハイパークロームメタリック塗装アルミホイール
  • 専用エアロパーツ(フロントバンパー+リヤバンパー+サイドマッドガード)
  • 2眼LEDヘッドランプ ブラックエクステンション
  • インストルメントパネル[メタルウッド+シルバー塗装]
  • ゲート式シフトレバー[メタルウッド]
  • ドアトリム
    フロントドア[合成皮革+シルバー塗装+メタルウッド]

Xと違う装備をまとめてみました。
こうしてみてみると、XとSの価格差が生まれてる大きな原因となるのは専用のエアロパーツが取り付けられている点となりそうですね。価格差も20万円ほどとなるので、妥当な範囲内でしょう。

また、シート地もフラクセンからブラックへと配色が変わっている事も加わって、Xよりも武骨な印象を与えているのもポイント。

そのため、標準ボディのXとエアロボディのSは好みによって大きく分かれることが予想できますね。

 

HYBRID SRの装備、インテリア、エクステリア

Toyota_アルファードHV_SR外観
Toyota_アルファードHV_SRインパネ
  • インストルメントパネル[メタルウッド+スパッタリング]
  • 本革巻4本スポークステアリングホイール[メタルウッド]
  • ドアトリム(フロントドア/スライドドア/リアクォーター)[合成皮革(ステッチ付)+スパッタリング+メタルウッド]
  • 折り畳み式サイドテーブル[メタルウッド]
  • 大型ハイグレードコンソールボックス/リアエンドボックス[メタルウッド]

実用的な装備・機能についてはほとんど標準ボディのGと同じ。その上でエアロボディのSとは違う点をまとめてみました。見るとわかりますが、大きな変更点となっているのはインテリアの加飾ですね。

そのためか、Gとの価格差が14万円ほどと低いですが、同じエアロボディのSと比べると50万円ほどの価格差が生まれています。

Gの装備内容そのままに、黒木目調でシックな雰囲気を出したいという人にはお得なグレードと言えるのではないでしょうか。

Cパッケージ

G”Fパッケージ”で追加された装備と、Cパッケージで追加あれる装備は同じです。ブラックがメインのインテリアに、うれしい装備がついている、そう考えると良いでしょう。

HYBRID Executive Loungeの装備、インテリア、エクステリア

Toyota_アルファードHV_Executive Lounge外観
Toyota_アルファードHV_Executive Loungeインパネ

※画像はHYBRID Executive Lounge Sとなります

  • 17×6½スパッタリング塗装アルミホイール
  • スーパーUVカット+IRカット機能+撥水機能付フロントドアグリーンガラス[高遮音性ガラス]
  • スライドドアプライバシーガラス[スーパーUVカット+IRカット機能付/高遮音性ガラス]
  • スーパーUVカット機能付 リヤクォーター・バックドアプライバシーガラス
  • リバース連動機能+カメラ左右+ヒーター付 オート電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • Toyota Safety Sense(アダプティブハイビームシステム[AHS])
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • 3眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(イルミネーション[デイライト]機能付)
  • LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)
  • LEDコーナリングランプ
  • デジタルインナーミラー
  • インストルメントパネル[ブラウンオリーブ・アッシュパール木目調+スパッタリング]
  • ブラウンオリーブ・アッシュパール木目調加飾
    本革巻4本スポークステアリングホイール
    ゲート式シフトレバー
    ドアトリム(フロントドア/スライドドア/リアクォーター)
    【7人乗り専用)エグゼクティブラウンジシート
    大型ハイグレードコンソールボックス/リアエンドボックス
  • シート表皮 プレミアムナッパ
  • シートカラー(ブラック/ブラック&ホワイト)
  • T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム+パノラミックビューモニター<シースルービュー機能付>
  • 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム(VTR入力端子、HDMI入力端子付)

【HYBRID Executive Lounge Sのみ装備】

  • 専用エアロパーツ
  • 3眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(イルミネーション[デイライト]機能付)[ブラックエクステンション]
  • インストルメントパネル[シルバー木目調+スパッタリング]
  • シルバー木目調加飾
    本革巻4本スポークステアリングホイール
    ゲート式シフトレバー
    ドアトリム(フロントドア/スライドドア/リアクォーター)
    【7人乗り専用)エグゼクティブラウンジシート
    大型ハイグレードコンソールボックス/リアエンドボックス

エグゼクティブラウンジでは、他グレードで茶木目調もしくは黒木目調だったところが、オリーブ・アッシュパール木目調(Sの場合はシルバー木目調)となっているところが印象的です。

その他の装備としては、他グレードで装着されていた装備の上位装備が搭載されており、より安全・高級感を感じられる装備がそろっていることから所有する喜びを高めています。

また、7人乗りエグゼクティブラウンジシートは、ロングスライド機能・パワーリクライニング機能があり、さらに以下のような装備も搭載されている、非常に充実した内容となっているのもポイントです。

  • パワーオットマン(伸縮機能付)
  • 角度調整式大型ヘッドレスト
  • 大型アームレスト(カップホルダー各席1個+小物入れ付)
  • 格納式テーブル(オリーブ・アッシュパール木目調)
  • ウォークインレディスイッチ
  • 快適温熱シート+ベンチレーションシート
  • 集中コントロールスイッチ(アームレスト格納式)
  • 携帯・スマホホルダー
  • ファイルホルダー(物落ち防止スペーサー付)

上級ミニバンとしての高級感は充分あります。
ただ、そのぶん価格がとても高額となっているので、よほど予算に余裕がない限りは購入するのは難しいでしょう。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの特徴を、装備をメインにして考えてきました。

各グレードにしっかりとした特色があり、メーカーの意図がハッキリとこちらに伝わってくるようです。装備内容だけでも選ぶべきグレードというのは頭の中で考えが定まりつつあるのではないでしょうか。

その考えを後押しするか、引っ込めることになるのかはわかりませんが、アルファードHVの各グレードについて、オーナーはどのように感じているのかということについて、これから考えてみます。

アルファードHVのグレードそれぞれの魅力と特徴を今一度整理し、オーナーの意見との相違点や選んでいる人の特徴などを掴みましょう。

HYBRID Xの魅力、選んでいる人はこんな人

Toyota_アルファードHV_Xシート

ガソリン車よりも燃費が向上しており、それだけでなくモーター併用によって高い動力性能を誇っているというところが、アルファードHVが選ばれている理由です。

ではXグレードは何故選ばれているのか、それは最安価でアルファードHVを手に入れることができるというところにあります。

さらに装備内容に不満を持っているという人も少なく、むしろ装備が充実していると語る人が多いです。

実際に装備内容を振り返ってみても、全グレード共通の標準装備だけでも必要十分の装備が揃っており、XはGよりも機能面で劣る装備がつけられているものもありますが、必要な要件は満たしているように見えます。

そのような理由から、予算をできるだけ節約したい人などに選ばれているのです。

HYBRID Gの魅力、選んでいる人はこんな人

Toyota_アルファードHV_Gシート

GグレードはXよりも高級感があって、価格に納得できるという部分が魅力だと語る人が多い印象を受けます。

思ったよりも実用部分よりも高級感を重視する人が多く、先ほど個人的に述べていた「コスパが高いとは感じない」という意見とは正反対の意見を持っている人が多いです。

高級感が増し、さらに実用面もプラスされている。
せっかく上級ミニバンを購入するのだから、できるだけ高級感・所有することの満足感を追及したいと考えているのです。

HYBRID Sの魅力、選んでいる人はこんな人

Toyota_アルファードHV_Sシート

HYBRID Sの魅力は、ズバリエアロパーツと内装色にあります。

若年層の間では茶木目調は古臭い・年齢層が高く見えるという意見が盛んに出ており、茶よりも黒木目調のほうが受けが良いのです。昔は木で作られたインテリアパーツも多かったですから、そのようなアンティークなイメージを茶木目調という実際の木材に近い色に抱くからだと考えられます。

そのため、多少予算オーバーでも黒を基調としたカッコよさを追い求めて、かつエアロパーツ装着車の中でも最安値のSが選ばれることは多いようです。

HYBRID SRの魅力、選んでいる人はこんな人

Toyota_アルファードHV_SRシート

SRの魅力は標準ボディのGに装着されている装備に加えて、専用ボディは各種インテリアが黒を基調とした物へ変更されている点ではないでしょうか。

実用装備に関してはかなり充実してアルファードが持つ高級感を体現していますし、内装もブラックとメタルウッドでまとめられていることで、実用性と見た目の良さの両立がされていると思います。

価格差もGと比べて約15万と、XとSの価格差よりも差がないので、快適装備を求めつつより魅力的な車種を選ばれることが多いです。

ただ、その分SRとCパッケージでは「あったらうれしい装備」が追加されているだけなので、コンセントがあるかないかで選ばれることも多いのは事実となっています。

HYBRID Executive Loungeの魅力、選んでいる人はこんな人

Toyota_アルファードHV_Executive Lounge シート

エクゼクティブラウンジは、他グレードと比べるとすべてにおいて上級です。

実用的な機能も高級感という面でもアルファードHV最上クラス。
そのためにエグゼクティブラウンジを選んでいる人も多く見られますが、購入者からも価格が高いと嘆かれています。

やはり、よほどこだわりが強く、予算に余裕がなければ選ぶのは難しいのではないでしょうか

総合的に売れているグレードを考察

実際にはXおよびG両方ともよく売れているのだと考えられますが、車雑誌を見ているとXをおすすめする声がとても大きいです。

ただ、こちらとしてはあえてSグレードをおすすめします。
アルファードHVはやはり上級ミニバンのハイブリッドタイプということで、最安価グレードと言えども高めの価格設定です。

ただ、”黒(ブラック)”という配色のことを考えると必要最低限の装備がそろっているSは、快適に運転できるグレードではないでしょうか。

Xと比べると約20万円と価格差はややありますが、外観・内装共に高級感を感じられるグレードということで、Sをオススメします。その上で足りない装備ひとつ二つ程度あると感じたら、オプションとして付ければ良いでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

2 件のコメント

  • いつも拝見し、非常に参考にさせていただいております。

    ”アルファードHVは4WDの設定がありません。”と書かれておりますが

    FF車設定はありませんので、”全車4WD仕様のみ”が正しいかと思います。

    • ご指摘ありがとうございます。
      修正し、今後の改善に努めたいと思います。
      今後とも、イフティグをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です