【見積書公開】ヴォクシーHVの値引き交渉をしてみた。値引きの結果は

もう5年くらいトヨタのポルテに乗っていますが、2人の子供も大きくなってきたので乗り換えを検討中です。

先日家内と話していた時に突然ハイブリッド車のことが話題になり、これは買い替えのチャンスと思ってのことなんです。ただまだ現時点では彼女にはまだ内緒なままで下見に行ってきました。

平日は彼女が運転することが多いので、運転しやすいクルマであることは必須となるのですが、自分としてはせっかくのチャンスなので中型のミニバンがいいと思っています。ただ大き過ぎるわけにもいかず、適当なサイズということで今回はシエンタとヴェクシーに的を絞っての検討を進めてみました。

ついでにいいチャンスでもあるのでハイブリッド化も検討してみようと思っています。最近ではハイブリッドでなければ時代遅れのような雰囲気もあるので、切り替えるならこのタイミングかなと思ってのことです。

そんな状況で会社の近くのカローラ店でシエンタを見せてもらった翌日に、家の近所のヴォクシーのディーラーのネッツxx店を訪問してみました。

ディーラーへ向かう前に

値引き交渉をするためには、値引きに持っていけそうな関連知識を持っておく必要があります。そこで、上手な商談をするための知識を3つ紹介したいと思います。

その3つとは

  • ヴォクシーHVの値引き相場
  • ヴォクシーHVの競合車種
  • ヴォクシーHVの納期について

以上の3ポイントです。

早速1番の値引き相場についてですが、車両値引きだけで20万~30万。オプション値引きも含めるのであれば30万以上を狙っていきたいところですね。

ハイブリッド車にしてこの値引きは正直凄いと言わずにはいられません。流石トヨタと言ったところでしょうか。せっかく値引きに融通を利かせてくれるようなので、値引き目標額は20万以上をどっしりと構えていきましょう。

続いて競合車種について、こちらは同じミニバンであるホンダのステップワゴン。そして、日産のセレナハイブリッドなどが挙げられます。

新車価格で比較してみると、ステップワゴン・228万<セレナHV・284万<ヴォクシーHV・299万となり、ヴォクシーHVが一番高くなっています。

ディーラーとの交渉の際はセレナやステップワゴンも考えていると言えば、焦りだして、値引きに繋がるかもしれません。

最後に納期についてです。こちらは、1か月~3か月と、ミニバンであれば普通の納車期間となっていますね。あまりにも長い納期を告げられたら、「セレナはもう少し納車はやったんだけどなあ」なんて言ってみても面白そうです。

ディーラー到着

ネッツトヨタ

ここが近所のネッツ○○店。今乗っているクルマもここで買いました。

シエンタとヴォクシー

先ずはなぜヴォクシーかをお店の担当者に説明することから始めました。シエンタとの違いもプロの目からはどう見えるかを知ることも目的でした。

iFTig編集部
私としては本心としてはヴェルファイアが欲しいんですよ。ただ7人乗りとなるとシエンタでも乗れちゃうじゃないですか。そこは妥協してヴォクシーでとりあえず。
営業担当者
でもヴォクシーって、決して妥協するようなグレードじゃないです。
iFTig編集部
たまに8人で乗るときに結構窮屈ですし、旅行に行くときなんか、家族と親戚を乗せてとなると、本当にシエンタで大丈夫かって話です。後席だって絶対的に狭いじゃないですか。 うちの家内も乗るので取り回しがし易いクルマがいいんですが、私としてはあまりサイズを小さくしたくないというのがあって、ヴォクシーで妥協できればいいんですけどね。まあそこは見積もりを持って帰って家で相談してみるんですけど。もしかしたらシエンタに乗ってみれば家内も「狭い」って思ってくれるかもしれないし。他のところで見せてもらったんですけど、私は「狭い!」って思いましたし。
営業担当者
そうですね。シエンタに関しては、後ろのリアエアコンも備わっていないですし、3列目シートがただありますよというだけになってしまいますからね。ヴォクシーやヴェルファイアのクラスになると、サードシートまで快適に使っていただけますし。要するにヴォクシーもヴェルファイアも、3列目のシートに乗る前提で冷房が備わっているわけですから、それと比べるとシエンタでは炎天下の渋滞でリアエアコンが備わってないことの辛さもあります。2列目シートが割と広いコンパクトクラスでも3列シートが快適かっていうと、決してそうではない部分があると思うんですよね。
iFTig編集部
そうですよね。

言われてみればその通りですね。確かにいつも試乗の時と同じ状況で乗っているわけではないですし、ある程度は最悪の状況も考えておかなければいけないのですから、これは家内を説得するためのいいヒントになりました。

現車を確認

そしてお決まりの車体のチェック。

ヴォクシーHVエクステリアサイドフロント

ちょうど店頭に置いてあった試乗車の白いヴォクシー。
前から気に入っていた「ホワイトパールクリスタルシャイン」という塗装色です。

他にはグレーも良かったのですが、こちらの色の方が高級感があるように思います。

後のギリギリまで室内スペースを確保しているのが良くわかります。

中央部を横に走る黒い塗装によってボリューム感を減らしているように見せかけているのでしょうか?

ヴォクシーHV内装運転席周り

メーター類は運転席の前に置かれたアナログタイプです。
私としてはセンターメーター式よりもこちらの位置の方が、視線の移動も少なくていいと思います。

前方の視界も抵抗なく、良好です。ボンネットも見えるので幅の感覚も掴みやすそうな感じです。

運転席もそれほど座面が高くなくて家内の抵抗も少なくて済みそう。

説明によるとサイドウインドウの位置も低くなったのと、フロントピラーも細くなって左右の視界もいいとのこと。それで大きな車体のわりには意外と運転し易そうに感じるのでしょうね。

ヴォクシー内装前席助手席

助手席前の収納場所も色々と設けられています。

こういうのは女性の評価ポイントが高いんですよね。

ヴォクシーHV内装後席

地面から室内までの段差が36cmとのことで、小さな子供や年寄りにも乗り易そう。最近のクルマってずいぶん低くなっているんですね。

お陰で以前はよくあったバンに乗るときの面倒さが解消されて、極めて乗用車的なのがいい感じです。

足元のスペースも十分すぎるくらいの広さが確保されています。

さらに3列目シートを畳んで2列目シートを後ろにスライドさせれば、より広い空間を造り出せるようにもなります。家で飼っている愛犬を一緒に乗せる機会の多い我が家にとっては非常に嬉しい部分ですね。

ヴォクシーHV内装ラゲッジスペース

3列目シートは折り畳んで車体の左右に収納されます。
シートが割と薄めなので、あまりかさばっておらず、結構広い空間が確保されています。

床面もフラットで使いやすそう。地面からの高さも50cmということで、これなら積み下ろしも問題なさそう。

室内の後部については床下にも結構しっかりした収納スペースがあります。

普段使わないものをしまっておくのに、こんな場所は結構重宝するものです。右側にある箱状のものは補機用のバッテリーとのこと。

ガソリンかHVか?

一番気になっていたガソリン車とハイブリッド車の燃費の違いについて聞いてみました。カタログ上では分っていたのですが、やっぱり実燃費がどうなのか生の声を知りたかったのです。

iFTig編集部
ハイブリッドとガソリン車って、メリットは燃費だけですか? それ以外に何かありますか?
営業担当者
燃費ぐらいじゃないですかね。年間の走行距離が10,000kmくらい走るのであれば、このタイプでも実測で16~18km/Lくらい走るんですよ。ガソリン車でもアイドリングストップとか、あのあたりの関係で2桁に乗るんですね。それを考えると、走る距離次第ということですかね。
iFTig編集部
今はガソリンを月に一回入れるくらい。年間では5,000kmくらいですかね。
営業担当者
そうするとガソリン車でもいいのかもしれないし。ただ先々の中東の情勢如何によってはガソリン価格が上がったり下がったりするじゃないですか。ハイブリッドに乗っていることで、その辺で一喜一憂しなくはなりますよね。実際に乗っていても静かだし。ガソリネンジンがかかっている時間が圧倒的に少ないので。
iFTig編集部
ちょっと迷っているんですよね。買うんだったらハイブリッドがいいのかガソリン車がいいのか。ガソリン車でも実燃費で12km/Lぐらいは走れるんですか?
営業担当者
実燃費で走りますね。納車させて頂いた客さんもびっくりされていました。エンジンが自動で止まってくれるアイドリングストップも全然気にならないし。ブレーキをグッと踏んでもらうと、エンジンが止まるんです。で、発進の準備をするには、ブレーキから足を離した瞬間にエンジンが瞬時にかかってくれるんで、運転には何の影響もないんですよね。逆に「エンジンが止まるのって、相当燃費に影響するんだね」ってご評価いただいています。今までヴォクシーでいうと、常時2桁というイメージではなかったのに、それが2桁に乗ってくれるから凄いんですよ。
iFTig編集部
これってエンジンは2000CCですよね。
営業担当者
2000CCです。
iFTig編集部
昔、2000CCのセレナに乗っていたことがあるんですけど、大体7~8km/Lでした。
営業担当者
そうですね。それがガソリン車でも2桁に乗ってくるんで、今までとは全然違うんです。乗り換えて頂いた客さんのイメージによると、ガソリン車でも全然悪くないですね。
iFTig編集部
わかりました。
iFTig編集部
ヴォクシーはハイブリッドとガソリンとどっちの方が売れているんですか?
営業担当者
やっぱりガソリンの方が売れているかもしれないですね。こうしたこのクラスのワゴン車というのは、圧倒的に距離に対する依存度が高くないんですよね。
iFTig編集部
普通は通勤では使わないですものね。
営業担当者
そうです。例えばアクアだとかプリウスに関しては、ハイブリッドにすることによってメリットがかなり大きく生まれる方って大勢いらっしゃるんですけど、ワゴン関係になると費用対効果というよりも、今の時代乗り換えるんだったら、例えばヴォクシーのハイブリッドの「煌II」にしてもそうなんですけど、自動ブレーキだとか、例の車線逸脱防止システムだとか、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるオートマチックハイビームだとか、そんな便利機能なんかも備わっているので。

この時期に出された大きなテレビ、どこのメーカーに対しても圧倒的な優位性能を持った環境性能、優れた燃費性能とか、今後5年、10年単位で乗っていくうえで、このクルマのシステムで乗っておけば、5年経ったとしても他のメーカーはまだ追いついてきてないよね。というように先々のアドバンテージも見据えてご検討いただくというような方が選ばれていますね。

普通のタイプと「煌II」の違いは

子供が二人いるので、両側が電動ドアのタイプを欲しかったのですが、ちょうど「煌II」という特別装備車が出たばかりだというので、これで見積もってもらうことにしました。

このタイプは通常のグレードにエアロパーツが加わったグレード「ZS」に、更に次の装備が追加され、それで価格は10万円高とのことです。

  • 左右のスライドドアが電動になる。
  • フロントフォグランプがLEDタイプに変更
  • スピーカーが4個から6個に増える。
  • フロントガラスとサイドガラスがUVカットタイプに変更
  • センタークラスターパネルがピアノブラック調にグレードアップ
  • フロントグリルやドアノブにメッキの加飾が追加される、

サイドドアを両側とも電動化するだけでも59,400円ということなので、「煌II」の方がお得と思い、これのハイブリッドタイプにしました。

価格について

iFTig編集部
ちなみにガソリン車で、例えば「煌」とかだったら、大体いくらくらいなんですか?
営業担当者
「煌II」だと、車両本体価格で280万円、それに大きなナビゲーションが付いて310万円くらいですね。
iFTig編集部
ナは10インチでしたっけ? 今、10インチのタイプは高いですよね。
営業担当者
10インチだと30万円くらいします。でも10インチを付けてもらって30万円高くなるけど、今月は決算期じゃないですか。今からの登録は間に合わないんですけど、9月中に決めてもらって納車は後でとか。
iFTig編集部
9月はさすがに難しいかもしれないですけど、すぐにはね。
営業担当者
これを付ければ天井のモニターが必要なくなるんで、後ろの席からでも十分見られますし。
iFTig編集部
10インチで30万円もするって、そんな高いのはいらないかと思っていたんですけど、でも確かに10インチともなると大きいなあ。
営業担当者
テレビを見るのも、ナビを確認するのでも、今のタイミングでお乗り換えとなると、東京オリンピックだとか、その頃までの物価が上がるのも考えないといけないですし、移動中も見たい番組を見逃したくないとか、今後はこんな大きいモニターもどんどん増えてくると思います。
iFTig編集部
そうですね。じゃあこれで見積もりに入れてください。

見積書公開

ヴォクシーHV 見積書

【おすすめ車両】 ヴォクシー HV ZS“キラメキ2”
【ボディタイプ】 キャブワゴン7ニンノリ
【排気量】 1800CC (2ZR-FXE)
【駆動】 FF
【ミッション】 デンキシキCVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 ZWR80W-BPXSB©

車両本体価格 3,321,000円
値引き 200,000円
計     8% 3,121,000円
※1 メーカーオプション価格 8% 32,400円
※2 付属品価格  8% 409,644円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,563,044
 
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 3,563,044
 
※3 税金・保険料 56,440円
課税販売諸費用等 8% 56,509円
預り法廷費用等 18,660円
その他 11,550円
計 ③ 143,159
 
消費税・地方消費税合計 268,115円
(%は消費税・地方消費税率)
現金販売時お支払総額(②+③) 3,706,203

※3  明細

自動車税  10月登録 16,400円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 56,440
OSS申請代行費用 30,857円
納車費用 (店頭) 0円
下取車手続代行費用 7,560円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金⑥ 380円
希望&抽選申請費用 2,700円
ETCセットアップ 7,992円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 56,509
預り法定費用(検査登録法定費用) 3,240円
(車庫証明法定費用) 2,600円
(下取車法定費用) 350円
預りリサイクル預託金 ⑤ 12,470円
公正証書作成費用 0円
預り法定費用等 小計 18,660
自動車保険料 0円
希望ナンバー法定費用 0円
メンテナンスパック 0円
つくし保証 11,550円
その他 小計 11,500

※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] エアロセンヨウファブリック/ダークブルー&ブラック(標準)
[タイヤ] 205/55R16タイヤ&6Jアルミホイール(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
メーカーオプション計 32,400円
[付属品(おすすめ)明細]
サイドバイザー(RVワイドタイプ) 26,352円
付属品(おすすめ)計 26,352円
[付属品(その他)明細]
ETC2.0ユニット(ビルトイン・ナビレンドウ) 42,120円
マルチビューバックガイドモニター(16モデル) 28,188円
TCナビ10インチ16モデル「NSZN-Z66T」 312,984円
付属品(その他)計 383,292円

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 12,470円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 8,760円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
12,850

査定のタイミング

iFTig編集部
車検が来年の6月なので、もし買うとなれば3月くらいには片付けないと。納車を考えると、車検が切れた時から納車までクルマがないとなると、ちょっと大変なもので。
営業担当者
でも来年の3月頃に決めるとなると、査定額も年度を跨いじゃうとそこで5万円、10万円と、ドンッと落ちちゃうんです。ということは、急かすようなんですけども、月当り2万円とか3万円落ちちゃうと考えれば、リスクを考えて早めに決断頂いてもいいと思います。
iFTig編集部
それは知らなかった。すぐに決めることも検討すべきかもしれませんね。

値引きについて

iFTig編集部
たぶん、家内は買うことに反対すると思うんですよ。これだけの出費をするとなると、間違いなく反対するんですよね。
営業担当者
うちのリピートのお客さんなので、金額に関しては頑張らせていただくつもりなので。我々も本部の方針で、先月までお前らもしくはお店で使って構わないよという額はあるんです。ただ今月に関していうと9月なのでプラスで5万円使っていいよ、と。

あと査定の額をプラスで5万円、値引きだけじゃなくて、下取り例えば20万円つけますといえば、無条件に5万円上乗せして構わない、っていうような決まりがあるんですね。

iFTig編集部
へえ、色々とあるんですね。
営業担当者
我々も付き合いのあるお客様に贔屓して売って、っていうのは僕らも当然そう思っていますけど、本社の考えとしても、いらっしゃったお客さんにべつ幕なしに全部値引きして、下取りの金額上げてってとなると、我々も商売にならないので。ですから実際に金額を目いっぱい使える方がいるとすると、優先順位でいうと我々のリピートのお客さんなんです。社内的にも実際に状況を聞かれるんですよ。で、例えば値引きを30万円と求められたとします。だったら、どうしても、実際に必要な装備であるとか、奥様のご意見だとかっていうのを考慮させたうえで、いくらかまける、予算で出さなければいけない状況なのでとか。要するに社内的に値引きの理由を説明しなければいけないんです。

特に大きな値引きを出すとなった場合に、うちの店長が上の方、役員に話を通す時に、「どういった経緯のお客様なんだ」と説明する必要があるんですよ。これが「初見のお客様ですよ」といった場合ですと、必ず蹴られてしまうんですよね。で、「我々のお客様ですよ」とか「リピートのお客様で、ご主人も今実際にプリウスを継続してお使いいただいています。併用されているお車を我々のお店で下取りさせて頂きます」と言ったりして。えこひいきの理由というのをいつも問われるんです。

iFTig編集部
色々あるんですね。
営業担当者
それを考えると、状況としては値引きの額面に関しては慎重にならざるを得ないんです。 変な話、決算期を跨いだとしても、昨日は出来ましたけど、今日は出来ませんというわけにはいかない。それに近付ける努力というのは出来るんですけど、難しかったりするので。比較的容易ですといったことは提案させて頂けるんですけど。
iFTig編集部
そうですね。分りました。

下見を終えて

とりあえずは馴染みの客だということで20万円だけ値引いてくれました。あとは下取りに出すかどうかと、付属品をどうするか次第というところでしょうね。

今回は初めての下見でもあるし、まだヴォクシーと決めたわけでもないので、これで了解して帰宅しました。これから家内の説得から始めなければならないので、ちょっと大変です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です