予算100万円で中古SUV探し。おすすめはどれ?

今回は予算100万円で中古のSUVを探していきたいと思います。

そもそも100万円出したらどんな車が買えるイメージを皆さんはお持ちですか?

100万円でパッと思いつくのは新車の軽自動車か中古車でも限られた条件の車になってくると思います。

そもそも予算100万円ということは、この中に車両本体と諸経費がかかりますので、諸経費が15万円~25万円くらいかかるとすると車両本体にかけられる金額が75万円~85万円程度になるわけです。

85万円という金額で考えるとジュークやヴェゼル・CX-3の様なSサイズのSUVの新車価格の1/2にちょっと足りない程度となり、エクストレイルやCX-5やアウトランダーのようなMサイズの車の1/3の価格で、ハリア-やプラドなどの高級SUVだと1/4~1/5程度になってしまいます。

Sクラスであれば85万円で年式が新しい車や走行距離の少ない車を選ぶ選択肢が増えますが、Mクラスや高級SUVになるにつれて購入できる車の年式や走行距離は限られてしまいます。

では今回の予算100万円でねらい目なSUVはどんなSUVなのかを一緒に見ていきましょう。

予算100万円だとこんなSUVが狙い目

予算100万円で買える車を一言で表すならば、「年式は多少古く、走行距離もそれなりに走ったSUV」になると思います。

特にSUVは人気の中古車市場なので車の流通台数も多く入れ替わりも激しいです、その中でも気に入った車を見つけることができると思います。

まずポイントとなるのは年式と走行距離になりますので、車のタイプ別に動向をチェックしていきましょう。

Sクラス

2010年~2012年式のJUKEがおススメです。現在SクラスのSUVで売れ筋はホンダのヴェゼルとマツダのCX-3に日産のJUKEがあげられます。

どれも人気の高い車ですが、ホンダのヴェゼルは2013年に日本市場に登場したばかりでまだ年数が浅いことと、2年連続SUVで売り上げNO1に輝いていることもあり人気は上々で中古車市場の値崩れも起きにくい状況なので、この予算での購入は不可能に等しい。

またマツダのCX-3も同様で2014年に販売されて間が無いことと、クリーンディーゼルという次世代エンジン搭載車のみなので暫く値は落ちなそうである。

しかし日産のJUKEにおいては、現行車と若干の違いしかないマイナーチェンジ前の2010年~2012年式の車体が100万円以内で手に入れることが可能です。

これは2010年販売以来5年経過しており、車検2回目になるオーナーの買い替えの需要が増えている為、市場に出回るJUKEの車体数が増えたことが要因の一つと考えられます。

今後もJUKEにおいては値が下がる傾向があるので、現行版と同じフォルムのSUVを安く乗りたいという方にはおススメの車です。

そして廃盤した車種でも良いという方におススメな車はRAV4です。

RAV4はJUKEよりも若干価格は抑え目で、販売価格帯にも幅があり色々な条件にマッチした車を探すことができます。

また何よりもSクラスでありながらエンジン2400CCの車があることも魅力的です。

Sクラスであれば100万円の予算の中で現行版とほぼ同じフォルムの車や排気量が若干大きい車を選択することが可能なのです。

Mクラス

Mクラスになると年式や走行距離での条件がかなりシビヤになってきます。

装備品や現行版に拘ると極端に走行距離が多いとか修復歴がある車両になってしまいますので、注意が必要です。このクラスでねらい目なのは廃盤になった車種です。

一例をあげると日産のムラ-ノは廃盤になっていますが、エクステリアに大きな変更が少ない為あまり古さを感じません、年式が2004年~2007年式の物であれば100万円でもお釣りがくる金額で購入することができ、40万円代で購入できる車を多々出てきます。

またホンダのCR-Vも同様に廃盤になっており、2006年~2008年式の車体であれば走行距離も少ないうえに販売価格も40万~80万円での販売帯が多くなっています。

また現行前のモデルでおススメなのは日産のエクストレイルで2001年~2009年式と幅広い年式から選ぶことができます。

エクストレイルはSUVのなかでも人気車種であった為、新車での売れ行きが良かった車種でしたが、年数が経過したことと人気で多く中古車市場に出回ったことで値が下がってきています。

特に最近はフルモデルチェンジ後ということもあり値崩れが続いている車種なので、言い換えて言えばお買い得な車であると言えます。

高級SUV

ここのカテゴリ-の車では現行版は到底100万円では手にはいりませんが、年式を落とすことと走行距離が多いことを承知すれば高級SUVを手に入れることは可能です。

高級SUVと言うとハリアーやランドクルーザー、サンドクルーザープラド、サファリなどがありますが、特に注目したいのはハリアーとプラドです。

ハリアーとプラドは未だ廃盤になっていない車種であり、車体数が多く中古車が出回っています。

特に現行版のハリアーに人気が集まり、旧型のハリアーからの乗り換え需要があったことで旧型のハリアーが多く出回っています。

ハリアーは年式でいうと1998年~2008年とかなり幅広い年式からの選択になり、走行距離も2万キロ~20万キロと幅広く高級SUVの中では選びやすいのではないでしょうか?

ハリアーは年式が2000年前半以前の車であれば50万円くらいから購入は可能です。

またサイズの大きなプラドも1998年~2002年くらいの年式であれば100万円以内で購入することが可能ですが、こちらは年式が古いのに加えて走行距離も多いため、購入時に選ぶ際には慎重に選ばないと購入後の出費がかさんでしまう場合があるので要注意です。

予算100万円で購入できるSUVランキング

表1【全体の平均値】

順位 車種名 年式平均 車体価格平均 走行距離平均
1位 ジュ-ク 2012年 133.5万円 3.0万キロ
2位 ムラ-ノ 2008年 136.3万円 6.2万キロ
3位 ハリア- 2009年 206.4万円 5.1万キロ

表2【おススメモデルの平均値】

順位 車種名 年式平均 車体価格平均 走行距離平均
1位 ジュ-ク 2010年 80.3万円 5.1万キロ
2位 ムラ-ノ 2005年 75万円 6.7万キロ
3位 ハリア- 2000年 69万円 7.5万キロ
表補足
ジュークは2010年~2013年モデル
ムラ-ノは2002年~2008年モデル
ハリアーは1997年~2003年モデル

ジューク

ジューク1.5 15RX タイプV

予算100万円という限られた中で年式の新しさやフルモデルチェンジがなく現行版に近い形であり走行距離もそれほど多くないという条件をクリアできるのがこのグレード「15RXタイプV」

特に年式2010年から2012年にかけて販売していたものが多く、販売が始まってすぐに購入したオーナーの買い替えが昨年ごろから増えて車両の流通数も安定してきているのでこの年式のジュークは100万円以内に収まってきています。

さらにここで紹介した「タイプV」はこの時期に販売していたジュークの中でも二番目に購入しやすいグレードで、一番多く販売されていたグレードでした。

装備にはHID・エアロスポイラーなどのワングレード上の装備が付いていないものの、フォグランプは標準でついており、ジュ-クの個性的なエクステリアを好むオーナーは個性を重視する傾向で装備品もオプションで装着することで自分らしい車を演出する方が多く、ベースの車は安く購入する方が多かったようです。

今回ここに紹介した中古車はナビやフルセグ・バックカメラなどの装備品も充実していますが、修復歴もなく、走行距離も2.1万キロと少ない。

この様な条件の中古車がジュークには多く出回っているのです。

ジューク1.5 15RS タイプV

ジューク15RSタイプVで2011年より販売されているタイプの車です。

標準での装備は少ないグレードですが、オプションでキーレスや社外オーディオを搭載しているのでオーナー自身で装備を増やしてくれています。

装備は充実しているものの走行距離が6.6万キロと若干走っているようですが、状態はきれいという評価が付いているので手入れ状態が良いのであればおススメできる1台です。

ジュークまとめ

ここではJUKE 15RXやRSを2台紹介しました。

100万円という予算であれば他にも色々なジュークを見つけることができます。

ジュークを中古車で買うメリットは、年式が浅いということと、年式が浅い為走行距離もそこまで走っていない車両が出回っているということで中古車を探す上で一番気になるポイントをジュークならばクリアできる車がたくさん見つけられます。

これが今回1位になった最大の理由ともいえます。

ムラーノ

ムラーノ2.5 250XL

ここで見つかったのは2006年式の走行距離3.3万キロのムラーノです。

ムラーノの平均おススメ年式よりも若干年式が浅い車ですが、注目すべきは走行距離が3.3万キロしか走っていないという所です。

そもそもムラーノ2.5 250XLはムラーノの中排気量も2.5Lと小さく、一番安価なグレードです。その為、この2.5Lのエンジンで中古車を探してもらうとヒットする台数は多く、走行距離も少なめの1台を見つめることができるのです。

今回ここで見つけた1台にはシートヒーターや本革シートにナビやバックモニターまで装着されています。この価格でここまでの装備が備わっているのは申し分なしです。

もはやここまでついていると高級SUVに乗っているのかと錯覚を100万円で体感することができるかもしれません。

ムラーノ 3.5 350XV

最初に2.5Lのエンジンのムラーノをおススメしましたが、とは言ってもやっぱりムラーノならば3.5Lエンジンで加速を重視したいという方にはこれがおススメです。

この3.5 350XVは3.5Lエンジンのムラーノの中では一番安価なグレードなので年式と走行距離次第では100万円で収まる中古車が結構多く見つけられることができます。

ムラーノまとめ

ムラーノは廃盤になってしまっていることに加えて、日本ではボディの大きさや先進的すぎるフォルムであまり人気がありませんでした。

車の性能自体は2.5Lエンジンと3.5Lエンジンでかなり走行性能が高い車種なので乗って楽しいSUVです。そこを逆手にとって良い車を安く乗りたいという方にはおススメできる1台だと思います。

ハリアー

ハリア-2.4 240G

今や高級SUVの仲間入りを果たしたハリアーフルモデルチェンジ前後ともに人気の高い車種ですが、100万円でも購入できる1台を探してきました。

それが、ハリアー2.4 240Gの2005年式で走行距離2.4万キロです。フルモデルチャンジ前にハリアーは2.4Lのガソリン車があり新車購入価格も266万円からありました。

今ではそんな価格では購入することができせんが、2000年代中盤のハリア-であれば人気も絶頂で購入者も多かった為、中古市場にも多く出回っています。

2.4Lに絞って検索してみれば100万円以内で安く購入でき、年式も10年落ちくらいの走行距離の浅い1台を見つけることができると思います。

フルモデル前のハリアーでもインテリアは充分高級車です、100万円であなたも高級SUVオーナーになりましょう!

ハリア-3.0 AIRS

ありました!100万円で購入できる3.0Lエンジンのハリアーが。

年式を更に下げて12~13年落ちであれば走行距離がそれなりに浅い3.0Lエンジンの4WDが数台流通しています。

せっかくハリア-に乗るのであれば3.0Lの大きいエンジンで走りも楽しみたいという方や、雪山遊びをする方や住まいが雪国なので4WD必須という方も100万円で4WDのハリアーが買えてしまいます。

特に走行距離を気にしないのであれば3.0Lのハリアーはかなり多く出回っているのでお買い得です。

高級SUVで車好きが購入する車なので、メンテンスが行き届いているようであれば多少の走行距離は目を瞑って、ワンランク上の車を購入するのもアリだと思います。

ハリアーまとめ

ハリアーは今も昔も高級SUVとイメージが定着している車種ですが、2000年前半から中盤のハリア-は新車価格も300万円を切っていましたので、中古車で100万円以内に抑えて購入することは難易度が高いことではありません。

どうしても高級ミニバンが欲しい方は是非ハリアーで探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は100万円という限られた予算の中でおススメのSUVを3車種に分けてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

参考にしていただけそうですか?

今日ここで紹介したSUVは全国でSUVを探している方の目に留まり、すぐに売れてしまうことは間違いありません。しかし中古車市場は常に流動していますので、明日になればもっといい車が出て来るかもしれません。

中古車選びは納得いくまで調べもらうこと、調べる頻度を多くすること、そして何よりも欲しい車を見つけたら素早く行動することが鉄則です。

また購入する際には現車を見て納得してから買うことも良い1台に出会えるポイントではないでしょうか。

中古でSUVをお探しの皆様が良い車に出会えることを心から願っております。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です