シフォン・カスタム グレード毎の違いまとめ。自分に合ったグレードを探せ

スバルシフォンカスタム

シフォン・カスタムは、タント・カスタムのOEM供給を受けてスバルから販売されている車です。

立ち居地としてはタントカスタムと同じで、シフォンのカスタム車です。外装のデザインを一新し、内装の質感を高めています。

シフォンとシフォンカスタムの違いはすぐにわかりますよね。エクステリアを見たら「違うな」と一発でわかります。ただ、シフォンカスタムのグレード間の違いはそうすぐにはわかりません。

そこで、シフォン・カスタムのグレードごとの特徴についてまとめることにしました。

シフォンカスタムのグレード表

グレード 価格
R 1,617,840円(1,742,040円)
R Limited 1,652,400円(1,776,600円)
RS Limited 1,749,600円(1,873,800円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

シフォン・カスタムのグレード間の価格差は、最大約13万円です。

シフォンは二つのグレードで14万円程度の価格差がありました。シフォン・カスタムは三つのグレードがありますが、シフォンよりもグレード間の価格差が小さいです。

それぞれ価格が高いということも理由としてはあるのでしょうが、やはり装備の違いが少ないのだと考えるのが妥当でしょう。じゃあどれくらいの違いがあるのか気になりますよね。それをこれから見ていきます。

各グレードの特徴、捉え方

シフォン・カスタムは、シフォンよりも実用的な装備が充実しています。

価格が高くなっているのは、充実した装備と外装の変更のためです。Rは極力価格を抑えるため、加工や塗装については少々抑え気味になっています。

R Limitedでは、加工・塗装を抑えることなく、まさにリミテッド(制限限界)! しっかりとした加工・塗装がされており、内外装ともに大満足の出来となっています。

RS Limitedでは、二箇所に本革を使用しているのです。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

シフォン・カスタムのグレードの特徴について簡単に説明しましたが、それだけで車は語れません。

シフォン・カスタムは、グレード間で内外装の質感が異なります。内外装については実際に「どんな加工か」を知り、写真を見なければ何もわかりません。

そこで、下記PDFから装備や加工内容について抜粋してみました。ご参照ください。
http://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/spec/pdf/chiffon_equipment.pdf

Rスマートアシストの装備、インテリア、エクステリア

スバルシフォンカスタムRスマートアシスト外観
スバルシフォンカスタムRスマートアシスト内装
  • カスタム専用ルーフスポイラー
  • LEDクリアランスランプ付LEDヘッドランプ(ロービーム)[ヘッドランプレベライザー(オート付)]
  • 左側パワースライドドア
  • 3眼ルミネセントメーター(タコメーター付)
  • ブラック ファブリックシート
  • プレミアムシャインブラック インパネセンタークラスター
  • プレミアムシャインブラック&ファブリック ドアアームレスト
  • 14インチアルミホイール&155/65R14タイヤ
  • SRSサイドエアバッグ

ブラックファブリックシート以下はRスマートアシスト独自のものですが、それより上はカスタム全車に搭載されている装備です。

シフォンと比べると、とても装備が豪華になりました。オートエアコンやLEDヘッドランプは当たり前のように付いていますし、必要なものは全て揃っています。

シフォン・カスタムの装備で好きなものをひとつ挙げるとしたら、タコメーター付の3眼メーターです。やはり複眼メーターはカッコいいですよね。タコメーターはデザイン性が高く、実用性もあります。運転中についついチラ見したくなる魅力があるのです。

あとは、内外装の質感ですね。シフォン・カスタムは各グレードで「質感」が異なります。上位グレードになればなるほど質感が上がっているのです。ただ、利便性はこれ以上はあまり高くなりません。

最上位で両側パワースライドドアが標準装備される程度ですが、両側パワースライドドアはオプションで付ければ済むので、それを理由に上位グレードを購入しようとはなりません。

R Limitedスマートアシストの装備、インテリア、エクステリア

スバルシフォンカスタムR Limitedスマートアシスト外観
スバルシフォンカスタムR Limitedスマートアシスト内装
  • Limited専用大型エアロバンパー(フロント/リヤ)
  • ダークメッキフロントグリル
  • ダークメッキLEDクリアランスランプ付LEDヘッドランプ
  • ダークメッキリヤコンビランプ(LEDストップランプ)(クリアクリスタル)
  • フロントウインドウトップシェード
  • 専用ファブリック/ソフトレザー調シート(シルバーステッチ)
  • プレミアムシャインディープブルー(マーブル柄)インパネセンタークラスター
  • プレミアムシャインディープブルー(マーブル柄)&専用ファブリック ドアアームレスト
  • 専用14インチアルミホイール&155/65R14タイヤ

エクステリアのダークメッキ加工がキラリと光っています。

内装もプレミアムシャインディープブルーという、名前からして凄そうな塗装がされているのです。マーブル柄があわさって、石素材を使っているように見えます。淡い色なので悪目立ちすることなく、インテリアの雰囲気を高めているところがにくいです。

RS Limitedスマートアシストの装備、インテリア、エクステリア

スバルシフォンRS Limitedスマートアシスト外観
スバルシフォンRS Limitedスマートアシスト内装
  • 両側パワースライドドア(ワンタッチオープン、予約ロック、挟み込み防止機構付)
  • 本革巻(六連星オーナメント、シルバー加飾付)
  • 本革巻(シルバー加飾、メッキシフトレバーボタン付)ステアリングホイール
  • 15インチアルミホイール&165/55R15タイヤ

本革素材が追加され、15インチアルミホイールを履かされています。

15インチアルミホイールは安定感もありますが、少し足回りが硬くなりすぎるのではないかという不安があります。実際、シフォン・カスタムに15インチも必要かと問われると、必要ないと答えるユーザーが多いでしょう。

本革は質感が高くなって良いのですが、そのためにこのグレードを買うかというと微妙なところです。価格差の最大が13万円、そのうち9万円程度がR LimitedとRS Limitedの価格差となっています。

そう考えると、なかなか手がでないかもしれませんね。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

シフォン・カスタムの魅力や、各グレードの魅力……。

装備を見ているだけでは、よくわからないかもしれませんね。装備について評価・説明するだけで、そういった部分については見てきませんでした。

そこで、ここでは各グレードの魅力について私の主観を交えて語ります。

Rスマートアシストの魅力、選んでいる人はこんな人

スバルシフォンカスタムRスマートアシスト外観

Rの魅力は「シフォン・カスタムの魅力」と言い換えることができます。

シフォン・カスタムの魅力は、通常モデルよりも向上した質感と実用性です。特に質感に重点が置かれています。グレードの違いが加工や塗装に始終しているのも、そのためです。

Rスマートアシストの内外装の質感は、抑えられていますが、それでも通常モデルと比べると格段に良くなっています。

特にエクステリアは煌びやかになっているのがわかるでしょう。デザインもそうですが、メッキフロントグリルが光を反射して存在感が増しています。

R Limitedスマートアシストの魅力、選んでいる人はこんな人

スバルシフォンカスタムR Limitedスマートアシスト外観

カスタム特有のエクステリアの煌びやかさを引き継ぎながら、上質で重厚なインテリアを演出しているのがR Limitedの魅力です。

外観ではキラキラ・ギラギラとした「軽いけど鋭い」雰囲気をつくり、内観はどっしりとした「重く落ち着いた」雰囲気をつくっています。

エクステリアとインテリアが対極のつくりになっているのです。ここが、このグレードの魅力の全てを物語っていると私は考えます。

RS Limitedスマートアシストの魅力、選んでいる人はこんな人

スバルシフォンRS Limitedスマートアシスト外観

RS Limitedは本革が魅力のグレードです。

同時に両側パワースライドドアも付いてきて、少しお得感があります。R Limitedで両側パワースライドドアを付けようかと検討していて、本革に魅力を感じるならRS Limitedの購入を考えるのも良いのではないでしょうか。

総合的に売れているグレードを考察

シフォン・カスタムでおすすめなのは、R Limitedです。

実用性重視ならRでも十分ですが、やはり「質感重視」というこの車の特性を考えればR Limitedを推したくなります。外観と内観を対にすることでギャップを生み出し、それによって乗車したときの「安心感」が増しているのです。

最近の軽自動車業界では、「居心地の良い室内」と「実用性の高さ」が重視されています。

外観をギラギラさせることで、内装のしっとりとした安心感を強調。逆もまた然りで、お互いがお互いの魅力を引き出しあって、近年の軽自動車業界のニーズも満たしているのです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です