予算200万円で中古ミニバン探し!おすすめの1台はこれ!

これまで複数の記事でお送りしてきた「予算に合わせた中古ミニバン探し」ですが、今回はいよいよ予算200万円ですね。予算200万円といえば諸費用を除いた額で175~185万円。これはSクラスミニバンの新車車体価格(ベースグレード)に値する額です。ただ、中古車購入時は自動車取得税が安くなる他、ナビやオプション装備の費用などを考えるとまだまだ中古車の方が割安の場合が多い額ともいえます。

また、高級ミニバンの半額ほどの額でもあるので、おのずと選択肢が豊富であることは多くの方がお気づきでしょう。

そこで、今回も「クラス別の中古ミニバン選定ポイント」から始まり、「予算200万円なら是非狙いたいミニバン」をピックアップし順位付け。そして、中古車情報サイトでその車種を探し実例として挙げていますので、最後まで楽しんで頂けると幸いです。

予算200万円の賢いミニバン選び

予算200万円もあれば、どの車種でもそれなりの1台を見つけることが出来ます。しかし、予算200万だからと言っても、当然200万円のミニバンを選ぶ必要はないので、「費用は少しでも抑えたい」という方は、これまでの「50万円・100万円・150万円」の記事で伝えてきたポイントを元に中古車選びをして見ると良いと思います。

一方で「できるだけ200万円の予算を有意義に使いたい」という方は、モデルによる細かい装備の違いや燃費を重視して検討して見るのはいかがでしょう?単純に「気になる車種を予算内で選ぶ」方も多くいますが、視野を広げてみるともっと良い1台に巡り会えるかもしれませんからね。というわけで、クラス別にミニバン選びのポイントを見ていきましょう。

クラス別に考えるミニバン選定ポイント

Sクラス

「登録未使用車」「デモカー」「フリードHV」を狙いましょう。
Sクラスミニバンにおいて予算200万円といえば「もう少しで新車が買えてしまう」金額です。しかし、新車であることにこだわらない方にとっては登録未使用車やデモカーを視野にいれることはお得な買い物を出来るチャンスなのです。

「登録未使用車って何?」と思った方には「新古車」と言った方が馴染みやすいかもしれません。一方、デモカーといえば「展示車や試乗車」といった車のことで、多くの人が触れることから敬遠する方も多いでしょう。しかし、販売側としても購入予定者に「魅せるため」にもグレードや装備が充実した車も多く、基本的に年式や走行距離も少ないので検討してみる価値はあると思います。

その他にも新車では価格差によって躊躇してしまうハイブリッドモデルですが、中古車であれば状態と価格を自分なりに納得の行く範囲で調整できるのでおすすめです。しかし現状では登場して間もないシエンタHVには予算的に届かないので、選択肢はフリードHVに限られます。

Mクラス

古い車種との基本性能や燃費性能の違いに気をつけましょう。
200万円という予算があり、Mクラスのミニバンを検討している方で敢えて古いモデルを選ぶ方は少ないと思います。しかし、予算が200万円であるからこそ、車体色や走行距離、そして装備や外装・内装といった様々な細かい条件でミニバンを検討していく方も多いでしょう。

そんな中で、表面的な条件に合うミニバンを「○年落ち以内で」とざっくりした基準で探していると見過ごしがちな「性能面の違い」に気をつけたい所です。そこで、後から知って後悔する事の無いように、抑えておきたい基準を簡単な表にまとめたので参考までに。

車種名 生産モデル 魅力要素 実燃費
セレナ 2012年8月以降 S-HYBRID 12km/L前後
ステップワゴン 2013年12月以降 スマートキー搭載 11km/L前後
ヴォクシー(ノア) 2014年1月以降 人気の現行モデル 11km/L前後
ウィッシュ 2012年4月以降 室内質感の向上 12km/L前後
アイシス 2013年10月以降 安全性能の向上 12km/L前後
プリウスα 2011年5月以降 7人乗りのプリウス 19km/L前後
プレマシー 2013年1月以降 スカイアクティブ 12km/L前後
ビアンテ 2013年5月以降 スカイアクティブ 11km/L前後
ラフェスタハイウェスター 2013年3月以降 アイドリングストップ 10km/L前後
表補足
実燃費は多くのオーナーによる記録を参照

さて、表の説明ですが、多くの方が気になる実燃費が「リッター10キロを超えているモデル」を最低基準とし、その生産年以降のモデルが持つ魅力に注目してみました。中でもセレナ・プレマシー・ビアンテに関しては生産年に加えグレードによる違いが大きいので注意して下さい。ステップワゴンのスマートキーは「別に必要ない」と感じる方もいると思いますが「鞄から鍵を出さなくても良い」と言うのは地味に便利な機能なのでおすすめしておきます。

また、2014年に行われたモデルチェンジによって爆発的な人気を得ているヴォクシー(ノア)ですが、予算200万円ではまだ旧モデルが主体という現状です。そして旧モデルとの差は結構大きいので、現行モデルのイメージでヴォクシーに興味を持った方は、現行モデルの価格が下がるまでもう少し待ったほうが無難といえるでしょう。

Lクラス

エスティマの選択肢が広がっていますので注目してみてください。
正直、エスティマは予算150万円までと選択できる年式の古さはあまり代わりありませんが、人気グレードのアエラスの低走行車を始め、高グレードの1台が探しやすくなっています。しかも、ハイブリッドモデルにおいて2008年式の低走行車が目立っているのが特徴的です。2009年のモデルと比べ、顔つきに少し古さを感じる点が割安さの理由と言えるかもしれませんね。

また、予算150万円の記事では「5年・5万キロ以内」の1台が見つけやすいこともありオデッセイをおすすめしました。しかし、予算を200万円に上げてもまだスライドドア付きの現行モデルに届かないことを考えると、もう少し時を見たほうが無難と言えそうです。その他、ヴェルファイアやアルファード、そしてエルグランドといった「いわゆる高級ミニバン」もそれなりの1台が見つけやすくなっています。ベースグレードがメインではあるものの、予算200万円にしてやっと中古ミニバンの土俵に上がってきてくれた感じですね。

実例も紹介!予算200万円で買えるミニバンランキング

表1(全体の平均値)

順位 車種名 年式平均 車体価格平均 走行距離平均
1位 セレナ 2009(平成21)年式 142.4万円 5.1万km
2位 フリードHV 2012(平成24)年式 184.9万円 2.4万km
3位 プリウスα 2012(平成24)年式 196.8万円 3.3万km

表2(おすすめモデルの平均値)

順位 車種名 年式平均 車体価格平均 走行距離平均
1位 セレナ 2012(平成24)年式 202万円 2.5万km
2位 フリードHV 2012(平成24)年式 184.9万円 2.4万km
3位 プリウスα 2012(平成24)年式 196.8万円 3.3万km
表補足
数値は中古車情報サイトを参考にしたものです

おすすめモデルの生産時期は以下の通りです

  • セレナ:2010年11月以降に生産されたモデル(現行モデル)
  • フリード:2011年10月以降に生産されたモデル(現行モデル)
  • プリウスα:2011年5月以前に生産されたモデル(現行モデル)

セレナ

セレナ 2.0 20X S-HYBRID

セレナ 2.0 20X S-HYBRID

休日によく家族でのお出かけする方におすすめの中古ミニバンです。
こちらの元オーナー(ワンオーナー車)はきっと家族想いの方だったのですね。そのように思う理由ですが、そもそもファミリー向けの車として評判の良いセレナという選択から始まり、無駄に家計を圧迫しない中でベストな選択とも言える「標準装備も充実したS-HYBRIDのベースグレード」を選んでいます。

また、運転する立場で考えれば魅力に感じるプッシュスタートというオプションは付けない一方で、費用を抑えたいだけなら普通は付けない「純正HDDナビと純正フリップダウンモニター」はオプションで付けるという点からは子供に対する思いやりが感じられます。その他にも、状態の良さそうな内外装からも雑な扱いをしていた方では無いことが伺えるからです。

そんなことから、小さなお子さんを含む家族で出かける機会の多い方におすすめしたい1台です。と言っても、上記は全て勝手な想像に過ぎませんが、得られる情報を総合すると「そのような物語がふと想い浮かんでしまう1台」という事であしからず。

セレナ 2.0 ハイウェスター S-HYBRID Vセレクション

セレナ 2.0 ハイウェスター S-HYBRID Vセレクション

ドレスアップされた外観を好む方におすすめの中古ミニバンです。
「年式が新しく状態の良い車」つまり、一般的にお得に感じる中古車を見つける秘訣はベースグレードであることです。しかしさすが予算200万円と言ったところでしょうか。好みの「色・グレード・装備を備えた1台が見つけやすい」ことを象徴したような1台です。

狙いのS-HYBRIDはもとより、あると便利な両側パワースライドドアやスマートキー&プッシュスタートといった近代システムが備わっています。そしてフルエアロでドレスアップされているのでベースグレードとの外観の違いを演出したい方におすすめの1台です。

セレナ中古車選びまとめ

ミニバン市場においてセレナは「2008年から6年連続で年間の販売台数1位を継続した」という事実が示す通り多くの方から高い評価を得ているミニバンです。そんなセレナの魅力の一つであるS-HYBRIDというグレードをメインの選択肢として入れられる200万円という予算であれば、やはり1位という順位が妥当だと言えるでしょう。欲を言えばe麻雀しーブレーキシステムを含む「先進安全機能」を搭載したモデルを視野に入れられれば言うことなしなのですが、それはもう少し先の話(レンタカー落ちという選択肢ならある)と言えそうです。

フリード

フリードハイブリッド 1.5 ジャストセレクション

フリードハイブリッド 1.5 ジャストセレクション

全てが揃っている1台をお探しの方におすすめの中古ミニバンです。
詳細を覗いてみると写真を見る限りでは内装・外装共にとても状態がいい様です。しかも上記画像に「カーセンサー認定」という一文が見えると思いますが、そちらでも高い評価が付けられているので信憑性も高いといえます。また、標準装備が充実しているジャストセレクションというグレードに加え、HDDナビやバックカメラ、そしてビルトインETCと言った付属品が充実している点も魅力です。

その他にも、「多くの方が付けている」というシートカバー(レザー調)が付属している点も見逃せません。確かにお子さんが粗相をしても汚れが拭き取りやすいのは良いですよね。また、純正のスポーティーなアルミホイールを履いているので外観としてもすっきりして見栄えも良いです。と言っても、必要に感じる装備や好みは人によって違うので一概には言えませんが、ほぼすべての揃っている1台というのも珍しいので満足の行く方も多いのではないでしょうか?

フリードハイブリッド 1.5 ジャストセレクション

フリードハイブリッド 1.5 ジャストセレクション

7人乗りで少しでも安い1台を探している方におすすめの中古ミニバンです。
一見すると先ほどのフリードと似たような条件ですが、実は大きく異なる点があります。まず、同じ2013年に登録されたジャストセレクションなのにこちらは「標準装備であるはずの両側パワースライドドア」が付いていないこと。これは即ち、2012年11月以前に作られたモデルを2013年に登録したという証と言えます。

そしてもう1点、登録からまだ3年が経過していないのに「車検の残りが無い」こと。こちらは確証こそありませんが、おそらく自社で「代車として利用していたもの」ということが考えられます。どうしてそんなことが言えるかというと、個人利用ではなく営業利用(レンタカー等)の場合、初回車検が2年後だからです。本来であれば他の事情も考えられるのですが、今回はディーラーからの出品なのでほぼ間違いないでしょう。

と、これだけ話すと「何だか騙されているみたい」と感じる方もいるかもしれませんが、ものは考えようです。7人乗りでかつ「ディーラーが管理していた車=メンテナンスはされていたはず」ということを考えると、「車検が丸2年付いて来てこの価格差はお得」と感じる方も多いのではないでしょうか?

フリード中古車選びまとめ

一時期に比べてガソリン価格は落ち着きを見せていますが、やはり燃費が良いコンパクトミニバンは多くの方にとって魅力なはずです。しかも200万円と言う予算で選択できるハイブリッドミニバンはまだ少ない事からフリードHVを2位という位置につけさせていただきました。また、フリードHVは2011年に登場して以来、数字上の燃費性能は変化していません。その為、もう少し年式の古いものを選べば予算を抑えることも可能なので、好みに合わせて色々と検討してみることをおすすめします。

プリウスα

プリウスα 1.8 S

プリウスα 1.8 S

燃費の良さを最大限発揮出来る(沢山走る)方におすすめの中古ミニバンです。
2年落ちで4.6万キロと大分過走行気味のプリウスα。一見するとフリード同様、「登録から3年過ぎていないのに車検の残りが無いためレンタル上がり」と決めつけ、敬遠する方も多いでしょう。しかし実際はワンオーナーと言う記述があるので「所有者となった販売店が税金を払わずに済むように」等といった諸事情により登録を抹消した可能性も考えられます。

しかも整備記録簿も付いているということで、状態は思うほど悪く無い可能性が高いです。つまりご自身も沢山走る予定で「経年劣化の少ない1台を割安で購入できるチャンス」と考えられる方におすすめの1台と言えそうです。

プリウスα 1.8 G

プリウスα 1.8 G

上質感を求める方におすすめの中古ミニバンです。
プリウスαのグレード選択はとてもシンプルです。ヘッドランプやフットライト、シートの素材やステアリングやパネルと言った内装の上質感、そしてクルーズコントロールが付いているか否か。また、一部を除きオプションによる追加を可能としないことによってグレードの違いがハッキリしています。

しかし、クルーズコントロールは高速道路をよく利用する方にとってあれば便利な一方で、買い物や近距離の通勤でしか車を使用しない方にとってはまず不要なものです。つまり、さほど決め手になる装備とは言いがたいので、あくまで上質感を求めたい方におすすめの1台と言えるでしょう。

プリウス中古車選びまとめ

さて、トヨタのラインナップ上ではミニバンというくくりに入れられていないプリウスαですが、ミニバンに求められる要素の一つである「人を多く乗せられる」という特徴を兼ね備えた車です。そして「スライドドアで無くても構わない」「3列目はあくまで予備」という方も一定数いることを考えると「圧倒的な低燃費を誇るMクラスミニバン」とも言えることから、今回3位としてピックアップしました。ただし、5人乗りに対して7人乗りのプリウスαの絶対数が少なく、探すのに苦労するのが難点です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は200万円という「ほぼどんな車種でも候補に入れられる予算」だからこそ「買った後もお得に乗れるミニバン(ハイブリッド車)」に注目してみました。もちろん「お得」に対する価値観は人それぞれなので参考程度ではありますが、少しでも役に立てたら嬉しく思います。そして最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です