エスクァイア グレードの違いを徹底解説。自分に適したグレードはどれ?

トヨタエスクァイア

トヨタのミドルクラスミニバンとしてラインアップされたノア、ヴォクシー、エスクァイアの3車種。どれを選んだらいいか、迷っておられる方も多いのではないでしょうか?

ライバル車であるセレナとステップワゴンの対抗として送り出されたノア、ヴォクシーに対してエスクァイアの位置づけはちょっと違っていて、いわばミドルクラスミニバンと上級ミニバンの間を埋めるものとして設定されました。

ノア、ヴォクシーでは室内の質感が物足りないというユーザーに対する新たな提案として送り出されたという背景があります。

当初の予想以上に販売もなかなか好調のようであり、いわばトヨタの優れたマーケティングが新たなクラスを生み出したとも言えるものでしょう。

エクステリアも、まるでミニ・アルファードを思わせるフロントグリルの精悍さでアピールし、エスクァイアであることの「違い」をビジュアル面からも際立たせています。

日本人の好きな「中の上」戦略をそのまま取り入れたミニバン、それがエスクァイアなのですが、選ぶときにどこに注目すればよいのか、今回は詳しく迫っていきたいと思います。

エスクァイアのグレード表

グレード 定員 価格
Xi 8人 2,675,160円
(2,880,360円)
7人 2,705,400円
(2,910,600円)
Xi“ウェルジョイン” 7人 2,731,320円
(2,936,520円)
Xi“サイドリフトアップチルトシート装着車” 7人 2,864,000円
(3,054,000円)
Gi 8人 2,892,240円
(3,097,440円)
7人 2,922,480円
(3,127,680円)
Gi“Premium Package” 7人 2,980,800円
(3,186,000円)
※( )内は4WD価格

ウェルジョインやサイドリフトアップ装着車を別とすれば、エスクァイアに設定されたグレードは「Xi」と「Gi」の2つだけ。他にはハイブリッド版も設定されてはいるものの、実質的にはこの2種類のみとなります。

それも両グレードの価格差も約20万円と、一体何が違うのかと思わせる程度のものであり、実際にどちらにすべきか迷われている方もいるでしょう。ここではその「小さな差」について検証し、それぞれのグレードの価値について触れてみます。

グレードはXi、Giの2つで考えよう

ノアをベース車としていることからして、その装備もそれに準じたものが基本となっています。特に足回りは全く同一であり、先に登場したノアの走り心地に対する好評価がそのまま引き継がれています。

それどころか、エスクァイアは走りの質感さえもが上回っているという声もあり、ユーザーの満足度も高いようです。

基本的にはノアのグレード「X」が「Xi」に、「G」が「Gi」に相当すると考えればわかりやすいでしょう。

ウェルジョイン・サイドリフトアップシート装着車って何が良いの?

こちらはウェルジョインと同様に体が不自由な方でも健常者と同様に搭乗してドライブを楽しめるよう、エスクァイアにはウェルジョインやサイドリフトアップ車が用意されています。

グレード「Xi」をベースに、ウェルジョインはお年寄りの方でも安心して乗車できるよう、2列目につかまりやすい手すりを装着し、3列目への通路をしっかりと確保した仕様車、サイドリフトアップしーと装着車は、2列目左側のシートが電動で回転して車外に移動した上で上下動もするため、特に車いすを使っている方が最低限のカラダの移動で済むような機能がこのモデルには備わっています。

広い室内空間、特に頭上のスペースが確保されるミニバンはこうした用途にとっては格好でもあり、実際に2列目への乗降だけでなく、助手席への乗降を可能に知るタイプやクルマ椅子のままリアゲートから乗り込めるモデル。

今やそのバリエーションの多様さと配慮の程には目を見張るものがあります。これからの急速な高齢化を考えるにつけ、こうした装備がますます重要視されるようにもなっていくのでしょう。

新車購入にあたっては税制的にも消費税が課税となる他、障害者の方、あるいは障害者と生計を同一にする方が自動車を購入する際には、障害の程度によって自動車購入時の自動車税、自動車取得税の減免処置が受けられる制度も整備されています。

ただこれには身体障害者手帳があって初めて対象となるものであり、また障害の程度によっては減免を受けら得ない場合もありますから注意が必要です。

またこうした装備のために車重が約100Kg重くなり、その分燃費にも多少影響してしまうことや、減税の対象になるとはいえ、その追加装備分は価格が高くなってしまうのは致し方のないことでしょう。

グレード毎の違いを分かりやすくまとめてみた

僅かな仕様の違いとはいいながら、そこには当然のこととしてメーカーの「意図」があります。それが何であるか、色々と詮索してみるのも面白いものです。

ここでは細部にわたってその違いを取り上げ、それが価格差に相応しいものかどうかを検証してみます。

全グレード共通の標準装備

まずは全グレードに共通して装備される内容を確認してみましょう。

フロントグリル

言うまでもなくエスクァイアの最大の特徴ともいえるフロントグリルはクラウンやアルファードを思わせる圧倒的な存在感を醸し出すもの。デザインによって品格の高さを表現する格好のサンプルと言っていいでしょう。

機能とは全く関係のないこうした大胆なデザインを採用するのも、最近のトヨタの大きな特徴です。

メッキアウトドアハンドル

メッキ加飾されたドアハンドル、またステンレスベルトモールやリアウインドウを大きく見せる装飾も加えられ、エスクァイアであることが四方から見て分るような差別化が図られています。

Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング付)+LEDクリアランスランプ

最近では当然のこととしてヘッドライトのLED化が進んでいます。単に高輝度で長寿命というだけでなく、指向性の高いLEDの特性が生かされるのがヘッドライトです。

さらに、エスクァイアではロービームとクリアランスランプに採用されています。輝度の高さとも相まって、夜間の前方の視認性の向上が図られています。

安全装備であるToyota Safety Senseに備えられているオートマチックハイビーム機能とも併せ、夜間のドライブにより配慮した機能となっています。

フロントフォグランプ

ノアでは上級グレードのみに設定のフロントフォグランプが、エスクァイアでは全車に標準装備されています。

SRSエアバッグ

標準では運転席と助手席に装備されており、加えて運転席には膝部を守るSRSニーエアバッグも加わります。

さらにオプションで運転席と助手席を守るSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグも用意されていて、2列目、3列目の安全に対する付加価値を高めてくれます。(Option: 48,600円)

オプティトロンメーター

昼間でも見やすい自動発光式のアナログメーターです。

従来型のメーターではメーターの表示全体を照明していたものを、このオプティトロンメーターでは文字の部分を裏側から照らす方式となり、それによってあたかも針自体が発光しているように見せてくれるものです。

コントラストも高く、視認性にも優れ、エスクァイアの高級感にもマッチした機能です。

マルチインフォメーションディスプレイ

フロントパネル中央部に備わった4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイには、様々な車両の情報が表示されます。

エンジン車であってもアクセル開度に応じた瞬間燃費の表示やアイドリングストップによる効果の程度まで知ることができ、省燃費を心がけた運転が可能となる機能すら盛り込まれています。

ステアリングスイッチ

運転中の安全確保のためにナビやオーディオ、エアコンなど使用頻度の高いスイッチ類を、ハンドルを握った手を動かすことなく指の動きだけで操作できる機能です。

メーカーオプションのナビと組み合わせるのが一般的ですが、最近では一部の市販ナビでも組み合わせが出来るようにもなっています。

7速スポーツシーケンシャルシフトマチック

エスクァイアに使われているCVT(無段変速機)では、マニュアル車を運転しているような感覚を楽しませてくれる機能も備わっています。

シフトを「M」ポジションにすることによって、マニュアル車を操っているかのようなスポーティな運転が楽しめます。メーカーお仕着せの運転フィーリングだけでなく、自分の意のままに操っていることを感じてみるのも楽しいものです。

室内空間

エスクァイアでは、その上質でシックなイメージに合わせて設定されたシートも落ち着いた印象を与えてくれるものになっています。それも落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるもの。

購入ターゲットユーザーとして比較的中高年を対象としていることからも頷ける選択です。

シートアレンジ

前席からのウオークスルー、そしてスライド可能な2列目シートを様々に配置することによって様々なレイアウトを選べることは、この種のミニバンの大きな特徴であり、グループ乗車の楽しさを広げてくれる嬉しい仕様です。

2列目シートとしては、独立したキャプテンシートと3人乗車が可能なベンチタイプシートの2種類が設定されています。

7人乗り用2列目キャプテンシート

キャプテンシート車では3列目のシートを畳んで最後部にまでスライドさせることによって目の前に広大な空間が出現し、高級感ある室内の雰囲気とも相まって、まるでリムジンのような感覚さえ味わえてしまうほど。

そのメリットを最大限に生かすことが可能です。

さらにシート間からだけでなく左右のシート間を狭めて3列目へのアクセススペースを確保し、乗り降りを容易にする配慮もなされています。

8人乗り用2列目ベンチシート

キャプテンシートの代わりに3人着座が可能なベンチタイプのシート車を選択することも可能です。

3列目の乗車にあたってはシートが6:4に分割してチップアップできる機能が備わっており、さらに乗り込み時の間口を大きく広げることによって乗車を容易にしています。

また3列目シートと共にシートバックを倒してフルフラットとすることにより、車中泊やパーキング時などの休憩用として活用することも出来るため、これを大きな目的として購入するユーザーも多いようです。

3列目シート

とかく座り心地が問題となる3列目シートは足元スペースも十分に確保され、また座面が高めなこともあって視界も良好。

ただ座面が高い分視点も高くなってしまい、車外の上方向への視界が制約されてしまうのは致し方のないところでしょう。使用しないときは左右に折り畳んで収納し、広い荷物スペースを確保することが可能となります。

助手席側パワースライドドア

地上との段差が僅か360mmという低床プラットフォームを採用したエスクァイアでは、両側のパワースライドとも相まって、2列目、3列目への乗降が大きく改善しています。

特に女性や子供、お年寄りが乗り降りする機会の多いミニバンの後席へのアクセスのし易さは、使用頻度の点からも利便性の点からも、「快適さ」を実感させてくれる重要な部分です。

半ドア状態やドアの開閉時の挟み込みを防止する機能も備わっており、不用意なトラブルからも身を守ってくれます。

Toyota Safety Sense

トヨタの安全装備が全車に標準装備されるようになりました。

  1. プリクラッシュセーフティシステム(前を走行のクルマとの衝突が予想される場合、警報を鳴らして回避操作を促すと共に中速(約30km~80km/h)ではブレーキアシストを行います)
  2. レーンディパーチャーアラート(高速道路などでウインカーを出さずに走行レーンを逸脱しそうになる時に警告を発します)
  3. オートマチックハイビーム(文字通り、前方から向かってくるクルマのヘッドライトを検知し、幻惑させないためにハイビームを自動的にロービームに切り替えるシステム)

コンピュータ技術の進化にともなって最近では各社ともオプションのみならず標準装備にしたり、この機能を大きなセールスポイントとするクルマまで登場するほど、世間からの注目度も高い機能となっています。

人間単独では避けようのない「ヒューマンエラー」を回避するためにも価値のある装備と言えるでしょう。

S-VSC

ステアリング、ブレーキ、駆動力、そのそれぞれを強調して制御する機能です。滑りやすいコーナーでの場面などで車両の挙動が不安定とならないよう、駆動力の配分と操舵に対するトルクを統合的にコントロールし、優れた操縦性と走行の安定をアシストします。

また、2WDにはS-VSCのみとなっていますが、4WDとなるとアクティブトルクコントロール4WD協調制御機能が加わり、より安定した走行が可能となっています。

 エスクァイア購入検討の方は必見。下記ページにて値引きの実態を紹介しています。
>【見積書公開】エスクァイアの値引きに挑戦!ディーラー突撃 

Xiの装備、インテリア、エクステリア

トヨタエスクァイアXi外観
トヨタエスクァイアXi内装
トヨタエスクァイアXi内装
  • 本革巻(シルバー塗装)3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻シフトノブ ゲート式シフトレバー
  • イルミネーテッドエントリーシステム(イグニッションキー+ルームランプ)
  • 充電用USB端子(インパネ2個)
  • 消臭機能付ファブリックシート表皮
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール(アンサーバック機能付)+ワイヤレスキー1本
  • ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(助手席側)
  • 4スピーカー

当然のことながら「Xi」には上記の標準防備の全てが備わっており、単純に価格面からの比較から見ても、ベース車であるノアよりも「お得感」があるものに仕上げられています。特に高級感ある雰囲気づくりはトヨタがお得意とするところであり、高級乗用車の開発と共に培ってきた様々な趣向がエスクァイアにも各所に取り入れられていますね。

先ずはその強烈な印象のフロントグリル。
高級ミニバンとして今や定番のアルファードや高級セダンであるクラウンを思わせる大胆さは、同時にどこかエレガントさや高級感を感じさせてくれるデザインにもなっています。

一目でエスクァイアとわかるその外観は、数あるミニバンの中でもその存在を際立たせるのに抜群なインパクトを与えてくれる重要な要素でもあります。

また内装については、実用性重視のノアではシンプルだったのに対し、エスクァイアでは運転席まわりの装飾に合成皮革の素材が用いられ、視覚的にも触覚的にも「違い」を実感させてくれるものに仕上げられています。

ただ、唯一シート地が消臭機能付とは言え、ファブリックとなっているのが気になるかもしれません。そのあたりの感覚的な部分については、ぜひ実車を前に自分の目で確かめて見ることをお勧めします。

Xi“ウェルジョイン”並びに“サイドリフトアップシート装着車”の装備、インテリア、エクステリア

「Xi」をベース車とするウェルジョイン・サイドリフトアップシート装着車で変更されている点は、以下の通りとなります。

【ウェルジョイン】

  • 専用セカンドシート(ロングスライド+リクライニング、手すり付)

【サイドリフトアップシート装着車】

  • リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)
  • セカンドシート
    右席:キャプテンシート
    左席:サイドリフトアップチルトシート

見てわかる通り、主にセカンドシート(2列目シート)の変更点です。
ウェルジョインは専用のロングスライド・リクライニング機能と手すりが付いた形となり、サイドリフトアップ車は、2列目左側のキャプテンシートの座席が電動で車外方向へと回転し、さらに上下動することによってクルマ椅子との段差を極力少なくしています。

そうすることで、身体の不自由な方の移動時のハンデキャップを軽減する仕組みが備えられているのです。

介護のために大きな力を使うことなく、リモコン操作だけで簡単に車内外への移動が可能となりますね。

シートは通常のキャクペンシートとほぼ同じものが用いられて2列目左側へと収納されますから、その他のシートについては7人乗りのタイプと同様。3列目を含めて7人までの乗車が可能。

またサイドリフトアップ車以外にも、リアゲートからクルマ椅子に乗ったままでの乗降を可能とするタイプも用意されています。

これには乗り降りを容易にするための折り畳み式のスロープが備わっているだけでなく、エアサスを利用し後ろ側の車高を下げて、乗降時のスロープの傾斜を小さくする機能や、補助ウインチで車いすを引き上げる装置まで備えたタイプも用意されています。

安全乗車のための様々な付属品と共に、身体に障害を持った方や付き添いの方々への負担が大幅に軽減される仕組みがいろいろと整っています。

Giの装備、インテリア、エクステリア

トヨタエスクァイアGi外観
トヨタエスクァイアGi内装
トヨタエスクァイアGi内装

「Xi」に加え、次の装備が追加されています。

合成皮革シート

高級車であることの代名詞のような合成皮革シートが採用されています。確かにこれだけで車内の重厚感が増し、まるで違った車種に乗ったような雰囲気を感じてしまうほど。

エスクァイアに採用されたものは本革に匹敵する肌触りであるほか、夏には暑さを感じにくく、また冬場には冷たさを感じにくい材質であり、むしろ本革より扱いやすいタイプとなっています。

本革巻き+木目調ステアリングホイール+シフトノブ

合成皮革製のシートに座って本革巻きのステアリングホイールとシフトノブでも皮革調の質感に触れ、さらにインパネやドアトリムなどにも同じ素材が使われているとなると、ドライバーにとっては常に高級な雰囲気で包まれているかのよう。

伝統的な日本の文化には無かったこうした触感による装飾のプレミア感には、誰もが弱いのかもしれません。黒木目調を取り入れたことも、最新機能との究極のアナログ的な対比として、いいアクセントになっています。

快適温熱シート(運転席・助手席)

単なる温め機能というだけでなく、長時間運転時の肩や腰を温めることによる負担の軽減、寒い日には冷えやすい下半身への快適なぬくもりを伝えるのにも役立ちます。

スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム

車体に近づく、あるいはドアノブに触れるだけで開錠するシステムで、買い物などで手に荷物を持つような場合には非常に便利な機能です。またエンジンスタートもカギを挿すことなく行うことが出来ます。

両側パワースライドドア

「Xi」では左側だけに装備されているパワースライドドアが両側に備えられ、この分だけでも十分な「お得感」がありますし、加えてスマートロック操作やバックドアイージークローザーといった機能が付けられているので、開け閉めがとても便利となっています。

ナノイー

エアコンスイッチをONすることにより、運転席右側の空気吹き出し口から弱酸性の「ナノイー」が自動的に放出され、肌や紙に優しい水に包まれたイオンによって室内を爽やかな環境へと変えてくれます。

スーパーUVカット・IRカット機能+撥水機能付グリーンガラス

フロントガラスには紫外線を99%カットするUVカットガラスが用いられ、紫外線の強い季節や時間帯でも、日焼け防止に役立ちます。

オーディオレス6スピーカー

標準装備となる車内スピーカーが「Xi」では4スピーカーであるのに対し、「V」では6スピーカーとなります。オプション設定されているT-Connect SDナビゲーションシステム+エスクァイア・パノラミックライブサウンドシテムを装着する場合は「Xi」に比べて約3万円安い366,120円となり、その分が割安になります。

ここまで見ると、「Gi」では「Xi」との金額差が信じられないほど豊富な追加装備が含まれていることがわかるでしょう。

Gi“Premium Package”の装備、インテリア、エクステリア

  • LEDコーナリングランプ
  • マルチインフォメーションディスプレイフード(ダークシルバー塗装)
  • ステアリングヒーター
  • LEDルームランプ
  • サイドレジスターベゼル(ダークシルバー塗装)
  • ブランノーブ®+合成皮革シート表皮

Giに搭載された装備に加えて、以上の内容が追加・変更されます。
ダークシルバー塗装が加わったことで、よりまとまりのあるインテリアになるだけではなく、ステアリングヒーターやルームランプにLEDが加わったりと機能的な装備が追加されていることが分かりますね。

特にシート地にブランノーブ(ヌバック調ファブリック)が採用されており、よりモダンな印象を与えてくれているのも好印象です。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

なんとしても欲しかったエスクァイアを手に入れようとするユーザーにとって、後はどこまでメーカー任せにするかどうか次第で選ぶグレードも決まってくるでしょう。

特にエスクァイアの場合、仕様の差はインテリアの違いによるものがほとんどであり、自分なりの加工を好むのであれば、それに基づいて選択することもいいでしょう。

Xiの魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタエスクァイアXi外観

エスクァイというブランドを出来るだけ安く手に入れたいユーザー、またはメーカーお仕着せではなく自分なりの装飾を施したいユーザーにとっては「Xi」が相応しいグレードとなるでしょう。

「Gi」との価格差をその目的のためとしたり、設置が必須と思う最新ナビのために振り向けてもいいかもしれません。

望むのであればエアロパーツも各社から発売されていてエクステリアへの加工も可能ですし、様々なユーザーの欲求を満足させるオプション品も豊富に揃っています。

またアルファードやヴェルファイアには価格的な面で手が出せないとか、街乗りが中心でそこまでのサイズはいらないというユーザーにとっては、「Xi」は最適のモデルともいえるでしょう。

いわばメーカーが狙ったマーケットセグメントに叶ったクルマなのですから、余計なモノは付いていなくてもとにかくエスクァイアが欲しいというユーザー向けに相応しいということになります。

自分なりの高級感を求めるお父さんにとっては格好の選択となるのではないでしょうか。

ウェルジョイン・サイドリフトアップシート装着車

身体に障害があっても健常者と同様に外へ出かけたい。そんなユーザーのために、最近では非常に多くのモデルが用意されるようになってきました。

それも後部座席だけでなく前部座席への乗降を可能としたものとか、クルマ椅子のまま乗降できるものや、普通の運転席への乗降を容易にするタイプまで、以前であれば考えられなかったほど。

エスクァイアにも様々な仕様が用意され、用途に適したモデルを選択できるだけでなく、さらに色々なタイプの補助装備も用意されるようになってきています。

減税分を生かし、これまでは価格的にも無理と思われていたこうした装備に振り分けられるようになったことも嬉しいことです。

Giの魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタエスクァイアGi外観

ミニバンとはいえ、高級感が欲しい。かといって取り回しを考えると3ナンバー車はちょっと遠慮したいというユーザーにとって、「Gi」はよい選択となるでしょう。

価格的には上位モデルのアルファードの廉価版に近づいてしまうものの、その雰囲気ある室内空間はまた違った価値を感じさせてくれるに十分です。

「Gi」に加えられた装備はカタログ上の価格的な面からだけでも「Xi」よりも相当に「お得感」のあるものであり、また上位モデルであるアルファードとのバッティングを避けたためか、比較的割安な価格で提供されているのにも注目です。

このあたり、ミニバンラインアップの隙間を埋めるというトヨタの戦略からのものなのかもしれません。

トヨタという大メーカーが決めた仕様のだからという信頼感もそれに加われば、満足度の高い選択ともなるでしょう。

たしかに実車で見てみればカタログからではわからない雰囲気の違いも感じられますから、こうした感覚的な部分については実際に自分の目で確かめられるといいでしょう。

Gi“Premium Package”の魅力、選んでいる人はこんな人

高級な雰囲気を高めているGiの装備に、さらに質感を高めてくれる装備が追加されているプレミアムパッケージは、ちょっとの追加でさらに豪華になっていることが魅力。プレミアムと謳いながら、価格はGiに約6万円追加するだけとなっているのもポイントとなっており、比較的割安な価格を維持しつつ高級感を感じる1台に仕上がっています。

総合的に売れているグレードを考察

「Gi」との価格差をどう考えるか次第ですが、やはりベースグレードの「Xi」を選択し、後はその価格差をユーザーの必要に応じての追加装備に使うのがベストといえます。

たとえばナビ機能も純正のものだと40万円近くになってしまうことを考え併せても、この際メーカー標準のものでなくても市販品から自分好みの追加装備を選んでみるのもいいでしょう。

現在では実に多種に渡って優れたアクセサリー類が揃っていますから、カー用品店を訪問してチェックしてみることをお勧めします。

小物ばかりでなく、専業メーカーによるエアロパーツも各種揃っていますし、自分好みの一台に仕立て上げることによって、普通のクルマとは一味も二味も違った満足感に浸ることも可能となります。

エスクァイアがトヨタ店とトヨペット店の取り扱いと言うのも象徴的。

クラウンを取り扱うトヨタ店とマークXのトヨペット店と、共に高級車ユーザーを多く抱えるという背景からしても、乗用車からの乗り換えユーザーもエスクァイアの格好のターゲットとなっているのでしょう。さすがトヨタのやることに抜かりはありません。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です