ディアスワゴン グレード毎の違いまとめ。おすすめ、売れているグレードはどれ?

スバルディアスワゴン

商用車ベースの軽ワゴン、ディアスワゴン。

ダイハツのアトレーワゴンからOEM供給を受けている車でもあります。しかも全車ターボエンジン搭載! 「どれだけ特徴あるんだよディアスワゴン」と言いたくなりますよね。

ディアスワゴンは基本設計に大きな魅力のある車で、その点に惹かれて購入を考えている人が多いのではないでしょうか。ただ、ディアスワゴンを購入するときにはグレード選びに注意を払わなければなりません。

選ぶグレードによっては、損をすることになりますよ。

ディアスワゴンのグレード表

グレード 価格
RS
スマートアシスト
1,560,600円
(1,695,600円)
RS Limited
スマートアシスト
1,679,400円
(1,814,400円)
※()内は4WD価格

ディアスワゴンは、全車に660ccDOHCターボエンジンを搭載しているという、珍しいグレード設定となっています。

これを知ったときには思い切ったなあと思わされると同時に、「その手があったか」と感心させられました。

軽ワゴンは、ノーマルエンジンだと「力不足」と言われることが多いです。ターボ車が安く手に入れば良いのですが、ターボエンジンは最上位グレードにしか設定されていないことが多い傾向があります。

もともとの価格が高い車種だと、本体価格だけで200万円を超えることもあるでしょう。

ディアスワゴンは決して安い車ではありませんが、近年の軽自動車事情を考えると高い車でもありません。ターボ車の価格と考えると、少しお得といったところでしょうか。

グレード間の価格差は約12万円。
全車ターボエンジンなので、恐らく装備や装飾を見ればグレードごとの違いを全て理解することができるのではないでしょうか。

各グレードの特徴、捉え方

ディアスワゴンのグレードは、大まかに考えるとRSの1つだけ。

RSとRS Limitedの両方にスマートアシストⅢが装着されているため、ちょっとした装備に違いがあります。

RSは価格がやや抑えられているグレードとなり、必要最低限の装備を搭載しているのに対し、RS Limitedはパワースライドドアをはじめとした機能やインテリアに手が加えられているグレードです。

そのため、わかりやすい覚え方としてはパワースライドドアが付くかつかないかで判断すると良いでしょう。

スマートアシストⅢとは?

スマートアシストは、運転時などの危険防止につながる装備をまとめたパッケージのようなもの。スマートアシストⅢの装備は全部で以下の6つがあげられます。

  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • AT誤発進抑制制御機能(前方誤発進・後方誤発進)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト

基本的にはあまり必要ない装備に見えますが、万が一のことを考えるとあった方が安心です。特に家族用のクルマとして購入を検討しているなら、保険として搭載されているとうれしい装備となりますね。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

そんなディアスワゴンのグレードごとの違いは、装備を見ればその全てがわかります。

そこで、下記PDFからグレードごとに違いのある装備をまとめて、各グレードの特徴を丸裸にしてみました。全ての装備を見たい人は、PDFをご参照ください。
diaswagon_equipment.pdf

RSの装備、インテリア、エクステリア

ディアスワゴンRS_外観
ディアスワゴンRS_内装
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • 左右独立リヤシートロングスライド(180mm)
  • 運転席バニティミラー
  • 運転席&助手席サンバイザー(運転席チケットホルダー付)
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 大型カーゴルームランプ(LED)
  • 13インチアルミホイール&165/65R13タイヤ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[ヘッドランプレベライザー(マニュアル)付]
  • リヤシートアンダーボックス(後席左)

下の2つ以外は全車標準装備となっています。
RSはどちらかというと独自の装備があるというより、RS Limitedの廉価版と考えた方が良さそうですね。

インテリアの機能や収納についてはほとんどが全車標準装備で、運転手の手の届く範囲に収納が用意されており、便利に使えます。

またエクステリアでは、全面UVカットガラスとなっているのが特徴です。さらに、スライドドアやリヤクォーター・リヤゲートは濃色ガラスとなっていて、車内のプライバシーが守られる仕様となっています。

外からの目線を気にせず車内でくつろぐことができ、収納は全て手が届く。快適な室内空間です。

RS独自の部分については、特にこれといって特徴がありませんね。というよりも、ディアスワゴンはグレードごとで異なる仕様となっているものが他の車種と比べて少なく、RSには装備されていないものもあり、当然RSは独自の特徴が少なくなります。

ただ価格を考えるとそう悪くはない装備内容なのではないでしょうか。
安全装備が少ないのがネックですが、それはディアスワゴン全体のことなので、この車の購入を決めたならスッパリと割り切らなければなりませんね。

RS Limitedの装備、インテリア、エクステリア

ディアスワゴンRSーLimited_外装
ディアスワゴンRSーLimited_内装
  • ルーフスポイラー
  • LEDハイ&ロービームランプ[ヘッドランプレベライザー(マニュアル)・LEDクリアランスランプ付]
  • LEDフォグランプ(メッキベゼル付)
  • ルミネセントメーター(タコメーター付)
  • メッキシフトリング&シフトノブ(シルバー加飾付)&メッキシフトレバーボタン
  • メッキパーキングレバーボタン
  • パワースライドドア(左側/挟み込み防止機能付)
  • スライドドアイージークローザー(左側)
  • インパネセンタークラスターエッジ加飾(シルバー)
  • エアベントグリルメッキノブ(センター)
  • カーゴソケット(DC12V)

以上の装備がRSと違う点です。
一気に装備が充実したように感じます。

装備を見てみると左側だけですが、パワースライドドアやイージークローザーが標準装備となっているのがうれしいですね。ディアスワゴンのドア開口部は、室内高1,350mm、スライドドア開講幅は650mmです。ドアを開けやすく、乗り降りもしやすい。毎日の買い物がとても捗ります。

タコメーター付ルミネセントメーターが装備されているのも、いいですよね。ビジュアルとしても楽しいですし、便利です。さらに自発光のルミネセントメーターということで、夜間でもしっかり見やすくなっており、利便性が高いです。

 

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

ディアスワゴンの各グレードの装備を見てきましたが、実際にそのグレードを選ぶメリットはどこにあるのか、魅力はなんなのかが気になりますよね。

ディアスワゴンという車自体の魅力やメリットと重なる部分がありますが、私なりにそれらについて考えてみました。

RSの魅力、選んでいる人はこんな人

ディアスワゴンRS_内装2

ディアスワゴンは、商用車ベースの軽ワゴンです。

車の魅力を考えるなら、それを理解してから考えるべきでしょう。乗り心地があまりよくない、高速道路の運転で少し不安定さを感じるなどデメリットがありますが、どれも「商用ベースだから……」と割り切ることができます。

大切なのは商用ベースによる恩恵です。

それが、広さと機能性を両立しているという部分でしょう。基本の荷室のカーゴルーム長は655mmとそこまで広くはありませんが、後部座席をフラットにすれば1,755mmになります。これだけ広く使えれば、家具などの大きなものを買うときに便利です。

シートアレンジも多彩なので、状況に合わせた使い方ができるところもグッドポイントです。

そして最小回転半径4.6mmと、小回りがしっかり利いて細い道でも入っていけます。京都のように入り組んだ土地でも、楽々運用できるでしょう。これだけの魅力を積んで、本体価格が150万円程度で、しかもターボ車! 「安い!」と手放しになるほど安くはないにしろ、お得感がありますよね。

ただ、スライドドアに関する装備が全くない為、開け閉めをする際には注意が必要になりそうです。

RS Limitedの魅力、選んでいる人はこんな人

ディアスワゴンRSーLimited_内装

RS Limitedのの魅力はやっぱり、スライドドアイージークローザーやフォグランプの追加にあると思います。

スライドドアイージークローザーは、半ドア位置まで閉じれば、そこから先は自動で閉じてくれるという機能です。買い物荷物を降ろしたときなどは気が緩み、ついつい力を抜いてしまって半ドアになるという経験をしたことがありませんか? 私はあります。

というか、私は普段から結構な確立で半ドアにしてしまうのです。

そんな私のような人にとって、この装備はもはや必須と言えます。この装備があると「おっ、あるやあん」と嬉しくなるのです。

また、パワースライドドアは非力な方でも簡単に開け閉めできます。イージークローザー機能と一緒に装備されているのもポイントですね。

総合的に売れているグレードを考察

おすすめなのは、RS Limited。
各種スライドドアに関する機能が搭載されつつ、ベースとなるRSと比べて12万ほどしか変わらないため、使い勝手の良さを選ぶならコチラのグレードの方が良いでしょう。

ただ、4WD車を購入するとなると価格が180万円越えとなってしまうのが難点です。こればかりは、商用ベースを言い訳にはできません。

そう考えると、4WDが欠かせない雪国や山岳地帯にお住いの方にとっては、RSの方が良いかもしれませんよ。

全車ターボエンジン搭載という珍しさ、そしてそのエンジンの力の大きさ……。先述した広さと機能性の高さ。こういったさまざまな魅力が詰まった車を本体価格160万円程度で購入することができるのは、お得です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です