N-WGNカスタム グレード毎の特徴・違いは

ホンダN-WGNカスタム

N-WGNは、Nシリーズの中でも遅く世に出た車です。

N-BOXやN-ONEは個性的ですが、N-WGNは独身用・ファミリー用といったさまざまな人に対応できる、万能的な車だと言えます。N-WGNカスタムは装備が強化されている分、なおさら万人受けする内容となっているのです。

そんなN-WGNのグレード設定は、それぞれの用途に合わせて、作っているのではないかと思わされますね。

グレードの特徴や、それぞれの違いについて知らなければ、自分の用途に合わない車を購入することになりかねません。万能なN-WGNカスタムだからこそ、グレード選びは慎重にしましょう。

N-WGN カスタムのグレード表

グレード 価格
G 1,380,000円
(1,510,000円)
G・Lパッケージ 1,450,000円
(1,580,000円)
G・ターボパッケージ 1,515,000円
(1,645,000円)

【特別仕様車】

グレード 価格
SSパッケージⅡ 1,515,000円
(1,645,000円)
SS ブラックスタイルパッケージ
SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡ 1,575,000円
(1,705,000円)
ターボ SSパッケージⅡ 1,599,000円
(1,729,000円)
ターボ SS ブラックスタイルパッケージ
ターボ SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡ 1,659,000円
(1,789,000円)
※()内は4WD価格

この表を見る限り、N-WGNカスタムは、基本となるGグレードを発展させてグレード展開をしているようですね。

特別仕様車にノンターボとターボ、そして2トーンスタイルが用意されているところが目を引きます。選択肢が豊富に用意されていて、選ぶ側としてはありがたいです。

価格差は全体で約28万円、ノンターボとターボで14万円となっており差が小さいと言えます。これはGを基本としてそれを発展させる形をとっているからこそ、価格差を抑えられているのだと考えられますね。

ただ、価格差を考慮すると当然装備もそこまで大差がないのではと考えてしまいますし、違いが多くないならなおさらその違いを知らずに購入するのは、損をする危険があります。これから、装備をメインとして各グレードの違いについて見ていきましょう。

各グレードの特徴、捉え方

先ほど述べたように、N-WGNカスタムは基本グレードであるGをベースとして「パッケージ」という形でグレードを展開しています。

G以外の全てに共通しているのは、Gに追加要素を足しているということですね。Lパッケージではクルーズコントロールやインテリアの装飾を追加し、ターボ車ではターボエンジンを追加しているといったところでしょうか。

そのうえで特別仕様車ととしてSSパッケージⅡや、SS ブラックスタイルパッケージ、SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡが用意されています。

そう考えると、頭に就く”SS”とはどのような内容なのか、気になりますよね。

特別仕様車の”SS”って何?

ズバリ「セーフティサポート(Safety Support)」の頭文字で、ホンダ車では『あんしんパッケージ』と呼ばれる、安全に関する装備が搭載されていることを指します。

それに加えて、SSパッケージⅡやSSブラックスタイルパッケージはそのほかにインテリア面での変更・追加がされていて、2トーンカラースタイルはボディカラーに2トーンカラーを追加しているワケです。

そのためざっくり考えると、より安心できる機能が追加されつつ、内装ががらりと変わっていると考えると良いでしょう。これだけでも、各グレードの違いをある程度把握したことになりますね。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

先ほどの項目でもわかるかと思いますが、各グレードの特徴を簡単に説明しようとすれば、装備内容を語るのが手っ取り早いです。

各グレードの特徴と違いを深く理解するため、装備内容の違いを細かく見てみましょう。

細かくと言っても、全てを書きだすわけではありません。下記PDFから一部抜粋しております。ご了承ください。
nwgn_equipment_list.pdf

全グレード共通の標準装備

  • プロジェクタータイプ/ディスチャージヘッドライト<HID>(オートレベリング/オートライトコントロール機構付)(ハイ/ロービーム)
  • アレルクリーンシート
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
  • Hondaスマートキーシステム(キー2個付)
  • プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
  • チルトステアリング
  • フォールダウン機構付スライドリヤシート(5:5分割式)
  • カスタム専用LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)
  • カスタムデザインバンパー(フロント)
  • フロントスタビライザー

安全装備・快適装備・収納のほとんどが、全車標準装備となっています。

エクステリアの装備に関しても、ほぼ全車標準と言っても良いのかもしれませんが、グレードごとに装飾・加工が異なるものがほとんどなのです。インテリアに関しては、Gだけに装備されていないものが多くなっています。

GとLパッケージとの違いはとても大きいですが、それ以外に関してはそれほどでもないようです。それについてはこれから詳しく見ていきます。

全車標準装備が多く、G・Lパッケージ以降は同じ装備が搭載されているものも多いですね。

「出来るだけ安いグレードも選びやすいように」という、メーカーの配慮が見えます。Hondaは価格設定を装備内容よりも高くする傾向があるのですが、N-WGNカスタムは比較的抑えられていると感じさせられます。

N-WGNの全車標準装備との差別化もしっかりされている。出来が良い装備内容ではないでしょうか。

Gの装備、インテリア、エクステリア

ホンダN-WGNカスタムG外観
ホンダN-WGNカスタムG内装
  • 常時点灯3眼メーター(バイオレット照明)
  • パワーウインドウスイッチ照明(運転席)
  • エアコンパネル(ダークシルバー塗装)
  • バイオレット インテリアイルミネーション(スライドセンタートレイ、フット(運転席/助手席)、ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • カスタム専用フロントグリル
  • カスタムデザインバンパー(リア)
  • UVカット機能付フロントウインドウガラス
  • 高熱線吸収機能付フロントドアコーナーガラス
  • 高熱線吸収/UVカット機能付フロントドアガラス
  • 高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア/テールゲート)
  • 14インチアルミホイール(べルリナブラック塗装+切削+クリア塗装)+スチールラジアルタイヤ

エクステリアの装飾はカラードとクロームメッキで、インテリアの装飾は最低限のみとなっているのが特徴的ですね。

内外装の質感を下げることで、コストカットを図っているのでしょう。ガラス機能は一通り揃っていますが、Lパッケージ以降はスーパーUV・IRカット機能となっていてGのものはグレードが低い装備となっています。

本当に「N-WGNカスタムを出来るだけ安く購入したい方」向けといった装備内容です。過不足なく、シンプルにまとめられています。

G・Lパッケージ

  • クルーズコントロール
  • 運転席ハイトアジャスター
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器+充電用USBジャック
  • クオリティーインテリアパッケージ
  • 本革巻ステアリングホイール(ホワイトステッチ)
  • 360°スーパーUV・IRカットパッケージ

主に上記の装備が追加されています。
インテリアの質感を高めつつ、UVだけではなくIR(遮熱)機能付のガラスになっており、さらにナビも装着されているためより快適な運転が出来そうですね。

G・ターボパッケージ

  • 本革巻セレクトレバー
  • パドルシフト

G・Lパッケージの装備に加えて2つの装備が追加されています。
ざっくり考えるとターボエンジン搭載でちょっと使い勝手やインテリアが良くなったとみておくと良いでしょう。

特別仕様車SSパッケージⅡの装備、インテリア、エクステリア

ホンダN-WGNカスタム特別仕様車SSパッケージ外観
ホンダN-WGNカスタム特別仕様車SSパッケージ内装
  • あんしんパッケージ
  • 後席シートベルト締め忘れ警告灯
  • クルーズコントロール
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビゲーション連動)+充電USBジャック(急速充電対応タイプ2個付)
  • 常時点灯3眼メーター(ホワイト照明)
  • クオリティーインテリア
  • 本革巻ステアリングホイール(ホワイトステッチ)
  • 本革巻セレクトレバー(ホワイトステッチ)
  • ホワイト インテリアイルミネーション(スライドセンタートレイ、フット(運転席/助手席)、ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • 360度スーパーUV・IRカットパッケージ

【以下ターボ車のみ】

  • 本革巻ステアリングホイール(パンチング&スムースレザー) ホワイトステッチ
  • 15インチアルミホイール(ベルリナブラック+切削+クリア塗装)+スチールラジアルタイヤ
  • パドルシフト

Lパッケージの装備内容を軸として、あんしんパッケージや後席シートベルト締め忘れ警告灯などといった安全装備をプラスした装備内容となっています。

ここでちょっと気になるのが、「クオリティーインテリアって何?」ってことだと思います。この装備は簡単に行ってしまうと、「インテリアに加工や装飾を追加している」だけですね。

具体的にクオリティーインテリアの内容をお話すると、以下のインテリア装備が追加されています。

  • プライムスムース&ジャージコンビシート(ホワイトダブルステッチ)
  • ダークシルバーライン付インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル)
  • ダークシルバーライン付ドアオーナメントパネル(レイヤードクリアパネル)
  • クロームメッキ加飾(5箇所)
  • ダークシルバーライン付 ピアノブラック調ドアハンドル
  • リモコンドアミラースイッチ照明

特別仕様車 SS ブラックスタイルパッケージ

  • 運転席&助手席ヒートシーター(2WD)
  • 常時点灯3眼メーター(バイオレット照明)
  • クオリティーインテリア プライムスムース&ジャージコンビシート(バイオレットダブルステッチ)
  • 本革巻ステアリングホイール(バイオレットステッチ)
  • インテリアイルミネーション(バイオレット)
  • カスタム専用フロントグリル(ブラック塗装)
  • ブラック塗装モール付 カスタムデザインバンパー 他

【以下ターボ車のみ】

  • 本革巻ステアリングホイール(パンチング&スムースレザー) バイオレットステッチ
  • 15インチアルミホイール(ベルリナブラック)+スチールラジアルタイヤ
  • パドルシフト

装備内容はSSパッケージⅡと比べて、運転席と助手席にヒートシーターが追加されている以外は特に変わりません。しかし、積極的にインテリアやエクステリアにブラック塗装やバイオレットカラーが取り入れられ、より武骨で男らしい印象となっているのが特徴的です。

特別仕様車 SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡ

2トーンカラースタイルパッケージに装備されている内容は、2WD・4WD共に他の仕様車と変わりありませんが、ボディカラーが2トーンカラーから選択できるだけではなく、各照明の色やステアリングホイールのステッチが赤(レッド)となっています。

なお、選べるボディカラーは以下の5色となります。

  • プラチナホワイト・パール&ブラック
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック
  • ルナシルバー・メタリック&ブラック
  • プレミアムベルベットパープル・パール&ブラック
  • ミラノレッド・ブラック

2トーンスタイルでの変更点もそのままで特徴を引き継ぎながらも、「このパッケージだけ」という独自の要素を持たせているのです。流石、最も価格が高いだけのことはありますね。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの装備内容を見てきましたが、これまではただ淡々と事実を並べて説明しただけです。

それも、ホームページを見ればわかるようなものばかり。そこで、ここからはそれだけではお伝えできなかった「各グレードの魅力」に迫りたいと思います。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダN-WGNカスタムG内装

GとG・Lパッケージの魅力は、やはり安さでしょうか。Nシリーズのしかもカスタムモデルの中では、特に安いです。

Gは最低限の装飾に抑えることによって価格を抑え、実用的な装備をしっかりと取り揃えています。軽自動車には「実用性」が求められていて、この設定は「うまい!」と言わざるを得ません。

また、Lパッケージでは装飾部分が大幅に増え、クルーズコントロールといった便利な機能も追加されました。

内外装については何も気にしないという人からすれば高いかもしれませんが、これだけの追加変更があってこの価格というのは上出来でしょう。十分抑えられています。

「軽自動車は高い」「装備内容があまりよくないのでは?」というイメージを払拭できるような、とても魅力的なグレードだと私は考えます。

特別仕様車の魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダN-WGNカスタム特別仕様車SSパッケージ内装

特別仕様車と言いますが、基本的には「あんしんパッケージ」搭載車といった立ち位置となります。

安全装備を出来るだけ多く揃えたいという人にはおすすめできますし、仕様車のタイプによって2トーンカラースタイルを選ぶことができるのも、差別化できて魅力的と感じやすいです。

そんな特別仕様車は、全体的にファミリー向けの仕様となっています。「あんしんパッケージ」「360度スーパーUV・IRカット」「後席シートベルト締め忘れ警告灯」から、そのことがわかるでしょう。

ターボパッケージの魅力

ホンダN-WGNカスタムターボパッケージ外観

難しいことは抜きにして、N-WGNカスタムのターボについて語ります。

ターボ車とノンターボ車とでは、諸元表上ではあまり馬力が変わらないのです。明らかに向上しているのは、トルク。ノンターボから60%近くアップしています。加速力がぜんぜん違うのです。ただ、それでも物足りなさは感じます。

一般道であれば、平地でも坂道の多い地形でも問題なくストレスもなく走れるでしょう。

高速道路で100km/h近く出して走るには、まだ不安が残ります。また、強く加速しようとすればエンジン音が大きくなり、うるさいのです。

坂道の多い地形に住んでいて、一般道を快適に走るためにターボを選ぶということであれば、おすすめします。高速道路で加速するというのには不向きなので、高速道路ではノンターボ同様おとなしく走るのが良いでしょう。

ただ、合流時など「いざ」というときに加速ができるのは魅力的です。

総合的に売れているグレードを考察

結局、おすすめなのはGです。

普段から使う装備は全部揃っていて、コストパフォーマンスが高いのですが、その分内装の質感は落ちます。そこが気になるという人は、Lパッケージを選ぶと良いでしょう。特別仕様車やターボについては、おすすめされずとも積極的に選ぶ理由があります。

それは、「ファミリー向けに作られているから」「ターボが必要だから」ということです。

そのため、私は敢えてGをおすすめします。

 

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です