スバル・シフォン グレードの毎の特徴、違いを解説。最適グレードを探せ

スバルシフォン

ダイハツ・タントからOEM供給を受け、スバルから「シフォン」という軽自動車が発売されました。

「スバルから軽自動車? まさか……」と思ってワクワクしたら、結局OEMでガッカリしたという人もおられるのではないでしょうか。私がそのクチです。

シフォンはまだまだ発売されて日が浅いので、その特徴やグレードの違いについては知らないという人が多いのではないでしょうか。

そこで、シフォンのグレードの違いを「カスタムを除いて」まとめてみました。

シフォンのグレード表

グレード 価格
L 1,285,200円(1,414,800円)
G 1,420,200円(1,544,400円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

カスタムモデルを除けば、シフォンのグレードはLとGの二つだけです。価格差は2WDで約14万円、4WDで約13万円となっています。

価格差から想像するに、装備の大部分は両方のグレードで共通しているのでしょう。実用性というよりは、質感でグレードごとの違いを持たせているのかと考えられます。

OEM元のタントのグレード設定を見てみると、LとGはほんの一部に過ぎません。そのことからも、この考えに真実味が出てきます。

ここで予測を立てていても仕方が無いので、装備内容などグレードの特徴について実際に見てみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

L・スマートアシストは、最低限の装備を揃えて価格を抑えたグレードとなっています。

マニュアルエアコンが特徴で、パワースライドドアは非搭載・オプション追加もできません。ファミリー仕様というよりは、独身向けといった印象を受けます。

G・スマートアシストは、右側パワースライドドアを搭載したグレードです。エアコンはオートになり、その他実用性が大幅に向上しています。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

先ほど説明した内容だけでも、シフォンの二つのグレードの特徴を理解することができます。それほどに二つの違いはとてもわかりやすいのです。

装備の違いを見れば、それがわかります。そこで、もう少し深く知ってもらうために下記PDFから装備を抜粋してみました。

http://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/spec/pdf/chiffon_equipment.pdf

Lスマートアシストの装備、インテリア、エクステリア

スバルシフォンL外観
スバルシフォンL内装
  • 電動格納式カラードドアミラー
  • UVカット機能付フロントドアガラス
  • マニュアルエアコン
  • アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック
  • クリーンエアフィルター
  • ブラック インパネセンタークラスター

Lスマートアシストだけの装備は、上記のみです。

Lにのみ装備されていないというものは多数ありますが、それはGスマートアシストの装備の項目で見ていきましょう。

最初にしていた予想は、外れていました。エアコンはグレード間で違いますし、パワースライドドアの有無といった大きな違いもあります。ただ、ヘッドライトは両方ともマルチリフレクターハロゲンヘッドランプですし、共通している装備も多いです。

もちろん、名前にあるとおりスマートアシストⅢも全車標準装備となっています。タントの売りだったミラクルオープンドアもまた、然りです。

スマートアシストⅢは、歩行者を認識できるようになっています。OEMするということで新しい機能をここぞとばかり付けてきたのは、好印象です。

私の目が惹かれたのは、助手席テーブルモードですね。これが二つのグレード両方に装備されているというのが、「良いなあ」と感じました。安いのでなおさらです。

ただ、やはり少し不十分かなと感じました。ファミリー層の購入者が多いだろうということを考えると、この装備内容では足りません。片側だけでもパワースライドドアが付いていれば良いのですが、それもない……。

安いのは魅力的ですから、独身者が普段使いするのなら良いかもしれません。スペックはファミリー利用に適しているのですが、装備は不適合なのでファミリー層にはおすすめできないグレードといったところです。

Gスマートアシストの装備、インテリア、エクステリア

スバルシフォンG外観
スバルシフォンG内装
  • 電動格納式カラードドアミラー(キーレスアクセス連動)
  • スーパーUV&IRカット機能付ガラス(フロントドア)
  • オートライト
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン、予約ロック、挟み込み防止機能付)
  • スライドドアイージークローザー(左右)
  • チルトステアリング
  • キーレスアクセス&プッシュスタート(リクエストスイッチ付/運転席・助手席・リヤゲート)
  • イモビライザー
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • スーパークリーンエアフィルター
  • 運転席シートリフター

左側パワースライドドアは、オプションで追加可能です。

Gはタントでは中間グレードといった立ち居地だったので、パワースライドドアは片側だけなのでしょう。シフォンで両側パワースライドドアをつけようと思えば、オプション追加は必須ということで、もう少し価格が上がります。

実用的な装備が多数追加されていて、「これでやっと装備内容もファミリー仕様として十分になった」といった印象を受けますよね。

内装の質感についても、Lと比べて向上しています。たとえば、ブラック塗装されていたインパネセンタークラスターがプレミアムシャインブラックになり、インパネパネルはシルバー加飾されているのです。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

二つのグレードの装備内容はわかったけど、結局そのグレードの良いところはどこなのか気になりますよね。

そこで、それぞれの魅力に焦点を当ててみました。私の主観がほとんどですが、ご了承ください。

Lスマートアシストの魅力、選んでいる人はこんな人

スバルシフォンL外観

Lスマートアシストは、安さが魅力です。

独身の若者にはありがたい価格となっており、とても魅力的に見えます。独り身ならパワースライドドアも特に必要ありませんし、Lの装備で十分便利に乗り回すことができ、満足ができるというものでしょう。

近年軽自動車はどんどん値段が上がっています。維持費が安く気軽に購入することができるのが軽自動車の強みでしたが、近頃は軽自動車でも所有欲を満たそうとしたりと価格が高い要因を作る会社が多いです。

それが悪いということではありませんが、若者の車離れの理由の一端を担っているのではないかと、私は常々考えています。

シフォンは実用性を追求しているところに、私としては共感できます。

Lでは独身者に十分な装備を、Gではファミリーでも利用できるように充実した装備を。グレード設定葉タントの流用ですが、良くできていると言えるでしょう。

Gスマートアシストの魅力、選んでいる人はこんな人

スバルシフォンG外観

Gスマートアシストの魅力は、充実した装備内容にあります。

価格差が14万円あるだけのことはあり、実用的な装備が揃い踏みです。普段から使うことの多いものばかりなので、「Gを選んで良かった」ということを何度も実感できるでしょう。

オプション追加すれば両側パワースライドドアを付けられます。安全装備はスマートアシストⅢのおかげで万全です。イモビライザーで盗難予防もできます。

運転手が使う機能も豊富で、家族のことを考えるよりも運転手のことを考えて購入するという人も多いでしょうね。

総合的に売れているグレードを考察

独身者におすすめなのがL、ファミリー層におすすめなのがGです。

こればかりは「どれかひとつ」ではなく、購入者の状況次第ではないでしょうか。独身者がGを購入する必要はありませんし、ファミリー層がLを購入すると物足りません。

損をしないために、自分にとって必要なものは何かをしっかり考えましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です