【見積書公開】ステップワゴン値引きレポート。実際にディーラーへ行ってみました

我が家に初めてのクルマとして何を選ぶべきか、色々なモデルをカタログとインターネットで調べています。

ヴォクシー、シェインタとセレナを私一人で見て回った後、今回は奥さんと7歳になる子供を連れ出しての訪問となりました。

実際には平日は彼女が運転することになりますし、やはり彼女の好みと意見も無視できないため、そして何よりも我が家の家計をすべて握られていることもあって、新たなマイカー選びに納得してもらうのが一番の目的でした。

昼食を近所のファミレスで済ませて、隣のトヨタディーラーでノアを見た後、最後の訪問としてホンダのディーラーを訪れました。

これまで見てきたどのモデルもそれぞれに特徴があって、何を基準に比較すべきかすっかり迷っている状態での訪問だったのですが、ここでもまた魅力的なミニバンに巡り合ってしまいました。

ディーラーへ行く前に下調べ

値引きという話題へとスムーズに運ぶためには、やはりステップワゴンについてある程度知っておく必要があります。そこで、値引き交渉へ直接繋げやすくするような情報を3つ紹介したいと思います。

その3つとは、

  • ステップワゴンの値引き相場
  • ステップワゴンの競合車種
  • ステップワゴンの納期について

まず、最初に値引き相場から紹介します。ステップワゴンの値引き相場は、車両値引きだけで20万~30万程度、オプション値引きを込めるのであれば30万以上を値引き目標額として狙っていくことが大切です。

ただ、1回目の交渉だけで、この金額までもっていくのは非常に難しいので、長期戦へ持ち込む必要がありそうです。

続いて競合車種についてです。

これは、日産のセレナや、トヨタにノア・ヴォクシー等とよく比較されていますね。新車のスタート価格で見てみると、ステップワゴンは228万円。対するセレナが231万円、ノアとヴォクシーはどちらも225万円となっています。どれも似たような価格になっています。

その中でも中間に位置しているのが、ステップワゴンです。

この点を上手く利用して「ノア・ヴォクシーも魅力的で、そちらの方が少し安いし悩んじゃうなあ」「もう少しお金出して、セレナを購入した方がいい気がしてきた」なんて言ってみるのも、上手な交渉だと言えますね。

最後に納期について、これは1か月~3か月程度という報告をよく見ます。

ミニバンの中だと比較的に早い納車期間ではないでしょうか?あまりに長い納車期間を告げられるようだったら、他のライバル車はもっと早く納車してくれそうだということを話してみて、値引きに繋げてもらえないか試してみるのも面白そうです。

実車確認

ステップワゴン エクステリア 正面

店頭に展示されていた白いステップワゴン。半透明の樹脂を多用した丸みがあって柔らかさを前面に出したフロントマスクです。

最近は精悍さを前面に打ち出したデザインのミニバンが多い中にあって、逆に穏やかな印象は女性向けに振ったということなのでしょうか。

ステップワゴン エクステリア サイド

近づいて見ると意外と大きいのにビックリ。

今までステップワゴンの車体はノアやセレナよりも小さいものとばかり思っていました。

ステップワゴン エクステリア 全体

どうやらフロント部が小さく見えるので、目の錯覚だったようですね。

同じ5ナンバー車であり、調べてみると車体長もノアの4695mm、セレナの4770mmに対してステップワゴンでは4690mmとほぼ同じでした。

インテリアの関して

ステップワゴン インテリア 運転席

低重心構造ということもあって運転席の座面も低く、乗用車感覚で運転できそうなのは他のモデルと同じです。

足元の左右のスペースにも余裕があります。自分が大柄なせいもあって、ノアの足元がちょっと狭く感じたのとは大きな違いになっています。

ステアリング右側のドリンクホルダーが意外と便利そう。助手席側にも同じものが付いています。

ステップワゴン インテリア 助手席

内装は明るくてカジュアルな雰囲気。

運転席、助手席を含めて収納場所が至る所に設けられています。インパネの上部にもセンター部分と運転席前の2か所にまで。

ステップワゴン インテリア ナビ周り

さらに運転席と助手席の間には小振りながらもテーブルまでついています。(グレードG-EXのみ)

意外とこんな装備が便利なんですよね。助手席の中央寄りには別のドリンクホルダーまでついています。 後席の小さな子供用としても使えるこんな装備が女性には受けそうです。

ステップワゴン インテリア ハンドル周り

メーター類は運転席の正面にあります。

最近はセンター部に付くのが流行りのようですが、視線の移動が少なくて済む分、こちらの方が私の好みです。

セールスさんが色々とクルマの説明をしてくれました。

iFTig編集部
ステップワゴンって、セレナとか、ノアとか比べている人が多いと思うんですけど、ホンダさんのこのステップワゴンのセールスポイントって何なんですか?
営業担当者
もう、室内の幅が一番大きいのと、後は後ろの第五のドアと、あとは内装の上質さですね。あとはホンダセンシングになります。
iFTig編集部
確かに室内は広いですね。座った感じが。
営業担当者
多少セレナよりも広いと思います。あと、ドアノブが軽くなっていて、小さいお子さんでも小指でできます。小さなお子さんでも開けられるようになっています。N-BOXだと、ちょっと強く引かないといけないんですが。
iFTig編集部
何だか動きも一定じゃないですね。これ、最後の方だけゆっくり動くんですが、これはわざとこうしてあるんですか?
営業担当者
そうです。子供重視なので。
iFTig編集部
普通だと最後だけユックリになるけど、これは閉まるときに途中が一時ユックリになる。

 

子供重視ということで我が家の息子が喜んでいました。自分にも配慮されているのを聞いたことが、よほど嬉しかったようです。

ステップワゴン インテリア 後席

2列目のシートはキャプテンシートが標準です。

室内の高さはノアとかセレナ以上との説明で、外側から見るよりも広さを感じさせてくれます。調べてみると、セレナよりも幅で20mm、高さでは45mm大きく、ノアと比べると幅では40mm狭くて高さでは25mm寸法が勝っているようです。

同様に低床プラットホームのおかげで乗降時の段差が少なく、子供や年寄りのいる家庭では便利そう。室内が広いと雰囲気も明るくなっていいものですね。

運転席と助手席の後ろ側にはシートバックテーブルが付いており、2列目乗員に対する配慮も十分です。

iFTig編集部
これは基本は7人乗りなんですか、8人乗りはあるんですか?
営業担当者
これは大体7人乗りが基本になります。8人乗りはメーカーオプションとなりまして、ここがベンチシートになります。売れているのは7人乗りになりますね。
iFTig編集部
なるほど。中は広いですね。

バックドアについて

二つ目の注目ポイントであるリア側のドアを説明してもらいました。

ステップワゴン わくわくゲート

非常に特徴的なステップワゴンの後ろ側のドア。従来通りの下から上に持ち上げるドアに加えて、車体の左側が横にも開くというユニークな造りになっています。

「わくわくゲート」と言うそうです。

駐車スペースに制約の多い日本ではこの特徴を実感できる場面が結構あるかもしれません。またちょっとした買い物時など、大きなテールゲートを持ち上げることなく、手短に開け閉めできるのは便利でしょうね。荷物室床面までの高さも低くて使いやすそうです。

iFTig編集部
これってどう開けられるんですか?
営業担当者
こうして右にも開きますし、今までどおりも開きます。今までどおりは、こうやって。
iFTig編集部
へえ、結構しっかりした造りですね。今トヨタのノアを見てきたばかりなんですが、この観音開きにしているのって、何か理由があるんですか?
営業担当者
ここから乗り降りしてもらいたいのと、あと立体駐車場とかに行って、こんなところに車があると開けないで済むんです。
iFTig編集部
でも後ろをぶつけたりしたら、これだと普通の扉よりも修理代が高くつくんじゃないですか?
営業担当者
これは、ここが外れるようになっていまして、ここがバンパー替わりになって…
iFTig編集部
じゃあ、ここだけ換えればいいんですね。賢いな。

 

ドアの下側の部分が取り外せるような構造になっているようです。自動車メーカーも色々と考えるものですね。うちの奥さんと息子にはなかなか好評な「わくわくゲート」でした。

ステップワゴン ラケッジスペース

3列目シートは床下に収納されて床面がフラットになる構造で、ノアやセレナの車体側面に折り畳む方式とは違っています。試しに収納をさせてもらったところ、力を入れなくても簡単に行えました。女性には嬉しい配慮ですね。

「わくわくゲート」を使って後ろ側から乗り込む場合でも、3列目が簡単に収納できるので、出入りもスムーズに行えます。サブゲートの低さもあって、荷物の収納も楽そうです。この部分も奥さんには好評でした。

iFTig編集部
3列目の椅子はもう少し後ろに動くんですか?それともこれで限界?
営業担当者
それ以上は出来ないです、限界ですね。
iFTig編集部
じゃあ2列目の座席を少し前に出すしかないということか。3列目の椅子が低く作られているのはわざとなんですか?背もたれがすごく低いんですが。
営業担当者
床下に収納する関係で、これが限界になっています。
iFTig編集部
低くしているから、頭が触れる部分を少し長めに作って頭の位置を調節しようということですね。
営業担当者
まあここが弱みでもあるんですけど。やっぱりクッション性が少なくて。
iFTig編集部
でも子供しか乗らないと考えれば、どうってことはないですね。

1500CCターボについて

iFTig編集部
このクルマの1500CCのターボって、この重さの車体で、どのくらい走るのかというところは気になるところなんですよね。
営業担当者
燃費ですか?
iFTig編集部
いや、走り心地です。そもそもターボの付いているミニバンって、乗った事が無いので、どんな感覚なんだろうかと思って。
営業担当者
実際、私は家でこれに乗っているんです。いつもは奥さんが乗っていて、長距離だと私が運転するんですが、例えば中央道を走っていても、親子5人連れで走りに物足りなさを感じるというのはあまりないですね。例えばターボも1600回転で最大トルクが出るようにしてあるんで、そんなにアクセルを踏む必要も無いんですよ。一度加速してスピードに乗ってしまえば、パワー不足で登らないとかいうのはないですし。
iFTig編集部
中にタービンが入っているんですよね? タービンの音とか気になったりしないんですか?
営業担当者
走行中は分らないですね。逆にオデッセイの2000CCで踏み込んだ時の方が、回転数がバーッって上がるんで、吹け上がり感というか、音としては感じるかもしれないですね。
iFTig編集部
燃費はどのくらいなんですか?実燃費はどうですか?
営業担当者
燃費はカタログ値で17km/Lです。実燃費は12km/Lとか。
]

ステップワゴンについては、エンジンサイズが1500CCと小さいのが気にはなっていたのですが、あとで調べてみるとより大きなサイズのエンジンと同等以上の性能であることがわかりました。

国内では初めて採用した1.5Lターボとのことで、新機構(連続可変バルブタイミング・コントロール)などの採用によって低い回転域でのターボ効果が向上して一番よく使う回転数で強力なトルクを発生させ、キビキビした運転感覚が得られるとのこと。

またターボ効果が薄れてしまう1500rpm以下の領域でもCVTの変速がこの部分を避けるように設定されていて、実際の運転ではそれを感じさせることは無く、一方では実際の場面で一番多く使われる領域(2000~4000rpm)で最大のトルクが発生するので運転には余裕を感じさせてくれるとのことです。

前のモデルでは2000CCから敢えて1500CCとしたことは、いかにもホンダらしい挑戦的な部分でもあるのでしょう。また毎年払う自動車税についてもエンジンサイズが小さい分だけ、割安になるというメリットもあります。

安全装備について

ステップワゴンの「売り」の一つである安全装備についても聞いてみました。

営業担当者
安全装備がですが、分り易く言いますと…まずはどのメーカーさんにもある衝突軽減ブレーキ。あとこのACCですが、前のクルマとの車間距離を保ちながら一定速度を保つと言うものなんです。通常、100kmで設定したとしたら、100kmのままで行くので、前のクルマが100km以下だと近づいてしまいます。ただこれが付いていると、前のクルマが例えば80kmだったとしたら、例えば40mの車間距離をずっと保ちながら、前のクルマとぶつからないように40mの距離を保ちながら同じ速度で走るという機能が付いています。ですから仮に適当に100kmに設定していたとしても、前のクルマが70kmとか、40kmだったとしても合わせます。
iFTig編集部
へえ、合わせてくれるんですね。
営業担当者
このLKASというのが車線維持支援システムです。ちょっと眠気のある時とか、こうふらついていてもハンドルが振動してくれて、あと警告音が鳴ります。こっちがセンターライン、こっちが路側帯と、どちら側にも付いています。あとは誤発進防止ですね。目にクルマがいるのに、アクセルを踏んでも進まないという安全装備ですね。よくモノを取ろうとしていて、前のクルマが発進しても信号待ちの時に気が付かない時とか。
iFTig編集部
離れちゃったと、と教えてくれる?
営業担当者
そうです。その時にポーンと音がして。後は道路標識認識機能ということで、結構見逃しがちな一時停止ですとか、あと進入禁止とか速度制限ですね。この3つのカメラで読み取って、ディスプレイに出してくれます。
iFTig編集部
へえ~。凄く進んでいるんですね。これらが全部ついているんですよね。
営業担当者
これが12万円で付けられます。これが別にいらないというのであれば、ホンダセンシングレスというタイプもありますので、どちらでも選べます。

グレードについて

グレード構成は比較的単純で、ベースグレード「D」を除けば実質的に「G」と「G-EX」の2種類だけ。

営業担当者
「G-EX」というタイプは、283万円からのスタートですね。一つ下の「G」というグレードだと261万円ですが、装備が違います。その装備の違いというのはLEDヘッドライトがないとか、ヒーターとか、ですね。
iFTig編集部
ヒーターは別にいいけど、LEDは基本付けてもらった方がいいですね。
営業担当者
では「G」になりますね。
iFTig編集部
グレードの「D」は何も付いていない?
営業担当者
「D」は「わくわくゲート」も無いですね。これはETCも付いていません。ベーシックモデルなもので。
iFTig編集部
まあ無くてもいい気もするけど、まあ折角だからね。
営業担当者
そうですね。グレード「G」がいいかと思います。

そのほか、運転席側パワースライドドアの有無とエアコンが3列のゾーンそれぞれでコントロールできるタイプか、フロントだけがオートのタイプか、の違いなどで「G-EX」と「G」の22万円の価格差になります。

営業担当者
今でしたら、ステップワゴンですとナビのキャンペーンをやっています。
iFTig編集部
今やっているんですか? いつまでなんでしょう? 期間は決まってないんですか?
営業担当者
一応来月も大丈夫なんですけど、それ以降は何とも言えないです。
iFTig編集部
10月契約だったら、なんとか?
営業担当者
そうですね。

結局のところ、ナビは含まない形で見積もってもらうことになりました。

見積書公開

ステップワゴン 見積書
商品名 STEPWGN 1.5L FF
オプション NAVI. コンビシート
型式 DBA-RP1  5ドア 1,500CC
車体色 ホワイトオーキッドP
内装 アイボリー
お支払い現金合計 車両販売価格 ④ 諸費用合計 ⑤
3,629,702円 3,349,048円 280,654円

(内現金)                                            3,629,702円

車両本体価格 ① 3,073,000円
       ②
車両店頭引渡価格 ①-② 3,073,000円
付属品計 ③ 276,048円
車両販売価格 ④ (①-②+③) 3,349,048円
諸費用合計 ⑤ (⑨+⑪+⑬+⑭) 280,654円
合計 ⑥ 3,629,702円
内消費税等合計 (④+⑪ X 8%) 252,609円

 諸費用明細 ⑤

自動車税(10月~3月) 14,300円
取得税 32,000円
重量税 15,000円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
任意保険料
印紙代 200円
計 ⑨ 101,540円
販売諸費用 消費税等込
車庫証明代行費用 16,740円
検査登録届出代行費用 23,760円
納車費用 8,640円
リサイクル資金管理料金 ⑩ 380円
希望ナンバー 11,664円
計 ⑪ 61,184円
非課税
預り法定費用(車庫証明) 2,500円
      (検査・登録・届出) 6,100円
リサイクル預託金合計 ⑫ 10,230円
計 ⑬ 18,830円
諸費用合計⑤=(⑨+⑪+⑬+⑭) 280,654円

 付属品明細(消費税等込)

ETCセットアップ 3,240円
カンゲンワリビキ -540円
ハイドロホビック 81,000円
ハイドロキット  円
ドアバイザー  28,512円
ライセンスFセット  11,664円
フロアマットスタンタ  45,036円
リモコンエンスタ 74,088円
ドライブレコーダー  33,048円
付属品計 ③ 276,048円
点検パック 86,100円
延長保証マモル 13,000円
計 ⑭ 99,100円

 リサイクル法関連費用

リサイクル預託金額(シュレッダーダスト料金) 6,500円
(エアバッグ料金) 1,850円
(フロン類料金) 1,750円
(情報管理料金) 130円
合計 ⑫ 10,230円
資金管理料金(消費税等込) ⑩ 380円
合計 10,610円

値引きについて

iFTig編集部
そうすると結局いくらぐらい値引いてもらえるんですか?
営業担当者
ナビのところで18万円ぐらい、あとプラスアルファさせて頂いて20万円というところですね。
iFTig編集部
20万円ですか。そうなるとやっぱりステップワゴンが有力になってきますね。日産にも行ってセレナを見積もってもらったんですけど、一回目で結構出してくれたんです。
営業担当者
日産さんはかなりやっているようですね。
iFTig編集部
25万円くらいとか。一回目なのにこんなに出しちゃっていいんですか?って聞いたら、いや、いいんですと。そういう方針になったので、とか言っていました。セレナはどうしても一位を取り戻すんだって。今はヴォクシーが売り上げ台数で一位だから、それは絶対に取り返さなければならないんで、初めてのお客さんでも出すって言っていました。ミニバンって、結構競争が激しいですよね。
営業担当者
5年くらい前まではステップワゴンがダントツで一案だったんです。これが出た頃は、それしか無かったですから。後はどっちかというとバンですね。ハイエースとか、キャラバンとか。それでボンネットのあるミニバンとか、さんざん言われていたんです。それが実際に発売されてみると爆発的に売れちゃって。それで他のメーカーさんも後発でどんどん同じように出してきて。
iFTig編集部
ノアが出て、セレナが出て、みたいな感じですね。
営業担当者
実際のところ、本来であればホンダとしてはステップワゴンでナンバーワンを目指していかなければいけないところで、ちょっと斬新的な1500CCターボを。
iFTig編集部
別に一番じゃなくてもいいクルマはいいクルマだし、1500CCターボってミニバンの中では唯一無二じゃないですか。

 

営業担当者
それで価格勝負をしないというのがありまして。
iFTig編集部
価格勝負しちゃうと共倒れしちゃいますからね。お互いに安くし続けて、結局クルマ本来の価値が損なわれていくっていう。
営業担当者
トヨタさんが一番になる前は、正直なところ日産さんは価格は凄かったんです。今の前のセレナの時は、私が効いたことのある金額では、セレナで60万円引いていると。まあステップワゴンで言うと、60万円引いてもう利益なんて残らないですよ。
iFTig編集部
まあ、そうですよね。
営業担当者
それなのにどうしてそんな価格で売るんだろうって思っていたんです。その時何が起こったかというと、中古車市場が凄く崩れまくったんですよ。新車が60万円引きで買えちゃう。それでセレナに1年、2年乗って乗り換えようってなった時に、下取りに出したらものすごく金額が落ちちゃったんですよ。新車で60万円安く買えるから、1年落ち、2年落ちのクルマであれば安く売らなければならないから、安くし辿らなければいけないっていう中古車市場の値崩れを起こしちゃったんですよ。で、もう日産さんのセレナは中古車市場ではほとんど流通、取引できないような状態になっちゃって。今売っているクルマが安いからって、高く買った在庫のクルマの値段を下げるわけにはいかない。そうすると中古車やとしてはもうし入れたくないんですよ。悪循環が一回生まれちゃったんですよね。
iFTig編集部
そこは日産も少しは勉強したんでしょうね。
営業担当者
私も日産さんがそこまでやっているとは思わなかったので、何とかその日産さんに勝とうと思って。
iFTig編集部
今はもうとりあえず売りたいということで。セールスマンと話をしていて、とにかく知名度を取り返したいというイメージを受けましたけどね。
営業担当者
かといって、トヨタさんがそこまで金額で勝負をしているか?っていうと、多分そこまではやってないと思うんですよね。
iFTig編集部
さっきノアを見てきたときは20万円を提示されました。だから同じくらいは。でも、わかりました。まあ理解はできたんで。今日は最初でもあるし、今言っていた金額でいいんで、見積もりの中に入れてもらうことはできますか?
営業担当者
値引きについては、多分トヨタさんと日産さんは見積もりの中に入れているかもしれないんですが、当社としてはこの見積書の中で提示してお渡しすることはできないんで。
iFTig編集部
じゃあ本当に最後の商談で?
営業担当者
そうですね。契約書には。

今回の訪問を終えて

今回の一連の訪問の中で、ウチの奥さんが実物を見たのはノアとステップワゴンだけでしたが、中でもステップワゴンがずいぶんと気に入ったみたいです。

色々と収納が考えられているのと室内が広いことが彼女が気に入った部分、そしてあの「らくらくゲート」はうちの息子の一番のお気に入りでもありました。

今回出してもらった見積金額もメーカーによって標準で装備されている車種とオプションで追加しなければいけないものがあったりして、単純な比較はできませんが、これから奥さんとも相談の上じっくりと考えてみます。でもミニバンと過ごす新生活のことを想像するとワクワクしてしまいますね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です