女性に人気のミニバン総選挙。私のミニバン見つけよう!

ミニバンといえば男性やファミリー向けの車。
そんなイメージを持つ人も多いようです。現に男性ドライバーも多いですし、メーカー側も、ファミリー向けに安全機能やママさんを意識したオプションなどを前面に打ち出しているのでそう思うのもしかたがないかもしれませんね。

ただ、世間の認識やメーカーの意向はさて置き、当然ながらファミリーでなければ乗ってはいけないルールなんてものはありません。スライドドアは子供がいなくても便利な場面は多いですし、最近はアウトドア女子会も流行っていて、人や荷物を載せられる広い車は独身女性の需要だって高いのです。

しかし、そうは言っても「普段は街乗りがメインだからコンパクトなほうが…」「大きな車を駐車するのは苦手で…」といった葛藤もあることでしょう。そこで、今女性に人気のミニバンを「ママさん」「20代の独身女性」「30代の独身女性」と状況に合わせたミニバン選びのお手伝いをします。

ママさんに支持率の高いミニバン3選

1位、セレナ
2位、フリード
3位、ステップワゴン

「セレナはミニバンNo.1」というフレーズでお馴染みの日産セレナが一位を獲得。2位はコンパクトミニバンに属し運転がしやすいフリード。そして3位には定番とも言えるステップワゴンがランクイン。それでは各車種の特徴を見ていきましょう。

各車種の安全性を比較

セレナ

安全性の面でもセレナが最も優れていると言えます。
その理由は便利な機能の数々。衝突防止システムであるエマージェンシーブレーキは「警告音が鳴るだけでもかなり助かる」と口コミでも高い評価を得ています。また、上から見下ろす感覚で駐車可能な「アラウンドビューモニター」も「駐車が楽になった」と駐車嫌いなママさん方に好評です。

フリード

運転性のしやすさで言えばフリードが敵なし。
やはりコンパクトミニバンに属しているだけあって、他のミニバンと比べるとサイズも小さく小回りが利くようですね。また、小さいだけあって「駐車や小道を走るときにストレスがなくなった」という現オーナーの感想も多いです。

ステップワゴン

ママ目線で作られたというステップワゴン。
「わくわくゲート」というテールゲート(荷物置きの一番後ろのドア)が案外好評。当初は「こんな機能いらねえだろ」という意見も多かったのですが、いざ使ってみると「開閉や荷物の積み込みが楽ちん」との意見が多いですね。そのほかにも日々の運転を安全、楽にする「車線維持支援システム」「路外逸脱抑制機能」も高評価を受けています。

新車価格、月々のローン代金、維持費を比較

セレナ フリード ステップワゴン
グレード 20X(エマージェンシーキー標準装備) G B
新車価格 2,452,680円 1,778,400円 2,385,200円
諸費用合計 2,636,409円 1,981,520円 2,546,850円
5年ローン合計額

(金利5%)

2,989,203円

(264万円計算)

2,241,903円

(198万円計算)

2,887,299円

(255万円計算)

月々の支払(頭金、ボーナス払いなし) 49,820円 37,365円 48,122円
残クレ購入(60回ボーナス払いなし) 月々約32,000円

(頭金20万円)

月々約25,000円

(頭金20万円)

月々約32,000円

(頭金16万円)

任意保険価格 月々5000円前後 月々4000円前後 月々5000円前後
燃費(実燃費) 10km/L前後 12km/L前後 9km/L前後
シミュレーションはベースグレード、オプションなしで計算しています。詳細な見積もりはリンク先からご覧ください。
3車種の中で最も維持費が安いのは「フリード」。
セレナ、ステップワゴンが属する「ミニバン」と比べると「コンパクトミニバン」に属するフリードは車両価格、任意保険料も安くなっています。ボーナス払いナシで月々2万5千円程度というのはかなり魅力的な数字ではないでしょうか。

続いて「ステップワゴン」「せレナ」の順となります。
両社とも月々の支払的にはあまり変わりありません。あとは自分の欲しいオプション状況によって支払額が変わってきます。ステップワゴンでは9.0型大画面のデカナビも選べます。2画面同時表示にも対応しており「ナビとテレビを同時に表示」なんてこともできます。お子さんにテレビを見させながらナビで目的地へ行くことなんて荒業にも対応できるということですね。ただ、少しお高いですが「後席専用モニター」をつける方には必要ありませんので注意を。(セレナ、ステップワゴンともに選択可能)

燃費でもフリードが圧勝。
リッター12km/Lは今のエコカーブームからすれば決して良いとは言い切れませんが、ミニバンということを考えると満足できる数字ですね。ステップワゴンが10km/Lを切っているのは少々評価できませんが、多くの機能が燃費悪化に影響を与えている可能性もございます。これは安全を考慮するとしょうがないとも言えるのではないでしょうか。

20代女性はコンパクトミニバンが最適。おすすめ3選

1、ホンダ・フリード
2、トヨタ・シエンタ
3、トヨタ・ウィッシュ

20代女性向けには、「コンパクトで小回りが効きく」ホンダ・フリード。「丸みのあるデザイン」で可愛い外観のトヨタ・シエンタ。若い世代に人気な「割安感とワゴンっぽい外観」のトヨタ・ウィッシュ。といった3車種をピックアップしてみました。続いてこれらの車種がオススメの理由を見て行きましょう。

20代にオススメのワケ

選定基準は価格と安全性、そして運転のしやすさです。
20代といえば、初めての車、或いは初の乗り換えと言った年齢です。そこで、今回ピックアップした車の特徴を上げていくと、まず価格ですが、どれもミニバンとしてお手頃なものを選びました。

安全性

安全性においても問題なしです。
初めての車購入や、コンパクトカーからの乗り換えに際して駐車する時の後方確認に不安を感じる方も多いでしょう。こちらはフリード・シエンタ・ウィッシュ共にオプションの純正ナビとセットで装備できるバックモニターを付けることで解消されます。ハンドル操作と進路予想ラインをナビ画面に表示してくれるのでとても便利ですし、ぶつけたりする心配も減ります。その他、横からの追突に備えたエアバッグが3列目までしっかりとあるのはもちろんのこと、横滑りや急なハンドル操作時にも車を安定させてくれる機能が各車種ともに標準装備なので安心です。

運転のしやすさ

運転のしやすさはコンパクトカーよりもミニバンの方が上です。
「コンパクトで、高い視点と広い視野」を備えるミニバンは運転経験の少ない20代女性にこそオススメなのです。そして、運転とは直接関係ないものの、「いざという時に人を多く乗せられる」「シートの組合わせを変えれば載せられる荷物も自由自在」といった点でも、これから様々なアクティビティーに目覚める可能性の高い20代にはオススメなのです。

独身女性がミニバンって変・・・?

ところで、「独身女性がミニバンに乗るのは変でしょうか?」と不安に思っている方もいるようですね。そんな方には「生活の足」という捉え方と、楽しみに対しての「移動の手段」としての捉え方をご紹介しましょう。

若い女性がミニバンに乗ってはいけない理由なんてありません。
車を生活の足という捉え方をしている方にとっては、「人を載せないのであればミニバンは必要ない」「維持費を考えたら軽自動車やコンパクトカーが良い」というのも当然な考え方です。また、そんな考えのせいか、或いは女性=家庭的という勝手なイメージを持っているせいか「女性は軽自動車が似合っている」とアドバイスをする男性も多くいます。

ただ、そんな意見は無視して自分の乗りたい車に乗ってはいかがでしょう?だって今は女性も楽しみのために車に乗るのですから。

アウトドア女子会なんてのもアリ

アウトドア女子会にも最適です。
楽しみに対しての移動の手段という捉え方をする方にとっては、アクティブに活用する方も多いです。女性同士でスノボーに行ったり、アウトドア女子会を企画する事も当たり前の時代です。例えば最近では手ぶらで楽しめるBBQ女子会やデイキャンプ女子会、そしてアクティブ女子会なんてものまで、自然を満喫しながらの女子会にコンパクトミニバンは大活躍出来るのです。みんなでわいわいしながらの道中もきっと楽しいですよね。車内を広く取るか、大人数で話題を共有するか、ミニバンならではの選択肢とも言えます。

どちらの捉え方を持って車を購入するのかはあなたの自由です。そして、上記のミニバンの中から選ぶのであれば、外観や内装の好みで決めても遜色のない仕様となっています。

給料いくらだったら乗れるの?

今回ピックアップした3車種であれば手取り12~13万円からでも乗れます。
20代の女性といえば、未婚で実家暮らしの方も多いでしょう。そんな方であれば初任給程度の収入でも車を持ててしまうのが近年の車事情です。もし、既に一人暮らしをしているのであれば、この手取り額に家賃等の生活費も考慮してみて頂ければと思います。続いて、その根拠なども話していきます。

購入費用は諸経費込みで200~230万円で考えましょう。

20代といえば、初めての車、或いは初めての買い替えの方が多い事を踏まえ、内訳としては一番低いグレード+ナビ&バックモニターを付け、一般的な値引き実績を踏まえた上で算出しています。これを元に各車共に利用できる月々の支払いが楽になるサービス(※)を利用すると、シエンタで月額大体2万3千円位、フリード・ウィッシュで大体3万円位となります。(シミュレーション値)

近年車を購入する時のローンの選択肢として「残価設定型」のサービスが定着しつつあります。こちらは、多くの方が車を買い換える3年~5年後(今回は5年で計算)の「下取り価格分を差し引いた金額」でローンを組めるサービスで、月々の支払いが通常のローンに比べて低くなるのが特徴です。

結局月々どれくらいかかるの?

月々にかかる費用は合計で約4~5万円ほどです。
上記のローンに加え、月々の任意保険料が4千円前後~が必要です。(20代は特に年齢や等級、保証内容によって大きく変わります)そして駐車場代とガソリン代を加えるわけですが、通常1万円~2万円で収まるでしょう。(都心部を除く)因みに、実際に乗っている方からの情報を参考にすると実燃費は大体1リットル当たり12キロ程度(シエンタはもう少し良い)となっていますので、通勤にも車を使う場合には月に掛かるガソリン代の参考にしてみてください。

以上のように、実家暮らしの方で定職に就いていれば、生活を圧迫するような額では無いことが分かります。一方で、一人暮らしの方の場合は車を持つことによって他のことにお金がかけられない様では元も子もありませんので、あくまで参考程度に、ご自身の収入や生活環境も合わせて考えて頂ければ幸いです。

30代独身でかっこよく乗れるミニバンはどれ?

1位、ステップワゴン
2位、ヴォクシー
3位、フリード

1位は人数を載せた時でも感じられるパワフルな走行、そして低重心で安定した走行を兼ね備えている「ステップワゴン」。2位は2014年にミニバン販売台数1位を獲得したトヨタの「ヴォクシー」。3位はやはりコンパクトなボディーと車内の空間の広さを兼ね備えたホンダのフリードがランクイン。それでは具体的にどんな所が30代独身女性の心を掴んでいるのか見て行きましょう。

結構多い。独身女性のミニバン乗り

30代の独身女性はお一人様にも慣れたもの。
単身車で旅行に行くにしても、沢山の荷物を載せられてゆったりと乗れる車が良いですよね。以前は友人たちと行っていたスノボーだって、今では自分のペースで滑れる楽しみを知り一人で満喫している方も多いです。しかも広い居住空間を活用して車中泊する方だって少なくありません。一方で「小さい車だと煽られる事があるから嫌」という声も良く耳にします。そんな30代独身女性は以下の様なポイントでもミニバンを評価しています。

ステップワゴン

ステップワゴンは3列目シートを床下に格納できてステーションワゴン感覚でも乗れます。30代独身女性の多くは基本的に3列目シートは使わずステーションワゴン感覚で乗るのが通です。しかも一般的なミニバンの3列目といえばサイドに跳ね上げるタイプですが、ステップワゴンは床下に格納できるので荷物を載せる時でもシートが邪魔になりませんし、何よりスッキリしているのが評価ポイントです。

ヴォクシー

ヴォクシーは視界が広く安心感があるのが大きなポイントです。
運転席からの視界がいいのはミニバンの共通するところですが、ヴォクシーはそれに加えて、前面の計器類が三角形の小窓から見る時に邪魔にならず、斜め前方の視界もかなり良く死角が減っているのが大きな特徴です。こういった単純な走りとは別の運転のしやすさが大きなポイントとなっています。因みに3列目の収納は跳ね上げタイプではあるものの「女性でもラクラク上げられる」という口コミが多いです。

空間・コンパクトミニバンならではの運転のし安さも捨てがたいです。
ミニバンの空間を確保しながらも、コンパクト設計ならではの駐車のしやすさや小回りの良さは30代独身女性にも評価されています。街乗りがメインならやはり少しでもコンパクトな方が便利は良いですよね。

高級感を求めるなら(ヴェルファイア、アルファード)

キャリアを積んだ30代独身女性ならヴェルファイア・アルファードもかっこいいです。30代で独身だからといって「負け組」なんて感覚は古いです。今は女性だってキャリアを積む時代です。「仕事を頑張っていて気がついたら30代になっていた」そんな自分をむしろ誇らしく思って下さい。そして、そんなあなたにピッタリのミニバンとしてヴェルファイアやアルファードと言ったワンランク上のものでいかがでしょう?実はこれらの高級志向のミニバンに乗る独身女性だって意外といるのです。成功している女性を追うテレビ番組でもたまに見かけませんか?

「女性には大きくて扱いにくい」と言うのは考え過ぎです。

ミニバンの中でもトップクラスの広さを持つヴェルファイアやアルファードですが「女性には扱いにくいのではか?」そんな不安もきっとあることでしょう。しかし、実際のところは座面の高さや視界の広さと言った点では他のミニバン同様「体の小さな女性にも向いている」というのが実際の所です。つまり「大きいから無理」なのではなく、運転の感覚や駐車のしにくさというものは慣れの問題です。現に女性大型トラックドライバーやバスの運転手もよく見かける時代ですものね。

女性に人気のミニバン総選挙まとめ

いかがでしたでしょうか?

年代や状況別にお勧めのミニバンを紹介してきましたが、女性がミニバンに乗るのは当たり前の時代です。

自分の状況に合わせ、皆が納得する無難な車選びも良いですが、ただ単純に自分の好きな車に乗るのも悪いことではありません。少しでも参考になれば幸いです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です