【見積もり書公開】ヴェルファイアHV値引きに挑戦。その様子をレポート

そろそろ乗り換え時の我が家のヴェルファイア。

これには随分楽しませてもらって思い出も多いのですが、現行モデルの評判がいいようですし、この際はハイブリッドでもと思って検討を始めてみました。

ただ以前と比べるとただでさえ価格が高くなっているのに加えてハイブリッドともなるとガソリン車と比べて100万円も違ってしまい、さすがに慎重にならざるを得ません。

友人がプリウスに乗っているのでハイブリッドのメリットはよくわかっているつもりですが、何しろあのプリウスの荷物スペースの狭さはちょっと問題とも聞いていたので、ヴェルファイアのハイブリッド版ではどうなのか確認するつもりでもありました。

会社の隣がネッツxx店なので、昼休みを利用しての訪問になりました。

ディーラーへ行く前に調べておこう

値引きに繋げるために一番大切になってくるのが、『会話をどう運ぶか』ということ。勿論、そのお店ではここまでしかできないとか、この時期で値引きは厳しいといった要因もあります。

しかし、いかに話を持っていくかという点は、あらゆる環境でも必ず必要になってくる大事なポイントですよね。今回ここでは、商談においてどのような展開を繰り広げると良いのか、3つの知識を教えたいと思います。

それは

  • ヴェルファイアHVの値引き相場
  • ヴェルファイアHVの競合車種
  • ヴェルファイアHVの納期について

以上になります。

早速値引き相場から見ていきましょう。ヴェルファイアHVは車両値引きだけで、20万~30万の値引きが出来るようです。最低でも20万は値引きしてもらってから購入したいところ。

ただ、本気で購入を考えているのであればハイブリッドとはいえ25万を目標値引き額として、強気で挑みましょう。目指すはオプション値引き込で30万以上です。

続いて競合車種について、こちらは日産のエルグランドが挙げられていますね。新車のスタート価格を見てみるとヴェルファイアHVが411万、エルグランドが321万のため、ヴェルファイアHVの方が断然高くなっていますね。

セールスマンと交渉するときは、「エルグラドはもっと安く手に入るし、この額でヴェルファイアHVを買うくらいなら考え物だなあ」なんて、揺さぶってみるのも大事な商談です。

最後にヴェルファイアHVの納期について、これは1か月~3か月という報告が多いです。ミニバンであれば普通の納車期間ですね。あまりにも長い納期を言われたら、値引きの隙チャンスだと思って、突っ込んでみるのも良いと思います。

ディーラー到着

ヴェルファイアHV 正面

ヴェルファイア独特のフロントマスク。
車体の大きさ、高さとも併せ、迫力のある面構えでいいですね。

私の好みでもあります。

早速セールスマンと一緒にクルマ見学から始まりました。

ヴェルファイアHV インテリア 運転席

運転席廻りは高級感あふれる造り。木目調の装飾が至る所に施されています。

座面は前のモデルよりはずっと低くなっています。その分、頭上空間が広くなった感じです。

ヴェルファイアHV メーター
iFTig編集部
このハイブリッドのメーターがアナログチックで恰好いいですね。エコとかチャージっていうのが斬新ですよね。
営業担当者
そこは車種によってアナログだったりデジタルだったりするので。
iFTig編集部
私はデジタルよりもアナルグの方が好きなんです。昔のヴィクシーとかもデジタルだったじゃないですか。しかもセンター部でデジタルだったんで、ちょっと嫌いだったんですよ。
営業担当者
そうなんですか。でしたら、じゃあ。
iFTig編集部
だからアルファード買うときも、ヴォクシーも一緒に検討していたんですけど、結局これが理由で外しちゃった。
ヴェルファイアHV 助手席

シフトノブを始め、手に触れる部分がどこも皮革調の素材で装飾されていて、グレードの高さを伺わせてくれます。

iFTig編集部
今のヴェルファイアの強味というか、「売り」は何なんですか?
営業担当者
ヴェルファイアの強みというと、アルファードと比べた場合、やっぱりデザインがいかついというか、恰好いいんですよね。若い方ばかりじゃなくて、結構年齢に関係なく選んでいただいていますね。
iFTig編集部
ほかの大きなクルマと比べると、どうなんでしょうか?
営業担当者
そうですね、ハイブリッド車でいいますと、エンジンの他にモーターも一緒に動いて、例えば坂道などでパワーが欲しい時などは、もうパワーがすごいですね。このクルマは他のハイブリッドと比べるとパワーがありますね。
iFTig編集部
ヴェルファイアで、ハイブリッドとガソリンとどっちが売れていますか?
営業担当者
どっちもお選び頂いているんですけど、どちらかというとガソリンの方が。ただ、本当にヴェルファイアに乗って頂いて、月に1,000km以上走るという方でしたら、数年経つと金額差が埋まりますので。ぜひハイブリッドに乗って頂きたいと思います。
iFTig編集部
大体、月何キロくらい乗れば元が取れるんですか?
営業担当者
月1,000kmですね。
iFTig編集部
月1,000km乗るんだったらハイブリッドにした方がいい?
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
逆にガソリン車を買うという人は、あんまり距離を走らないとか、本当にこのクルマが好きだからとか。昔からずっとヴェルファイアかアルファードに乗っている人とか、そういう人がやっぱり買うんですか?
営業担当者
そんな感じです。
iFTig編集部
ただ価格差が大きいですよね。他のハイブリッドだと30万円とか40万円くらいとかしか違わないのに、ヴェルファイアだけ100万円も違ってしまう。なんでこんなに差があるんだろうと思って。同じ2,500CCクラスの他の車種だって、違いは大体40~50万円くらいだし。
営業担当者
アルファードとか?
iFTig編集部
いや、例えばハイブリッド車とガソリン車があって、同じ2,500CCクラスのクルマでも、ハイブリッドとガソリンの金額差って50万円くらいじゃないですか。
営業担当者
2,500CCクラスというと、ウチでいえばヴェルファイアしか扱いがないもので…その下というとヴォクシーになっちゃうんですけど、そうなれば2,000CCと1,800CCですし。それで大体50万円くらいの差。
iFTig編集部
そうか、2,500CCクラスは無いんだ。
営業担当者
そうなんです。アルファードとヴェルファイアだけ、ちょっと価格差が大きいですよね。
iFTig編集部
もともとガソリン車が結構いい値段するじゃないですか。そこにきて100万円も高いとなると、やっぱり相当検討を重ねないといけないし。あとは、実際に買うときの金額はガソリン車とハイブリッド車では値引き率に違いとかはあるんですか?

もちろんオプションとかによっても違うんでしょうけど、ガソリン車だと大体1回目で言ってくれる値引きは20万円くらいだし。で、今までその店で買ったことのある人だと30万円くらいまでは頑張りますよとか。実際のところ、ハイブリッドだとどうなんですか? ガソリンだからとか、ハイブリッドだからとか、そんなのは?

営業担当者
とかいうのはないですね。
iFTig編集部
ハイブリッドだから極端に安くできないとか、逆にハイブリッドだからもう少し安くしますとかいうのもないんですか?
営業担当者
ないですね。こちらに特別の事情がない限りは。特別にとか、誰それだからとかであんまり値引きは出来ないですね。基本的に、そんな話はないです。
iFTig編集部
つまりはヴェルファイアはヴェルファイアとして一括りで考えていると。そうするとやっぱり100万円の差は縮まらないですね。そうか、減税分があるから実質的には80万円くらいか。ちなみに燃費はどのくらいですか?
営業担当者
ハイブリッドだと、大体のところカタログに書いてある23.8Km/Lの7割ぐらいとは言われているんですけど、どうしてもアクセルの踏み具合とか、そういったもので変わってきますので、明確な数値がちょっと出せないんです。申し訳ないのですが。
iFTig編集部
いえいえ、それは分っています。乗り方にもよるし、運転が荒い人は荒いですもんね。
営業担当者
なので、10km/L前半ぐらいにいけばと。
iFTig編集部
12~13km/Lとか。だったら今乗っているアルファードとそんなに変わらないですね。
営業担当者
そうですね、燃料差はないですね。どうしても車体が大きくなってきちゃうと、重さとかそういった感じで、ビックリするほどいい燃費かって言われると、そうでもないという感じで。
iFTig編集部
3,500CCのやつなんて加速というか、アクセルをちょっと踏むだけでガーッと行っちゃうしね。私が今乗っているのも2,500CCだから、やっぱり加速はあんまりよくない。
営業担当者
あとハイブリッド車は「E-Four」という新しいタイプの四駆なんです。

E-Fourについて

「E-Four」について詳しく説明してもらいました。
通常の四駆では前に置かれたエンジンの動力をプロペラシャフト経由で後輪に伝えているのに対して、「E-Four」ではまったく仕組みが違い、前輪と後輪を別々のモーターが駆動している。

そのシステムとしては前部モーターやジェネレーターなどで構成された「フロントユニット」、電流を上げると共に直流から交流に変換する「パワーコントロールユニット」、そして後輪を駆動する「リアモーター」部によって構成されるとの説明でした。

その特徴としては前輪と後輪のモーターが独立して動くために、後輪を自在に動かすことができ、例えばスタート時や全開加速時などには前後のモーターが駆動して力強い加速を実現できるとのこと。

逆に通常走行時にはエンジンと前部モーターのみが駆動するFF状態となることで低燃費走行が可能になるとのことで、要はコンピュータ制御で場面に応じて四輪駆動になるということのようです。最近のクルマって益々凄い技術を使うようになっているんですね。

iFTig編集部
「ゴールデンアイズ」っていう特別装備車が、あそこに展示されてましたけど、あれは結構成約されているんですか?
営業担当者
はい。今ヴェルファイアをお考えいただいているお客様には、こちらのゴールデンアイズをお勧めさせて頂いています。見栄えが格好いいというのもあるんですけど、他のグレードでも付かないオプションとかもあるんですよ。例えばメーカーオプションでも付けられないバックドアが電動式になるとか。ゴールデンアイズにしていただくと、これが付くんですよね。大きくて開け閉めが大変だったりするので、そういった点をお伝えさせていただくと、こっちにしようかなという客さんも結構いまして。
iFTig編集部
ゴールデンアイズが出るまでは特別仕様車は無かったんですか?
営業担当者
なかったですね。
iFTig編集部
特別仕様車の方がお得ですよね。私も買ったときは特別使用射で買ったんです。スライドドアがオートになってたりして。後ろのドアが電動になるとか、シートがアルカンターラになるとか。
営業担当者
シートの違いもありますね。
iFTig編集部
そんなことで特別仕様車の方が得かと思って。
営業担当者
でしたらゴールデンアイズはお勧めですね。
iFTig編集部
中を見せてもらっていいですか?これ、グレードは何ですか?
営業担当者
これはグレード「Z」になります。
ヴェルファイアHV 後席

説明によるとヴェルファイアではセカンドシートだけでもベンチタイプを加えて4種類もあるとのこと。

このキャプテンシートは一番低いグレードの「リラックスキャプテンシート」。

これだけでも十分豪華なのですが、この上にはもっと上があって、さらに2タイプもの高級シートがあるそうです。

私にとっては、このシートの色はちょっと微妙ですね。個人の好みの問題もあるんでしょうけど。

ヴェルファイアHV 後席2

室内床面はヴォクシーなどと比べるとちょっと高め。その分見晴らしはよくなります。

足元のスペースも余裕で広々です。
ヴェルファイアってセカンドシートに座るのが最高なんですよね。

私はほとんど座ったことがありませんが。

営業担当者
このタイプですと、シートの色がベージュになります。
iFTig編集部
シートが黒のタイプは無いんですか?
営業担当者
黒は一番上のグレードでないと選ぶことが出来ないんです。通常はこのベージュだけという設定になっております。
ヴェルファイアHV ラケッジスペース
iFTig編集部
ちょっと後ろを見せてもらっていいですか?
営業担当者
かしこまりました。
iFTig編集部
うーん。ハイブリッドだからって、後ろが極端に狭くなるような感じはないですね。確か、この床下にバッテリーがあるんですよね?
営業担当者
それが前に積まれているんです。
ヴェルファイアhv センターコンソール
iFTig編集部
あれ? センターコンソールってこんなに高かったっけ?これってバッテリーが入っているからということで?
営業担当者
そうなんです。
iFTig編集部
へえーっ、後ろじゃないんだ。だけどこうなると、前から後ろへの行き来が面倒くさいですね。
営業担当者
そうなってしまいますね。
iFTig編集部
それで後ろはガソリン車と変わらないんだ。
営業担当者
そうなります。

やっぱり見ておいて正解でした。

ヴェルファイアHV 室内空間

室内は広くて実に豪華。さすがに最高級ミニバンだけあります。これで最上級グレードの「EXECUTIVE LOUNGE」ともなると、どんな内装になってしまうんでしょうか?

最近ではTVでも政治家やタレントがこれに乗っているのを良く見かけますが、それによってこのクルマのステータスを上げているということも影響しているのでしょうね。

確かに現物を見るとそれも頷けてしまいます。

iFTig編集部
ヴェルファイアってどこへ行っても試乗車は黒塗装なんですが、やっぱり黒が「売り」なんですか?
営業担当者
やっぱり黒が一番人気になります。あとこれは黒じゃないんですよ。光の当たり具合によって若干色が赤みがかって見える「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」ていうんです。ちょっと近づいて見ていただくと、若干紫っぽくないですか? キラキラしていて。
iFTig編集部
本当だ。黒にしか見えなかったけど。
ヴェルファイアHV エクステリア サイド

これがセールスマンお勧めの「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」

やたら長い名前ですが、紫色がかった深みのある黒で、なかなか落ち着いた高級感を感じさせてくれるものです。

ヴェルファイアだからこそ、余計にそう感じるのかもしれませんが。

ヴェルファイアHV エクステリア バック

この後姿はエアロバージョンのグレード「Z」。ボディが大きいだけに見栄えがします。

ハイブリッド車のグレードと価格の説明

見積もりをしてもらう前にグレードの説明をしてもらいました。

まずはハイブリッドには基本的に4つのグレードがあり、それぞれ「X」、「V」、「ZR」、「EXECUTIVE LOUNGE」であること。

グレード 税込み価格
X 7人乗り 4,155,055円
X 8人乗り 4,113,818円
V 4,775,563円
V “L EDITION” 5,356,800円
ZR 4,919,891円
ZR “G EDITION” 5,501,127円
EXECUTIVE LOUNGE 7,036,691円

このうち超豪華版の「EXECUTIVE LOUNGE」は論外として、ベースとなるのがグレード「V」でグレード「X」は廉価版,そしてエアロバージョンがグレード「XR」とのことでした。

ただ同じグレード「X」でもガソリン車とハイブリッド車では装備が違い、ガソリン車には無い7人乗りがハイブリッド車には設定されているとのこと。

つまりはハイブリッド「X」ではキャプテンシート付きで4,155,055円なのに対して、ガソリン車でキャプテンシート車となるとグレード「V」となり、3,995,018円となって価格差が16万円しか違わなくなってしまいます。室内装備や装飾も違うとはいえ、他のグレードでの価格差を考えると、ハイブリッド車を買うとなれば、「X」は狙い目となると思いました。

iFTig編集部
このグレードはなんですか?
営業担当者
ガソリンの「Z」ですね。
iFTig編集部
「Z」ってちょっと高いやつですか?
営業担当者
エアロバージョンになってしまいますんで。
iFTig編集部
このキャプテンシートのオットマンっていうのも付いているんですか?
営業担当者
そうですね、グレードによります。ヴェルファイアの中で一番安いガソリン車の「X」になってしまうと、付いていなかったり。このグレードになってくると全車標準装備となっています。オットマンがあるのはヴェルファイアだけですね。ヴォクシーには付いていません。
iFTig編集部
今のアルファードなんかでは乗るのも私が3割、嫁が7割くらいなんですよ。普段私が会社に行っている間は嫁が乗っているんで。で、やっぱりそこは説得しないといけないんで。そうなると一番の問題はやっぱり値段なんですよ。別にこれは無茶な値引きをしてくれって言っているんじゃなくて、見積書を横一列に並べて、いろんな車種を比べてみたときに、まず一番に値段で見るじゃないですか。で、ヴォクシーが350万円でヴェルファイアが450万円といったときに比べて見ればヴェルファイアがやっぱり高いじゃないですか。でも、内容は全然違うんだけど。
営業担当者
はい
iFTig編集部
そこは何とか理解させるんですけど、その値引きが0円のところと、10万円でも付いているところだと、やっぱり10万円付いている方が見栄えがいいですよね。まあ、10万円位の違いでは私は買わないですけど、でもゼロよりはそっちの方が検討に乗りやすくなるんで。だからセールスマンさんが出来る範囲で構いませんし、別に今から店長とか上司とかに許可を取るとかそんなことは今の段階ではまだ求めないんで。出せる範囲で構わないんで、ちょっと手書きででも書いていただけると助かるんですけどね。
営業担当者
わかりました。
iFTig編集部
たぶん、本当にヴェルファイアを買うときは、最低でも30万円まではお願いすると思うんですけど、今の段階ではそこまでは求めないんで。

私も今までは修理とかメンテナンスでしかxx店さんに持ってきたことがないんで。購入した履歴というのはないと思うんですよ。毎回違うところで買っているんです。前のアルファードは東京で買ったし、プリウスは神奈川で買ったし。やっぱり見積もりを出して、話をする中で、一番親身に聞いてくれる人とか、勿論値引きはしてくれるんですけど、中には足元を見てくる人とかもいるんですよね。この人だったらこのくらい払えるだろうとか、足もとを見てくるんですよね。だから長い付き合いが悪いとは言わないですけど、やっぱり一度検討してみないといけないってのはありますね。

営業担当者
はい。
iFTig編集部
ここに来るまで、県内で色々周りましてね。ネッツ山梨xx店とか、神奈川だとトヨタ神奈川、トヨタxx。
営業担当者
ちなみにネッツxxさんはもう結構値引きされているんですか?
iFTig編集部
してないです。今も一回目の下見なんで、そこまで出してもらってないです。別にしようと思えばどこでも、今と同じような話をして、どれだけ出してくれるかなって。

それ次第でどこにしようかなって、自分の中では。お店によっては手書きでもちょっと無理ですとか、そういうところもありますけど、もうそこの店には行かないです。そんなちょっとしたお願いも聞いてもらえないんだったら。こちらにしてみれば高い買い物だし、信用できないですもんね。別の30万円とか、40万円とか言っているわけではないので。それも店長クラスが言ったりして。

営業担当者
本当ですか。うちの店長だったら、それはまず無いですね。
iFTig編集部
ハイブリッドだと、価格差を考えると、やっぱり私は「X」しか買えないと思います。現実的な話でいうと。ちょっと「V」とかはキツいですね。そこまでの金額は。

結局、見積もり条件としてはグレード「X」を次の内容で出してもらうことになりました。

メーカーオプションとして

  • 7人乗りのキャプテンシート付にする。
  • 車体色は、今見てきた「ブラック」で。
  • スペアタイヤを追加する。
  • 自動ブレーキとかクルーズコントロールは今も使っていないので付けない。
  • パワースライドドアは両側に。
  • パノラミックビューモニターは不要
  • スピーカーの変更は無し。
  • バックモニターは追加する。

ディーラーオプションとしては

  • ボディコーティング
  • サイドバイザー
  • フロアマット
  • ETC
  • 9インチナビ
  • 前後のナンバーフレーム

こんなリクエストに基づいて見積書を作成してもらいました。

見積書公開

ヴェルファイアHV 見積書

そして出来上がったのがこれです。ご参考までに内容を抜き出してみましょう。

【ボディタイプ】 7ニン
【排気量】 2500CC(2AR-FXE)
【駆動・ミッション】 4WD・CVT-I
【ボディカラー】 ブラック
【型式】 AYH30W^NFXGB

車両本体価格 4,155,055円
計     8% 4,155,055円
※1メーカーオプション価格 8% 142,560円
※2付属品価格 8% 576,720円
車両現金販売価格(消費税込)① 4,874,335
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額① 4,874,335
※3 現金・保険料 58,740円
   課税販売諸費用等  8% 63,954円
   預り法定費用等 22,770円
   その他 107,200円
   計 ③ 252,664
 
消費税・地方消費税合計
(%は消費税・地方消費税率)
365,799
 
現金販売時お支払総額(②+③) 5,126,999

※3明細

自動車税  10月登録 18.700円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 58,740
検査登録手続代行費用 22,011円
車庫証明手続代行費用 14,400円
納車費用 (店頭) 0円
下取車諸手続代行費用 7,560円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金 ⑥ 380円
字光式ナンバー 0円
希望ナンバー代行費用 12,563円
補助金申請費用・他 0円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 63,954
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 400円
預りリサイクル預託金 ⑤ 16,550円
預り法定費用等 小計 22,770
 
自動車保険料 0円
マイレージパスポート AL 93,500円
保証がつくしプラン 2 13,500円
印紙代・下取自税 200円
その他 小計 107,200

※1  ※2メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装]
シートヒョウヒ(ファブリック)/ナイソウショク ブラクセン(標準)
[タイヤ]
215/65R16アルミ(標準)
[メーカーオプション明細]
スペアタイヤ(オウキュウシュウリヨウタイヤ) 10,800円
パワースライドドア(リョウガワ)+バックドアクローザー 66,960円
12V(120W)1コ+100V(1500W)3コ 64,800円
メーカーオプション計 142,560円
[付属品(その他)明細]
QMIグラスシーラント(フェルファイア) 86,400円
フロアマット、ラグジュアリー ホンタイ 79,920円
サイドバイザー、RVワイドタイプ1 33,480円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 3,240円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 3,240円
ETCシャサイキ(ビルトイン)ボイス・ナビレンドウ 27,000円
マルチビューバックガイドモニター 29,160円
TCナビ「NSZT-Y66T」DCMツキ 314,280円
付属品(その他)計 576,720

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ④ 16,550円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 12,840円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金) 130円
資金管理料金(消費税込)⑤ 380円
16,930
営業担当者
ヴェルファイアを買っていただけるときは、今のアルファードは下取りに?
iFTig編集部
出します。でも今は考えなくていいです。
営業担当者
かしこまりました。一応下取りさせていただくということで、査定料と手続き代行費用として入れさせておいていただきます。
iFTig編集部
いいですよ今は。後で減らせばいいだけなんで。
営業担当者
かしこまりました。
iFTig編集部
やっぱりガソリン車とは100万円違うんだ。
営業担当者
そうですね。今すぐというのであれば私の口からは端数を切るぐらいは言えるんですけど、それ以上となるとちょっと。
iFTig編集部
いいですよ。しょうがない。端数というと126,999円ということですか?
営業担当者
はい、たぶんこのくらいの金額だったら大丈夫だと思うんですけど。とりあえずはこの金額で出させて頂いて、後で改めて検討となった時は勉強させて頂きます。
iFTig編集部
わかりました。

ディーラー交渉を終えて

今回の訪問でガソリン車との価格差100万円の理由が何となくわかった気がしました。ハイブリッド部分で50万円、残りはE-Four部分と考えればいいのでしょうか。

今回は時間が無くて無理でしたが、やっぱり一度ハイブリッド車のフィーリングを試させてもらった方がいいですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です