【見積もり書公開】エルグランドの値引きレポート。ディーラーで実際に値引きしてきた

もう長いことヴェルファイアに乗っているのですが、そろそろ買い替えてもいいかと思って次のクルマ探しを始めたところです。

まあ今のヴェルファイアのままでもいいのですが、この際色々と調べてみようということでエルグランドに興味を持ち始めているところです。

最近はネットでも色々と調べることが出来て便利なのですが、やっぱり数字だけではわかりにくい感覚的な部分がどうしても重要と思いますし、今の車がどこまで進歩しているのかについても興味があったので、近所の日産ディーラーに行ってみました。

これはその時のレポートです。

日産へ行く前に調べておこう

値引き交渉をするためには、上手な交渉が出来るようにエルグランドについて調べておく必要があります。今回は数あるエルグランドの情報の中でも、特に値引きに繋がる内容を3つ紹介します。

それは、

  • エルグランドの値引き相場
  • エルグランドの競合車種
  • エルグランドの納期について

以上の3ポイント。

早速値引き相場について紹介します。エルグランドの値引き相場は、車両値引きで大体20万~30万が相場のようです。

たまに50万とか60万とかの値引き報告を聞きますが、おそらく下取り車がある場合や、オプション値引きのマジックによって誤魔化されているような気がします。

よって、最低値引き目標額は20万以上ということで交渉していくと良いのではないでしょうか。

続いて競合車種について。こちらは、トヨタのヴェルファイアとよく比較されていますね。価格で見てみると、エルグランドの新車スタート価格が321万。対するヴェルファイアは319万からスタートしています。

その差はなんと2万円!この2万円の差をうまく使って、「ヴェルファイアが2万安いですしエルグランドもあと2万値引きしてもらえたら、購入に踏み切れるんですけどね」なんて言ってみたら面白そうです。

最後に納期についてです。これは1か月~2か月となっており、ミニバンの中では比較的短い納車期間となっていますね。もし長い納期を言われたら、値引きしてもらいましょう。

ディーラーへ

日産

実車確認

エルグランド エクステリア 正面

室内とは違って、太陽のもとで見るとボディカラーがはっきりわかるので良かったですね。微妙な色合いの違いがよくわかると思います。

車体寸法は全長と全幅はヴェルファイアと同じで全高はエルグランドの方が80㎜ほど低いとのこと。フロントグリルは派手目で精悍な印象です。

エルグランド バック

室内はさすが3ナンバーだけあって広々としています。ただ座ってみた感じでは何となくヴェルファイアよりも圧迫感がある感じ。寸法的には室内長はエルグランドの方が大きいのですが、室内幅ではわずかに少な目。

それと車体断面がヴェルファイアではほぼ四角形であるのに対してエルグランドでは台形であることが、その印象の違いなのかもしれません。

エルグランド インテリア 席

セールスの方のお勧めはエルグランドのシートでした。

助手席と2列目にはシートと一体になったオットマンが備わっています。聞いたところでは助手席と2列目と一緒にリクライニングして使えるとのこと。同乗者には俺しい仕様ですが、運転する身にとってはちょっと辛い?かもしれません。

このオットマンですが、最初に装備したのがエルグランドで、その後色々なクルマにも追加されるようになったとのこと。

座ってみて気付いたのが、着座姿勢が乗用車的であることでした。シート座面がヴェルファイアよりも明らかに低く、足を前に投げ出す姿勢になります。

一方のヴェルファイアでは着座位置が高く、床から座面までも高さがあるためにおのずと足も手前に引く姿勢になります。このことが感覚的な広さの違いに関係しているのかもしれません。

それと「中折れ式」になっていてリクライニングを倒した状態でも上半身がちょっと起き上がった「く」の字の姿勢となるのですが、これがなかなかいい座り心地なのです。

3層構造パッドを使っているとかで、血流を妨げることなく肩と首をリラックスした姿勢でサポートするとのこと。前方を見るのも楽な姿勢なまま出来るので、明らかにヴェルファイアよりも勝っていると思いました。

長距離ドライブでは特に大きな違いが出てくると思います。ただ着座委位置が低いこともあって、サイドウインドウの下端が高めになってしまうのが、これまたヴェルファイアと違う点になりますね。

このよくできたシートが装備されていて車体価格が321万円から。

後で調べてみるとヴェルファイアで同じキャクプテンシートとなると最低でも358万円くらいから、さらに助手席にもオットマンとなると、375万円にもなってしまいます。ここはエルグンランドの注目すべきポイントと言えるのではないでしょうか。

エルグランド インテリア 前席

着座位置は運転席についても同様で、座ってみると足を伸ばし気味の姿勢になります。インパネはなかなか上質な質感で、カーナビの画面も最上部に装着されて見やすい感じです。

エルグランド メーター ナビ

メーターは自発光式でクッキリと見えて視認性も良好。
ATレバーもインパネ中央下部に装着されて操作性もいい感じですね。

エルグランド ラケッジスぺース

後の荷物スペースはこんな感じ。3列目シートがスライドできてスペースを稼げるのはいいのですが、収納となると3列目の背面を前に倒す方式で、それだと床面がフラットじゃなくなっちゃうんですよね。

それと地上から結構な高さがあるのと、スペース的にヴェルファイアよりも狭い感じがしました。

安全装備に関して

エルグランドでの大きな特徴となっていることは、技術の日産とPRしている通り、とにかく車体の各所に数多くのセンサーが取り付けられているということ。自動ブレーキは装備されていないものの、次の通りの装備が満載です。(ナビとのパッケージオプションになりますが)

アラウンドビューモニター

テレビCMでもよく見かける装備ですが、ミニバンの場合どうしても多くなってしまう死角を解消するものとして非常に便利な機能です。前後左右に設置されたカメラによって、まるで上から眺めているかのようなグラフィック表示で周囲の危険物を映像で知らせてくれる優れものです。

MOD(移動物検知機能)

車体周囲に動くものがあると画像と音で知らせてくれる機能です。

駐車枠自動認識機能

車庫入れや縦列駐車時に、後退を開始する位置やステアリングの角度などを知らせてくれて最適な駐車の手順を画面と音で案内してくれます。

フロント&バックソナー

アラウンドビューモニターを起動していなくても、ソナーが障害物を検知すると自動的に起動して画面表示されます。

フロント/リヤワイドビュー機能

見通しの悪い道での前進、後退をサポートします。

ナビ連動フロントワイドビュー自動表示機能

よく使う道で左右の見通しの悪い場所などをナビの地図上で予め登録しておくと、その場所に近付き、停車すると自動的にフロントワイドビューが自動的に表示されます。

踏み間違い衝突防止アシスト

駐車操作時に、ブレーキを踏もうとして間違ってアクセルを踏んでしまった場合に機能して衝突を未然に防止します。

スマートルームミラー

後部座席に座った人の頭や雨天時、または西日によって後方視界が遮られる場合、リアカメラ映像がルームミラーにフル画面表示され、後方視界を確保してくれます。

セールスマンに聞いてみた

訪問する前から凄く興味のあったエルグランドの競合について聞いてみました。

競合車に関して

iFTig編集部
やっぱりヴェルファイアとかアルファードとかと比べられたりすることがあると思うんですけど、これだからエルグランドの方がいいっていうのはあるんですか?
営業担当者
このモデルになってから、実はあんまり競合しなくなったんですよ。
iFTig編集部
それはトヨタの人からも聞いたことがあります。
営業担当者
前のモデルでは結構競合したんですけどね。
iFTig編集部
今は全然?
営業担当者
そうですね。正直な話、どっちかというと、もう最初から好き嫌いが別れちゃっているみたいですね。ヴェルファイアみたく車高が高いタイプが好きという方はあまり来られないんですよ。
iFTig編集部
それじゃあ、何と競合するんですか?
営業担当者
最近よくあるのがオデッセイとか、ああいった比較的車高の低いタイプのものになりますね。あとは今まで乗っていたクルマをワンランク上げたいって感じで見に来られる場合が多いようです。
iFTig編集部
へえ、そうなんですか。オデッセイと競合するんですか。
営業担当者
もちろんヴェルファイアと比べているという方も来られますけど、何か別物と見られることが多いんですね。
iFTig編集部
見た目でなんですかね? その、車高が低いとか。
営業担当者
そうなんですね。このクラスのミニバンともなると、もう見た目で判断される方が多くて。
iFTig編集部
車高は低くても中は十分広いんですけどね。
営業担当者
そうなんですよ。逆にヴェルファイアとの違いと言うとこの背の低さと重心が低いことが挙げられます。それとシアターレイアウトといって、後ろに行くにつれて少しずつ高くなっているんですね。あと音響にも結構拘っていて、クルマの造り辞退、例えばドアの部分とか、音を吸収するように造ってあって、天井と床は反射するようにしてあるんです。

だから音の伝わり方がすごく気持ちいいんですね。あと3列目シートの乗り心地にも拘ってるので、エルグランドが勝っている点ですね。

これにはちょっと驚きました。
今までどこのサイトでもエルグランドの競合はアルファード・ヴェルファイアとばかり出ていたので、当然それかと思っていたんですが、現実はそうでもないんですね。

今までオデッセイという頭はありませんでしたが、これも検討してみる必要があるかもしれません。調べてみるとこの3車の車高は次の通り。

  • オデッセイ車高:1695mm
  • エルグランド車高:1815mm
  • ヴェルファイア車高:1880mm

わずかな違いと思っても、印象に与える影響はずいぶん大きなものなのですね。それにしても何だか、あえてヴェルファイアと比べられることを避けているような印象もあったのが気になりました。

ちょっぴり試乗してみた

商談前にちょっとだけ試乗させてもらいました。

運転して見た感じは、ミニバンのわりに視点が低く感じたのと低重心であること。ステアリングの切り心地もなかなかシャープでスポーティな感じなのと、曲がるときも揺れが少なく感じました。

聞いたところによると4輪が独立したサスペンションで後輪はマルチリンク式になっていて走行安定性と乗り心地のバランスがいいとのことでしたが、言われてみれば確かにそんな気がしました。(?)

タイヤは18インチのスポーツタイプでしたが、その割には乗り心地も悪くなく、重厚な感じ。私の場合は街乗りが中心でもあり、エンジンも2.5Lで十分な動力性能と思いました。

グレードの質問と見積もりへ

試乗させてもらった後、話は次第に核心に入っていきます。まずはグレードについての質問から。

iFTig編集部
グレードは何種類あるんですか?
営業担当者
基本的には3つです。それにエンジンが3.5Lと2.5Lの違いになります。
iFTig編集部
3.5Lと2.5Lでは、どっちがお買い得なんですか?
営業担当者
2.5Lですね。
iFTig編集部
やっぱり3.5Lはあんまり売れてない? 7:3とか6:4とか。
営業担当者
そうですね、6:4ぐらいかな?もともと3.5Lとか3.7Lとかに乗られている方だと、どうしても物足りないって方が多いですね。
iFTig編集部
一度乗っちゃうと、なかなか下げるってわけにもいかなくなっちゃいますよね。
営業担当者
ええ。そういう方はそのまま3.5Lに行っちゃいますし。
iFTig編集部
同じような装備だったら、どのくらい金額が違うんですか? 同じ装備として。
営業担当者
すですね。同じような装備だと70万円くらいとか。
iFTig編集部
70万円で1000CC上げられるわけですか。
営業担当者
ただ3.5Lと2.5Lでは同じクラスでも装備が若干変わってくる部分もありまして。例えばオートスライドドアが片側だけとか。
iFTig編集部
じゃあ、一概に70万円ということでもないですね。
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
なるほどね。まあエルグランドってそもそもいい値段するじゃないですか。
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
燃費はどのくらい?
営業担当者
お客様の話を聞いてみると、だいたい8~9km/L位を行ったり来たりと言う感じですね。

 値引き交渉してみる

iFTig編集部
2.5Lと3.5Lによってとか、グレードによって値引き額が違ってくるとか、そういうことはあるんですか? 日産のクルマって、基本的に最初から装備というか、本体に入っているのが多いじゃないですか。だから値引き交渉の余地が少ないんですよね。 オプションが少なくなっちゃうし。だから結構値引きもシビアになっちゃうと思うんですけど。
営業担当者
そうですね。基本的には車両の本体価格に、あとは下取り車からの計算になってしまいますね。 値引き交渉も、その下取り車次第、それがいくらだから、どのくらい値引きできますっていうのが決まってくるので。
iFTig編集部
やっぱり本体価格が高ければ、その分値引きも頑張るっていうことですか?例えば300万円のクルマを買うよりも400万円のクルマを買った方が値引き金額は多くなっていくとか。
営業担当者
そうですね。ただエルグランドの場合、高級車っていうか、スポーツカーと同じようなカテゴリーになっちゃうじゃないですか。そうなると、もともと値引き額は少なくなる傾向があるので、極端な話、350万円のセレナと500万円のエルグランドでは値引きの金額があまり変わらないってことはよくありますね。

逆にもっと小さくなっちゃうと、もともと儲けがないもので下げにくくはなっちゃいますね。では、見積書をつくってきますので、少々お待ちください。

(見積もり中)

見積書の説明

営業担当者
おまたせしました。これがエルグランドの「2.5Lハイウエイスター S」の見積もりになります。

見積書公開!

エルグランド 見積書

これがもらった見積書です。
画像では見にくいので、文字で書き表します。

【おすすめ車】

エルグランド ミニバン QR25DE  250ハイウエイスターS  7人乗り エクストロニックCVT-M6  寒冷地仕様

【車種番号:TDBARTWE52ED7D—H-】 ブリリアントホワイトパール(3P)ブラック/ベイブラウン(QABG) (\54,000)

カーウイングスナビ+後席エンターテインメントシステム+アラウンドビューモニター(\658,800)

【車両代】

メーカーオプション付車両本体価格 4,108,320円
付属品価格 215,747円
車両代合計 4,324,067円

【販売諸費用(課税)】

検査登録(届出)手続代行費 30,780円
車庫証明手続代行費用 16,200円
納車費用 0円
下取車手続代行費用 7,560円
希望ナンバー申込手続代行料 0円
環境整備費用(自社処理) 0円
GP保証 21,000円
査定料 7,020円
販売諸費用(課税)計 82,560円

【販売諸費用(非課税)】

検査登録(届出)手続預り法定費用 6,100円
車庫証明手続預り法定費用 2,500円
下取車諸手続預り法定費用 500円
公正証書作成費用 0円
環境整備費用(委託処理) 0円
廃棄車両処理費用 0円
下取自税 0円
PMP 22,800円
ロードサービス関連費用 5,500円
販売車両リサイクル料金 16,120円
販売諸費用(非課税)計 53,520円

【税金保険料等】

自動車税 22,500円
自動車重量税 22,500円
自動車取得税 83,000円
自動車賠償責任保険 40,040円
自動車任意保険 0円
税金保険料等計 168,040円
内)消費税・地方消費税等合計 326,417円
車両代合計 4,324,067円
販売諸費用等合計 304,120円
下取車充当額 0円
リサイクル預託金相当額通知書計 0円
使用済自動車引取依頼書計 0円
お支払合計金額 4,628,187円

【付属品明細】

ETCセットアップ 2,700円
E52セット7コンソ 83,212円
ウインドウ撥水 12ヶ月 8,078円
プラスチックバイザー 35,897円
ナンバープレートリム 4,320円
ナンバープレートリム 4,320円
5 years coat 77,220円
合計 215,747円
営業担当者
7人乗りで見積もらせて頂きました。ナビゲーションはメーカーオプションなので一応入れさせて頂いております。あとETCがセットの中に含まれているので、そのセットアップ料がこれ。あとはオプションとしてこれらを加えさせて頂いております。一応これで総額が460万円となります。
iFTig編集部
ナビは?
営業担当者
メーカーオプションのナビを付けさせて頂いております。ナビと後席用のモニターも付いているものになります。
iFTig編集部
で、まだ今はすぐに決断するという段階では無くて、色々なクルマを見せてもらって、その上での検討と言うことになるんですが、ウチの奥さんの意見も聞かないといけないし…。だから最初からたくさん値引きしてくれっていうつもりはないんですけど、でも全く何も無いままで帰るとなると信憑性もなくなっちゃうんで、出来得る限りで構わないんで、今出して頂ける値引き額を入れて頂けると助かるんですけどね。
営業担当者
なるほど。そうですねえ、基本的には見積もり段階で値引き込みで出すのはなかなか難しいところもありまして…。
iFTig編集部
で、どのくらい出して頂けるものですか?
営業担当者
そうですね、エルグランドだと20万円くらい。でも、それ以上出来ないというところでもないので、その時に交渉で、というお話になると思います。
iFTig編集部
エルグランドは今のところモデルチェンジって話は無いんですか?
営業担当者
そうですね、話は来ていないですね。半年とか1年で新しいのが出るということはありえないかと思います。
iFTig編集部
それ以上は難しいんですね。それはまあ仕方がないんで。手書きで書いてもらうことはできますか?
営業担当者
私の手書きでいいんですか?
iFTig編集部
もちろんいいですよ。私の字だとバレちゃうので。
営業担当者
じゃあマークする程度で。
iFTig編集部
それでいいです。ウチの奥さんが「ああ、あそこはこれくらい値引きしてくれるんだ」ってわかればいいので。店によっては結構渋いところもあって、手書きも勘弁くださいってところもあってね。それこそ何度も通って、話をさせてもらって、それで交渉したらすごくやすくなるかもしれないんですけど、私も時間がないもので。だから、ちょこちょこって入れてもらうだけでいいんで。
営業担当者
分りました。本当にこれ以上は難しいんで、メモ程度に書かせてもらいました。下取りが0の場合でも、これくらいは出させて頂きますということで。
iFTig編集部
わかりました。
営業担当者
値引きについては私たちも来月になると分らないってところもありますんで、ご了承ください。
iFTig編集部
大丈夫です。ありがとうございました。

諸経費について

iFTig編集部
見積もりの中に「PMP」ってあるのは何ですか?
営業担当者
ごめんなさい。説明していませんでした。「PMP」というのが当社独自の点検パックでして、最初の車検までの点検とオイル交換のパックになっています。それと、この「GP保証」ですが、グッドプライス保証といいまして、通常では電装関係のメーカー保証が3年のところを5年10万キロまで伸ばすと言うものです。
iFTig編集部
保証を長くするということですね。
営業担当者
そうですね。最初の車検の時にでも入ることは可能なんですが、新車時の方が2,000円安くなっておりまして、一応ひな形と言うことで入れさせて頂きました。
iFTig編集部
わかりました。ありがとうございました。

こんな感じで最初の訪問が終わりました。

オプションの扱い

トヨタに比べて日産の場合はメーカーオプションとしてパッケージになっているのはどうして?と思っていましたが、ナビとアラウンドビューモニターのような各種の安全機構を組み合わせているので、こうなってしまうのですね。

今回話を聞いて、よく理解できました。やっぱり実物を見ないと分らないことも多いんですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です