【見積書公開】セレナの値引き交渉レポート。どのくらい値引きできるか試してみた

この8月末に発売になったばかりの新型セレナ。
早速どんな感じなのか見に行ってきました。

ただ見せてもらうだけだとディーラーにも迷惑だろうと思い、一応見積もりも貰ってくるつもりで出かけてみました。

まだ発売直後でもあり、どうせ値引きなど無理だろうとは思いながらも、一応はどの程度の値引きが見込めるものなのか知っておきたいという気楽な気分で行ったものです。

セレナを購入しに行く前に

納得できる金額で購入するためには、しっかりと値引きしてもらうことが非常に大切です。それでは、良い値引き交渉にするためには何が必要でしょうか?これについて、3つのポイントを説明していきたいと思います。

ご紹介するのは

  • セレナの値引き相場
  • セレナの競合車種
  • セレナの納期について

以上3つについてです。

まず値引き相場についてですが、車両値引きだけで20万~30万という報告が多いです。1回目の交渉で20万も値引きしてもらえるのであれば大変嬉しいですね。

ただ、こんなに値引きしてもらえるなら、本当の限界まで粘ってみたいものです。値引き目標額としては20万以上を目指して交渉していくと良いでしょう。

続いて競合車種について、セレナのライバル車はやはりトヨタのノアでしょうか。新車価格のスタートを見てみると、セレナは231万。対するノアは225万となっており、セレナの方が6万程度安くなっています。

ということは「ノアも候補にしていて、あちらは6万程度安いじゃないですか、セレナもあと6万頑張ってもらいないんですかね」なんて言ってみるのも、上手な交渉だと言えるのではないでしょうか。

最後に納期について、こちらは1か月~2か月と、ミニバンの中では比較的早い納車期間となっています。あまり見積もりの段階で言ってはくれないかもしれませんが、もし「長い期間を告げられたら、値引きに繋げて交渉してみるのも大切です。

ディーラー到着

日産セレナ外観

訪問したのは近所の日産プリンス系のディーラー。毎日通勤でこの店の前を通る際、新型セレナと思しきクルマが一杯並んでいたのを見かけていたのでココにしました。

発売直後と言うこともあってか、駐車場には何台ものセレナが展示されており、実に壮観な眺めでした。

日産セレナ外観フロント
日産セレナ外観フロント

ショールームは意外と広く、室内の中央には白い塗装が眩しい新型セレナが。

平日だったせいか、思ったよりもお客さんは少な目で、おかげでゆっくり見せてもらうことが出来ました。

セールスの方に挨拶し、許可をもらった上でさっそくクルマのチェックを開始。

実車確認

日産セレナ内装運転席周り

まずは運転席のチェックから。
以前初代のバネットセレナに乗っていたことがあったのですが、その頃のモデルはエンジンが運転席の下にあって、乗っているうちに熱くなってきたものです。

今度のモデルはそのころの印象と比べてもずっと床が低く、室内の居住性も全く違っていて、同じセレナとはいいながら全く別のクルマになっていました。

日産セレナ内装後席

室内もシンプルではあるものの申し分ない広さ。4人家族の我が家の用としても十分なスペースが確保されているようです。

このシート地は「プレミアムインテリア」と呼ばれるメーカーオプションのタイプです。また前後にロングスライドも可能とかで、色々なレイアウトに変更できるようです。

それと今回のセレナから、シートベルトがシートの上部から出てくるようになったので、もう邪魔にならなくなったとのこと。例えばチャイルドシートを付けたときなど、もう付けたままで移動が出来てしまうとか。

こうして実物を見てみると、外観からだけではわかないことが色々と見えてきていいものですね。

驚いたのがバックドア。上半分だけを開くことが出来るのです。
(残念ながら、この写真ではわかりませんが)

以前、テレビCMで「ステップワゴン」の縦に半分開くドアをアピールしていたのを見たことがありましたが、上下に二分するという、こんな手もあったのですね。

上のドアを開けるだけで簡単に出し入れも出来るようになり、これだと開けるスペースが少なくて済むし、重いバックドアを全部開かなくても半分だけで用を足せるので、なかなかいいアイデアだと思います。

それにカーゴスペースに机状のものを置けば、荷物の置き場を2段にして使えることもすごく便利。こんな空間の有効活用は、今まで考えたこともありませんでした。

もう一つ見つけたのが天井部に付いているネット状のハンモックのようなもの。説明によると「マルチラゲッジネット」というオプション品とのことですが、なるほど広い室内をより効率的に使うためには、こうした空間の生かし方もありますよね。

後で見たカタログにも出ていたように、子供の玩具類など数が多くてかさばるようなものを入れておけば省スペースになることは間違いなしです。色々と考えるものですね。こうしたちょっとした「配慮」がされていることが家族持ちにはずごく嬉しいものです。

シートは展示車のものは「プレミアムインテリア」というツートーンカラーのもので、素材の肌ざわりもなかなかいい感じだったのですが、これはメーカーオプションとしての設定とのこと。標準ではブラックかベージュ色からの選択となるようです。

我が家のような子供いる家庭には黒いシートの方が、汚れが目立たなくて有り難いですね。ベージュだと子供がこぼしたケチャップとか、汚れが凄く目立っちゃうもので手入れが大変になりますから。

日産セレナ内装ラゲッジスペース

あと注目すべきは前モデルからの引継ぎと言うスマートマルチセンターシート。

この写真では陰に隠れて見えにくいですが、2列目シートの中央部が、左右のシートと同様というか、それ以上に前後にスライドできるという機能です。

前列席の横にまで動かせば、センターコンソールや肘置きとして使え、2列目に揃えて配置し、上部を起こせば左右のシートともあわせて3人乗車が可能なベンチシートの背もたれの中央部分として使うことが出来ます。

そして一番後ろまで動かせば3列目シートのテーブルとしても使えるという文字通りの「多目的用途」として使い分けられるものになっています。

前席に動かしてしまえば2列目と3列目のアクセスも可能となり、まさに大人も子供も楽しめる優れた仕様と思います。

その時のセールスマンとの会話を再現してみます。

ニュアンスが良く伝わると思うので。

スマートマルチセンターシート

営業担当者
この部分なんですが、真ん中の部分を倒してあげれば7人乗りにもなるんです。
iFTig編集部
これって、セレナは標準が8人乗りなんですか? 一応7人乗りでつくってあるとか?
営業担当者
全部8人乗りになります。これ(スマートマルチセンターシート)が前後します。前にスライドさせられるんです。
iFTig編集部
凄く良く出来ているなあ!いいところ取りですね。
営業担当者
お子さんがいれば、前にスライドさせれば背もたれを倒さなくても後ろに行けちゃいますし。
iFTig編集部
これがヴォクシーとかノアだと7人乗りか8人乗りか、予め決めなくちゃならないんですよね。
営業担当者
それで確か、ハイブリッドは全部7人乗りになっちゃうとか。インテリアのレイアウトなど、凄くこだわっています。
iFTig編集部
そう。普段はこの状態で使っていて、補助的に一人多く乗るような時は、こうしてやったらいい。そんな使い方で。
営業担当者
そうですね。すると2-3-3になりますので。これは本当に受けがいいですね。それと2列目にはサンシェードが付いていますので、日よけシートをペタペタ貼らなくていいですし。
iFTig編集部
うん、7人乗りだと何かとちょっと不便なんですよね。
営業担当者
そうですね。7人乗りと限定されちゃうとなかなか。やっぱりお子さんとか、公園に行かれた時に疲れちゃったとか言われるとクルマで寝かせたいなんて言うときには、これは平らになっちゃうんで。
iFTig編集部
シートがね。よくわかりました。でもセレナって、イメージしていたのとは全然変わったんですね。
営業担当者
どんなイメージでした?
iFTig編集部
やっぱり最初の時のイメージが強くてね。で、2代目になった時も少し見せてもらって、その時の記憶もまだ残っていたんですけど。それよりも断然中が広くなっていますね。
営業担当者
そうですか。確かにモデルが変わるごとに、中は広くなっています。
iFTig編集部
あとは、あの真ん中の動くところ。
営業担当者
あれはかなりキモになっている部分でもあるので。
iFTig編集部
これあったら7人乗りでも8人乗りでも、どっちでもいいというものですものね。
営業担当者
そうですね。両方使える感じですね。
iFTig編集部
どっちの良さも使える、っていうのはすごいプラスだと思いますよ。

「S-ハイブリッド」のこと

事前には知らなかった「S-ハイブリッド」という仕様を見つけたので、セールスの方に聞いてみました。

iFTig編集部
私詳しくなくて申し訳ないのですけど、「S-ハイブリッド」って全部のグレードについているんですか?
営業担当者
はい。一番下の「S」というタイプ以外は全部「S-ハイブリッド」になっています。
iFTig編集部
それはアクアとかプリウスみたいにモーターが付いているとか?
営業担当者
「スマートシンプルハイブリッド」と言われているものなのですが、一応モーターが付いたものになっています。減速時に蓄えた電力を加速の時などにエンジンと共に使うことによって、出足を良くしようというものなんです。これがあることによって出足がすごくよくなる、モーターで後押ししてあげるというものになるので、一般的なエンジンとモーターを切り替えて走るというものとは全く違ったイメージのものですね。
iFTig編集部
じゃあプリウスなどとは全然違う?
営業担当者
そうですね。あとアイドリングストップやエアコン、電装品などにも使って、省エネに繋げようというコンセプトのものです。本当に補助的にモーターを使うという、一番ガソリンを消費するときにサポートするというものなんです。価格を上げることなく、効率的にモーターを使うということで。
iFTig編集部
それで燃費的にはどの程度?
営業担当者
まだお客様からの声と言うは入っていないんですけど、ただ前のモデルがカタログ値で16.2km/Lだったものが今回は1km/L上がっているんです。まあうちのクルマ全部に言えることなんですけど、結構乗り方によって前後してしまいます。前回のセレナで燃費がいい方で11~12km/L行くか、行かないか、っていう感じでしたね。
iFTig編集部
じゃあ、昔のセレナに比べたら格段にいいということだ。
営業担当者
もう全然違いますね。私の家では「S-ハイブリッド」じゃないセレナに乗っているんですけど、奥さんが使っていて、まあ子供とよく買い物に行って、もう掛けっぱなしでDVDとか見たりしていて、それで9km/Lくらいです。

前モデルからの変更点は

あと他にも次の通りに前モデルからの変更点があることを説明していただきました。

ハンズフリーオートスライドドア

ドアノブに触れなくてもスライドドア下部に取り付けられたセンサーによって、足をドアの下部に入れて引くだけで自動的に開閉する機構。オプション扱いだそうです。

キャップレス給油口

給油口を開け、そのままノズルを差し込むだけで給油できてしまうというキャップレス構造で、手を汚さずに済むとのこと。

USBポート

最近は車内でもスマホを使う機会も多く、常に電池切れの不安解消のために、USBポートが2列目や3列目も含めて最大6か所にも設置できるとのことです。「快適パック」の一部としてオプション扱いです。

今回のモデル最大のセールスポイントは?

今回の訪問の目的でもあった、新型セレナの「売り」について聞いてみました。

iFTig編集部
新型セレナの一番の強味っていうのは何ですか?
営業担当者
それは完全に安全性ですね。
iFTig編集部
車体の各部にセンサーがたくさん付いているっていう、アレですか?
営業担当者
そうですね。グレードとかオプションによっても変わってきますが、例えばアラウンドビューモニターとか。上から見たようなカメラが付いていますし、後は自動ブレーキが全部標準装備になっています。
iFTig編集部
低いグレードでも?
営業担当者
付いています。ただ一番下の「S」には設定されていません。
iFTig編集部
まあ、それはいいとして。
営業担当者
後はタイプによってはオプションになったりしますが、自動運転が初めて付きました。
iFTig編集部
矢沢永吉がCMでやっているやつですね。
営業担当者
そうです。とりあえずは高速での使用を推奨しているんですけど、一般道でも使えないことは無いです。
iFTig編集部
でもCMで手放し運転しちゃって大丈夫なのかな?
営業担当者
画面の下に「但し書き」付きです。実際には手を添えておいてもらえば… ハンドル操作も自動で行ってくれます。
営業担当者
このクルマ、「プロパイロットエディション」と言うのですが、最初の半年限定での販売になるんです。自動運転が最初から付いていますよ、ということで。

で、安全装備として、もちろんカメラは付いていますし、安全面ではSRSエアバッグ。これは後列の2列目、3列目の頭の部分ですが、付いています。よくノアとかヴォクシーと比べられることが多いのですが、向こうだとオプションになってしまいます。

グレードの違いと価格について

話はやっと値引きへと進みます。

iFTig編集部
通常のベースグレードはいくらぐらいになるんですか?
営業担当者
「X」というグレードが何も付いていないグレードになります。「ハイウエイスター」になりますと、こうやってデザインが加わっていくという感じで。あと「S」というタイプがあるんですが、これはアイドリングストップが付いていないタイプになります。燃費が通常は17.2km/Lなんですが、これだと15km/Lになってしまいます。あとオートドアが左側だけになっているとか。特に右側はいらないという方にはこちらをお勧めさせて頂いているんです。
iFTig編集部
どのグレードがお勧めとかは?人気があるグレードというのは分れてきているんですか?
営業担当者
もう分れてきていますね。まずは「プロパイロット」、自動運転が欲しいと言われる方。もうこれは間違いなくお買い得なもので。で、特に「プロパイロット」はいらないという方だと、やっぱり「S」ですね。もともと普通の装備が付いているタイプになってしまいます。後は全部ほしい、なんでも全部付けたい!という方は、全部含めると400万円近くになってしまいます。
iFTig編集部
そうなると、もうアルファードかヴェルファイアのクラスが…
営業担当者
見えてきますね。今は「プロパイロットエディション」になると、自動運転は付いているけど価格的にはずっと抑えられますから、360~370万円くらいのイメージですね。
iFTig編集部
そうなるとノアとかヴォクシーと変わらないですね。つまりは、そういうことか。
営業担当者
「プロパイロット」はいらないけど、両側にオートスライドドアが欲しいという方は「X」にスライドドアを付ける形になると、330~340万円とかくらいのイメージで。アイドリングストップもいらない、普通に乗れればいい、今まで使っていたくらいのオプションでいい、という方は「S」を選ばれて300万円くらいですね。
iFTig編集部
よくわかりました。じゃあ、「プロパイロットエディション」で見積もりしてみてください。ところでナビはメーカーオプションになるんですか?
営業担当者
セレナにはメーカーオプションという設定はありません。全部ディーラーオプション、後付けになってしまいます。
iFTig編集部
わかりました。それでいいんで入れておいてください。

(見積書作成のために、しばらく中断)

営業担当者
お待たせしました。こちらがセレナのお見積りになります。「プロパイロットエディション」のものになります。オプションとしてLEDのヘッドランプ、あと「快適パック」と言って、2列目にはパーソナルテーブルとか3列目のシートの前にテーブルが付くとか、USBのコネクタが付くとか、そんなものが含まれたものになります。あとはバックビューモニターと、フロントガラス撥水加工、ボディも。こちらがフロアもカーペットになって、ナビゲーションと外のバイザー、雨よけ、ナンバーの枠になっておりまして、これらの合計で368万円くらいになります。
iFTig編集部
まあ、金額的にはノアとかヴォクシーとかと同じようなものですね。
営業担当者
そうですね。ガソリン車と同じくらいにはなりますね。ただ「X」に「プロパイロットエディション」と同じになるようなオプションを付けていくと、全く同じにはならないんです。仕様を同じにすると大体10~15万円くらい、「プロパイロットエディション」の方がお得になっているんです。

見積書公開

セレナ 見積書

これがもらった見積書です。
内容が見にくいので、ご参考までに金額部分を抜き出してみます。

【おすすめ車】

セレナ ミニバン MR200D-SM24  ハイウエイスター プロパイロットエディション 2WD  エクストロニックCVT  標準地仕様

【車種記号:EDRARGVC27GDAAGFB-】

ブリリアントホワイトパール(3P)  ブラック(QABG)(\43,200)  快適パック(\102,600)  日産オリジナルナビ取付パッケージ(\27,000)

【車両代】

メーカーオプション付車両本体価格 3,088,800円
付属品価格 366,005円
車両代合計 3,454,805円

【販売諸費用(課税)】

検査登録(届出)手続代行費 30,780円
車庫証明手続代行費用 16,200円
納車費用 0円
下取車手続代行費用 7,560円
希望ナンバー申込手続代行料 0円
環境整備費用(自社処理) 0円
GP保証 17,000円
査定料 7,020円
販売諸費用(課税)計 78,560円

【販売諸費用(非課税)】

検査登録(届出)手続預り法定費用 6.100円
車庫証明手続預り法定費用 2,500円
下取車諸手続預り法定費用 500円
公正証書作成費用 0円
環境整備費用(委託処理) 0円
廃棄車両処理費用 0円
下取自税 0円
PMP 19,700円
ロードサービス関連費用 5,500円
販売車両リサイクル料金 10,570円
販売諸費用(非課税)計 44,870円

【税金保険料等】

自動車税 19,700円
自動車重量税 15,000円
自動車取得税 30,800円
自動車賠償責任保険 40,040円
自動車任意保険 0円
税金保険料等計 105,540円
内)消費税・地方消費税等合計 261,731円
車両代合計 3,454,805円
販売諸費用等合計 228,970円
下取車充当額 0円
リサイクル預託金相当額通知書計 0円
使用済自動車引取依頼書計 0円
お支払合計金額 3,683,775円

【付属品明細】

バックビューモニター 39,744円
ウインドウ撥水 12ヶ月 8,078円
5 years coat 71,280円
C27超ロングスライド 51,701円
MM316D-W(ナビ取付パッケージ専用) 163,666円
プラスチックバイザー 27,216円
ナンバープレートリム 2,160円
ナンバープレートリム 2,160円
合計 366,005円
iFTig編集部
わかりました。これで結構です。ところで値引きの方は?まだ出たばかりだから難しいのは分っているんですけど、今出して頂ける値引き額を入れていただくと有り難いんですけど。
営業担当者
はあ、基本的には見積もり段階で、値引き額まで入れて出すのは難しいんですが。
iFTig編集部
手書きでもいいので、何とかなりませんか?
営業担当者
正直なところで話してしまえば、セレナはまだ出たばかりと言うこともあるので何なんですが、ただもうこれ、どのグレードでも大体20万円くらい引かせて頂いております。それ以上は現段階では難しいんですよね。
iFTig編集部
そうですか。手書きでいいんで、その20万円というのを書いてもらえませんか? それにしても出たばかりで20万円引いてくれるというのも、なかなか良心的ですね。
営業担当者
メーカーサイドからの指示でもあるんですけど、何が何でも売り上げ台数で一番を取り返すということで。
iFTig編集部
今はヴォクシーがライバルですもんね。
営業担当者
そうですね。本来は「プロパイロットエディション」のような色々と付けてお得という特別仕様車は1年くらい経ってから出すものなのですが、発売直後から「飛ばして売っていこう」ということもありますし、当初から20万円と言うのは、今まではあり得ない数字なんです。逆をいうとこれ以上は、正直なところ難しいんですよ。
iFTig編集部
でも最初の段階で20万円引くと言われたら、私でも心が動きますよね。
営業担当者
本当にこれ以上はちょっと厳しいかなと。ちょっと、こうやってメモ程度に書かせて頂きましたけど。下取りが0でも、このくらいは引かせてもらいますということで。
iFTig編集部
わかりました。ありがとうございました。

訪問してみて

こんな感じで訪問を終えました。
それにしても最初の訪問で見積もりしてもらって、手書きながらもいきなり20万円の値引きとは。思っていたよりもずっと高い金額を出してもらって大満足。

セレナ自体のクルマの出来も凄く良くて、特にあのセンターマルチシートには感激しました。家族で使っているとあんな装備が凄く有り難く感じることが多いんですよね。それとカップホルダーとかフックとかが車内の各所に取り付けられていて、よく考えられているなと思いました。

今まで何気なく見ていたセレナに、あれほど多くの装備がされていることを知って、すっかり印象が変わってしまいました。

ちなみにオプションで加えてもらった「快適パック」には次のものが含まれています。

  • スーパーUVカット断熱グリーンガラス(フロント)
  • パーソナルテーブル(セカンド・サート左右)
  • カップホルダー(12個)
  • UBS電源ソケット(セカンド・サード各2個)
  • セカンドシート超ロングスライド+横スライド
  • サードシートスライド
  • シートバックフック8個
  • シートバックポケット(運転席・助手席)(スマートフォン・タブレット収納付)

あと2列目シートと3列目シートがロングスライド出来るようになるようです。ご参考まで。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です