セレナとノア/ヴォクシーを徹底比較!家族のための1台はここで見れば一目瞭然だった!

セレナとノア/ヴォクシーを徹底比較!家族のための1台はここで見れば一目瞭然だった!

家族が一人増えたし、今の車だと狭くてチャイルドシートを積むと何かと不便…。

そんな理由でMクラスのミニバンの購入を検討し、トヨタのヴォクシーまたはノアと日産のセレナまで絞り込んだものの、両車種の違いが分からないなんて人も多いはず。

特に家族で乗ることを考えると、どういった部分に注目すれば良いのか詳しく知りたいですよね。

それに、最終的には自分たちで決めたい気持ちがあるからこそ、背中の後押しとなる情報が欲しい人もいると思いますし。

そんな人達のために今回は、ヴォクシーとノアの兄弟車と日産セレナを徹底比較してみました!

家族で乗るミニバンとして利便性や快適性、走行性能にどれぐらいの違いがあるのかを一緒に確認していきましょう!

ぱっと見でわかる!ヴォクシー(ノア)とセレナの価格差と装備を徹底比較!

パッと見でわかる!ノアヴォクとセレナの違い

 

同じミニバンとは言え、全く違ったキャラクターや個性がある、ノア・ヴォクシーとセレナ。

家族で乗ることを考えて、どこがどう違っているのか、知っておかないと損ですよね。

だからこそまずは、各車両の大きさや価格、装備といった基本的な違いから一緒に見ていきましょう。

基本的な部分は似ているところが多い。

とは言え、ノア・ヴォクシーとセレナは似ているような部分は多いです。

特に、車の大きさや重量なんかは若干の差しかありません。

ヴォクシー/ノア セレナ
全長 4,695―4,710mm 4,685-4,770mm
全幅 1,695-1,735mm 1,695-1,740mm
全高 1,825-1,870mm 1,865-1,875mm
重量 1,570~1,730kg 1,620~1,790kg

こうやって数字を出していざ比較してみると、思ったよりも差がないのがよく分かりますね。

セレナの方が若干大きさも大きい分重量も少し重い感じですが、そこまでものすごい差があるわけではないのでやっぱりほぼ同じと見てもよさそうです。

では大きさ・重量から見たので、次は2つの価格を比べてみます。

セレナもヴォクシー/ノアにも、標準ボディとエアロパーツが追加されたエアロボディがるので、この2つで価格を比べてみました。

ヴォクシー/ノア セレナ
標準ボディ 2,556,400円 2,576,200円
エアロボディ 2,813,800円 2,758,800円

※標準ボディはそれぞれXグレードで比較
※エアロボディはヴォクシー/ノアはZS、セレナはハイウェイスター・V・Gで比較

このように価格を比べてみると、標準ボディ・エアロボディ共にあまり差がないのが分かりますね。

つまり2つとも外装だけを見た限りでは、そこまで違いがないという事になると思いませんか?

もちろん車体は外装以外にも装備品など色々あるので、次はこの価格に見合った装備がきちんと実装されているのか、一緒に確認していきましょう。

ノアヴォクにあってセレナにはない装備、教えます

ノアヴォクにはある機能はこれ!ノアやヴォクシーにあって、セレナにはない装備。

そう考えて両車種を比較して、最初に目が付くのはやっぱり超ロングスライドシートですね。

ノアやヴォクシーにあって、セレナにはない装備。

そう考えて両車種を比較して、最初に目が付くのはやっぱり超ロングスライドシートですね。

しかし、最大でどれぐらいロングスライドできるのかチェックしてみると、セレナが690mmなのに対し、ノア/ヴォクシーは最大810mmもロングスライドすることが出来るんです!

120mmノア/ヴォクシーの方が広いので、実際に座ってみるとこれって結構大きな差になりますよね。

さらに、Bi-Beamヘッドランプというものもノア/ヴォクシーには搭載されており、これはたった1灯でハイビームとロービームの切り替えが出来るヘッドランプになっているので、従来のように別々の光源を用いていたものと違い長く使えるようになっているんですよ!

セレナにあってノアヴォクにはない装備はコレ!

セレナにはキャップレス給油口とデュアルバックドアがある

ノアやヴォクシーにあって、セレナにはない装備。

そう考えて両車種を比較して、最初に目が付くのはやっぱり超ロングスライドシートですね。

文字通り給油するときにフタを開く必要がなく、ノズルを差し込むだけで簡単に給油が出来るんです。

最近ではセルフのガソリンスタンドが3割も占めているそうですし、自分で給油しなければいけないときもあるかもしれませんよね。

そういう時にちょっとした手間を省けるようになっているので、簡単に給油できるんですよ。

それ以外にも、バックドアを従来の半分のスペースがあるだけで開けるようにしたデュアルバックドアも搭載されているので、狭い空間でも簡単に荷物の出し入れが出来るようになっているんですよ!

セレナのにはハンズフリー機能がある

その他にもハンズフリーオートスライドドアがあるので、車のキーさえ持っていればスライドドアの下に足先を入れるだけでドアが自動で開いてくれる機能もあります。

この機能があれば子どもを抱っこしたままや荷物を両手に持っていても、いちいちキーを取り出す必要もないので楽で良いですよね。

しかもドアが自動で開閉している途中に、ドアを一時停止出来る機能もあります。

例えば今までなら車を降りるときに、ドアが開ききってから降りていたところも一時停止を行えば、サッと降りることも出来るんです。

自分のスペースを確保して乗り降りできるので、雨が降っている時などシートが濡れることも最小限に抑えられますし、シートの劣化なども防げて良いと思います。

自動ドアは便利な反面開いている途中はなかなか降りられませんし、開ききるにも時間がかかるので、すぐに車から乗り降り出来るドアストップ機能は結構便利な機能になるのではないでしょうか。

ノアヴォクを安く買う方法!

安全性や走行性はどちらが上?女性が運転することも考えて比較してみた

ノアヴォクとセレナの安全性を比較してみた

先ほどはノア/ヴォクシーとセレナの装備について見ていきましたが、ここからは安全性や走行機能についてどっちの方が良いのか、女性目線からも見ていこうと思います!

装備にも若干の違いがあったように、走行性や安全性にも細かい違いがあるんですよ。

安全装備に違いはあるのかまとめてみた

まずは安全性について、簡単に見ていこうと思います。

2つとも特徴的な安全装備が用意されているので、どっちの機能があると便利なのか確認しながら一緒に見ていきましょう!

ノアヴォクの安全性能

ノアヴォクの安全性能はこんなものもある

最初にノア/ヴォクシーにあってセレナにはない安全機能を見ていくと、ノア/ヴォクシーにはドライブスタートコントロールという機能があります。

この機能は急発進・急加速を抑制してくれるので、車の衝突被害を減らすようにサポートしてくれるんです。

慌てているときなどついアクセルを強く踏んでしまうときがありますが、そういう時も急発進しないようにきちんと制御してくれるので安心出来ますね。

それにノア/ヴォクシーには緊急ブレーキシグナル機能もあるので、万が一急ブレーキを踏んだとしても後続車に知らせてくれる機能もあります。

こういう機能があると、お子さんと一緒に出掛けている時にお子さんの方に集中してよそ見していたとしても警告音が鳴ってくれるので事故に繋がらなくて良いですよね!

セレナの安全性能

セレナにはふらつき防止などの機能がある

次はノア/ヴォクシーにはなくてセレナにはある安全機能についてお話しすると、セレナには隣の車が接近してきたら知らせてくれる側方運転支援という機能があります。

最近はあおり運転で隣の車が急に接近してくる等の危険もあるので、そういう事を知らせてくれる機能はあると嬉しいですよね。

その他ふらつき警報もあるので、例えばあなたが不注意でよそ見をしてしまった時や、集中力が低下してしまった時など警告音により知らせてくれるので、ふらつきによる車線はみ出しや事故の危険性も減らしてくれます。

しかも高速道路の運転サポートもあるので、運転が不慣れな女性でも安心して遠出することも出来るんですよ!

走行性を比較すると意外に大きな差があった!?

ノアヴォクとセレナは運転視界にも違いがある

ノア/ヴォクシーとセレナの違いについてここまで見てきましたが、走行性を比較してみると実は意外と大きな差があることに気づけるんです。

例えば、運転席に座った視界の画像を見てみるとそこまで差がないように見えますが、ノア/ヴォクシーの方は車両感覚が掴みやすいように工夫していますし、セレナの方は運転席が少し高めになっているので従来の車体より、前方が見えやすくなっているんです。

では視界性を見たところで、次は走行性にはどのような差があるのか一緒に見ていきましょう。

ノアヴォクとセレナにはエンジンにも違いがある

 

そもそもノア/ヴォクシーに搭載されているHYBRIDと、セレナに搭載されているe-POWERはエンジンの仕組みから違うので走行性に違いが出てくるんですよ。

ノア/ヴォクシーのHYBRIDは電気とエンジンの機能が半々で動いているので、エンジンと電動モーターの両方を使ってタイヤを動かしています。

セレナのe-POWERのエンジンはこのようになっている

それに対しe-POWERは電動モーターでタイヤを動かし、電気が無くなり次第エンジンが駆動して、無くなった電気を供給しながら動く仕組みになっているんですよ。

e-POWERは自家発電しながら走る車と考えれば分かりやすいかと思います。

また、ノア/ヴォクシーのHYBRIDは低燃費・スムーズな加速が特徴で、セレナのe-POWERは滑らかな加速と力強い走りが特徴的になるんです。

でも実はe-POWERの方は、燃費があまり良くないと言われることが多いんですよね。

e-POWERは走行するときにアクセルの踏み方さえ気を付けてゆっくり踏めば、燃費がグンと良くなります。

急発進があまり得意なエンジンではないので、ゆっくりアクセルを踏んであげることが大事なんですよ。

どちらも特徴的な部分がありますが、e-POWERはアクセルの踏み方に工夫が必要のためHYBRIDの方が運転する上では楽に出来るのかもしれませんね。

欲しい車が買えないときは今の車を高く売る

家族で乗るからこそ気になる、細かな違いをまとめてみた

家族で乗るから気になる違いをまとめてみた!

さてここまで装備や走行性の違いについて見てきましたが、ミニバンというと家族で乗ることが前提の車体になるので、家族が乗るからこそ気になる違いも見ておかないと後々後悔することになるんですよ!

家族も乗ることを考えるとまた違った部分も見えてくるので、一緒に確認していきましょう!

3列シートの乗り心地は?

ノア/ヴォクシーとセレナの3列目シートも細かい違いがある

このタイプの大きさの車だと必ず3列目にもシートがあるので、座り心地も気になりますよね。

画像を見ていただければわかる通り、ノア/ヴォクシーは3列目シートの真ん中にプラスチックの部分がありますよね?

シートを収納するためには確かに必要な部分ですが、7人乗りなのにちょっとこれは邪魔に感じそうです。

セレナの方はというと、3列目シートの真ん中部分もきちんと布地のシートになっており、座りやすそうになっていますね。

3列目シートに2人以上座ることがないのなら、ノア/ヴォクシーで十分かもしれませんがフルで乗るのならセレナの方が座り心地が良いと思いますよ!

どれくらいシートアレンジができる?

セレナとヴォクシー/ノアはシートアレンジが多彩

しかし、2列目・3列目のシートのアレンジ力が高いのはヴォクシーの方。

ヴォクシーの方は2列目シートを広く移動できるため、運転席に近づけて雑談することも出来ますし、逆に2列目シートに座る場合はシートの片方を下げることによって2・3列目にお子さんが乗っていても簡単にケアすることも出来ます。

その他にも2・3列目シートを倒すことによって広いスペースを作り、寝転んで休むことも出来るのでお子さんがいる家族にとってはすごく嬉しいシートアレンジの1つだと思います。

セレナにはキャプテンシートもある

一方でセレナは7人乗りでも8人乗りのアレンジが出来るところが良いですね。

特にキャンプテンスライドシートがあると車内がゆったり広々と使えるほかに、座席の両側にアームレストがあるので長いドライブでも疲れにくくなっています。

ひじ掛けがあるだけで、座っている時の疲れがだいぶ変わるはずです。

セレナはウォークインスルーもラクラク

それ以外にも2列目真ん中のシートが移動できるので、これを移動することにより2列目・3列目でウォークスルーも可能になるんです。

いちいち車を降りて移動して…という手間が省けて車内だけで移動できるのでお子さんの世話もしやすくなりますね。

しかもこの真ん中のシートを下げることによって席を増やすことが出来るので、8人乗りに変えることも出来ちゃうんですよ!

乗り降りのしやすさはどちらが良いの?

ヴォクシーは乗り降りも楽に出来る

また、車と言えば乗り降りのしやすさも重要になってくるんです。

特に女性の方や子どもなどは降りにくいと乗るのも大変ですし、どうせなら乗り降りが楽な方が良いと思います。

床が高すぎると降りるときにお子さんがケガをする可能性や、女性はヒールを履いていると足を痛める可能性もあるかもしれません。

ノア/ヴォクシーはそのあたりも考えられているので、家族が乗り降りしやすいように床の高さは390mmとそこまで高くない設定になっているんですよ。

逆にセレナはサイドステップまでの高さが約400mmなので、実際に乗り降りすることを考えると400mmよりも少し床が高いと覚えておけばいいと思います。

こうやって見ると400mmと390mmだとすごく差があるように見えるかもしれませんが、単位をセンチに換算すると1センチしか差がないため、乗り降りに関しては気にするほどでもないといえるのではないでしょうか。

快適性・利便性はどちらが上?

バックドアも比較すると違いがある

そして快適性・利便性を比べてみるなら、セレナの方が利便性は優れていると言えるかもしれません。

例えばバックドアを見てみると、セレナはデュアルバックドアによって扉を半分だけ開ける機能がありましたが、ノア/ヴォクシーはバックドアをイージークローザーによって半ドア状態で閉めても全閉してくれる機能があるんです。

ノア/ヴォクシーの全閉してくれる機能も有難いですが、ドアの開け閉めのことを考えると、大きい荷物を積んでいない限りはセレナの方が利便性は高いと思いますよ。

しかし大きい荷物を積むことが多い人は、力を入れてバックドアを閉めなくても良いノア/ヴォクシーのイージークローザーの方が便利かもしれませんね。

用途によってどちらの方がよく使うのか考えてみると良いと思いますよ!

室内空間も細かい違いがある

さらに室内空間を比較してみると、今まで説明してきたシートアレンジ諸々のことを含めて考えれば、広く使えるのはノア/ヴォクシーの方と言えますね。

セレナは広く使う、というよりもシートアレンジ次第では7・8人乗りのアレンジに対応出来るのもあるので、様々なことに対して使い勝手が良いと言えるのかもしれません。

今の車を高くって良い車を買う!

総評と独断と偏見で選ぶおすすめ車種について

独断と偏見で選んだおすすめ車種!

ここまで色々とノア/ヴォクシー、セレナについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

どちらも似ている部分は多いものの、こうやって比較してみると細かいところに違いあるのが分かりましたね。

ここでは総評としてどちらの方が良いのか、独断と偏見でおすすめの車種を絞っていこうと思います!

総合的に見て価格と装備のバランスが取れているのは○○

ファミリーカーとしての居住性や生活面での利便性、走行性能やロングドライブの快適性に外観のイメージと、ミニバンに何を求めるかという部分はあなた次第になります。

しかし、総合的に見ると自分はノア/ヴォクシーよりもセレナの方が装備や価格などのバランスはとれているような気がしました。

セレナとノアヴォクにはこの様な違いがある

確かに加飾は多くありませんが、その分バックドアやシートアレンジと実用的な装備が多く、車内空間も広々と使えるんです。

一方でヴォクシーは2列目シートを幅広く使うことは出来ますが、車体の大きさがやや小さいので、セレナの後に乗るとどうしても狭さを感じる部分も出てくると思います。

この2つの車体の大きさは数字にして見ると小さな差ですが、実際に乗ってみると意外と気になる部分でもあるんですよ。

装備も子どもがいる家族層のことを考えると、セレナの方が使いやすそうなものが多かったと思います。

デュアルバックドアやハンズフリーオートスライドドアなどもそのうちの1つですし、何より車から降りなくても車内を移動出来るので、お子さんの世話もしやすいですよね。

特に家族で乗ることを考えると、ノア/ヴォクシーよりもセレナの方が使い勝手が良いと思ったため、自分はセレナの方が家族層向けの車体だと思いました。

 

独断と偏見で選ぶオススメ車種とその理由

でも、まだノア/ヴォクシーも…と悩んでいる人もいると思うので、ここではもっと分かりやすくするために、実際に独断と偏見でおすすめ車種を選んでみようと思います。

あくまで私個人のオススメなので、参考程度に見て下さいね。

グレード(オプション) 価格
e-POWER・ハイウェイスターV 3,499,100円
ナビレコツインモニターパック 471,154円
セーフティーパックB 222,200円
合計 4,192,454円

私がもしセレナを購入するのであれば、表の通りe-POWERのハイウェイスターVを購入すると思います。

理由としてはハイウェイスターVにすると様々な装備がオプションで付いているので、色んな機能が沢山使えますし、何よりe-POWERはゆっくり運転するのに向いているので、家族で団らんしながらのドライブもしやすいですよね。

特にハイウェイスターVに付いているハンズフリー機能やシートスライドなんかは家族で乗るときに最も活躍しそうな気がします。

それにナビレコツインモニターパックを付けると、ナビとドライブレコーダー、背面モニターがセットになっているので良いと思いますよ。

ナビとドライブレコーダーは今の時代あると便利ですし、背面モニターは駐車するときに役立つためあった方が運転は苦手な人にとっては良いですよね。

その他にも、安全機能も2つから選べますが個人的にはセーフティーパックBがおすすめです。

セーフティーパックBの方は、駐車支援システムやオートブレーキホールドもありますし、何よりプロパイロットがあるとアクセル・ブレーキのコントロールの援助をして、先進車を追随してくれる機能もあります。

ハンドルのコントロールも援助してくれるレーンブレーキもあるので、この2つの機能を使えば運転が苦手な人でも安心して運転が出来ると思いますよ!

この事から私が選んだのは、e-POWERのハイウェイスターVにしました。

 

安全機能等は好き好きによると思いますが、参考になれば幸いです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です