デリカD:2/カスタム グレード毎の違いをカンタンに解説。特徴や魅力は?

三菱デリカ

三菱自動車から販売される、日本向け初のスズキOEM車がデリカD:2です。

2017年1月現在では、2代目が販売されています。ソリオがOEM元となっているのですが、ソリオとデリカD2の基本設計に大きな違いはありません。

ただ、グレード体系や装備内容は三菱の個性が出るものとなっています。グレード体系にこめられた「個性」とは何かを知るべく、各グレードの魅力や特徴についてまとめてみました。

デリカD:2/D:2カスタムのグレード表

グレード 価格
HYBRID MX 1,787,400円(1,913,760円)
HYBRID MZ 1,933,200円(2,059,560円)
HYBRID MZ Navi Package 2,060,640円(2,187,000円)
CUSTOM HYBRID MV 1,963,440円(2,089,800円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

最低価格は約178万円、最高価格は約206万円となっています。

グレード間の価格差は、最大で約28万円です。ナビパッケージやカスタムなどを含め、4つのグレードがあることを考慮すると、価格差は小さく感じられます。

デリカD:2はスズキ・ソリオのOEM車です。ソリオのMX・MZよりも、やや価格が高くなっています。ソリオとの違いはそれほど多くありません。グレード設定で考えるなら、ナビパッケージの設定が違いと言えるでしょうか。

カスタムはソリオバンディッドのOEMとなるもので、違いと言えるかは微妙なところです。ただ、ここではソリオとの違いはあまり触れません。デリカD2の各グレードに焦点を当てることにします。

MZとナビパッケージの価格差がそれほど大きくありません。純正ナビを搭載した以外に何か違いがあるのかが、気になるところです。

各グレードの特徴、捉え方

MXはハロゲンヘッドランプを搭載しているグレード、MZはディスチャージヘッドランプを搭載しているグレードです。そして、カスタムはLEDヘッドランプとなっています。

このように、ナビパッケージ以外はヘッドライトの種類でグレードの区別ができるのです。

ナビパッケージには、全方位モニター付のメモリーナビゲーションが装着されています。ヘッドライトの種類などはMZに準拠しており、ほとんど違いがありません。

MXとMZとの間には装備や機能の違いが多数ありますが、MZとカスタムの間にはあまりありません。このように、装備内容で各グレードの特徴をつかむことができるのです。それでは、どのような装備設定となっているのかを、これから見てみましょう。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

デリカD2は、安全装備や収納などが豊富で、その全てが全車標準装備となっています。インテリアの機能や装備など、需要の高いもののほとんどが全車標準仕様となっているのです。その中で、どこに違いがあるのかを見てみましょう。

これから挙げる装備は、下記PDFより一部抜粋しています。
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d2/spec/pdf/delica_d2_equip.pdf

全グレード共通の標準装備

  • フロントバンパー・リヤバンパー(エアロ形状)
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 運転席シートヒーター
  • 助手席シートヒーター(4WD車のみ)
  • 左右独立式リヤシートスライド&リクライニング機構
  • パーソナルテーブル(ドリンクホルダー各2個、ショッピングフック各3個、折りたたみ格納式)(後席左右)
  • e-Assist
  • クルーズコントロール
  • オートストップ&ゴー(AS&G)(コーストストップ機能付)
  • 後席左側ワンアクションパワースライドドア[挟み込み防止機構付]

デリカD2は、全車標準仕様の装備が多く、豪華です。特に安全関連装備に関しては、全てが全車標準仕様となっています。e-Assistやクルーズコントロールがその代表です。

e-Assistには、衝突被害軽減ブレーキシステムや前進時の誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能が含まれています。これだけの安全機能が揃っていれば、安心ですね。

運転席シートヒーターや左右独立式リヤシート、パーソナルテーブルなど、インテリアの利便性を高める装備も充実しています。収納に関しても、全てが全車標準仕様となっているのです。

グレード間の価格差が小さいと述べましたが、その理由が全車標準仕様の豪華さにあります。

HYBRID MXの装備、インテリア、エクステリア

三菱デリカD:2HYBRID MX外観
三菱デリカD:2HYBRID MX内装
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納なし)
  • ウレタンステアリングホイール
  • フルオートエアコン[エアフィルター付]
  • 左右独立式リヤシートスライド&リクライニング機構
  • オーディオレス仕様

全車標準装備と合わせると、「これで十分だ」と思わせる説得力が装備内容から感じられます。現代の車の標準仕様、そのほとんどがここに詰まっているといったところでしょうか。過不足なしで、とても手が出しやすいです。

デリカD2はソリオと違って、マイルドハイブリッド車のみの設定となっています。そのため、純粋に装備の違いでグレードを選ぶことが可能です。

MXでこれだけの満足感を得られるとなると、MZに期待と不安が募りますね。

HYBRID MZの装備、インテリア、エクステリア

三菱デリカD:2HYBRID MZ外観
三菱デリカD:2HYBRID MZ内装
  • ディスチャージヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]
  • LEDポジションランプ
  • オートライトシステム
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDイルミネーションランプ(フロントグリル)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納あり)(LEDサイドターンランプ付)
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[エアフィルター付]

ライト周りに、MXとの違いが多く集まっています。

ディスチャージヘッドランプ(HID)は、寿命がハロゲンの数倍と言われています。使い方によっては、10年交換しなくても済むということもあるのです。ただ、MXとの価格差を考えれば寿命に関しては気にする必要はないでしょう。

寿命が長いことによる節約額より、MZにするコストのほうが高いです。装備内容と価格差は妥当であり、納得はできますが、お得感はありません。

HYBRID MZ Navi Packageの装備、インテリア、エクステリア

三菱デリカD:2HYBRID MZ Navi Package外観
三菱デリカD:2HYBRID MZ Navi Package内装

MZとの違いは、メモリーナビゲーションを搭載しているということのみです。価格差から考えても、妥当ですね。

メモリーナビゲーションは、フルセグTV・DVD/CDプレイヤーに対応しています。AM/FMラジオを聴くことも可能で、Bluetoothを使うこともできるとのことです。近年のナビの標準仕様と言えるでしょう。

全方位モニターやハンズフリーマイク機能が、このメモリーナビ最大の注目点です。

CUSTOM HYBRID MVの装備、インテリア、エクステリア

三菱デリカD:2CUSTOM HYBRID MV外観
三菱デリカD:2CUSTOM HYBRID MV内装
  • 専用フロントグリル
  • 黒塗装+加飾バックドアガーニッシュ
  • LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • ピアノブラック インパネセンターガーニッシュ
  • 専用ファブリックシート
  • 専用165/65R15タイヤ+アルミホイール

専用フロントグリルによって、フロントフェイスが若干変化しています。LEDヘッドランプも、他のランプと比べて精悍な目つきをしており、イカツさと高級感を演出していますね。

フロントフェイスの差別化はできていますが、リヤは差別化がされていません。この点が少し残念ですね。もう少しリヤにも気を使い、標準車との差別化を図れば、雰囲気が大きく変わったのではないでしょうか。

MZの装備を基本として、エクステリアやインテリアに違いを持たせたカスタム。MZとの価格差はとても小さいですが、それでも選ぶ意味はあまりないのではないかと思わされます。

LEDヘッドランプ目当てに購入するのであれば、納得できるのではないでしょうか。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

デリカD2の各グレードの魅力は、価格であったり装備内容であったり、さまざまなところにあります。

一概に言えない部分も多いですが、ひとつまとめて言えることは各グレードの魅力が「MX」によって左右されているということです。

HYBRID MXの魅力、選んでいる人はこんな人

三菱デリカD:2HYBRID MX内装

MXの魅力は、なんといってもその安さでしょう。

本体価格約178万円で、これだけの装備・仕様が詰まっているのです。これほどコストパフォーマンスの高い車は、なかなか見られません。必要な装備が全て揃いますし、リヤシートアレンジなどインテリアも十分便利に使えます。

ファミリーカーとしても、需要が多いです。

マイルドハイブリッドの性能も、決して悪くはないです。モーターアシストは自然な味付けで、「めっちゃアシストされてるやん!」というようなハッキリとしたものでは、ありません。

アシストされている感覚はなくとも、もともとのエンジン仕様よりも強いパワーが出ます。

補助されている感覚が強くあるほうが良いという方もおられますが、シームレスにアシストとその解除が行われるほうが、運転していて違和感がなくて良いのではないでしょうか

HYBRID MZの魅力、選んでいる人はこんな人

三菱デリカD:2HYBRID MZ内装

MXと比べると、どうしてもMZは霞んで見えてしまいます。ほとんどの装備を全車共通仕様としているからこそ、MZはその役割を失いかけているのです。

装備や機能が強化されていることは確かですが、どれも「なくても困らないもの」でしょう。たとえば、MXがアナログ操作のエアコン装備で、MZがフルオートエアコンなら、MZの装備の価値はとても高いです。

エアコンは元からフルオートで、マルチリフレクターハロゲンは親しみやすく選びやすい……。純正ナビを搭載したパッケージが用意されていることに、需要が集まっています。

HYBRID MZ Navi Packageの魅力、選んでいる人はこんな人

三菱デリカD:2HYBRID MZ Navi Package内装

MZを素の状態で購入する方はあまりおられず、大勢の方がナビパッケージを選んでおられます。

全方位モニターが付いているというところが、とても便利です。安全性も運転のしやすさも向上します。ファミリーカーとして考えている場合、ナビパッケージを購入する意味は大きいでしょう。

CUSTOM HYBRID MVの魅力、選んでいる人はこんな人

三菱デリカD:2CUSTOM HYBRID MV内装

カスタムはMZと装備のほとんどが変わらず、エクステリアやインテリアの変更も中途半端といった印象を受けます。バンディットのOEM車ということですが、これを設定した意味はあったのか、正直疑問です。

インターネット上でもあまり売れているような雰囲気はなく、需要は少ないでしょう。

総合的に売れているグレードを考察

デリカD2のおすすめグレードは、MXです。

デリカD2は、恐らく「純正メモリーナビを付けるかどうか」でグレードを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

私も、そのような選び方をおすすめします。付けるならナビパッケージ、付けないならMXを選ぶとお得でしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です