スクラムワゴン グレード毎の違いまとめ。おすすめ、売れているグレードは?

マツダスクラムワゴン

スクラムワゴンは、マツダがスズキ・エブリィワゴンのOEM供給を受けて販売している軽ワゴンです。

乗用車ですが、商用バンであるスクラムバンを乗用に改良しているため商用車の特徴を引き継いでいます。

4人乗車しても荷物がたくさん積めることや、ワンアクションパワースライドドアが装備されていることは知っている人が多いでしょう。

ただ、それがどのグレードに装備されているのか、グレードごとの違いまでは把握していない人が多いと思います。

そこで、スクラムワゴンの特徴や各グレードの特徴・違いをまとめてみました。

スクラムワゴンのグレード表

グレード 価格
PX TURBO 1,436,400円(1,566,000円)
PZ TURBO 1,566,000円(1,695,600円)
PZ TURBO SPECIAL 1,652,400円(1,782,000円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

全車ターボエンジン搭載! 商用ベースの重い車体をターボでキビキビ動かしてくれます。

どのグレードを選んでも基本性能が変わらないので、装備の違いでグレードを選ぶことができますよ。「ターボ必須だから高いの選ばないと……」ということがないので、嬉しいですよね。

グレード間の価格差は、最大で約22万円となっています。グレードが三つにしては、価格差は大きいです。

それだけ、それぞれの装備内容に特徴を持たせているのでしょうか。期待に胸が高鳴ります。高鳴った胸をそのままに各グレードの特徴を見ていきましょう。

各グレードの特徴、捉え方

スクラムワゴンは、各グレードの特徴や捉え方を一言で説明できます。

PX TURBO……ワンアクション電動スライドドアがない

PZ TURBO……左側にワンアクション電動スライドドアがある

PZ TURBO SPECIAL……両側にワンアクション電動スライドドアがある

驚くほどに単純ですよね。もちろん、これ以外にも特徴はあります。

例えば、PX TURBOとPZ TURBO SPECIALはハイルーフ仕様で、PZ TURBOはロールーフ仕様です。ただ、このように装備を知ることで特徴を把握することができるということだけ述べておきたかったのです。今度はもう少し詳しく、見ていきましょう。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

スクラムワゴンは充実した全車共通の標準装備や、上級グレードで追加される装備内容が注目のポイントです。

それぞれにどのような装備があるのか、各グレードで違いのある装備を下記PDFから抜粋してみました。全車共通標準装備についても、軽く触れます。

http://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/pdf/scrum-wagon/scrum-wagon_specification_201509.pdf

PX TURBOの装備、インテリア、エクステリア

マツダスクラムワゴンPX TURBO外観
マツダスクラムワゴンPX TURBO内装
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(ロービーム/マニュアルレベリング(光軸調整)機構付)
  • ブラウン ドアトリムクロス
  • ブラウン ファブリックシート
  • 2スピーカー
  • 155/70R13 75Sタイヤ&13×4.50Bインチスチールホイール+フルホイールキャップ
  • レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)
  • ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム(横滑り防止機構)(DSC)&トラクション・コントロール・システム(TCB)
  • フルオートエアコン
  • チルトステアリング
  • アドバンストキーレスエントリー(アンサーバック機能付)&キーレスプッシュボタンスタートシステム

前半五つがPX TURBO特有の装備で、後半五つが全車共通の標準装備です。

レーダーブレーキサポートをはじめとする安全装備が、多数全車共通で標準装備となっています。安全装備はグレードごとに違いが出ないので、どれを選んでも高い安全性が保証されているのです。

安全装備のほかにも空調や快適装備などの多くが全車共通の標準装備となっていて、PX TURBOを選ぶ価値が高いように感じます。ベースグレードだからといって、不十分と感じることは決してないでしょう。

PZ TURBOの装備、インテリア、エクステリア

マツダスクラムワゴンPZ TURBO外観
マツダスクラムワゴンPZ TURBO内装
  • ディスチャージヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング(光軸調整)機構付)
  • オートライトシステム
  • マルチリフレクターフロントフォグランプ
  • ルーフエンドスポイラー
  • メッキフロントグリル、メッキフロントフードガーニッシュ、メッキフォグランプ
  • 後席左側ワンアクション電動スライドドア(挟み込み防止機構付)
  • ステアリング オーディオリモートコントロールスイッチ
  • 運転席・助手席バニティミラー(チケットホルダー付)
  • ベージュドアトリムクロス、ベージュファブリックシート
  • 6スピーカー
  • 165/60R14 75Hタイヤ&14×4 1/2Jインチアルミホイール

先述のワンアクション電動スライドドアが装備されています。

ドアを自分で引く必要がなく、ドアをワンタッチすると開閉できるようになるというものです。挟み込み防止機能もあるので、安全性は確保されていますよ。服が挟まれて「ギャー!」っとなることはありません。

あまり語られない傾向にありますが、私はオートライトやフォグランプが追加されているのも、大きな要素だと感じます。

特にフォグランプはエクステリアの印象を変えますからね。各部がメッキになっていることもあって、PX TURBOとはまた違った雰囲気のエクステリアとなっています。

HIDが、グリルの横線に合わせて縦三つに分かれているように見えませんか? 複眼っぽくて不気味でなおかつカッコいいです。

PZ TURBO SPECIALの装備、インテリア、エクステリア

マツダスクラムワゴンPZ TURBO SPECIAL外観
マツダスクラムワゴンPZ TURBO SPECIAL内装
  • ドアミラー LEDサイドターンミラー付(助手席側) オート格納機能
  • 後席両側ワンアクション連動スライドドア(挟み込み防止機構付)
  • 電動オートステップ(後席左側)

PZ TURBO SPECIALはどこがスペシャルなのか……。両側ワンアクション連動スライドドアがあるからスペシャル。それもありますよね。

ただ、私は電動オートステップがスペシャルな理由だと思っています。これは、ドアが開閉するのに合わせて自動でステップ(踏み台)が出現&格納される機能です。お年寄りのいる家庭や、小さなお子さんのいる家庭で大活躍します。

踏み台であってスロープではないので、荷物の積み下ろしには使えないので注意してください。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの特徴はわかったけど、結局そのグレードを選ぶメリットは何なのかが気になるところですよね。そこで、各グレードの魅力を挙げてそれぞれのメリットをまとめてみました。

PX TURBOの魅力、選んでいる人はこんな人

マツダスクラムワゴンPX TURBO内装

PX TURBOのメリットは、スクラムワゴンを一番安く手に入れることができるということでしょう。

ベースグレードだけれども、安全装備や快適装備がしっかり整っていることも魅力でありメリットです。

それでは、スクラムワゴン自体の魅力がどこにあるのかを少し考えてみます。

一番は、やはり広さでしょう。ハイルーフ仕様で室内長・室内幅・室内高=2,240・1,355・1,420mmという軽乗用ワゴンではトップクラスの広さを誇っているのです。

ロールーフでは高さが1,315mmとなっていますが、それでも十分なスペースがありますよね。

全てのシートに人が座ったとしても、荷物をしっかりと積むことができます。実用車としても、ファミリーカーとしても重宝するのです。

ワンアクション電動スライドドアが不要だという人は、このグレードを選んでいます。

PZ TURBOの魅力、選んでいる人はこんな人

マツダスクラムワゴンPZ TURBO内装

スイッチを押すだけで自動解錠、スライドドアの自動オープン! ワンアクション電動スライドドアが魅力のグレードです。

買い物荷物をたくさん抱えていたり、赤ちゃんを抱えているときにとても便利ですよね。いつもまとめ買いをするという人には、必須とも言える装備です。

エクステリアもかっこいい仕様となっていますし、実用性・デザイン性の両面から満足できます。

一週間の食材をまとめ買いする人、ファミリーカーとしての利用を考えている人にメリットのあるグレードです。

PZ TURBO SPECIALの魅力、選んでいる人はこんな人

マツダスクラムワゴンPZ TURBO SPECIAL内装

ファミリーカーとして利用するなら、PZ TURBO SPECIALが最も優れています。

両側ワンタッチ電動スライドドアに、左側電動オートステップ。このダブルコンボですよ。小さなお子さんやお年寄りのいる家庭にとって、これ以上にありがたい装備も無いのではないでしょうか。もしかしたら、ワンちゃんも自分で楽に入っていけるかもしれません。

ハイルーフ仕様なのもメリットと言えるでしょう。

総合的に売れているグレードを考察

結局、おすすめなのはPZ TURBOです。

ハイルーフではありませんが、長さや幅は変わりません。4人乗車でも荷物をたくさん積めるというメリットは、PZでも健在です。

ハイルーフよりも、ワンアクション電動スライドドアの有無を重視しました。SPECIALは如何せん高いので、電動オートステップの必要性を感じる人にはお勧めですが、それ以外の人にはPZで十分だと私は考えます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です