【ノア VS ヴォクシー】一体何が違うの?比較まとめ

【ノア VS ヴォクシー】一体何が違うの?比較まとめ キャッチ画像

「ぶっちゃけノアとヴォクシーの違いって分からないよね」

なんて車が好きな人に言ったら怒られそうな気持ちを持っている人は結構多いはず。

双子みたいに似ている2台ですから、そう思うのも無理はありません。

とは言え、「子供が増えるからファミリーカーとして買いたい」「友達とみんなでワイワイ乗りたい」って購入を考えてるのに、違いが分からないままじゃ不安ですよね。

そう思っている方に向けて今回は、ノアとヴォクシーの違いを様々な角度から比較しました!

まったく同じに見える2台ですが、実はびみょ~な違いがあったんですよ!

ノアとヴォクシーの基本的な違いってマジで少ない

ノアとヴォクシーの全体写真で比較した画像

冒頭で軽く触れましたが、ハッキリ言います。

ノアとヴォクシーは、ほっとんど違いはありません。

でも実はほんのちょっとだけ細かい違いがあるんです。

そこでまずはそんなノアとヴォクシーのちょっとした違いについてお話ししていきます。

ぶっちゃけ違うのってフロントグリル(正面の顔)とグレードの名称くらい

ノアとヴォクシーのフロントグリルを並べた画像

上の画像を見て違いが分かりますか?

この2台は正面の顔、いわゆるフロントグリルが若干違うんですよ。

ノアは太いグリルが特徴で何だかトランスフォーマーみたいで、ヴォクシーはボコっとした立体感があってガンダムみたい。

ん~、そうなんです。

例えがどちらもロボットって所から分かるように、本当にニュアンスの違いしかないんですよね。

またグレードに関して、基本グレードはそれぞれ3つ。

ノアはX・G・Si

ヴォクシーはX・V・ZS

以上のようになっており、これにハイブリッドや特別仕様車などが追加されています。

ちなみにこれらは価格も中身も一緒で、違うのは“グレード名称だけ”です。

この2つどっちを選ぶかは見た目の好みだけで選んでも問題と思いますよ。

価格も装備も燃費も全部一緒。その中で注目したい装備はコレ

見た目やグレード名称に違いがあったノアとヴォクシーですが、それ以外の価格・装備・燃費まで全部一緒。

そのためそれらの差で選ぼうと思っていた人は、実用性以外の面で選ぶしかなさそうですね。

ここで装備など全部一緒というのはなんだか味気ないので、ここではノア&ヴォクシーの注目装備についてお話します。

まずこの2つの装備で一番注目したいのは、やっぱりパワースライドドアでしょう。

ヴォクシーのパワースライドドアの画像

ファミリーカーとして購入される方は絶対必須ともいえる装備で、「コレが無きゃ不便!」なんて言うママさんも多いんですよ。

そんなパワースライドドアが、ノア&ヴォクシーの両者の全グレード搭載。

さらにパワースライドドア予約ロック機能も、スマート操作に対応しているんですよ!

しかしベーシックグレードのXはパワースライドドア自体も助手席側だけで、スマートロックもオプションとなっているので注意が必要ですね。

ノア&ヴォクシーにかかるガソリン代や税金はこんな感じ

先ほども言ったようにノア&ヴォクシーは燃費にも違いはありません。

大きさやエンジンも同じなのでこれは言わずもがなでしょう。

そうは言ってもノア&ヴォクシーが一年でどれくらいガソリン代が掛かるのか、毎年の税金はどれくらいなのかは気になるポイント。

まずこの2台の燃費は約16.0㎞/Lで、実燃費は約12㎞/Lといったところです。

そしてガソリンの現在平均が141円/L、一年で1万キロ走ると仮定すると、

一年間のガソリン代は約117,125円となります。

また自動車税:39,500円&重量税:16,400円なので、毎年の55,900円。

毎年掛かるお金なのでしっかり把握してから購入しましょうね。

乗り心地が変わらないからこそ気になる、ノアとヴォクシーの比較アレコレ

男性が比較している画像

ここまで見た通り、ノアとヴォクシーにはぶっちゃけほとんど違いはありません。

それは乗り心地に関しても同じです。

しかしほとんど同じだからこそ、あなたのノアを買うのかヴォクシーを買うのか、それらの小さな違いが決め手になるはず。

そこでここからはノア&ヴォクシーの細かな違いを見て行きましょう。

ノアとヴォクシーの購入者層は結構明確に分かれている

実はノアとヴォクシーって購入層が結構違います。

ノアは少し年齢層が高めの40~50代が多くて、ヴォクシーはノアより低めの30~40代が多く購入しているんです。

確かに周りを見てもノアに乗っているのは、中学生くらいの子供がいる家族。

ヴォクシーに乗っているのは小さい子供を連れた若めの家族って印象で、ヴォクシーに関しては20代の若い人が乗っている場面も良く見かけますしね。

そうは言っても若くてもちょっと落ち着いた雰囲気のノアに乗るのがカッコイイですし、白ヒゲを生やしてヴォクシーに乗っている人を見てもイケてるって思いませんか?

結局何が言いたいかというと、年齢に縛られずピンときた車が一番おすすめだってことを強く言いたいんです。

ノアVSヴォクシー!購入~納車までが早いのはどっちだ!

「今の車が小さすぎて本当に不便、今すぐにでも買えたい!」

「子供がそろそろ生まれるし早めに買って乗り慣れておきたい」

そんなあなたが気になっている納車の早さ。

ズバリ言うと、ノアの方が納車は早いです!

実はほとんど同じ車にも関わらず、ヴォクシーの方が全体的な販売数の多い人気車種で、それに伴って納車もちょっと遅いです。

これまでヴォクシーの方に惹かれていたって人でも、納車の早さを重視するならノアの方が良いかもしれませんね。

値引きできるかどうかで比較すると、ヴォクシーの方に軍配が上がる!

ミニバンを買うっていうのは大金を叩いて家族の第二のリビングを手に入れるという事。

しかし、そのお金は想像以上に高いです。

そこで重要になるのが“値引きできるかどうか”ではないでしょうか?

実はノアの販売店はトヨタカローラ店で、ヴォクシーはネッツトヨタ店とそれぞれ販売店が違うんです。

さらに人気や製造数の違いなどで、車の値引き額が若干変わってきます。

ちなみに、ノアの平均値引き額は平均約9万円。ヴォクシーは約10万円。

さらにオプション値引きなども含めるとヴォクシーは最大で25万円もの値引きをしてもらった事例があるんです。

もちろんノアも同じようにオプション値引きはありますが、実例を考えるとヴォクシーの方がお得に購入できるかもしれませんね。

ただし値引き交渉は相当頑張らないといけないので、簡単には行かないという事はお忘れなく。

運転性能が一緒だけどびみょ~に違う?運転手目線で見たノアとヴォクシー比較

運転性能が一緒だけどびみょ~に違う?運転手目線で見たノアとヴォクシー比較をイメージした画像

値段やグレード、運転性能まで一緒なノア&ヴォクシーですが、たった今話したように購入層や納期に違いがあったようですね!

ではこれ以外には細かな違いはあるのか。

ここからは運転手目線で見たノア&ヴォクシーの違いを探してみましょう。

ノアとヴォクシーを購入する人の『車歴』比較

ノアとヴォクシーはほとんど同じ車ですが、見た目や購入層の違いなど購入者から見るとちょっと性格が違うような気がしますよね?

実はそれはノア&ヴォクシーを購入する人の車歴からも感じ取ることが出来るんです。

まずノアは先代型以前からの乗り換えがなんと8割を超えています。

さらにエスティマ・シエンタなどのトヨタ車から乗り換える人が比較的多め。

この結果からノアを購入する人は、トヨタ車が好きって人はノアに惹かれる傾向があるようですね。

従ってノアなら、トヨタ車の耐久性・頑丈さを存分に感じることが出来るでしょう。

一方でヴォクシーは、歴代ヴォクシーからの乗り換えが7割以上で、ヴォクシー以外は乗れない!って人が多くいるんですね。

しかしその割合はノアより少なく、トヨタ車以外からの乗り換えも多めになっています。

早い話、他メーカーからの乗り換えで取っ付きやすいのがヴォクシーだってこと。

これらを考慮すると、生粋のトヨタ車好きが好むのがノア。

ヴォクシ―が好き、トヨタ車のミニバンに初めて乗る人が好むのがヴォクシーなんです。

性能が一緒なら近場のショップで試乗してみるのも一つの手

ここまで見たところ、やっぱりノアとヴォクシーには大きな違いは無かったですね。

そのためこの2台どっちかで悩んでいるなら、とりあえずどちらかを試乗してみるっていうのも1つの手でしょう。

どっちにしろ中身は同じなのでどちらかに試乗してみて乗り心地を確かめてみるのをおすすめします。

生で車を見れば心が動かされるはずですし、それで「いまいちピンと来ないな」って思ったらもう一方に狙いを定めちゃいましょう

こんな選び方ができるってところがノア&ヴォクシーの面白い所ですね。

ちなみに…先のことを考えると『ヴォクシー』の方がいいかもしれない

女性が手で太陽を囲っている画像

ここまでノアとヴォクシーの比較をしてきて、結局この2台はほとんど変わらないってことが分かりました。

でも十分その車に乗って、手放すときを考えると強いて言えば『ヴォクシー』の方がいいかもしれません。

ここではその理由についてお話ししていきます。

中古車販売数で見ると需要が高いのはヴォクシー

早速、某中古車情報サイトでノアとヴォクシーの中古車販売数を見てみましょう。

ノア:約3500台

ヴォクシー:約6000台

ほとんど同じ車にも関わらず、なんと倍近く中古車販売数が違うんです。

これはやはりヴォクシーの人気が高いっていう証拠になりますね。

ここで皆さんの疑問を代弁しましょう。

「こんなにヴォクシーがあるならそこまで需要が無いんじゃ?」

でも安心してください。実はフルモデルチェンジした2014年以降のモデルに限れば、中古車販売数の違いはたったの1000台。

人気があるのに販売台数は少ししか変わらないんです。

そのためヴォクシーの方が中古車としての需要が高いと言えますね。

実録!同じ年式で比較すると買取査定がここまで違う!?

ノアとヴォクシー、ほとんど同じ車なのに需要の高さがこんなに違うというのは驚きですよね。

そんな需要が違う兄弟車の2台は買取査定にも差が出てきます。

2015年の同グレード(ノア:G、ヴォクシー;V)で買取相場を調べてみると以下の通り。

ノア:136~148万円

ヴォクシー:142~148万円

このように状態が良い場合の見込みに関してはそれほど違いがありませんが、状態があまり良くない底値には大きな違いがあるんです。

たしかに良い状態を保てれば良いのですが、ファミリーカーならそう簡単には行きません。

走行距離も増えるでしょうし、室内が汚れに神経を使うというのは現実的では無いはずです。

このように先のことを考えると、需要の高いヴォクシーを選んだ方が賢いと言えますね。

まとめ

ここまでノアとヴォクシーの違いを見てきましたがいかがでしょうか?

全く違いが分からなかった人でも、この2台の違いが分かって頂けたはず。

見た目や購入者層、売却するときの価格など細かな違いが意外とたくさんありましたよね!

とは言え、“ファミリーカーとして凄く使いやすい車だ”っていうことはどちらも同じです。

ノア&ヴォクシーなら家族と、友達とワイワイ楽しくドライブすることができますよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です