【見積書公開】シエンタの値引きをしてみた。ディーラー突撃取材

我が家は3人家族。現在は独身時代からのカローラエクシオに乗っていますが、車検時期に併せて買い替えを検討中です。

ウチでは奥さんが運転することが多いので、運転しやすくて子供も載せるのに楽なことと荷物もたくさん積めるクルマであることが条件になります。

なぜか彼女はシエンタが気に入ったらしく、下見を頼まれての訪問となりました。もちろん自分も乗るので、そうなるとヴォクシーが第一希望なのですが、その比較のために、まずはシエンタも知っておこうと思って出かけてみました。

ネットで調べるとシエンタはトヨタのどこの系列店でも売っているんですね。ということで家から一番近いネッツxx店を訪問しました。

トヨタへ足を運ぶ前に

今回シエンタの値引き交渉ということですが、値引きさせるためには、上手な会話の運び

が大切になってきます。そうするためにも以下の3ポイントについて知っておきましょう。

そのポイントとは

  • シエンタの値引き相場
  • シエンタの競合車種
  • シエンタの納期について

以上の3ポイントなります。

1つ目の値引き相場についてですが、シエンタの値引き相場は20万~30万。オプション値引きを含めると30万以上の値引きも可能なようです。

ただ、この額を値引きしてもらうとなると、1回の交渉だけでは厳しいのではないかと思います。本当に購入を検討しているのであれば、値引き目標額を20万以上に設定して交渉していきましょう。

続いて2目の競合車種について、こちらはホンダのフリード等が考えられます。新車スタート価格で比較してみると、シエンタが168万。対するフリードは188万と、フリードの方が20万程度高くなっていますね。

この点を使って「もう少し金額を出してフリードを購入した方が良い気がしてきたなあ」なんて揺さぶりをかけてみるのも、1つの利口な交渉手段ですね。

最後に納期についてです。これは1か月~2か月と、比較的ミニバンの中では早い納車期間になっています。あまりにも長い納車期間を言われたら、値引きに持っていきましょう。

ディーラー到着

トヨタディーラー

訪れたネッツxx店。
街道伝いの広い敷地の店舗で、展示車も数多く揃っていました。

トヨタシエンタ外観フロント

その中には赤いシエンタも。前から見ると結構小さく感じるんですが、近づいてみると結構車高があるんですよね。

あの独特の「黒い髭」デザインもこの色であればあまり目立たず、普通のコンパクトミニバンという感じ。フロントマスクは今風のトヨタ車共通ともいえるデザインですね。

トヨタシエンタサイドリア

近付いてみると、意外と車高があることに驚かされます。長さはコンパクトながら、高さはミドルクラスのミニバンと変わらない感じ。

後姿もシエンタ特有のユニークさを感じさせる凝ったデザインです。 前から見ても後ろから見ても、「表情」を持ったクルマに思えてしまう独特さがありますね。

ここでセールスさんが挨拶に出てきたので、さっそく質問開始。

 

iFTig編集部
ガソリンとハイブリッドではどっちが人気なんですか?
営業担当者
どっちもどっちなんですが、私の感触からいうとハイブリッドでしょうか。
iFTig編集部
へえ、価格はどのくらい違うんですか?
営業担当者
価格差は大体30万円くらいですね。
iFTig編集部
もっと違うのかと思っていたけど、そんなものなのですね。ガソリン車だと実燃費でどのくらい?
営業担当者
ガソリン車の場合、やっぱり20km/Lはいかないようですね。カタログ上では20.6km/Lとなっていますけど。
iFTig編集部
ハイブリドでは?
営業担当者
ハイブリッドだと大体、10代後半から良くて20km/Lくらいですね。
iFTig編集部
シエンタのハイブリッドって、やっぱり燃費がいいからというのでみんな買っていくんですか?
営業担当者
そうですね、燃費ですね。ガソリン車も静かなんですけど、ハイブリッドということでもっと静かということもありますし。
iFTig編集部
じゃあ、ガソリン車を買う人の決定打とは何になるんですか?
営業担当者
やっぱり価格ですかね。お客さまにもよると思うのですが、やっぱり初期投資というのが一番大きな理由のようですね。
iFTig編集部
例えば馬力の違いとかあったりは?
営業担当者
シエンタの場合はないですね。どちらも1500CCですし。
iFTig編集部
やっぱりエンジンサイズはちっちゃいな。
営業担当者
そうですね。大人数で乗られるんでしたら、シエンタはちょっと苦しいかもしれませんね。

インテリアに関して

シエンタについては室内の広さが一番気になっていたので、車内を見せてもらいました。

トヨタシエンタ内装運転席周り

運転席からの眺めは良好。正面にはアナログのタコメーターとスピードメーターが見やすい位置に配置されています。

視線の移動が少なく積むので、安全運転の点からもいいですよね。

二つのメーターの中央にはマルチインフォメーションディスプレイが。様々な走行状態や車の状況がグラフィックで表示されます。

そこで視線を横切るオレンジ色のラインに気付きました。見回すと各所にオレンジ色が使われているのが分ります。女性ドライバーに配慮した色使いなのでしょうか。

インパネ中央部もナビを始め、必要最小限のノブだけで非常にシンプル。実用性に徹すると、これだけの機能でいいんですよね。

トヨタシエンタ内装

セカンドシートはフラットな感じ。乗り心地はどうなのでしょうか。

このタイプは6人乗りで、左右のシートの間にはカップホルダーとか小物入れが付いています。

このシート色は「フロマージュ」というグレイっぽい色で標準色。「ブラック」にするには注文時に指定することが必要になります。 同じく室内色は「フロマージュ」です。「ブラック」にするにはやはり注文時に指定が必要とのことです。

iFTig編集部
プリウスαの7人乗りと比べて、この3列目の広さってどうですか?
営業担当者
ほとんど同じくらいですね。
iFTig編集部
同じくらい?
営業担当者
やはりちょっと狭いんです。
iFTig編集部
やっぱりそうか。うちの奥さんがどうしてシエンタがいいって言ってるのか、よくわからないんですけど。

試しにサードシートに座ってみようと思い、セカンドシート横のレバーに触ってみると、簡単に前側に折り畳まれてしまいます。

iFTig編集部
わっ、すごい。これって上がるんですね。こっちに座ってここに荷物を置くことも出来る。
営業担当者
はい、それでも大丈夫です。
iFTig編集部
これはいいなあ。これって乗るための構造なんですか?
営業担当者
そうです。
iFTig編集部
これはちょっとすごい。ビックリした。
営業担当者
開口部も広いのでサードシートへの乗り降りも楽に行えます。
iFTig編集部
なるほど。

これにはちょっとビックリしました。最近のクルマってずいぶん色々と改良されているんですね。3列目の収納についても説明してもらいました。

トヨタシエンタ内装

サードシートは2列目下に収納されてしまう「ダイブイン」方式とのこと。これによってサードシートを畳んでも床面がフラットになるというのが大きな特徴のようです。

試しに収納もしてみましたが、力もいらず、簡単に行えました。女性が使う機会が多いこんなクルマにとっては、こんな簡単さは必須ですよね。

サードシートにも座ってみましたが、短時間ならともかく、大人が長距離を乗るにはちょっと無理そう。

あくまで緊急用と考えるべきと思います。
ということは、普段は収納した状態のまま使うということになりますね。

そう考えればこの収納力は魅力的に映ります。

営業担当者
3列目も仕舞って頂くときはこうして2列目の下に仕舞われるんです。シェンタでは3列目がこう格納されて広い空間になります。そうすれば26インチの自転車が2台積むことも出来ます。
iFTig編集部
へえ、なるほど。シエンタだと他社で競合するのはフリードとかになるのですか?
営業担当者
そうですね。ホンダさんのフリードですね。
iFTig編集部
シエンタをセールスするときの一番の「売り」って何ですか?
営業担当者
このシートアレンジですね。
iFTig編集部
シートアレンジって、さっきの前に倒して26インチ自転車が2台載るってやつ。
営業担当者
フリードだと、サードシートの収納は車体のサイドに折り畳む方式ですよね。シートの幅の分だけ使える幅が狭くなっちゃいます。それと後ろのドアを開けた時に開口部がシエンタのように四角くなくて、下の方が若干張り出しているんですね。後ろに何が入っているのかはわからないのですけど、角が真四角じゃないんですよ。

そうすると、例えば箱とか、大きい段ボールとか、この高さ分が空いていたら積めるのに、その出っ張りのせいで、無駄な空間が出来ちゃうとか。そういったのがあったりして、あとシエンタの方が地上高が低いです。

iFTig編集部
乗りやすいっていうことですね。
営業担当者
乗りやすいですし、荷物を積む時も積みやすいです。そこはフリードよりは低くなっておりますので。
このときは新型フリードはまだ発売されておらず、旧型との比較でした。新型フリードでは後ろ側の床面高さが改善されて、ずいぶん低くなっているようです
iFTig編集部
シエンタもサードシートまで使って荷物も積むとなると難しいですね。
営業担当者
そうですね。荷物も載らないですし。ヴォクシーなどと比べても、3列目の乗り心地が圧倒的に不利になりまして…シエンタだとどうしてもお尻に衝撃がきてしまいます。
iFTig編集部
そんなに違いますか。
営業担当者
両方乗ったことがあるんですけど、やっぱりシートが薄くなってきちゃうんです、どうしても。2列目の下に入れるんで、どうしても造りが薄くなっちゃうんです。そうすると多少の段差でも振動があって、アトラクションみたいに…。
iFTig編集部
そんなに酷いんですか。
営業担当者
運転の粗さとかよく言ってるんですけど、乗った感想からすれば、シエンタの3列目は普段乗るもんじゃない。
iFTig編集部
やっぱり
営業担当者
正直なところ、きついと思います。クルマを売る者の意見としては。これまで比べたお話の中でいえば、シエンタはあまり人数で乗らない方とか、結構買い物をするという方でしたら断然お勧めなんですね。乗りやすいですし、コンパクトで小回りも効きますから。
iFTig編集部
もしシエンタを欲しいお客さんがいたとして、営業としてシエンタを一生懸命売りたいというときはどんな説明をするんですか?
営業担当者
その時は、荷物が一杯載りますよとか、乗り降りのしやすさを押していくんです。あと小回りがきくとか…。あとハイブリッドも選べるし、人数もちゃんと乗れるし、燃費もいいですよ、とか。
iFTig編集部
なるほどね。どれだけ荷物を載せるか次第ということですね。
営業担当者
そうですね。買い物とかで荷物を断然乗せるっていうんでしたらシエンタで。乗らなくてもいいっていうのでも、シエンタであれば断然燃費もいいですし。

初めて実物を見せてもらって、色々とよくわかりました。ところで展示場からオフィスに戻るとき、別の塗装色のシエンタに気が付きました。

トヨタ
iFTig編集部
この色、ちょっとおしゃれな色ですね。落ち着いていて。これ何色っていうんですか?
営業担当者
「ヴィンテージブラウン」になります。
iFTig編集部
これってシエンタにしか、ないんですか?
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
シエンタだと黄色とか緑色とか、よく見ますけどね。私の場合は歳も歳だし、オトコだからあんな色にはちょっと抵抗もあるんですけど。
営業担当者
正直なところ、目立つということはありますね。

自分としては気に入った色ですが、ここはとりあえず奥さんのことも考えて無難な白、それも「パールホワイトクリスタルシャイン」という特別色で見積もってもらうことにしました。

見積もりに際してはグレードを選ぶ必要がありますが、その違いについて説明を受けました。

グレードの選択

「X」と「S」の違い

  • メーターがアナログからオプティトロンに変更
  • ドライブモニター(セグメント液晶)からマルチインフォメーションディスプレイ(2インチカラーTFT液晶)に変更
  • ステアリング&シフトノブが本革巻きに変更
  • 「S」にはステアリングスイッチ付
  • パワースライドドアが片側(助手席側)から両側に
  • 「S」にはインテリアに加飾が追加
  • エアコンがマニュアルカラオートに変更
  • 「S」ではシート表皮が上級ファブリックに
  • 「S」には運転席の左側にアームレストが追加

これだけ違っていて「X」と「S」の価格差は約17万円ですから、これはおのずと「S」を選ぶことになりますね。特にスライドドアが両側ともオートというのは我が家にとっては必須なんです。今のクルマでも子供のドアの開け閉めでずいぶん隣のクルマに迷惑をかけてきたので。

そして今回作成してもらった見積書になります。

見積書公開!

シエンタ 見積書

内訳としては以下の通り。

【ボディタイプ】 シエンタ G
【排気量】 1500CC(2NR-FKE)
【駆動・ミッション】 FF・CVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 NSP170G-MWXQB

車両本体価格 1,980,327円
計     8% 1,980,327円
※1オプション・付属品計 8% 473,300円
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額① 2,453,627円
※2 諸費用計(課税分を含む)② 276,296円
消費税・地方消費税合計(%は消費税・地方消費税率) 187,234円
 
現金販売時お支払額(①+②) 2,729,923

※2諸費用計

自動車税  11月登録 11,500円
自動車取得税 22,900円
自動車重量税 11,200円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 85,640
検査登録手続代行費用 19,862円
車庫証明手続代行費用 14,580円
納車費用 (ご自宅) 7.236円
下取車諸手続代行費用 8,748円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金⑤ 380円
特殊NO取得手数料 16,200円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)③ 8% 74,026
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 350円
預りリサイクル預託金 ④ 10,360円
預り法定費用等 小計 16,530
 
自動車保険料 0円
Mパスポート C2 93,900円
保証がつくしプラン 1 6,000円
下取自税・印紙代 200円
その他 小計 100,100

※1  メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装]
ファブリック(Gヨウ)/ブラック
[タイヤ]
185/60R15タイヤ&5.5Jスチールホイール(フルキャップ)(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
オウキュウヨウスペアタイヤ T105/70D16 10,800円
ナビレディパッケージ 29,160円
ファブリック(Gヨウ)/ブラック 0円
メーカーオプション計 72,360
[付属品(その他)明細]
ETCセットアップ リョウ 2,700円
ETC2.0ジュンセイネビキ -10,000円
グラスシーラントTYPE-Tファインビューキット 82,080円
フォグランプ 35,640円
フロアマット、ベーシックタイプ 31,320円
サイドバイザー、RVワイドタイプ1 29,160円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 2,160円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 2,160円
コウジョウソウチャクバックカメラヨウガイドキット 16,200円
16ETC2.0ユニット(ブルトイン・ナビレンドウ) 37,800円
「NSZT-W66T」TCナビ 171,720円
付属品(その他)計 400,940

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ④ 10,360円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 6,650円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金) 130円
資金管理料金(消費税込)⑤ 380円
10,740

ディーラーに行ってみて

「保証がつくしプラン」とは、通常3年間のメーカー保証をさらに2年間延長するものとのこと。最近のクルマは電装部品が多く使われているので、念のために加えてもらいました。

こうしてみると消費税の影響って大きいですね。普段あまり意識しなくても、こんな高価なものを買うときには強烈な負担に感じます。

結局はとりあえずの値引きを入れてもらっても270万円。家に帰ってきてからシエンタのハイブリッドもいいなと思うようにもなりました。

我が家もハイブリッド・デビューするのに格好のタイミングでもあることだし、そうなると今度は価格的にもヴォクシーも見えてくる。そんな三段論法?作戦で奥さんを攻めてみましょうかね。何しろ我が家の財布を握られているので、説得が大変なんです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です