これで解決!プリウスのグレードの違いを超分かりやすくまとめちゃいました!

これで解決!プリウスのグレードの違いを超分かりやすくまとめちゃいました!

プリウスの購入を検討し始めると、まず悩み始めるのがグレードという人は多いのではないでしょうか。

正直、自分で調べようとトヨタの公式サイトを見てみても、わかることと言えばグレードの名称と価格の違いぐらい…なんて人も多いはずです。

それに、見た目や装備は一体何が違うかわかりにくいため決め手に欠けますし、オプションを装備してみたくてもどのグレードが良いのかもわかりませんよね。

こんな風に分からないことが多いと、ますます頭を抱えたくなる人もいると思います。

そこで今回は、そんなプリウスのグレードごとの違いを簡単にまとめてみました。

素人だからわからない、細かい違いを教えて欲しい!

なんて思っているのであれば、これからお話しすることに耳を傾けるときっと参考になりますよ!

これを見れば一目でわかる!プリウスのグレード早見表

これを見れば一目でわかる!プリウスのグレード早見表

そもそもプリウスのグレードって色々あるけれど、基本的なグレードだけ押さえておけばあとは各グレードの違いやその他の違いも、すごくわかりやすくなるんです。

ここではそんな基本のグレードについて、簡単に説明していこうとも思います!

基本的なグレードは4つと考えるとわかりやすい

プリウスのグレードはこんな感じになっている

実はプリウスのグレードって、基本的に『E』が廉価グレードとなり『S』『A』『Aプレミアム』の順でグレードがあがっていきます。

Eグレードは社用車として使われることが多く、Sグレードは必要最低限の装備のみ。

AグレードはSよりも上位グレードなので、安全装備などがSグレードよりも充実しており、最上位グレードとしてAプレミアムが用意されているんです。

基本的にEグレードはSグレードよりもさらに装備が少なくなっているので、プリウスを購入するのであればどちらの方が良いのかきちんと見極めた方がよさそうですね。

Sから用意される”ツーリングセレクション”はざっくり言うと…

また、Sグレードから用意される”ツーリングセレクション”は、「内外装にちょっと手が加えられたグレード」と考えるとわかりやすいと思います。

というのも、ベース車両と比べると主な違いとなるのはタイヤとインテリアの加飾くらいなんですよね。

つまり大幅な装備の追加などは特にないということになりますが、それでも少なからず変わる部分は出てくるので、この違いがどんな風に関わってくるのかはこれから後述していきますよ!

今の車よりもワンランク上のグレードを

これで完璧!プリウスの各グレードの装備の違いはここに注目するとわかりやすい!

これで完璧!プリウスの各グレードの装備の違いはここに注目するとわかりやすい!

先ほど基本グレードについて簡単に知ることが出来たと思うので、ここからはもう少し踏み込んだ話をしていきます。

各グレードの主な違いについてどこに注目すれば良いのか、分かりやすく説明していきますよ!

EとSの違いは『シート』と『収納』がポイント

まずEグレードとSグレードの違いは、乗った瞬間にすぐわかります。

プリウスのシート地はこんな違いになっている

例えばシートを見てみると、Eグレードと違いSグレードにはエンボス加工がされているのでクッション性も上ですし、保水性もアップします。

それにSグレードの方が運転席と助手席にあるドリンクホルダーのサイズが大きいので飲み物も置きやすいですし、トレイになっている部分もあるのでちょっとした食べ物なども置けるんです。

プリウスの収納スペースはこんな感じ

他には収納スペースも多少変わり、Eグレードには小さいコンソールボックスがありますがSグレードには大きめのコンソールボックスがあるので、収納が増えるんですよ。

そう考えると、EグレードよりもSグレードの方が使い勝手がいい車体と言えるのではないでしょうか。

SとAの違いは『安全装備』がキモ

SとAの違いでキモになる部分が、運転手のヒヤリハット防止の装備が追加されるところです。

プリウスのAグレードには安全装備がつく

Aグレードになると万が一の事故を予防できるので、安心して運転出来ますよ。

特にインテリジェントクリアランスソナーはアクセルとブレーキの踏み間違いをサポートする最先端の安全機能ですし、シンプルインテリジェントパーキングアシストによってスイッチ1つで駐車をしてくれる機能もあるんです。

それ以外にも、自分で駐車している時に車が近づいてきたら注意して知らせてくれるクロストラフィックアラートという機能もあるので、安全面を大事にしたい場合はAグレードがおすすめですよ。

AとAプレミアムの違いはズバリ『快適性能』

そしてAとAプレミアムの違いとなってくるのが、快適性です。

プリウスのAプレミアムはシートにも機能がつく

Aプレミアムは快適温熱シートにより、運転席と助手席が暖かくなるので冬でも座席が温かい状態で座ることが出来ますし、シートベンチレーションによって夏場はエアコンの涼しさが伝わりやすくなるんですよ。

そのうえ、エアコンにはナノイーを搭載しているので、脱臭・ウイルスの抑制が出来ますし、女性には嬉しい美肌効果があることも…。

プリウスのAプレミアムにもなると本革が使用される

また、インテリアの要所に革素材が採用されているため、高級感が伝わってくるのも特徴的です。

プレミアムというだけあって、革張りになっただけで見た目や受ける印象がかなり高級感溢れる感じになるのが分かりますね。

各グレードと”ツーリングセレクション”は○○が違う!

そして、そんな基本グレードに各自用意された『ツーリングセレクション』の基本的な違いになるのが、ズバリタイヤ部分です。

プリウスのツーリングセレクションと普通のグレードではタイヤに違いがある

各グレードに装備されているタイヤよりもツーリングセレクションのタイヤの方が大きいため、外装から受ける印象がガラッと変わります。

特にスポーティさがアップするので、見た目にこだわりたいのならツーリングセレクションの方が良いのかもしれませんね。

プリウスのツーリングセレクションはバンパーの色が違う

他にも外装の変化となるのはリアバンパーの部分です。

画像からもわかるように、ツーリングセレクションの方がスポーツカーらしく見えますよね。

全体的に普通のデザインよりもシャープな印象になっているので、スポーツカーに乗っているような感覚を味わえるんです。

また、各装備で違ってくるポイントは以下のようになっていますよ。

SとS”ツーリングセレクション”の明確な違い

プリウスのSグレードのツーリングセレクションはこんな感じ

まず、ツーリングセレクションの方は合成皮革シートになるため、普通のグレードよりも高級感があります。

しかも設定によって色をクールグレーに変えることも出来ますし、快適温熱シートで冬でも温かい座席に座ることが出来るんですよ。

AとA”ツーリングセレクション”の明確な違い

プリウスのAのツーリングセレクションはこんな違いがある

それからAグレードとAツーリングセレクションもツーリングの方が合成皮革シートになり、温熱シートも備わっているので快適な運転が出来るようになっています。

他にもAツーリングセレクションはカラーがブラックになるので、Sツーリングよりも高級感溢れる車内になりますよ。

AプレミアムとAプレミアム”ツーリングセレクション”の違い

Aプレミアムのツーリングセレクションはフロント部分が少し違う

それ以外のAプレミアムとAプレミアム”ツーリングセレクション”の違いは、上記で説明した装備のほかには、薄暮灯(アクセサリーランプ)くらいの違いしかありません。

そこまで細かい違いがないので、選ぶときも楽に出来るのではないでしょうか。

いいグレードを安く買う方法の秘密はこちら

運転手目線でプリウスのグレードを選ぶなら?注目ポイントはココ!

運転手目線でプリウスのグレードを選ぶなら?注目ポイントはココ!

さて、ここまで各グレードの装備の違いについて見てきましたが、じゃあ実際に選ぶのならどこに注目すればいい?と疑問に思った人もいるはずです。

そこでここでは、運転手目線から見たプリウスのグレードを選ぶ際の注目ポイントを簡単にまとめてみたので、一緒に確認してみましょう!

安全装備を付けるor付けない。ここが一番のキモとなる部分

まず注目して欲しいのが、安全装備の有無についてです。

昨今の事故の多さから安全装備は当たり前になってきていますが、実際のところ運転に不安がある人以外はこだわる必要がないんですよ。

むしろいちいち危険を知らせる音が鳴るので、人によっては煩わしく感じることもあります。

だからと言って、運転に自信があれば安全装備は必ずいらないのか、というとそうとも限りません。

例えば小さい子どもがいる人は、駐車の時にいきなり車に近づいて来る可能性もありますし、予想外の事故が起きる可能性も捨てきれませんよね。

つまり、安全装備を付けた方が良い人は何が起きても対応できるようにしたいときで、安全装備がいらない人は無事故で自分の運転に自信がある場合になるかと思います。

各グレードに”ツーリングセレクション”を付けるかどうかのポイントはココ。

上記で説明した通り、ツーリングセレクションは基本的にタイヤやシート地のような違いしかほとんどありません。

しかし、そこで気になってくるのはタイヤが違うと何が変わってくるのか、という部分だと思います。

ツーリングセレクションはホイールの塗装をブラックに変えることも出来ますし、タイヤに厚みがあるので走りも快適になります。

そのため、スポーティな見た目とドライブの快適さを求めるのであればツーリングセレクションはおすすめですが、そこまで求めていない人にとっては見た目しかほぼ変化がないため、あまりおすすめは出来ないかもしれないですね。

プリウスを安く買う方法はこちら

乗客(家族)目線でプリウスのグレードを選ぶなら?注目ポイントはココ!

乗客(家族)目線でプリウスのグレードを選ぶなら?注目ポイントはココ!

先ほどは運転手目線でプリウスのグレードの注目ポイントについて見ていきましたが、今度は家族目線から見た注目ポイントを書いていこうと思います。

運転手目線と家族目線だとまた違った部分がポイントになってくるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

基本的な快適装備は『E』で充分対応可能

基本的な装備は、廉価グレードであるEから装着されています。

そのため、グレードは主な運転手となる人に任せても良いと思いますよ。

もちろんただ快適さを求めるだけではなく、その他にも色々と便利な機能が欲しいならS以上のグレードが必要になります。

でも基本的には運転手目線で見た場合の便利機能の方が多いので、乗客目線から見た場合だとそこまでこだわらなくても良いでしょう。

車内の雰囲気に一役買う、気になる各グレードのシート表皮で見てみよう

プリウスのグレードは全部のシート地に違いがある

ただ、グレードごとに違ってくるのがシート表皮です。

というのも、各グレードに設定されているシート表皮はファブリック・合成皮革・本革とグレードが上がるにつれて素材の良いものになるので、乗り心地がガラッと変わってくるんですよ。

座り心地で考えると、本革などよりもファブリックのような柔らかい生地の方が良いかもしれませんが、小さいお子さんがいる人は汚れをすぐに拭き取れる本革の方が向いていると思います。

しかしそれ相応に価格も上がっていくため、本当に必要なのかどうか1人で判断せずに、相談して決めるといいですね。

いいグレードを安く買う方法はここ

総評!両方の目線から見たプリウスのベストなグレードについて

総評!両方の目線から見たプリウスのベストなグレードについて

ここまで色々と各グレードの注目ポイントや違いなど見てきましたが、結局のところ何にすれば良いのかいまいちわかりませんよね。

逆にどれも良く見えてしまって迷っている人もいると思うので、ここでは総評として運転手目線と乗客目線、両方考慮したおすすめグレードをまとめてみました!

ここをチェックしたうえで、何が良いのか改めて考えるときっと決めやすくなると思いますよ!

基本的なグレードは『S』から。そう考えながら検討しよう

まずEだと社用車として安く使えるのもあり、長く乗ることを考えると不便さが出てくる可能性もあります。

かといってA以上のグレードだと色んな機能がつく分、全部使えずに手に余ることも考えられるんですよね。

そう考えると、Eよりも装備が充実して基本的な機能もそろっているSグレードを基本とすると選びやすくなると思いますよ。

それにSグレードからだとスマートエントリー&スタートシステムが使えるので、車のキーを使わなくてもドアを楽々開ける機能も付いていますし、程よい機能が充実しています。

けれども、安全性を一番に考えるのであればSグレードでは機能が不十分のため、静止物の感知や巻き込み防止警報が備わっているAグレードから考えた方が良いでしょう。

グレード 価格
E 2,565,200円
S 2,612,500円
A 2,895,200円
Aプレミアム 3,234,000円

ツーリングセレクションは『ドライブが好き』な人向け

それから各グレードに用意されている”ツーリングセレクション”は、ドライブが好きな人におすすめしたいですね。

ツーリングセレクションはスポーティな見た目や走りやすさを考えたタイヤの種類などがドライブ用に設定されているため、満足出来る乗り心地になっています。

逆に言うとそれ以外は特に変化がないため、ドライブが好き!という人以外にとってはツーリングセレクションにするメリットがほぼないとも言えますね。

ちなみにツーリングセレクションに乗るならS、またはAがおすすめです。

特にAは安全機能が充実するので、安全面を考えるのであればAにすると良いですよ。

一応Aプレミアムにも”ツーリングセレクション”はありますが、Aプレミアムだと装備がほぼ充実してドライブ用から遠ざかってしまうため候補から外した方が良いと思います。

ちなみにツーリングセレクションの価格は下のようになっていますよ。

グレード 価格
S“ツーリングセレクション” 2,783,000円
A”ツーリングセレクション” 3,062,400円
Aプレミアム”ツーリングセレクション” 3,345,100円

E-Fourにする?それとも2WDで大丈夫?

最後にここまで触れてきませんでしたが、プリウスにはE-Four、いわゆる『4WD』が存在します。

もし仮にE-Fourを選ぶとなると各グレードが18万円ほど高くなりますが、需要を感じられるのは坂道発進やスリップに注意する必要がある降雪地帯などに住む人くらいです。

近年ではスタットレスタイヤの性能向上もあるため、特別に必要なものではないと思いますよ。

ちなみに価格は以下の通りになっているので、確認してみて下さいね。

グレード 価格
S 2,810,500円
S”ツーリングセレクション” 2,981,000円
A 3,093,200円
A”ツーリングセレクション” 3,260,400円
Aプレミアム 3,432,000円
Aプレミアム”ツーリングセレクション” 3,543,100円
求めるグレードは安く買っちゃおう!

まとめ

プリウスのグレードは色々とあるため、細かい違いを理解するのは大変だと思います。

けれど、1つ1つ丁寧見ていくと結構大きな違いがあるため、大まかな違いを知っておくだけでも大分選びやすくなるんです。

特に基本グレードはSからと考えると選びやすくなるので、ぜひ検討してみて下さいね!

きっとあなたに合ったグレードの車を見つけられますよ!

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です