「修復歴あり」の中古車、買うのはアリ?ナシ?

「修復歴あり」の中古車。本来ならわざわざ修復歴がある車を選ぶ必要性は無いと言えるのですが、人によっては「望む条件に合う車」は限られますし「修復歴ありなら予算内で魅力の高いモデルに手が届く」といった事実がその気にさせるのです。

そこで、今回は敢えて「修復歴あり」の車も視野に入れていくというもう一つの選択肢もご紹介しておきます。

「修復歴あり」について

実際どんな車のことを指すの?

修復歴ありとは基本的にフレーム(骨格の部分)を修理した車を呼びます。
一般認識では「事故車」といった認識があり、ニュースで見かけるような派手に潰れた車をイメージする方も少なく無いでしょう。しかし、実際には「サイドメンバ・クロスメンバ・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフ・フロア・リアフロア・ラジエータコアサポート」という9つの部位のいずれか(または複数)を修復した車を指すのです。もちろん、その原因となるのは「事故である」といえますが、その度合いは大小様々です。

修復歴ありが安い理由は?

今あなたが持っている印象そのものが一番の理由です。
そもそも、修復度合いの大小にかかわらず、フレーム部分を修理した車には「修復歴あり」という表記が義務付けられています。その表記に対して多くの方は「不安を感じたり、験が悪い」というイメージが備わるため、避ける方が多いのです。そして、中古車市場はニーズがなければ価格が下がるという特性があるため割安になるということです。

修復歴あり中古車の選定基準

中にはお得な車も存在する?

「確実に存在する」と言える一方で「絶対に見つかる」とは言えません。
通常であれば修復歴あり車はおすすめとは言えません。しかし、修復の大小に関わらず「表示の義務があり価格も下がる」という特性を考えると、候補に挙げることはお得な1台を見つける秘訣でもあるのです。

そして気になる車を見つけたら「連絡を取って詳細を確認する」という手間を惜しまない方であれば、ちょっとしたポイントでお得な1台を見つけられるかもしれません。

修復歴ありの中古車を選ぶポイント

「どの部分を修復したのか」を確認しましょう。
修復歴ありの車を選ぶ場合の基準は人それぞれですが、ここでは基本的に軽度なもののみを目指したいと思います。それがどんなものかというと、修復歴を確認した結果が、上記の9つの部位の内「ルーフ(天井)」或いは「ラジエータコアサポート(骨組みの中で一番前面に当たる部分)」のみの交換を確認できれば一気にお買い得車と言えるかもしれません。

例えば、ルーフの修理で済んでいるのであれば「駐車場に停めていたところボールが飛んできてへこんだ(費用を出してもらって交換)」などといった事故が想定できますし、ラジエータコアサポートの修理だけで済んでいるということは「激しく衝突した」というより「勢い余ってポール等にぶつけてしまった」などの軽い事故が想定できます。つまり、「修復歴ありの中ではかなり軽度であるもの」ということが言え肝心の走行や安全性への影響も少ない可能性が高いと言えるのです。

もちろん、中には「そんな甘いものじゃない」という意見をお持ちの方もいるとは思いますが、一つの基準としては良いと思いませんか?確認するだけなら無料です。また、「上手いこと言いくるめられてしまいそう?」と心配な方は「ディーラーに限定して」確認を取っていくのも一つの手かもしれませんね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です