一目で違いがわかる!ヴォクシーのグレード徹底解説まとめ!

「見た目の違いは分かるけど、他に何が違うの?」

家族のためにヴォクシーの購入を検討し、公式サイトを見てみたけど書いてあるのは特徴的な装備と快適性だけ。

グレードごとに何が違うのかわからない!

なんて悩んでいませんか?

今回はそんなヴォクシーのグレードについて徹底解説!

簡単かつ分かりやすいグレードごとの違いをズバッとまとめて紹介しちゃいます!

自分に合ったグレードを見極められない、そもそもグレードごとの見方がわからない、なんて人は是非参考にしていってくださいね。

3分で丸わかり!ヴォクシーのグレードはこうして見るとわかりやすい!

ヴォクシーのグレードの簡単な見かた

そもそも、ヴォクシーのグレードを簡単にまとめるとこんな感じ!

なーんて言っても、これを見ただけでは分かりにくいと思います。

そこでまずは簡単に、ヴォクシーのグレードごとの見かたを簡単に見ていきましょう。

基本グレードは『X』『V』『ZS』の3つ

基本グレードの派生のカタチ

ヴォクシーの基本的なグレードは標準ボディ扱いとなる『X』と『V』、そしてエアロボディが装着される『ZS』の3つ。

画像を見てもわかるように、Xグレードに『快適性』を求めるか『エアロボディ』を求めるかでグレードが決まると考えておくとわかりやすいかも。

そして、エアロボディが搭載されたZSをベース車両として『ZS”煌Ⅱ”』と『ZS“GR SPORT”』と派生していきますよ。

特別仕様車の『ZS”煌Ⅱ”』は華やかな印象を与える仕様に

そんなZSの特別仕様車となる『ZS”煌Ⅱ”』は、外装・内装共にメッキ加工がされ文字通り煌びやかな印象になったグレード。

公式サイトを一度見た方ならわかるように、エアロボディのZSがよりいかつくなったようなイメージへと変化していきます。

その上、内装の加飾や快適装備も追加されるので、ZSグレードの上位互換と覚えておきましょう。

『ZS“GR SPORT”』はヴォクシーの「走り」にこだわった仕様に

一方で『ZS“GR SPORT”』は外観もヴォクシーらしかならぬスマートな印象になりつつ、『走り』にこだわったグレード。

車好きにはたまらない、そんな装備が充実しているのが特徴です。

注目ポイントはここ!ヴォクシーの各グレードの違い、分かりやすく解説します!

ヴォクシーのグレードの違いを紹介

そんなヴォクシーのグレードを見ていくと、気になるのはやっぱり装備の違い。

乗りたいと思って購入したけど装備が少なく不満が出た、なんて後悔はしたくないですし。

そこでここからは各グレードの違いについてまとめたので、一緒に見ていきましょう。

『X』と『V』の違いは『快適性』と『利便性』が向上する

まずは標準グレードとなるXとVの違いから。

Vは収納スペースが増える

最低限の装備しか搭載されていないXと比べてVの室内を見てみると、要所要所に収納スペースが増えているのがポイント。

ちょっとした違いではありますが、こういった収納が増えるのは利便性が高くなって良いですね。

ヴォクシー Vグレードの快適装備の追加

また、快適装備として注目したいポイントになるのがここ。

空調にナノイーが付くことで、アレル物質対策から脱臭・除菌まで行ってくれますし、シート表皮に消臭機能付になってより室内の臭いが気にならなくなるのはうれしいところ。

それに、長時間のドライブで負担がかかる腰や肩などの傷みを軽減できるようになるなど、細かな配慮がされた装備になっていきます。

ヴォクシー Vグレードの機能的な装備

Vグレードになると『車としての使い勝手の良さ』が向上することも覚えておいた方がいいですね。

バックドアイージークローザーはバックドア、つまりトランクのドアが半ドア状態の時に確実に閉まるサポート機能。

そしてパワースライドドア予約ロック機能は、スライドドアが閉まっている際に運転席または助手席のドアハンドルのセンサーに触れるだけでしまったら勝手に施錠してくれます。

要は、スライドドアが閉まるのを待たなくても良くなるってワケです。

『V』と『ZS』は『外見』が良くなるけど『快適性』が少しグレードダウン

次に『V』と『ZS』の装備の違いを見てみると、Vで追加された装備のいくつかがZSでは装着されていない、なんて残念なところも見えてきます。

ZSグレードで非装着の装備

ただ、装着されないのはXとVでも取り上げたナノイーや温熱シートくらいのもの。

そして後部座席の加飾が本革巻からファブリックにグレードダウンするといったところですね。

それに、使い勝手の良いバックドアイージークローザーやパワースライドドアの機能はそのままなので、ちょっとの快適性をとるか、それとも見た目のインパクトをとるかがキーポイントになってくると思いますよ。

『ZS』と各仕様車の違いは文字通り『派手』か『走行性』が違う

そんなVと比べるとちょっと装備が少ないような印象となるZSですが、特別仕様車であるZS”煌Ⅱ”やZS”GR SPORT”にグレードアップすると装備も印象もガラッと変わるのが特徴的。

ZS"煌Ⅱ"の変更点

例えばZS”煌Ⅱ”。
特別仕様車と言うことで、フロントグリルにメッキ加工やダークスモーク塗装といった加飾が施され、正面から見たヴォクシーの顔面の印象がよりいかつくなります。

その上Vでも搭載されない、ワンタッチスイッチ付のパワースライドドアが両側になったり、2列目以降のエアコンがオートエアコンになったりと特別な装備が追加されるのも嬉しいですね。

ZS"GR SPORT"の変更点

一方でZS”GR SPORT”はというと、ZS”煌Ⅱ”の豪華なイメージとは対照的によりスポーティなシートが使用されたりペダルが変えられていたりと『走り』にこだわっているのが魅力。

また、足回りに大きなチューニングが施されており、文字通り「走る楽しさ」を存分に楽しめる一台になっているんですよ。

家族(乗客)はヴォクシーのグレードごとの違いをここで見極めろ!

家族目線のグレードの違いの見極め方

グレードごとの見方や装備の違いについて触れてきましたが、正直結構装備が違いすぎて余計にわからなくなった!

そう思った方も多いはず。

だからこそここで原点に返り、『家族が乗るためのミニバン』としてヴォクシーのグレードの違いを見るときに、注目しておきたいポイントがどこになるのかを一緒に見ていきましょう。

快適性能で見るとグレードは結構違ってくる

まずはやっぱり2列目シート・3列目シートの快適装備。

お子さんやご両親、友人に快適な時間を過ごしてもらえるかどうかは、ミニバンを乗る上での絶対条件になりますよね。

家族が見ておきたい注目ポイント①

そこで注目したいのが、スライドドアにシート表皮の違い。

ヴォクシーのグレード全体で見てみると、ZS”煌Ⅱ”以外のグレードは基本的に助手席側、つまり片方だけしか多機能的な装備が付いていません。

そのため、運転席側はどうしても開け閉めに苦戦するので注意が必要です。

また、シート表皮を見てみると全グレードでファブリック素材ではありますが消臭機能が付くかどうかが変わってきます。

家族の乗り心地を考えるときには、このようなポイントに注意するようにしてくださいね。

7人乗り・8人乗りの違いは『2列目シート』がキモ

次に注目しておきたいのはズバリ、乗客人数!

というのも、ヴォクシーのほぼ全グレードに7人乗り・8人乗りが用意されているんですが、これはシートアレンジと利便性を考えると良いでしょう。

家族が見ておきたい注目ポイント②

8人乗りでもある程度のシートアレンジは出来ますが、7人乗りは2列目シートのアレンジが幅広くなり快適な空間を作ることが出来ますし、ウォークスルースペースが出来るので簡単に3列目に移動することも可能ですよ。

運転手目線でヴォクシーのグレードの着眼点になるのはココ!

運転手が見ておきたい注目ポイント

さて乗客(家族)目線でグレードの見極めるためのポイントを紹介してきましたが、家族としての空間を気にしてヴォクシーを購入するとは言え、やっぱり運転中のワクワクを楽しみたい、そんな運転手さんも多いはず。

そこで今度は運転手目線からグレード選びの着眼点になるポイントをまとめてみました!

基本的には「面構え」に注目してグレードを選ぼう

そもそもヴォクシーの面構え(フロント部分の顔つき)って、標準グレードとZS、そしてZS”GR SPORT”では結構顔つきが違います。

運転手が見ておきたい注目ポイント①

標準グリルはなんだかガンダムみたいな感じで、ZSはヴェルファイアのようなイメージ、そしてZS”GR SPORT”はヴォクシーらしからぬシュッとしたイメージが強くなる。

こうして見てみると結構違いがありますし、ここにこだわってグレードを選ぶのも一つの手かもしれませんね。

『運転中のうっかり事故』を防げるようになるかもキーポイント

また、運転する上で結構重要なポイントになってくる安全性。

内容が充実しているかどうかも、グレード選びには重要なポイントです。

運転手が見ておきたい注目ポイント②

例えば、V以降から装備されるインテリジェントクリアランスソナー。

衝突被害の減少を目的とした装備であり、駐車時の踏み間違いを自動で防ぐことができるので、運転開始・駐車時のうっかり事故の予防につなげることができますよ。

仕様車は『見た目』の違いがメインになると覚えておこう!

そして、家族目線で見た時と運転手目線で見た時に注目ポイントが変わってくるのが、仕様車にするかどうか考えた時。

運転手が見ておきたい注目ポイント③

というのも、基本的に運転手が喜びそうな装備の違いって、外装やタイヤホイールのような『見た目』の印象の変化がほとんどなんですよね。

そのため、どうしても家族と仕様車にするか相談すると、難色を示すかもしれません。

ただ、乗客目線で見ると先に紹介した多機能のスライドドアが両側に装着されますし、エアコンもクーラーだけではなくヒーター機能を搭載したオートエアコンが装着されます。

ここをうまく推すことができれば、「ZS“煌Ⅱ”でいいよ」と言ってもらえるかもしれませんね(笑)

総評!ヴォクシーのグレードでベストな選択をするためのポイント!

総評

さて、ここまで読んできてグレードの特徴的な違いから、乗客・運転手目線で見たグレードの着眼点を見てきました。

でも、結局オススメのグレードは何?どのグレードが一番納得できるの?なんて思っている方もまだまだ多いはず。

そこで最後に、主観的な意見も含みますがヴォクシーのグレードについての総評をお話していこうと思います。

「なんで選んだか」も参考にしながら見ていってください。

確実に満足できるのは『V』グレードの7人乗り

個人的な話になりますがヴォクシーのグレードの違いを見て、一番納得できるグレードになるなと思ったのは、ズバリ『V』の7人乗り。

装備は充実しているのはもちろん、価格も2WDで285.5万円と予算300万円以内で治まるのがポイントになりました。

それに、長く乗るとなると当然子供も成長していきますよね。

その時によりゆっくりすごせる空間を…と考えると、どうしても2列目の真ん中のシートがいらなくなってくると思いますし、7人乗りだと2列目シートがそれぞれ独立して動くので、より自分のスペースを確保しやすく利便性に長けると思います。

ちなみに、そんなVグレードとXグレードの価格は以下の通りです。

グレード 価格
V(8人乗り) 2,824,800円
(3,033,800円)
V(7人乗り) 2,855,600円
(3,064,600円)
X(8人乗り) 2,556,400円
(2,765,400円)
X(7人乗り) 2,587,200円
(2,796,200円)

※( )内は4WDの価格となります。
※太文字はおすすめグレードです。

外装にこだわった『ZS』に乗るなら『ZS”煌Ⅱ”』を検討するべき

また、エアロボディ装着車となるZSを乗りたい、そう考えるのであれば是非『ZS”煌Ⅱ”』の方を検討してほしいと思います。

というのも、ZSってちょっと違いはありますが、廉価グレードとなるXにエアロボディが付いてちょっとだけ見た目整えましたーって感じが強いんですよ。

確かに「見た目にこだわりたい!」なんて方は多いとは思いますが、家族も一緒に乗ることを考えると乗るだけならいいですが、快適かどうかは度外視されてしまいます。

そのため、一人で安く乗るならZSで充分だけど、他に子供や両親、友人が乗ることが多いならZS”煌Ⅱ”って考えると良いかもしれません。

ちなみにZSもZS”煌Ⅱ”も、個人的には7人乗り、オススメです(笑)

そして、そんなZSとZS”煌Ⅱ”の価格は下のようになります。

グレード 価格
ZS(8人乗り) 2,813,800円
(3,011,800円)
ZS(7人乗り) 2,844,600円
(3,042,600円)
ZS”煌Ⅱ” (8人乗り) 2,909,500円
(3,107,500円)
ZS”煌Ⅱ” (7人乗り) 2,940,300円
(3,138,300円)

※( )内は4WDの価格となります。
※太文字はおすすめグレードです。

ZS”GR SPORT”は他とは違うヴォクシーに乗りたい人向け

そしてあまり話題に出してこなかったZS”GR SPORT”ですが、このグレードは「誰も載ってないようなヴォクシーに乗りたい」って思ったら検討してみる、そんな認識で大丈夫だと思います。

『走行性能』を高めるためのチューニングが施されていますし、何より運転席・助手席のコックピット感が他のグレードと段違い。

ただその分、乗客に対する装備が少なくなっているので、『一人で運転することが多い』なら候補に入れてもいいでしょう。

グレード 価格
ZS”GR SPORT” 3,306,600円

まとめ

いかがだったでしょうか。
ヴォクシーと言えばミニバンクラスの中でもかなり人気の車種にはなりますが、グレードごとに結構違いがあることがわかっていただけたかと思います。

また、購入するにあたって注視したいポイントは、きっと他の車種と比較するときにも役立つはずです。

今回紹介したことを参考しつつ、自分に合ったグレードを見つけて乗り続けていきましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です